芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

広瀬アリス&すずの人気・評価に「異変」作家が指摘

広瀬アリス&すずの人気・評価に「異変」作家が指摘

いま、日本の若者の間では最も有名な姉妹、芸能界での人気・評価は妹が先行していたが、ここにきて“異変”も感じられるようだ。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

***
毎朝、目が吸い寄せられる。NHK朝ドラ『わろてんか』の中で、唯一といっていいほどキラキラ輝いて見える人がいる。ドラマのスタート当初は、正直そうでもなかったのに。そう、広瀬アリスさんのことです。

最初は、主人公・てん(葵わかな)の夫・藤吉(松坂桃李)を追いかける恋敵、女義太夫リリコとして登場。てんを煩わらせ嫉妬させる悪女であり、いわば色物的脇役でした。女同士の下世話な嫉妬大会という安っぽいストーリーのせいもあり、リリコを演じる広瀬アリスさんへの期待もさほど膨らみませんでした。

「やっぱり最旬女優と注目されている妹・広瀬すずにはかなわないなぁ」と思っていたのでした。

ところがどうでしょう?

朝ドラも後半にさしかかり、脇役にすぎなかった広瀬アリスさんの存在感がグングン増してきているではありませんか。とにかく華があって目力があり気力があって、ついつい画面に吸い寄せられてしまうのです。今や全体を牽引している、といってもいいほどの力を発揮しています。

リリコは女義太夫をやめた後、映画女優に転身。プライドが高く強気で素直になれない性格のリリコが、しかし次第に「漫才師」という仕事に惹かれて変わっていく……という過程を、上手に表現しているのです。

「ミスリリコ・アンド・シロー」という漫才コンビを組むことになったリリコ。相手役の、ぼさっとした四郎(松尾諭)とシャープなリリコ、そのかけあい、メリハリ具合がいい。

大阪弁を猛勉強したという広瀬さんだけに、セリフはサラサラ流れスピード感がある上、絶妙な間あい、タイミング。かつ、じっと引いて抑える力もある。目を伏せて沈黙。表情だけで語る演技。そうなのです。単なる「美形」「美人」を超えて、人間味のようなものがリリコから滲み出してくる。

思うに、この朝ドラの残念な点とは、主人公・てん、そして周囲の芸人たちの変化や成長が感じられないことにありました。いつまでたっても、若い時のまま。たとえば、葵さんが演じるてんと息子の隼也(成田凌)は、どうしても「親子」に見えません。まるで同世代カップルか、下手をしたら葵さんが隼也の妹、という配置が一番ぴったりくる。それくらい、年齢不詳。良い意味で年を重ね成熟していく過程がリアルに伝わってこない。

そんな中にあって、リリコの演技はただ一人、気を吐いています。人生の中でさまざまな役割を担いながら葛藤し変化していく、という朝ドラの醍醐味をきちん表現しています。

と、リリコを演じる姉・広瀬アリスの存在感が際立っていますが、一方「最旬女優」の呼び声高い妹・広瀬すずさんはどうでしょう?

まさしくこの同じ時期に、すずさんは連続ドラマ『anone』(日本テレビ系水曜午後10時)の主演をこなしています。この作品、坂元裕二氏脚本書き下ろし作品ということもあって大いに注目されています。

ですが、どうにもぱっとしない。華がないどころか、すずさん演じる広沢ハリカは、ずっと沈んだまま。前髪で顔半分を覆い、セリフはぼそぼそ。表情に抑揚がない上、スマホ画面でやりとりするシーンばかり多用され、いつも下を向いています。

もちろん、それがこのドラマの演出・脚本の狙い、ということでしょう。貧乏くじを引いたのかどうか。とにかく広瀬すずさんの演技に惹きつける力を感じないし魅力も輝きも物足りない。全体を覆っているもやもや感のせいか、視聴率も9.2%から5.9%(5回目)と右肩下がりが続いています。

つまり、「逆転姉妹」の様相を見せているのです。

とはいえ『anone』はまだ折り返し地点。一念発起、今後の展開ですずの逆襲はあるのか。大きく飛躍が見られるかどうか、注目です。

一方、姉の演じるリリコもいよいよ大きな見せ場にさしかかっています。今期のドラマの中で演技力を大きく伸ばし、視聴者の目をさらっていくのは果たして姉妹どちらでしょうか。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

未来とミライ、主人公の声がうるさいなど酷評 上白石姉妹に明暗

未来とミライ、主人公の声がうるさいなど酷評 上白石姉妹に明暗

『左が萌音(姉)、右が萌歌(妹)』 広瀬すずと広瀬アリス、浅田真央と浅田舞、有村架純と有村藍里……姉妹有名人といえば、とかく妹に脚光が浴びがちであるが、上白石姉妹においては、姉が先行している。 「ポスト宮崎駿」と名高い細田守監督の最新作『未来とミライ』が7月20日に封切られた。主人公・くんちゃ...
指原莉乃が「とにかく無理」な東京の女性「音楽に首で乗るヤツ」

