芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

小嶋陽菜 熱烈な男性ファンをイジる一幕「やば〜こわ〜!」

小嶋陽菜 熱烈な男性ファンをイジる一幕「やば〜こわ〜!」 元AKB48の小嶋陽菜(29)が14日、都内で行われた『小嶋陽菜×LINEPOPシリーズコラボ記念SP番組』公開生配信に参加した。バレンタインの話題でも「忘れちゃった」とそっけない小嶋にMCを務めた芸人・永野が「俺がファンだったら嫌いになる」と暴言。当の本人もそこに関しては納得する部分があるようで、「ね〜他にアイドルもいっぱいいるし、後輩もいっぱいいるし、ファンの方は我慢強い」と苦笑しきりで「(最近は)ファッション誌とか仕事もシフトしてきたのに。まだついてくる!」と言いたい放題だった。

【写真】永野と写メ会ポーズを再現

レギュラー番組でも共演する永野とのコンビですっかりリラックスムードとなった小嶋は「最近、女性向けイベントしか演ってなくて。本当に“オタク”みたいな人…、ちょいちょい、いるじゃん」と熱い男性ファンを見つけるなり素直すぎる反応。わざわざ札幌から飛行機で来てくれたという熱烈な男性にファンのことも「やば〜こわ〜!」「うわ〜」といじってみせた。

さらにAKB時代の“写メ会”でファンと“ハートを作る”ポーズを永野とやってみせ、永野から「どう思ってやってたの?」と聞かれるも「“無”ですね」とキッパリ。終始、自由奔放な小嶋だったが最後には「めげずにこれからもまたきてください」と微笑んで小悪魔ぶりを発揮していた。

イベントではバレンタインにちなみ永野が『バレンタインデーに大相撲観戦に来てつまみ出される女』というネタを披露。独自の世界観で会場を不思議な空気で包み込むも、一人ハマったのか「すご〜い!」と手を叩いて大喜び。また、ゲームの実戦でクリアする小嶋に永野が「オリンピックより感動した。平野(歩夢)選手くらい。僕にとっては金メダル」とオーバーに感激を表して笑いを誘っていた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「半分、青い。」の撮影が終了 ネタバレを防ぐために異例の非公開

「半分、青い。」の撮影が終了 ネタバレを防ぐために異例の非公開

NHKは18日、女優の永野芽郁(18)がヒロインを務める連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)の撮影が17日に終了したと発表した。朝ドラのクランクアップはメディアに公開され、取材が行われるのが通例だが、近年、異例の非公開。昨年11月から撮影に入り、約10カ月の長丁場を完走...
「ほとんどアドリブ」笑福亭鶴瓶が「西郷どん」での大暴れを明かす

「ほとんどアドリブ」笑福亭鶴瓶が「西郷どん」での大暴れを明かす

落語家の笑福亭鶴瓶(66)がこのほど都内で、下級の公家・岩倉具視役で出演するNHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜、後8・00)での“怪演”秘話を明かした。12日放送の第30回「怪人岩倉具視」の撮影ではアドリブ連発で、主演の鈴木亮平(35)からも「大河ですよ!」と突っこまれた。今作で爪痕を残...
安室奈美恵効果?「半分、青い。」人気を支える永野芽郁の原動力

安室奈美恵効果?「半分、青い。」人気を支える永野芽郁の原動力

現在放送中のNHK朝ドラ『半分、青い。』が絶好調だ。まもなく終盤に差し掛かるが、平均視聴率は20%台をキープ。その人気をけん引しているのはもちろん、ヒロインの永野芽郁(18)だろう。 実は彼女、「台本を読むときは洋楽を聞きながら」と明かしているほどの音楽好きだという。 「永野さんの気分転換は、自...
一部では批判の声も出ている「半分、青い。」高視聴率を保つ理由

一部では批判の声も出ている「半分、青い。」高視聴率を保つ理由

永野芽郁(18)演じるヒロイン鈴愛が高度成長期から平成までを生き抜く、NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』。目まぐるしい展開に一部では「ついていけない」と批判の声も出ているが、それでも連日、20%超えの高視聴率なのはなぜなのか。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 *** 「エ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net