芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

GENKINGが語る「セレブ生活は女性を隠すための防衛術だった」

GENKINGが語る「セレブ生活は女性を隠すための防衛術だった」
 
1月29日、昨年5月にタイで「性別適合手術」を受けたことを告白したGENKING(年齢非公開)。GENKINGと言えば、インスタグラムで「謎の美男子」として注目を集め、'15年に芸能界デビューするや、オネエとは違う“ニューキャマー”、「気分により男と女のときがある」、“ユニセックス”として一躍時の人となった。インスタグラムのフォロワーは100万人をほこった。
 
今年1月、自叙伝『僕は私を生みました。』(双葉社)を出版。そこには、3歳のころに気づいた性の目覚め、自分の性に対する違和感と苦悩、そして昨年7月に性同一性障害が認められて戸籍上も女性になるまでの半生がつづられている。
 
今回、女性として人生を歩み出したGENKING(本名・沙奈さん)が、本誌に女性になるまでの苦悩を明かしてくれた。
 
こっそり母親の口紅を借りて口にぬるのが好きで、ピンクの靴を履いて、部屋もピンク一色だった幼少期。
 
「小学生のとき、赤い筆箱を持っていたことをきっかけに『あっ、オカマだ!』と言われるようになりました。それから『本当の性を隠さないといじめられる。そしたら大好きなママが傷つく』と、心を閉ざしていくようになりました」
 
そんな反応に変化が起こったのは、小学4年の夏休み。年の離れた姉に、髪を明るく染めてもらったときのことだった。
 
「盆踊りに行くと、みんなが髪を染めた私に興味津々で集まってきました。『人より目立つといじめられない』と、気づいたんです。本当の自分を守るためにヤンキー小学生、ギャル男、謎の美男子、ユニセックス……と別の誰かを“ファッション”として演じるようになりました。ようやく堂々と生きてゆくための“防衛術”を見つけたと思いました」
 
やがて、その“ファッション”がメディアに注目されて、芸能界デビューを果たす。
 
「別人を演じるという意味では、その最高潮がGENKINGでした。子どものころからの夢だった芸能界デビュー。最初の1〜2カ月は夢心地でしたが、当時の事務所からは、自分のことを『僕』と話すようにと言われていました。普段着としてはいていたスカートやワンピースも禁止。メディアに出れば出るほど“偽り”の時間は増えていき、そのギャップに必死に耐えていました。そして、本来の姿に戻りたいという葛藤にさいなまれ……」
 
GENKINGとしては、ゴージャスな暮らしぶりも求められた。その当時を、彼女はこう振り返る。
 
「仕事だからやるしかない。世の中には男性と女性しかいない。でも私はどっちでもない――。ベッドに入っても頭の中に嫌なことしか浮かんでこない。死にたい、消えたい
……と思うようになっていました」
 
そんな彼女だったが、“女に生まれ変わった”今やっと“本当の自分”を語れるようになったという。
 
「私の中でこれまでの人生は偽り、嘘でした。本名が沙奈になった今振り返ると、まるで別人か、前世の記憶のよう。今は毎晩、悩み苦しむことなく眠りにつける幸せをかみしめています」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

GENKINGが性別を女性に変更後初の公の場「女の子1年生という感覚」

GENKINGが性別を女性に変更後初の公の場「女の子1年生という感覚」

タレント、GENKING(年齢非公表)が14日、東京都内で行われたFANCL×STORY「コラーゲンリスタート宣言イベント」にゲスト出席した。 肌の美にアプローチする「ディープチャージコラーゲンシリーズ」(粒、ドリンク、ゼリー、パウダー)のPRのための企画。同商品のテーマカラーであるピン...
GENKINGのインスタからフォロワー減少「落ちついた私を嫌いにならないで」