指原莉乃が「とにかく無理」な東京の女性「音楽に首で乗るヤツ」

1日に放送された日本テレビ系『今夜くらべてみました』で、指原莉乃が自身の好みについて話す場面があった。 番組内では、MCの徳井義実が「東京に染まった女子、こういうの嫌やなぁみたいなのあります?」と、周囲に話を振った。 これに指原は「最近ムカつくのは」「音楽が流れる時とかに乗っちゃうのはわかる...
真面目で仕事熱心なのに…福士蒼太と菅田将暉についた「差」

真面目で仕事熱心なのに…福士蒼太と菅田将暉についた「差」

主演映画「BLEACH」は公開中だが…… 一部の原作ファンからは抗議の声も上がっていたが、映画「BLEACH」(佐藤信介監督[47]/ワーナー・ブラザース映画)は、7月20日に公開された。 *** もちろん関係者は、ヒットを期待しているだろう。お手本はある。興行収入が約28.5億円とされる「デスノート」(金子修...
「祭りに行ってなかったら芸能界にはいない」広瀬すずが語る姉妹の運命

「祭りに行ってなかったら芸能界にはいない」広瀬すずが語る姉妹の運命

広瀬すずが、5月9日に都内で行われた「レオパレス21新CM発表会」に登壇した。 【写真を見る】浴衣姿で登壇した広瀬すずは、MCに「はい、ポーズ!」と振られると、ノリノリでポージング 広瀬は、5月10日(木)より放送される新CMで着用した浴衣姿で登場。浴衣を着たことについて「(もうすぐ)夏だなって思います。...
何を演じても同じ?石原さとみの「木村拓哉化」に懸念も

何を演じても同じ?石原さとみの「木村拓哉化」に懸念も

作品の看板を背負う主演俳優にとって、求められる役割を全うすることが第一だ。一方で、「期待に違わぬ働き」と、「殻を打ち破る仕事」は相反しやすいのも事実。つまり、存在の大きな役者であればあるほど作品の都度マンネリと戦うことになる。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が...
「わろてんか」のモデル 京都出身との設定に関西人から批判も?

「わろてんか」のモデル 京都出身との設定に関西人から批判も?

ここのところヒット作が続いていた朝ドラだが、今作はどうか。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。 *** 「笑ってください」という意味のタイトルを掲げたNHK朝ドラ『わろてんか』もスタートから約1か月。開始当初、このドラマの見所や期待について触れたのですが、残...
作家の山下柚実氏が指摘 波瑠主演の不倫ドラマが新鮮に感じる理由

作家の山下柚実氏が指摘 波瑠主演の不倫ドラマが新鮮に感じる理由

主演の2人のそれまでの清廉なイメージをうまく逆手にとった作品と言えそうだ。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が今期注目のドラマについて指摘する。 *** 波瑠が主人公・渡辺美都を演じ、東出昌大がその夫・涼太を演じるドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系火曜夜10時)。ありそうでなさそうな...
テラスハウスで話題になった小室安未が女優デビュー「緊張した」

テラスハウスで話題になった小室安未が女優デビュー「緊張した」

Netflix・フジテレビのリアリティーショー『TERRACEHOUSEOPENINGNEWDOORS』(テラスハウスオープニングニュードアーズ)に出演していたモデルの小室安未が、18日放送のフジテレビ系『ほんとにあった怖い話-夏の特別編2018-』(後9:00)で女優デビューを果たすことがわかった。葵わかな主演『姿見』で主人公の...
夏菜が朝ドラヒロインの重圧を明かす 20%切ると「誰も褒めてくれない」

夏菜が朝ドラヒロインの重圧を明かす 20%切ると「誰も褒めてくれない」

女優の夏菜(29)が3日放送のフジテレビ「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。昨年後期のNHK連続テレビ小説「わろてんか」に主演した女優の葵わかな(20)と共演し、ヒロインを務めたNHK朝ドラ「純と愛」(12年後期)出演時を振り返った。 葵は「わろてんか」の収録を振り返り、「チ...
葵わかな 朝ドラ効果で父親との関係修復「本当にひどかった」

葵わかな 朝ドラ効果で父親との関係修復「本当にひどかった」

女優の葵わかな(20)が21日放送の日本テレビ系列「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演し、プライベートについて語った。 2017年3月に「わろてんか」の朝ドラヒロインに合格した葵だが、結果を知らされたのは記者会見の前日だったという。お笑いタレントの久本雅美(60)から、「プレッシャー...
二宮和也、「ブラックペアン」撮影中に身内を亡くしていた

二宮和也、「ブラックペアン」撮影中に身内を亡くしていた

(全4枚) 「医療で救えない命があるじゃないかって、医療は何もできないじゃないかって、本当に悔しい思いをしました」 感極まるようにそう話す二宮和也(35才)の姿に、会場には静寂が広がっていた。 6月中旬の週末、都内の高級ホテルで、ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)の打ち上げパーティーが行われた。...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net