芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

安室奈美恵に対抗?浜崎あゆみの「20周年ツアー」に不安の声も

安室奈美恵に対抗?浜崎あゆみの「20周年ツアー」に不安の声も

現在、浜崎あゆみ(39)は“史上最多となる60公演”のロングツアー「Justthebeginning-20-TOUR2017」(2月20日まで)の真っ最中だという。ところが、4月からデビュー20周年を記念する「ARENATOUR」を開催することを発表。これって現行商品の売り出し中に、新商品を発表するようなものではないか。大丈夫なのアユ?

***

昨年(2017年)5月からスタートした浜崎あゆみの“60公演”も、この前年に安室奈美恵(40)が開催した「naamieamuroLIVESTYLE2016-2017」の100回公演に対抗したものか、といわれたものだ。

安室はツアー終了後、今年9月16日の引退に伴い2月より65万人を動員する5大ドームでのファイナルツアー「namieamuroFinalTour2018〜Finally〜」を行うことを発表。チケット申込み希望者に320万人が殺到したため2公演を追加し、ソロとしては史上最大規模、アジアツアーと合わせて80万人を動員するツアーとなっている。

安室奈美恵に対抗?浜崎あゆみの「20周年ツアー」に不安の声も 2人の歌姫

アユのツアーは埋まるのか?

そのツアーが始まろうという矢先、1月23日に発表されたのが、アユの新たなツアーが全国7アリーナを巡る11回公演「ayumihamasakiARENATOUR2018〜POWERofMUSIC20thAnniversary」というわけだ。芸能記者は言う。

「現在開催中のツアーですら、まだチケットが売れ残っている状態です。昨年には『週刊女性』(17年5月30日号)に、チケットが売れ残り“2800人無料招待”とまで報じられていましたし、当日券まで売られているんです。そこへ持ってきて、新たなツアーの予告とは、安室への対抗意識のようにしか思えませんね。もっとも対抗したところで、規模はまるで違いますけど。安室のドームツアーでは東京ドームだけでも約5万7000人(これを6日間)を動員できるキャパがありますけど、アユのツアーでは大きいほうのさいたまスーパーアリーナでも約2万7000人(アリーナモード時)です。しかも、『この規模ですら埋まるのか?』と心配されているほど」

ファイナルツアー大売り出し中の安室と比較されるのは少々酷な気がするが、ツアーの時期は確かに重なるのである。

ただし、重なる日はたった1日、4月22日、安室の「京セラドーム大阪」、アユの「日本ガイシホール」だけだ。

「さすがに同じエイベックス系の2人だけに、棲み分けはしたんでしょうね。それでないと完全に安室に喰われちゃいますよ」(同前)

ちなみに昨年のアユの動員数は約20万人。もっともこの数とて、公演会場のキャパを足した数字であり、実際に動員した数ではない。

1977年生まれで現在40歳の安室と、78年生まれで39歳のアユ、共に一時代を築いた2人だが、どこでこんなに差がついた?

変化の安室、変化しないアユ

アイドル評論家の堀越日出夫氏が解説する。

「90年代中盤に“アムラー”ブームで社会現象を巻き起こした安室に対して、アユが“歌姫”とされたのは2000年代前半。その頃、安室はすでに結婚・出産もしていて、小室哲哉とも離れ、自身の目指す音楽を突き進んでいました。低迷していたというか、ファンがついていけなかったほど。彼女はアメリカの最先端の音楽を取り入れようとして、客がついてこれなくてもやり続けた結果、今がありますし、進化し続けています。ところがアユの場合、売り物はライフスタイルを含めた“自分自身”なんです。そこには歌番組でのトークもありましたが、長いトークのできる歌番組『HEY!HEY!HEY!MUSICCHAMP』(フジテレビ系)もなくなった。歌について彼女は“自作の詞”がウリでしたが、外国人2人との結婚・離婚があったとはいえ、彼女自身が変わることができなかったので、詞にも変化を感じないんです。そうする中で、彼女の全盛期を支えた若い女の子たちは、主婦となり母となっているのですから、彼女の詞にリアリティを感じられなくなっているのでしょう。一方で安室には、今年、20歳になる息子もいますからね。同じ母親なのに、あんなカッコいいライブを続けていられることは、主婦たちの憧れになり得るのではないでしょうか」

音楽評論家の反畑誠一氏は、

「同じく一世を風靡した2人ではあるのですが、安室は存在感を増してカッコよさを推し進める中で、アユだけがピークを過ぎてしまった感があります。ヒットの連続も止まり、声も十分に出ていない。体型も差が出てしまいましたね。辞め時すら、安室に取られてしまったようにも見えます」

1月25日の公式SNSに、アユはこう綴っている。

《諦めない心を捨てること、信じる心を捨てることで、全ての感情にフタをしてれば傷つくことはないね。/喜びもないけどね。》

現実逃避だろうか?

一方、「ayumihamasakiARENATOUR2018〜POWERofMUSIC20thAniversary〜」開催決定を告げる公式ホームページには《立ち止まることなくまだまだ前進し続ける覚悟を決めた音楽人生において、ayuの新たな挑戦が始まる》とある。この言葉も引退する安室を意識しているのかしらん。

***

週刊新潮WEB取材班

2018年2月12日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

浜崎あゆみ ドタキャン騒動後のポジティブな投稿にファンから批判も

浜崎あゆみ ドタキャン騒動後のポジティブな投稿にファンから批判も

歌手の浜崎あゆみさん(39)が2017年11月21日に自身のツイッターを更新。同日に千葉で開催されたコンサートに向け意気込みを投稿した。 浜崎さんは17日に仙台市内でのコンサートを病気でドタキャンしたばかり。「ダメだったならやり直せばいい。」などとポジティブな投稿に、ファンからは批判的なコメントが多...
Instagramのコメント欄を消す 浜崎あゆみをファンが心配

Instagramのコメント欄を消す 浜崎あゆみをファンが心配

浜崎あゆみが、18日よりInstagramのコメント欄を閉じ、ファンから心配の声が上がっている。 【写真】こぼれ落ちそう!?浜崎あゆみ、豊かな胸元強調ファッション公開で「お胸さんが!!!!」「鼻血」 浜崎は、17日に予定されていた「ayumihamasaki『Justthebeginning-20-TOUR2017』」宮城・東京エレクトロン...
浜崎あゆみ、仙台公演中止に「判断遅すぎ」! 開場した後の土壇場発表にファンも「ドン引き」

浜崎あゆみ、仙台公演中止に「判断遅すぎ」! 開場した後の土壇場発表にファンも「ドン引き」

歌手の浜崎あゆみさん(39)が2017年11月17日に仙台市内の会場で予定していたコンサートが、急性気管支炎によるドクターストップで急きょ中止となった。浜崎さんの公式ウェブサイトで同日夜に発表された。 公演の中止が決まったのは、会場内にファンが入った後だった。そのため、突然の中止発表を受けたファン...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net