芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ほぼすべてを編集者が書いている作品も…ライトノベル界の惨状を語る

ほぼすべてを編集者が書いている作品も…ライトノベル界の惨状を語る

毎月、多数のタイトルが出版されているライトノベル。その勢いとは裏腹に、崩壊の兆しが見え始めている。もはや、まともに書ける作家が“枯渇”しているのである。

ここ数年、ライトノベルの世界を席巻しているのが、投稿サイト「小説家になろう」などのネット発の作品。売上の上位を占めているのも「なろう系」だ。

だが「なろう系」の席巻が、かえってライトノベルの勢いにブレーキをかけようとしているのだ。

「新しい作家の発掘は、公募以外は完全にネットに依存しています。ランキング上位にいる作家は、たいてい電撃文庫などの大手がスカウト。中小のレーベルも、やはりネットで目を付けた作家をスカウトするのが、日常の業務に組み込まれています」

そう話すのは、あるライトノベル編集者。ここ数年、プロとしてデビューを狙う作家の卵たちは「なろう系」に作品を投稿。そこで読者をつかみ、出版社から声がかかるのを待つというスタイルが定着してきた。

最初から原稿はあるし、読者の数も見えるため、双方にとってメリットがあるものだった。しかし、ここに来て新たな問題が起こっているのだ。

「なろう系で人気を得ている作品でも、そのまま即、出版できるレベルに達しているものは限られています。そこで、出版の際には加筆、改稿をお願いするのですが、何度書き直しても、出版できるレベルに達する筆力のない人が増えているのです」(同ラノベ編集者)

話を聞かせてくれた編集者は、こんな出来事に遭遇したという。

「私が赤入れをした上で改稿をお願いしたのですが……1カ月ほどたって戻ってきた原稿は、わずかに数行が変わっているだけだったのです。わかりますか?ネットに投稿した時点で力尽きて、もうどうしても書けないというのです」

本来、編集者の仕事というのは、そうした作家の卵たちを叱咤してプロとして育てていくことにあるはず。けれども編集者には、そうした余裕がまったくないのだという。

「作家が書けなかったからといって、はいそうですかと刊行予定を延ばすことなんてできません。だから、編集者が書き直すのです。今、多くのラノベ編集者の仕事は、作家を見つけることと、作家の代わりに書き直すことになっているんです。育てる余裕なんて、とてもありませんよ」(同)

とりわけ、刊行点数の多い某大手出版社では、実際には編集者が書いた作品が急増している惨状だ。この編集者が持参した某文庫。聞けば「作家がギブアップしたので200ページ近く代筆した」という。

「中には、ほぼすべてを編集者が書いている作品もあります。それでも印税は、まともに書けなかった作家にいくのですから、さすがに腹が立ちますよね」(同)

もはや「なろう系」は、単なる作品の元ネタを見つける場になっているのか。これから先、代筆で疲弊して壊れていく編集者は増えていきそうだ。
(文=是枝了以)

関連芸能ニュース

「ブギーポップは笑わない」アニメ化に対し緒方剛志氏が激怒

「ブギーポップは笑わない」アニメ化に対し緒方剛志氏が激怒

(全2枚) ライトノベル「ブギーポップは笑わない」のTVアニメ化に、原作小説でイラストを担当している緒方剛志氏が怒りをあらわにしている。 「ブギーポップは笑わない」は、1998年に電撃文庫から刊行された上遠野浩平氏による小説で、緒方剛志氏がイラストを担当。20年の時を経てTVアニメ化し、2018年に放送す...
新垣結衣が最高にカワイイ作品 1位は「逃げるは恥だが役に立つ」

新垣結衣が最高にカワイイ作品 1位は「逃げるは恥だが役に立つ」

新垣結衣ことガッキー人気が止まらない。昨年秋に大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。森山みくりには誰もが恋をした。世の中には「ガッキーかわいい」を連呼する“逃げ恥おじさん”まで登場。とはいえ、ガッキーがかわいいのは森山みくりだけじゃない! 今年は『コード・ブルー』のシーズン3に出演...
「SOS団」平野綾・茅原実里・後藤邑子がアニサマで11年ぶりに集結

「SOS団」平野綾・茅原実里・後藤邑子がアニサマで11年ぶりに集結

人気アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズで声優を務めた平野綾、茅原実里、後藤邑子が25日、さいたまスーパーアリーナで開催されたアニメソングイベント『AnimeloSummerLive2017-THECARD-』(以下、アニサマ)に出演。劇中で“SOS団”を演じた3人がアニサマでそろって歌うのは、2006年以来11年ぶり。初日のオー...
「あのコピーは間違っている」鈴木敏夫氏が語る高畑勲さんとの衝突

「あのコピーは間違っている」鈴木敏夫氏が語る高畑勲さんとの衝突

 今年4月、映画監督の高畑勲さんが亡くなった。プロデューサーとして支えてきたスタジオジブリの鈴木敏夫氏が語る高畑さんの記憶――それは決して美談ではなかった。(#1、#2より続く最終回) 第1回から読む「なぜ高畑勲さんともう映画を作りたくなかったか」 ◆ ◆ ◆  この作品はいつ完成し...
「まだやってんのか」山田ルイ53世がゾッとした明石家さんまの言葉

「まだやってんのか」山田ルイ53世がゾッとした明石家さんまの言葉

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し勝手に企画を提案していくTOKYOFMの番組「空想メディア」。8月5日(日)のゲストは、お笑いコンビ・髭男爵の山田ルイ53世さんです。ダウンタウン以前、以後の「芸人寿命」について、2人が実感していることとは? 山田ルイ53世さん(左)...
村上春樹「文章家になるつもりはなかった」ラジオで語る“音楽と小説”

村上春樹「文章家になるつもりはなかった」ラジオで語る“音楽と小説”

作家・村上春樹さんが初めてディスクジョッキーをつとめたラジオ番組「村上RADIO〜RUN&SONGS〜」が、8月5日(日)にTOKYOFMにて放送されました。この番組では村上さん自らディレクターもつとめ、「RUN&SONGS」をテーマに選曲を担当。ジョギングのときに聴いている楽曲から選りすぐりの7曲と、オープニングテー...
「なんで日本人が日本の時計をしない」国産愛する加藤浩次の持論

「なんで日本人が日本の時計をしない」国産愛する加藤浩次の持論

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】雨上がり決死隊の宮迫博之は、チュートリアルの徳井義実やフットボールアワーの後藤輝基らと「芸人時計部」を作った。宮迫はパテック・フィリップ、オーデマ・ピゲ、リシャール・ミルなど、高いもので1000万円近くする名だたる超高級腕時計を嫁に怒られながらも...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net