芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

関係者から漏れたとしか思えない?「BG」めぐる報道でテレ朝に波紋

関係者から漏れたとしか思えない?「BG」めぐる報道でテレ朝に波紋

民放キー局の視聴率争いで、TBSとシ烈な2位争いを展開するテレビ朝日が、とんだ笑いものになっているという。先日、テレ朝の局員限定で催された「新年の出陣式」が東京・六本木の本社で行われた。その場にサプライズゲストとして登場したのが、ドラマ「BG〜身辺警護人〜」主役の木村拓哉(45)だ。

「テレ朝の新年出陣式には1月ドラマの出演者が登壇することが慣例になっていたんです。実際に『DOCTORS〜最強の名医〜新春SP2018』の沢村一樹と高嶋政伸が登場し会場を沸かせた。ところがそこに木村も出てきた。会場内にオ〜ッ!と、どよめきが起こりました」(事情通)

もちろん、長年にわたり、このテレ朝独特の出陣式の内容や登壇者に関する情報がメディアに漏れたことは過去、例がないらしい。事実、今年の出陣式についてもスポーツ紙が記事にすることはなかった。

「スポーツ紙だったら、ネタがない時なら間違いなく芸能面のトップネタですよ。木村が登壇したというだけでニュースですからね。しかも、木村はテレ朝で長年、タブーとされている演者によるスタントをやりたいと会場で局員に直訴したんです。記者が知ったら間違いなく芸能トップネタです」(ある放送作家)

毎年、大物芸能人がサプライズで登場する「新年の出陣式」は、テレ朝局員の誇りでもあったという。さらに「絶対に情報が漏れないことから局員の結束を強めるという意味合いも出陣式にはあったんです。『どうだ、俺たちの口は堅いだろう』というのが自慢だった」(事情通)

ところが、この結束がいとも簡単にほころびてしまった。女性誌「女性自身」が、その内幕を詳細にリポート。ドラマの撮影に関して司会から質問された木村が、「お願いがあります!」と切り出し、撮影での“自走“”を、早川洋会長(74)らテレ朝首脳陣に直訴したという。同局では2003年にドラマでのカーアクション撮影中に、見物客数人に重軽傷を負わせた事故から、俳優本人による車の運転は禁止されてきた。しかし、迫力あるシーンを演出したい木村の熱意を受け止め首脳陣も慎重に検討に入った、という内容だ。

もちろん15年間の封印を解き、“禁断のアクションシーン”解禁への動きがスッパ抜かれたことでテレ朝内に動揺が広がったが、「情報は漏れないと自慢していたにもかかわらず、女性誌に記事にされてしまった」(芸能プロ関係者)ことへの衝撃も大きかった。「当然、関係者が話したとしか思えない詳細な情報が記事になっていたんです。局内では編成部が中心となって犯人捜しが始まった」(同)

いったい誰が、どんな理由でマル秘情報を漏らしてしまったのか?こんな“事件”が起きるようでは、視聴率2位の座は危ないかも…。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ナイツ塙宣之がドラマ「捜査一課長」に出演 「大根」ぶりが話題に

ナイツ塙宣之がドラマ「捜査一課長」に出演 「大根」ぶりが話題に

お笑い芸人が役者デビュー――。いまどき珍しくない現象、というよりも、低迷するドラマのスパイス、そして広告塔として、重要視されているという。4月期のドラマを見回してみよう。 *** 民放プロデューサーが語る。 「お笑いの人って、コントでも別人を演じていますし、そこでデフォルメすることはあっても...
番組中に指カンチョーも 実は壮絶な人生を送っていた寺田理恵子

番組中に指カンチョーも 実は壮絶な人生を送っていた寺田理恵子

(全6枚) 『オレたちひょうきん族』の「ひょうきんベストテン」サブ司会をつとめ、アイドル女子アナの先駆けとして人気を博した寺田理恵子さん。天性の明るさとさわやかな笑顔が印象的だが、実は壮絶な人生を送っていた。 1980年代 ◆寺田理恵子、『オレたちひょうきん族』で泣かされて… -寺田さんというと、...
不倫報道の田中萌アナがネットのニュース番組に 地上波も近い?

不倫報道の田中萌アナがネットのニュース番組に 地上波も近い?

