芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

デヴィ夫人 加藤一二三九段の容姿に「国辱です!」と痛烈なダメ出し

デヴィ夫人 加藤一二三九段の容姿に「国辱です!」と痛烈なダメ出し 10日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で、デヴィ夫人が、元プロ棋士・加藤一二三(ひふみ)九段の容姿に「国辱」だと痛烈なダメ出しをした。

番組では、デヴィ夫人がスタジオゲストに登場。出演する同局の「世界の果てまでイッテQ!」での裏話や、日本のテレビ番組への不満などを赤裸々に語っていた。

その中でMCの久本雅美が「テレビを見ていて注意したい方がいらっしゃる?」と話題を振ると、デヴィ夫人は「注意なんてとんでもない」と前置きしつつ、「あの方、歯をなんとかした方がいい」と、前歯が抜けている加藤九段の名前を挙げたのだ。

続けてデヴィ夫人が「国辱ですよ、国辱です!」とコメントすると、共演者からは「そこまで言う!?」と驚きの声が上がる。デヴィ夫人いわく、「日本だけです。あんな歯をしている人を(テレビに)出すの」ということなんだとか。加藤九段の顔はかわいらしく、将棋の経歴も素晴らしいとしつつ、「でもあの歯はないわ」とあきれていた。

デヴィ夫人は他人の歯が気になるようで、これまでもお笑いコンビ・ハリセンボンの箕輪はるかやお笑いタレント・イモトアヤコに歯の治療をするよう言い続けていたと明かす。現在ふたりは治療しており、デヴィ夫人は「すごいきれいになった」と満足した様子を見せる。

一方で「ひふみさん、ひどいわ!」「ぜひ治していただきたい」とあきれた口調で指摘。すると久本が「一刻も治して、ひふみん!」「(デヴィ夫人が)怒っているから!」とカメラに向かって呼び掛け、スタジオの笑いを誘っていた。

なお、加藤九段は過去にテレビ番組で、前歯を治療しない理由
について「頭の動きが鈍る」と説明。「生涯このままです」と宣言していた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

イッテQは「女性の番組」になるのか、ついていいウソが生命線とも

イッテQは「女性の番組」になるのか、ついていいウソが生命線とも

テレビ解説者の木村隆志が、先週注目した“贔屓”のテレビ番組を紹介する「週刊テレ贔屓(びいき)」。第52回は、6日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!2時間SP』をピックアップする。 もはや説明不要の人気番組だが、2019年1回目の今回は、イモトアヤコ、出川哲朗らエース級を投入...
山根明氏がドッキリ仕掛け人に初挑戦 怒鳴り声に芸人が凍りつく

山根明氏がドッキリ仕掛け人に初挑戦 怒鳴り声に芸人が凍りつく

前日本ボクシング連盟会長の山根明氏が、日本テレビ系バラエティ特番『うわっ!ダマされた大賞2018』(30日18:30〜22:54)に登場し、ドッキリの仕掛け人に初挑戦する。 山根氏は、ドッキリの先輩・デヴィ夫人とともに、芸人たちに次々とドッキリを仕掛ける。まずは、果物やカンロ飴など“ウワサのおもてなしグッ...
古市憲寿氏が芥川賞の候補に選出 「とくダネ!」などでおなじみ

古市憲寿氏が芥川賞の候補に選出 「とくダネ!」などでおなじみ

フジテレビ系「とくダネ!」「ワイドナショー」などでコメンテーターを務める社会学者・古市憲寿氏(33)の小説「平成くん、さようなら」が第160回芥川賞の候補に決まった。日本文学振興会が17日付で発表した。 「平成くん−」は、古市氏が初めて書いた小説で、平成生まれの「平成くん」が平成の終わり...
デヴィ夫人が一般人を痛感した瞬間 飛行機を降りたときにじゅうたんなく

デヴィ夫人が一般人を痛感した瞬間 飛行機を降りたときにじゅうたんなく

創刊60周年の節目の年を迎えた『女性自身』。60年にわたる歴史のなかで、華やかに誌面を飾ってくれたスターや、女性の新しい生き方を提示してくれた有名人を再訪。“『女性自身』と私”の思い出を語ってもらいました! 「私が大統領夫人になったと実感したのは、外国で飛行機を降りると、空港に赤いじゅうたんが...
手越祐也の「イッテQ降板」が本格化か 日テレ局内から不安の声噴出?

手越祐也の「イッテQ降板」が本格化か 日テレ局内から不安の声噴出?

ジャニーズのアイドルグループ「NEWS」の手越祐也(31)が、いよいよ絶体絶命のピンチに陥っている。唯一のレギュラー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)から、とうとうリストラ話が持ち上がったのだ。“イッテQ”といえば昨年11月、週刊文春に「やらせ疑惑」を報道され、番組存続の危...
イッテQやらせ疑惑 宮川大輔が涙浮かべ「全部明かすべき」と訴えか

イッテQやらせ疑惑 宮川大輔が涙浮かべ「全部明かすべき」と訴えか

【激動2018芸能(15)】お祭り企画のやらせ疑惑騒動が勃発した日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」はモヤモヤしたまま年を越すことになった。関係者によると、問題があるかどうか放送倫理・番組向上機構(BPO)が現在も討議中。早ければ来年1月11日にも出される結果次第で存続危機が現実の...
火曜サスペンスを打ち切りに 王者・日本テレビ失速の裏に誤算か

火曜サスペンスを打ち切りに 王者・日本テレビ失速の裏に誤算か

王者・日テレに暗雲 2018年が間もなく終わる。民放が鎬を削る年間視聴率争いも決着する。 2017年までの4年間、年間視聴率争いで勝利を収めてきたのは日本テレビだ。特に優劣が問われる「全日帯」(午前6時〜深夜0時)、「ゴールデン帯」(午後7時〜同10時)、「プライム帯」(午後7時〜同11時)の3部門すべて...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net