芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ほぼすべてを編集者が書いている作品も…ライトノベル界の惨状を語る

ほぼすべてを編集者が書いている作品も…ライトノベル界の惨状を語る

毎月、多数のタイトルが出版されているライトノベル。その勢いとは裏腹に、崩壊の兆しが見え始めている。もはや、まともに書ける作家が“枯渇”しているのである。

ここ数年、ライトノベルの世界を席巻しているのが、投稿サイト「小説家になろう」などのネット発の作品。売上の上位を占めているのも「なろう系」だ。

だが「なろう系」の席巻が、かえってライトノベルの勢いにブレーキをかけようとしているのだ。

「新しい作家の発掘は、公募以外は完全にネットに依存しています。ランキング上位にいる作家は、たいてい電撃文庫などの大手がスカウト。中小のレーベルも、やはりネットで目を付けた作家をスカウトするのが、日常の業務に組み込まれています」

そう話すのは、あるライトノベル編集者。ここ数年、プロとしてデビューを狙う作家の卵たちは「なろう系」に作品を投稿。そこで読者をつかみ、出版社から声がかかるのを待つというスタイルが定着してきた。

最初から原稿はあるし、読者の数も見えるため、双方にとってメリットがあるものだった。しかし、ここに来て新たな問題が起こっているのだ。

「なろう系で人気を得ている作品でも、そのまま即、出版できるレベルに達しているものは限られています。そこで、出版の際には加筆、改稿をお願いするのですが、何度書き直しても、出版できるレベルに達する筆力のない人が増えているのです」(同ラノベ編集者)

話を聞かせてくれた編集者は、こんな出来事に遭遇したという。

「私が赤入れをした上で改稿をお願いしたのですが……1カ月ほどたって戻ってきた原稿は、わずかに数行が変わっているだけだったのです。わかりますか?ネットに投稿した時点で力尽きて、もうどうしても書けないというのです」

本来、編集者の仕事というのは、そうした作家の卵たちを叱咤してプロとして育てていくことにあるはず。けれども編集者には、そうした余裕がまったくないのだという。

「作家が書けなかったからといって、はいそうですかと刊行予定を延ばすことなんてできません。だから、編集者が書き直すのです。今、多くのラノベ編集者の仕事は、作家を見つけることと、作家の代わりに書き直すことになっているんです。育てる余裕なんて、とてもありませんよ」(同)

とりわけ、刊行点数の多い某大手出版社では、実際には編集者が書いた作品が急増している惨状だ。この編集者が持参した某文庫。聞けば「作家がギブアップしたので200ページ近く代筆した」という。

「中には、ほぼすべてを編集者が書いている作品もあります。それでも印税は、まともに書けなかった作家にいくのですから、さすがに腹が立ちますよね」(同)

もはや「なろう系」は、単なる作品の元ネタを見つける場になっているのか。これから先、代筆で疲弊して壊れていく編集者は増えていきそうだ。
(文=是枝了以)

関連芸能ニュース

「ブギーポップは笑わない」アニメ化に対し緒方剛志氏が激怒

「ブギーポップは笑わない」アニメ化に対し緒方剛志氏が激怒

(全2枚) ライトノベル「ブギーポップは笑わない」のTVアニメ化に、原作小説でイラストを担当している緒方剛志氏が怒りをあらわにしている。 「ブギーポップは笑わない」は、1998年に電撃文庫から刊行された上遠野浩平氏による小説で、緒方剛志氏がイラストを担当。20年の時を経てTVアニメ化し、2018年に放送す...
新垣結衣が最高にカワイイ作品 1位は「逃げるは恥だが役に立つ」

新垣結衣が最高にカワイイ作品 1位は「逃げるは恥だが役に立つ」

新垣結衣ことガッキー人気が止まらない。昨年秋に大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。森山みくりには誰もが恋をした。世の中には「ガッキーかわいい」を連呼する“逃げ恥おじさん”まで登場。とはいえ、ガッキーがかわいいのは森山みくりだけじゃない! 今年は『コード・ブルー』のシーズン3に出演...
「SOS団」平野綾・茅原実里・後藤邑子がアニサマで11年ぶりに集結

「SOS団」平野綾・茅原実里・後藤邑子がアニサマで11年ぶりに集結

人気アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズで声優を務めた平野綾、茅原実里、後藤邑子が25日、さいたまスーパーアリーナで開催されたアニメソングイベント『AnimeloSummerLive2017-THECARD-』(以下、アニサマ)に出演。劇中で“SOS団”を演じた3人がアニサマでそろって歌うのは、2006年以来11年ぶり。初日のオー...
団体から抗議を受けたCRC役 加藤綾子のためつくられた?

団体から抗議を受けたCRC役 加藤綾子のためつくられた?

連ドラデビューが、福を逃した格好になった。カトパンこと加藤綾子(33)が日曜劇場「ブラックペアン」で、治験コーディネーター(CRC)役を演じている。しかし、お世辞にも演技が上手とは言えず、おまけに、現実離れした役にCRCの団体から抗議される有り様なのだ。 毎週日曜夜9時から放送される日曜劇場は、T...
乃木坂46・西野七瀬のお泊り報道「週刊文春」の信ぴょう性に疑問

乃木坂46・西野七瀬のお泊り報道「週刊文春」の信ぴょう性に疑問

5月24日、深夜ラジオ番組『木曜JUNKおぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)が放送された。『週刊文春』(文藝春秋社)が報じた乃木坂46・西野七瀬とテレビディレクターの“お泊まりデート”について、おぎやはぎが言及した。 番組冒頭、矢作は「西野七瀬、この子すごい子なんでしょ?まいやん(白石麻衣の愛称)と...
不倫騒動で海外を放浪した乙武洋匡氏 気づいた「人との距離感」

不倫騒動で海外を放浪した乙武洋匡氏 気づいた「人との距離感」

作家の乙武洋匡が、5月11日放送の『エゴサーチTV』(AbemaTV)に出演した。 2016年の不倫スキャンダルでテレビの仕事を失い、1年間海外を放浪していたという乙武。まわった国は、ヨーロッパをはじめ、アメリカ、中南米、アジア、アフリカと37カ国にも及ぶ。知人の紹介でパレスチナのガザ地区も訪れたというか...
何かと仕切りたがる?中山秀征に噂される「司会者病」

何かと仕切りたがる?中山秀征に噂される「司会者病」

この春相次いだ長寿番組の打ち切り。『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)が姿を消したが、その後、出演タレントはどうなっているのだろうか。 「石橋貴明は、新番組『石橋貴明のたいむとんねる』(同)をスタートさせましたが、熱量がないばかりか、トークの反射...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net