女子アナに不倫は禁物。 プロデューサーとの不倫の末、2年前から夫の生田竜聖アナ(29)と別居していたフジテレビの秋元優里アナ(34)は、5月2日に離婚を発表した。秋元アナは、現在、提供スポンサーの名前を読む仕事しかしておらず、アナウンス室で完全に干されているという。 テレビ朝日にも2年前の暮れ、...
視聴率が苦戦している「西郷どん」脚本の粗さを指摘する声も

視聴率が苦戦している「西郷どん」脚本の粗さを指摘する声も

NHKの大河ドラマ『西郷どん』の視聴率が苦戦している。 「1月7日放送の初回15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下、同)の滑り出しから、14〜15%をキープしていたものの、4月に入ってからは下降線をたどり、29日にはついに11.1%とワーストを記録。5月6日放送は12.0%まで数字を戻したものの、依然とし...
安室奈美恵の「引退ビジネス」チケットの売り上げだけで90億円か

安室奈美恵の「引退ビジネス」チケットの売り上げだけで90億円か

6月2日と3日の東京ドームでのファイナル公演まで引退に向けたツアーを開催中の歌手の安室奈美恵だが、一連の“引退ビジネス”で稼いだ驚きの金額の試算を、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。 安室は昨年9月20日、今年の9月16日に引退することを発表。2月のナゴヤドームから引退ツアーをスタートさせ...
高島忠夫・寿美花代の今 老老介護の実態を高嶋政伸が語る

高島忠夫・寿美花代の今 老老介護の実態を高嶋政伸が語る

(全4枚) 「おふたりともかなりのご高齢ですからね。寿美さんも今はかなり衰弱されているようです」(芸能プロ関係者) 【写真】家族そろって“イェーイ”ポーズ、強風のなか直撃取材に応じる高嶋政伸etc 寿美さんとは、高島忠夫の妻・寿美花代のことだ。87歳と86歳の夫婦は、現在ふたりとも身辺の世話が必要な状...
渡辺謙と南果歩 訃報の陰に隠れるような離婚発表に「せこい」

渡辺謙と南果歩 訃報の陰に隠れるような離婚発表に「せこい」

離婚協議中だった俳優の渡辺謙と女優の南果歩の離婚が成立し17日、それぞれの所属事務所が発表したことを、各スポーツ紙が報じている。 2人は03年放映のドラマの共演で知り合い、05年12月に結婚。共に再婚だった。 おしどり夫婦として知られていたが、昨年3月に「週刊文春」(文芸春秋)で渡辺と元ホステス女...
剛力彩芽の熱愛にオスカー悲鳴「シングルマザーになってしまう」

剛力彩芽の熱愛にオスカー悲鳴「シングルマザーになってしまう」

女房と畳は新しいほうがいい。今どきこんなセリフを口にしたら、「(セクハラが)嫌なら男の記者に替えればいい」と吐き捨てた麻生太郎財務相のように袋叩きになること請け合いだ――。「スキャンダル処女」の剛力彩芽(25)に恋愛話が持ち上がった。お相手は事実婚を繰り返し、次々と新しい伴侶を求めてきたプ...
「あまりにも心がない」東野幸治が徳島えりかアナの発言にクレーム

「あまりにも心がない」東野幸治が徳島えりかアナの発言にクレーム

東野幸治が、13日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、同局の徳島えりかアナウンサーにクレームを飛ばす一幕があった。 先月4月24日、『ZIP!』の中で結婚を報告した徳島アナ。その一方で、約7年間『行列』で共演してきた雨上がり決死隊・宮迫博之や東野幸治たちは、彼女から結婚したことを...
パワハラ&セクハラ疑惑の反町理氏 社内で謝罪も怒りの声続々

パワハラ&セクハラ疑惑の反町理氏 社内で謝罪も怒りの声続々

4月に「週刊文春」(文芸春秋)で後輩女性記者に対するパワハラ&セクハラ疑惑を報じられていた、フジテレビの夕方のニュース番組「プライムニュースイブニング」のメインキャスターを務める反町理氏が、こっそりと謝罪していたことを、発売中の同誌が報じている。 同誌が報じたところによると、反町氏のパワハ...
フジテレビの反町理氏が謝罪 自身のパワハラ問題報道で

フジテレビの反町理氏が謝罪 自身のパワハラ問題報道で

4月から始まったフジテレビの新番組「プライムニュースイブニング」。メインキャスターの反町理氏(54)がパワハラ問題について社内会議で謝罪していたことが「週刊文春」の取材で明らかになった。 【写真】政治部のエース記者だった反町氏 「今回の週刊誌報道、ならびに関連事案に関して、大変ご迷惑をおかけ...
入信することで仕事は増える?「芸能人と宗教」におけるメリットは

入信することで仕事は増える?「芸能人と宗教」におけるメリットは

連載スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」第14回InsidestoryofTelevision 『幸福の科学』大川隆法総裁の講演会で歌う千眼美子。電撃出家により、レギュラー番組降板、映画PRイベント欠席など所属事務所は対応に追われた 1月下旬、『M‐1』王者の『とろサーモン』久保田かずのぶ(38)が創価学会員だと『週...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net