芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

GENKINGが語る「セレブ生活は女性を隠すための防衛術だった」

GENKINGが語る「セレブ生活は女性を隠すための防衛術だった」
 
1月29日、昨年5月にタイで「性別適合手術」を受けたことを告白したGENKING(年齢非公開)。GENKINGと言えば、インスタグラムで「謎の美男子」として注目を集め、'15年に芸能界デビューするや、オネエとは違う“ニューキャマー”、「気分により男と女のときがある」、“ユニセックス”として一躍時の人となった。インスタグラムのフォロワーは100万人をほこった。
 
今年1月、自叙伝『僕は私を生みました。』(双葉社)を出版。そこには、3歳のころに気づいた性の目覚め、自分の性に対する違和感と苦悩、そして昨年7月に性同一性障害が認められて戸籍上も女性になるまでの半生がつづられている。
 
今回、女性として人生を歩み出したGENKING(本名・沙奈さん)が、本誌に女性になるまでの苦悩を明かしてくれた。
 
こっそり母親の口紅を借りて口にぬるのが好きで、ピンクの靴を履いて、部屋もピンク一色だった幼少期。
 
「小学生のとき、赤い筆箱を持っていたことをきっかけに『あっ、オカマだ!』と言われるようになりました。それから『本当の性を隠さないといじめられる。そしたら大好きなママが傷つく』と、心を閉ざしていくようになりました」
 
そんな反応に変化が起こったのは、小学4年の夏休み。年の離れた姉に、髪を明るく染めてもらったときのことだった。
 
「盆踊りに行くと、みんなが髪を染めた私に興味津々で集まってきました。『人より目立つといじめられない』と、気づいたんです。本当の自分を守るためにヤンキー小学生、ギャル男、謎の美男子、ユニセックス……と別の誰かを“ファッション”として演じるようになりました。ようやく堂々と生きてゆくための“防衛術”を見つけたと思いました」
 
やがて、その“ファッション”がメディアに注目されて、芸能界デビューを果たす。
 
「別人を演じるという意味では、その最高潮がGENKINGでした。子どものころからの夢だった芸能界デビュー。最初の1〜2カ月は夢心地でしたが、当時の事務所からは、自分のことを『僕』と話すようにと言われていました。普段着としてはいていたスカートやワンピースも禁止。メディアに出れば出るほど“偽り”の時間は増えていき、そのギャップに必死に耐えていました。そして、本来の姿に戻りたいという葛藤にさいなまれ……」
 
GENKINGとしては、ゴージャスな暮らしぶりも求められた。その当時を、彼女はこう振り返る。
 
「仕事だからやるしかない。世の中には男性と女性しかいない。でも私はどっちでもない――。ベッドに入っても頭の中に嫌なことしか浮かんでこない。死にたい、消えたい
……と思うようになっていました」
 
そんな彼女だったが、“女に生まれ変わった”今やっと“本当の自分”を語れるようになったという。
 
「私の中でこれまでの人生は偽り、嘘でした。本名が沙奈になった今振り返ると、まるで別人か、前世の記憶のよう。今は毎晩、悩み苦しむことなく眠りにつける幸せをかみしめています」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

結婚間近で破局したGENKINGが語っていた夢「36歳までに母親になりたい」

結婚間近で破局したGENKINGが語っていた夢「36歳までに母親になりたい」

GENKING(年齢非公表)が10月12日、自身のInstagramを更新。同棲していた恋人との破局を明らかにした。 「実は大好きだった彼とお別れをしました」と切り出したGENKINGは、「お互いの家族や友人も仲良くて、結婚を前提に真剣に付き合ってきました」と回想。さらに昨年5月に性別適合手術を受けているため、「生...
GENKING、恋人との破局を報告「沢山の犠牲を伴いました」