GENKINGのインスタからフォロワー減少「落ちついた私を嫌いにならないで」

  4月10日、タレントのGENKINGが自身のInstagramを更新。派手なセレブ投稿をやめたことからフォロワーが減少したと明かした。   GENKINGは「最近は全く遊び歩かなくなって、昔みたいなインスタ映えする派手な生活とは無縁な私」と、近況を報告。「大好きだったお酒も月に1回飲むか飲まないかだから...
美馬怜子が大久保佳代子に謝罪要求「清純派のイメージが崩された」

美馬怜子が大久保佳代子に謝罪要求「清純派のイメージが崩された」

美馬怜子が、6日放送の「今夜解禁!ザ・因縁」(TBS系)に出演。ネット上で取りざたされている整形疑惑に言及した。 バラエティで共演した大久保佳代子から「ラブドール、作り物の人形みたいな顔」と言われことがきっかけでネットで整形疑惑が持ち上がったという美馬。これによって清純派のイメージが崩され...
“心の闇解放”が芸能界のトレンドに 共感とデトックス作用により相乗効果

“心の闇解放”が芸能界のトレンドに 共感とデトックス作用により相乗効果

近年、芸能人が“心の闇”を赤裸々に告白する姿がよく見られる。以前は“心に闇を抱えている”=“精神的に疲弊している”印象があり、たとえテレビで話してもカットされることが多かっただろう。しかし、最近はさまざまなジャンルの芸能人が、むしろ積極的に心の闇を打ち明けており、ある種の“個性”として取り上げ...
GENKIGが「女性」に 死も覚悟して受けた性別適合手術の苦しみ

GENKIGが「女性」に 死も覚悟して受けた性別適合手術の苦しみ

1月29日、タレントのGENKIGが身体も戸籍も「女性」になったことを、フジテレビ系『ノンストップ』で告白しました。 2017年5月にタイで性別適合手術を受け、同年8月に戸籍上の本名も元輝(げんき)から沙奈(さな)に変更したのです。 中性的な「ニューキャマー」を売りにしてきたのは偽りで、実は幼い頃から...
窪塚洋介、W杯優勝はポルトガルと予想 決勝T予測に「日本は?」

窪塚洋介、W杯優勝はポルトガルと予想 決勝T予測に「日本は?」

俳優・窪塚洋介(39)が19日、自身のインスタグラムを更新。サッカーW杯の決勝トーナメントの勝ち上がり予測を掲載し、優勝はポルトガルと予想した。 窪塚は「僕のW杯2018年の予想です。決勝でネイマールとC・ロナウドがプレーして欲しい」とコメント。日本が所属する1次リーグH組はコロンビア...
ANRI「時間、労力全部返して」浅草ロック座のドタキャン報道に反論

ANRI「時間、労力全部返して」浅草ロック座のドタキャン報道に反論

元タレントでセクシー女優だったANRI(坂口杏里=27)が15日、自身のインスタグラムを更新。ストリップデビューする予定だった浅草ロック座出演を見送った件で「ドタキャンされたのはこっち」と反論した。 ANRIは16日から30日まで同劇場への出演を予定しており、本紙にはトレーニング現場も公...
RIKACOが離婚後も「渡部」姓を名乗る理由は?前夫に感謝も

RIKACOが離婚後も「渡部」姓を名乗る理由は?前夫に感謝も

タレントのRIKACO(52)が15日、自身のインスタグラムを更新し、俳優・渡部篤郎(50)と離婚後も「渡部」姓を名乗っている理由について明かした。 RIKACOはフォロワーからの渡部姓を名乗っていることが意外だったという指摘に回答する形で「私達が離婚した時に息子さん達が苗字を変えたく...
布袋寅泰&今井美樹の長女がデビュー?年齢や身長はKoki,と同じ

布袋寅泰&今井美樹の長女がデビュー?年齢や身長はKoki,と同じ

東京・渋谷駅から徒歩10分ほどの高級マンション。エレベーターで高層階に上がり、100平方メートル超の部屋に入ると、窓一面に東京の夜景が広がる。このマンションは芸能人が多いことで有名だが、その中でも今井美樹(55才)はひと際目を引く存在だ。 「最近その後ろを長身のスレンダーなお嬢さんがついていく...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net