芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「R-1ぐらんぷり」のファイナリスト 紺野ブルマら10人が決勝進出

「R-1ぐらんぷり」のファイナリスト 紺野ブルマら10人が決勝進出 “ひとり芸日本一”を決定する『R-1ぐらんぷり2018』の準決勝が12日、東京・ニッショーホールで開催された。準決勝終了直後に決勝進出者の発表が行われ、カニササレアヤコ、河邑ミク、霜降り明星・粗品、濱田祐太郎、おいでやす小田、おぐ、ルシファー吉岡、チョコレートプラネット長田、紺野ぶるま、ゆりやんレトリィバァの10人がファイナリストに選ばれた。

【写真】芸人兼OL、盲目の漫談家ら決勝進出10人

大会常連組、実力派芸人が顔をそろえるなか、最初に名前を呼ばれて登壇したカニササレアヤコは、フリーの芸人兼OL。「普通にOLをやっている。仕事は、ロボットエンジニア。Pepperくんの脳内を操っています」と明かし「部長の評価が上がるように頑張りたい。ボーナスが上がればいいな」と、リラックスした様子で意気込んだ。

中でも注目なのは、盲目の漫談家・濱田祐太郎だ。「僕は生まれつき、目がよく見えない。決勝に残れたので頑張りたい」と語りつつ、霜降り明星・粗品の「僕だけ靴が汚い」というボケに「僕は靴が見えないのでピカピカなのかわからない」と、かぶせて笑いをさらっていた。

その後に行われた本番のネタ順抽選では、Aブロックのトップバッターにルシファー、カニササレ、小田、おぐ、Bブロックに河邑、長田、ゆりやん、復活ステージ2位、Cブロックに濱田、紺野、粗品、復活ステージ1位となった。

プロアマ問わず一人芸の面白さだけで競う今大会には、史上最多となる3795人がエントリー。司会は15回連続の雨上がり決死隊とフジテレビの宮司愛海アナウンサーが担当。決勝戦の模様は、3月6日の午後7時からカンテレ・フジテレビ系全国ネットで生放送される。

第1回は、当時芸能事務所に所属していなかった、だいたひかるが優勝。その後は、浅越ゴエ(第2回)、ほっしゃん。(第3回)、博多華丸(第4回)、なだぎ武(第5、6回連覇)、中山功太(第7回)、あべこうじ(第8回)、佐久間一行(第9回)、COWCOW・多田健二(第10回)、三浦マイルド(第11回)、やまもとまさみ(第12回)、じゅんいちダビッドソン(第13回)、ハリウッドザコシショウ(第14回)、アキラ100%(第15回)が栄光に輝き、トップ芸人の仲間入りを果たしている。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「R-1ぐらんぷり2018」濱田祐太郎が優勝 ほぼ盲目の漫談家

「R-1ぐらんぷり2018」濱田祐太郎が優勝 ほぼ盲目の漫談家

毎年恒例の“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2018』決勝戦が6日、東京・台場のフジテレビで行われ、濱田祐太郎(28)が王座に輝いた。過去最多となるエントリー3795人の頂点に立ち、賞金500万円を受け取った。 【写真】決勝進出者会見でも独壇場だった濱田祐太郎 今年で16回目となる同大会は、決勝ト...
「R-1ぐらんぷり」決勝のカニササレアヤコ、アンゴラ村長の先輩

「R-1ぐらんぷり」決勝のカニササレアヤコ、アンゴラ村長の先輩

ピン芸人ナンバー1を決める「R−1ぐらんぷり2018」の準決勝が12日、都内で行われ、エンジニアとしてヒト型ロボット「Pepper」を手掛ける会社員のカニササレアヤコ(24)が決勝進出を果たした。16年にもR−1に出場したが、1回戦敗退。2年ぶりとなった今回は、一気に決勝の舞台まで上り詰...
R-1で優勝した盲目の漫談家・濱田祐太郎 番組で車の運転に挑戦へ

R-1で優勝した盲目の漫談家・濱田祐太郎 番組で車の運転に挑戦へ

3月に行われた『R-1ぐらんぷり2018』で優勝した、ほぼ盲目の漫談家・濱田祐太郎の特番『濱田祐太郎のした事ないこと!』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)が、あす3日の深夜0時30分から1時30分まで放送。番組内で、濱田がずっとやってみたかったという“車の運転”に挑戦する。 【写真】ネタ作り5時間!紺...
濱田祐太郎の本音に爆笑問題・太田光「お前、性格悪いね」

濱田祐太郎の本音に爆笑問題・太田光「お前、性格悪いね」

『R-1ぐらんぷり2018』で優勝し、一躍注目を浴びた盲目の漫談家・濱田祐太郎をフィーチャーする『R-1ぐらんぷり2018優勝者特番濱田祐太郎のした事ないこと!』(カンテレ・フジテレビ系)が、6月3日(日)24時30分より放送されることがわかった。 過去最多となる3795人のエントリーから“ひとり芸日本一”に輝...
「性欲は落ち着いてきたけどモテたい」42歳・乙武洋匡氏が明かす

「性欲は落ち着いてきたけどモテたい」42歳・乙武洋匡氏が明かす

(全2枚) 5月11日、AbemaTVで『エゴサーチTV』が放送された。 “エゴサーチ”とはインターネット上で、自身の名前などを検索して自分自身の評価を確認する行為のこと。本番組は、“エゴサーチ”が得意なお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”を...
R-1王者・濱田祐太郎 恋人とのなれそめは… 岡村絶句「そんなことあるんや」

R-1王者・濱田祐太郎 恋人とのなれそめは… 岡村絶句「そんなことあるんや」

「R−1ぐらんぷり2018」を制した視覚障害を持つピン芸人・濱田祐太郎(28)が5日放送のカンテレ「おかべろ」に出演し、最近できたという彼女について恋バナを披露した。 交際が始まったのはR−1優勝後。濱田によると、大阪・難波の商店街を歩いている時に女性の方から声をかけられた。テレビの賞レ...
盲目の漫談家・濱田祐太郎がR-1優勝 頼れる同期の存在

盲目の漫談家・濱田祐太郎がR-1優勝 頼れる同期の存在

「困ったら、とりあえず笑っといてくださいね」。これを枕詞に自身の盲目にまつわるネタを、自虐を交えながらしゃべり倒した漫談家・濱田祐太郎(28)が、毎年恒例の“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2018』の王者に輝いた。サポートの男性の肩を借りながら、優勝会見場に現れた濱田は「ちょっと、まだ...
「人志松本のすべらない話」に批判多数「全然笑えない」の声も

「人志松本のすべらない話」に批判多数「全然笑えない」の声も

1月20日に放送された『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)をめぐって、ネット上では批判が巻き起こっている。今回はフリーアナウンサーの宮根誠司のほか、孤高の地下芸人のチャンス大城、若手芸人枠から霜降り明星のせいやが初登場となった。 もっともすべらなかった話に与えられるMVSは、せいやの「女...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net