芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ほぼすべてを編集者が書いている作品も…ライトノベル界の惨状を語る

ほぼすべてを編集者が書いている作品も…ライトノベル界の惨状を語る

毎月、多数のタイトルが出版されているライトノベル。その勢いとは裏腹に、崩壊の兆しが見え始めている。もはや、まともに書ける作家が“枯渇”しているのである。

ここ数年、ライトノベルの世界を席巻しているのが、投稿サイト「小説家になろう」などのネット発の作品。売上の上位を占めているのも「なろう系」だ。

だが「なろう系」の席巻が、かえってライトノベルの勢いにブレーキをかけようとしているのだ。

「新しい作家の発掘は、公募以外は完全にネットに依存しています。ランキング上位にいる作家は、たいてい電撃文庫などの大手がスカウト。中小のレーベルも、やはりネットで目を付けた作家をスカウトするのが、日常の業務に組み込まれています」

そう話すのは、あるライトノベル編集者。ここ数年、プロとしてデビューを狙う作家の卵たちは「なろう系」に作品を投稿。そこで読者をつかみ、出版社から声がかかるのを待つというスタイルが定着してきた。

最初から原稿はあるし、読者の数も見えるため、双方にとってメリットがあるものだった。しかし、ここに来て新たな問題が起こっているのだ。

「なろう系で人気を得ている作品でも、そのまま即、出版できるレベルに達しているものは限られています。そこで、出版の際には加筆、改稿をお願いするのですが、何度書き直しても、出版できるレベルに達する筆力のない人が増えているのです」(同ラノベ編集者)

話を聞かせてくれた編集者は、こんな出来事に遭遇したという。

「私が赤入れをした上で改稿をお願いしたのですが……1カ月ほどたって戻ってきた原稿は、わずかに数行が変わっているだけだったのです。わかりますか?ネットに投稿した時点で力尽きて、もうどうしても書けないというのです」

本来、編集者の仕事というのは、そうした作家の卵たちを叱咤してプロとして育てていくことにあるはず。けれども編集者には、そうした余裕がまったくないのだという。

「作家が書けなかったからといって、はいそうですかと刊行予定を延ばすことなんてできません。だから、編集者が書き直すのです。今、多くのラノベ編集者の仕事は、作家を見つけることと、作家の代わりに書き直すことになっているんです。育てる余裕なんて、とてもありませんよ」(同)

とりわけ、刊行点数の多い某大手出版社では、実際には編集者が書いた作品が急増している惨状だ。この編集者が持参した某文庫。聞けば「作家がギブアップしたので200ページ近く代筆した」という。

「中には、ほぼすべてを編集者が書いている作品もあります。それでも印税は、まともに書けなかった作家にいくのですから、さすがに腹が立ちますよね」(同)

もはや「なろう系」は、単なる作品の元ネタを見つける場になっているのか。これから先、代筆で疲弊して壊れていく編集者は増えていきそうだ。
(文=是枝了以)

関連芸能ニュース

新垣結衣が最高にカワイイ作品 1位は「逃げるは恥だが役に立つ」

新垣結衣が最高にカワイイ作品 1位は「逃げるは恥だが役に立つ」

新垣結衣ことガッキー人気が止まらない。昨年秋に大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。森山みくりには誰もが恋をした。世の中には「ガッキーかわいい」を連呼する“逃げ恥おじさん”まで登場。とはいえ、ガッキーがかわいいのは森山みくりだけじゃない! 今年は『コード・ブルー』のシーズン3に出演...
「SOS団」平野綾・茅原実里・後藤邑子がアニサマで11年ぶりに集結

「SOS団」平野綾・茅原実里・後藤邑子がアニサマで11年ぶりに集結

人気アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズで声優を務めた平野綾、茅原実里、後藤邑子が25日、さいたまスーパーアリーナで開催されたアニメソングイベント『AnimeloSummerLive2017-THECARD-』(以下、アニサマ)に出演。劇中で“SOS団”を演じた3人がアニサマでそろって歌うのは、2006年以来11年ぶり。初日のオー...
漫画家・武田日向さんが1月に死去 「GOSICK」シリーズ挿絵など

漫画家・武田日向さんが1月に死去 「GOSICK」シリーズ挿絵など

ライトノベル『GOSICK』シリーズの挿絵や『異国迷路のクロワーゼ』で知られる漫画家・武田日向(たけだ・ひなた)さんが今年1月、病気のため亡くなっていたことがわかった。9日、『GOSICK』の公式ブログで発表された。 ■武田日向さんの作品ランキング ブログでは『GOSICK』作者の桜庭一樹氏が逝去を報告。「...
カンニング竹山「あたし おかあさんだから」論争は「一部の人が不快に思っているだけ」

カンニング竹山「あたし おかあさんだから」論争は「一部の人が不快に思っているだけ」

16日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月〜金曜・前9時50分)では、動画配信サービス「Hulu」の「だい!だい!だいすけおにいさん!!」で今月2日にオンエアされた楽曲「あたしおかあさんだから」の歌詞の内容に「母親に自己犠牲を強いている」「子供が母親に気を使ってしまうのでは」などの...
城田優、人生初の女性役で新境地 エステ、脱毛、金髪化「役者はドM」

城田優、人生初の女性役で新境地 エステ、脱毛、金髪化「役者はドM」

ミュージカル俳優として演出家として、マルチな才能を発揮する俳優の城田優(32)が、新たな領域に足を踏み入れた。それは“女性”というキャラクター。作家・伊坂幸太郎の原作を初めてドラマ化するWOWOW「連続ドラマWバイバイ、ブラックバード」(2月17日午後10時スタート初回無料放送)で、高良...
関係者から漏れたとしか思えない?「BG」めぐる報道でテレ朝に波紋

関係者から漏れたとしか思えない?「BG」めぐる報道でテレ朝に波紋

民放キー局の視聴率争いで、TBSとシ烈な2位争いを展開するテレビ朝日が、とんだ笑いものになっているという。先日、テレ朝の局員限定で催された「新年の出陣式」が東京・六本木の本社で行われた。その場にサプライズゲストとして登場したのが、ドラマ「BG〜身辺警護人〜」主役の木村拓哉(45)だ。 「...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net