GENKING、恋人との破局を報告「沢山の犠牲を伴いました」

【GENKING/モデルプレス=10月12日】タレントのGENKINGが12日、自身のInstagramを更新。交際していた恋人との破局を報告した。 【さらに写真を見る】GENKING、ウェディングドレスで登場 ◆GENKING、結婚を考えていた恋人と破局 結婚を前提に同棲している恋人の存在を公表していたGENKINGだが、「実は大好き...
今井翼を悩ませるメニエール病 患者達から理解を求める声

今井翼を悩ませるメニエール病 患者達から理解を求める声

滝沢秀明(36)と今井翼(36)のデュオ・タッキー&翼が9月12日に解散を発表した。さらに今井は近くジャニーズ事務所を退社する予定。当分はメニエール病の克服に専念するという。 今井は95年に同事務所に入所し、02年9月にタッキー&翼としてデビュー。そのダンスの技量やセンスを活かし、04年8月には構成・...
GENKINGが性別を女性に変更後初の公の場「女の子1年生という感覚」

GENKINGが性別を女性に変更後初の公の場「女の子1年生という感覚」

タレント、GENKING(年齢非公表)が14日、東京都内で行われたFANCL×STORY「コラーゲンリスタート宣言イベント」にゲスト出席した。 肌の美にアプローチする「ディープチャージコラーゲンシリーズ」(粒、ドリンク、ゼリー、パウダー)のPRのための企画。同商品のテーマカラーであるピン...
GENKIGが「女性」に 死も覚悟して受けた性別適合手術の苦しみ

GENKIGが「女性」に 死も覚悟して受けた性別適合手術の苦しみ

1月29日、タレントのGENKIGが身体も戸籍も「女性」になったことを、フジテレビ系『ノンストップ』で告白しました。 2017年5月にタイで性別適合手術を受け、同年8月に戸籍上の本名も元輝(げんき)から沙奈(さな)に変更したのです。 中性的な「ニューキャマー」を売りにしてきたのは偽りで、実は幼い頃から...
「やる気なくす」橋本環奈のマネージャーがファンに強い口調

「やる気なくす」橋本環奈のマネージャーがファンに強い口調

女優・橋本環奈さん(19)のマネージャーとファンとの「応酬合戦」が、インターネット上で話題となっている。 目撃者からは、「マネージャー面白いw」「一番近くであり得ないスケジュールで頑張ってる存在がいるからガチでキレたんだろな」といった声が寄せられている。 「私は急かされるとやる気なくすタイプ...
上沼恵美子への暴言を叱る先輩芸人たちの「深慮遠謀」に学ぶ

上沼恵美子への暴言を叱る先輩芸人たちの「深慮遠謀」に学ぶ

トラブルは期せず起きてしまうもの、おさめ方こそがその後の評価を分ける。大人力について日々研究するコラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。 *** 「M‐1グランプリ2018」での上沼恵美子の審査っぷりは、例年どおりの辛らつさでインパクト抜群でした。ただ、視聴者にとっては楽しい審査でしたが、バッサリ...
満島ひかりが高橋一生と森川葵の交際暴露か「前から聞いてた」

満島ひかりが高橋一生と森川葵の交際暴露か「前から聞いてた」

(全3枚) 今年、女優人生の大きな節目を迎えたのが満島ひかり(33才)だ。3月に事務所を退所し、フリーに。その後、仕事は空白状態が続いた。 「秋に、都心にほど近い住宅地のマンションに引っ越しました。3LDKの新居は、仕事部屋も兼ねているそうです。“今後の仕事はすべて自分で管理したい”という理由で独立...
久保田かずのぶは「叩かれすぎ」との声 主犯はスーマラ武智?

久保田かずのぶは「叩かれすぎ」との声 主犯はスーマラ武智?

2018年の「M-1グランプリ」放送後に発生した、とろサーモン久保田かずのぶさん(39)とスーパーマラドーナの武智さん(40)による、上沼恵美子さん(63)への暴言問題について、「久保田ばかりがたたかれていて良くない」との声がネット上で上がっている。 12月2日にM-1に出場し、予選で7位となった武智さんは...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net