芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ほぼすべてを編集者が書いている作品も…ライトノベル界の惨状を語る

ほぼすべてを編集者が書いている作品も…ライトノベル界の惨状を語る

毎月、多数のタイトルが出版されているライトノベル。その勢いとは裏腹に、崩壊の兆しが見え始めている。もはや、まともに書ける作家が“枯渇”しているのである。

ここ数年、ライトノベルの世界を席巻しているのが、投稿サイト「小説家になろう」などのネット発の作品。売上の上位を占めているのも「なろう系」だ。

だが「なろう系」の席巻が、かえってライトノベルの勢いにブレーキをかけようとしているのだ。

「新しい作家の発掘は、公募以外は完全にネットに依存しています。ランキング上位にいる作家は、たいてい電撃文庫などの大手がスカウト。中小のレーベルも、やはりネットで目を付けた作家をスカウトするのが、日常の業務に組み込まれています」

そう話すのは、あるライトノベル編集者。ここ数年、プロとしてデビューを狙う作家の卵たちは「なろう系」に作品を投稿。そこで読者をつかみ、出版社から声がかかるのを待つというスタイルが定着してきた。

最初から原稿はあるし、読者の数も見えるため、双方にとってメリットがあるものだった。しかし、ここに来て新たな問題が起こっているのだ。

「なろう系で人気を得ている作品でも、そのまま即、出版できるレベルに達しているものは限られています。そこで、出版の際には加筆、改稿をお願いするのですが、何度書き直しても、出版できるレベルに達する筆力のない人が増えているのです」(同ラノベ編集者)

話を聞かせてくれた編集者は、こんな出来事に遭遇したという。

「私が赤入れをした上で改稿をお願いしたのですが……1カ月ほどたって戻ってきた原稿は、わずかに数行が変わっているだけだったのです。わかりますか?ネットに投稿した時点で力尽きて、もうどうしても書けないというのです」

本来、編集者の仕事というのは、そうした作家の卵たちを叱咤してプロとして育てていくことにあるはず。けれども編集者には、そうした余裕がまったくないのだという。

「作家が書けなかったからといって、はいそうですかと刊行予定を延ばすことなんてできません。だから、編集者が書き直すのです。今、多くのラノベ編集者の仕事は、作家を見つけることと、作家の代わりに書き直すことになっているんです。育てる余裕なんて、とてもありませんよ」(同)

とりわけ、刊行点数の多い某大手出版社では、実際には編集者が書いた作品が急増している惨状だ。この編集者が持参した某文庫。聞けば「作家がギブアップしたので200ページ近く代筆した」という。

「中には、ほぼすべてを編集者が書いている作品もあります。それでも印税は、まともに書けなかった作家にいくのですから、さすがに腹が立ちますよね」(同)

もはや「なろう系」は、単なる作品の元ネタを見つける場になっているのか。これから先、代筆で疲弊して壊れていく編集者は増えていきそうだ。
(文=是枝了以)

関連芸能ニュース

新ホラーヒロイン誕生 玉城ティナ主演で「地獄少女」を実写映画化

新ホラーヒロイン誕生 玉城ティナ主演で「地獄少女」を実写映画化

【玉城ティナ/モデルプレス=9月12日】モデルで女優の玉城ティナを主演に迎え、数多くメディア展開されてきた「地獄少女」を実写映画化することがわかった。 【さらに写真を見る】玉城ティナ、美バストチラリ&素肌あらわ本格的グラビア初挑戦 オリジナルテレビアニメとして2005年より放映されて以降、コミ...
「ブギーポップは笑わない」アニメ化に対し緒方剛志氏が激怒

「ブギーポップは笑わない」アニメ化に対し緒方剛志氏が激怒

(全2枚) ライトノベル「ブギーポップは笑わない」のTVアニメ化に、原作小説でイラストを担当している緒方剛志氏が怒りをあらわにしている。 「ブギーポップは笑わない」は、1998年に電撃文庫から刊行された上遠野浩平氏による小説で、緒方剛志氏がイラストを担当。20年の時を経てTVアニメ化し、2018年に放送す...
新垣結衣が最高にカワイイ作品 1位は「逃げるは恥だが役に立つ」

新垣結衣が最高にカワイイ作品 1位は「逃げるは恥だが役に立つ」

新垣結衣ことガッキー人気が止まらない。昨年秋に大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。森山みくりには誰もが恋をした。世の中には「ガッキーかわいい」を連呼する“逃げ恥おじさん”まで登場。とはいえ、ガッキーがかわいいのは森山みくりだけじゃない! 今年は『コード・ブルー』のシーズン3に出演...
日村勇紀の淫行疑惑でじわじわ広がるコンビ格差

日村勇紀の淫行疑惑でじわじわ広がるコンビ格差

16年前の淫行疑惑を『FRIDAY』(10月5日号)に報じられた、バナナマン・日村勇紀。 この報道に関しては、賛否両論があり、ネット上でも多くの意見が交わされたが、どちらかといえば、日村擁護派が優勢だったように思える。 「相手の女性が当時未成年であったとしても、16年も前の話です。また女性が年齢を偽っ...
乙武洋匡氏が美人女子大生との交際について堂々宣言「独身なんで」

乙武洋匡氏が美人女子大生との交際について堂々宣言「独身なんで」

作家の乙武洋匡氏(42)が13日放送の読売テレビ「特盛!よしもと」にゲスト出演し、今春一部で報じられた、ハーフの美人女子大生との交際について「その辺で」デートをすると明かし「独身なんで」と、堂々と宣言した。 女子大生との出会いについて聞かれると「知人の紹介」と恥ずかしそうに回答。MCの...
梶原雄太、はねるのトびら演出に不満で逆ギレ 「もうブチッて…」

梶原雄太、はねるのトびら演出に不満で逆ギレ 「もうブチッて…」

ユーチューブより ユーチューバーとしてデビューし、10日間でチャンネル登録者数が10万人を突破したキングコングの梶原雄太。 梶原は10月9日放送の『ジンギス談!』(HBC北海道放送)に出演し、11年半に渡ってレギュラーを務めた『はねるのトびら』(フジテレビ系)の裏話を語る。 「入ったときが大変でした。...
ウーマン村本がツイッターから「亡命」宣言 「リア充達の平和の国Instagramへ」

ウーマン村本がツイッターから「亡命」宣言 「リア充達の平和の国Instagramへ」

お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さん(37)が2018年10月9日、ツイッターの運用休止を発表した。 村本さんはツイッターで、「リア充達の平和の国Instagramへ亡命してきます。またいつか」と宣言。村本さんは併せて、「今日からTwitterは告知主体で発信はInstagramのインスタライブ、ストーリ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net