芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

平昌五輪の高視聴率を素直に喜べないテレビ局 ビッグイベントの放送に危機

平昌五輪の高視聴率を素直に喜べないテレビ局 ビッグイベントの放送に危機
平昌五輪に注目が集まる一方で、テレビ関係者の胸中は複雑です(撮影:今井康一、尾形文繁)

フィギュアスケートの羽生結弦選手やスピードスケートの小平奈緒選手が金メダルを獲得するなど、日本中で盛り上がりを見せている平昌五輪。テレビ放送も、フィギュアスケート男子フリー(NHK)の平均視聴率が、関東地区33.9%、関西地区31.7%、名古屋地区34.2%、スピードスケート女子500メートル(TBS系)が、関東地区21.4%、関西地区20.5%、名古屋地区20.3%の高視聴率を記録するなど、盛り上がっています。

その他の競技も軒並み高視聴率を記録するなど景気の良い報道が相次ぎ、「テレビ業界はさぞ沸いているのでは?」と思いきや、「かえって厳しい状況が露呈してしまった」のです。

それはテレビ業界が長年頭を抱えてきたものであり、特に近年は「気づいていながらも変えられなかった」という深刻なものでした。

生放送の魅力と価値を改めて実感

21世紀に入って以降、ネットの普及やレジャーの多様化が進むにつれて「テレビ離れ」が叫ばれ、視聴率の低下が繰り返し報じられてきました。そのためテレビ業界の人々は、五輪やサッカーワールドカップが開催されるごとに高視聴率を獲得し、「コンテンツに魅力があれば見てもらえる」という希望の光を見出してきたのです。

確かに、五輪やサッカーワールドカップは「4年に一度」という希少性の高いイベントではありますが、それ以上に高視聴率のポイントになっているのは、生放送のコンテンツであること。

実際、「箱根駅伝」(日本テレビ系)や各競技の日本代表が出場するスポーツ、「紅白歌合戦」(NHK)や「FNS歌謡祭」(フジテレビ系)などの音楽ライブ、「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)や「THEW」(日本テレビ系)などのお笑い賞レース、「24時間テレビ」(日本テレビ系)や「AKB48選抜総選挙」(フジテレビ系)などの風物詩イベントは、すべて生放送番組であり、高視聴率を獲得しています。また、インターネット番組ではありますが昨年話題を集めた「72時間ホンネテレビ」(AbemaTV)も、その大半が生放送で驚異的なアクセス数を獲得しました。

視聴者は「何が起きるかわからないハラハラドキドキ」や「目の前で見ているような臨場感」を味わえる生放送に引かれてリアルタイム視聴をしますし、それが高視聴率に直結。さらに近年、「見たいときに、見たいものを見る」というオンデマンド思考が普通のことになった分、相対的に生放送の価値が上がり、「最もSNSで共有したくなるコンテンツ」となりました。

平昌五輪中継の高視聴率は、選手の奮闘はもちろんのこと、「視聴者が生放送の魅力や価値を改めて実感している」という側面も大きいのです。

収録番組が好調の日本テレビに続け

伝説の生放送番組「ザ・ベストテン」(TBS系)や「ニュースステーション」(テレビ朝日系)の司会を務めた久米宏さんも、昨年11月17日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で、「テレビは生放送がもっと増えれば面白くなる。それがテレビの本質なんです」とコメントし、共演した“日本初のテレビ女優”である黒柳徹子さんも同調していました。

しかし、現在プライムタイム(19〜23時)で放送されている民放各局の番組は、9割以上が収録放送で、生放送は「報道ステーション」「サタデーステーション」「サンデーステーション」(テレビ朝日系)と「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)くらい。テレビ業界がリアルタイム視聴をベースにした視聴率という指標を使い続ける以上、ハラハラドキドキや臨場感で生放送に勝てないのは明らかなのに、収録放送ばかりなのです。

なかでも現在のバラエティは、「できる限り情報と笑いを詰め込む」のが基本スタイル。収録は放送時間の2倍以上かかるのが当たり前で、それをギュッと凝縮させて、毎分レベルで見どころと笑いどころを盛り込んでいるのです。

その流れを加速しているのが、日本テレビの視聴率トップ独走。日本テレビのバラエティは「最も制作時間が長く、台本を作り込み、徹底して編集する」ことで知られていますが、それらが軒並み高視聴率を記録していることが、その流れを加速しているのです。

また、収録放送にすることでコンプライアンスやクレーム対策を行うことも可能であり、そのリスク管理も含めて、収録番組への偏重が高まっているのは間違いありません。

生放送のバラエティに挑んだテレ朝の失敗

確かに収録のほうが見どころや笑いは多く、リスクも少ないのは明らかですが、「何が起きるかわからない」ハラハラドキドキや臨場感は限定的。収録放送は、「良く言えば安定感があり、悪く言えば意外性が乏しい番組」になりがちです。

もちろん収録放送、生放送ともに長所と短所があり、どちらが良い悪いというわけではありませんが、視聴者としては両方楽しめる形が理想のはず。しかし、「現在は収録放送ばかりに偏っているため、時折放送される生放送への注目度が高くなる」という状況になっているのです。

民放各局のテレビマンたちも、「長年にわたって収録放送に偏りすぎている」という状況や、「ネットの普及でますますスピードやライブ感が求められている」という課題はわかっています。しかし、前述したように、「プライムタイムを収録放送のバラエティで固めた日本テレビが視聴率争いで独走している」こと、「コンプライアンスやクレームのリスクを避けたい」こと、「生放送のほうが予算的に厳しい」ことなどを理由に、報道・情報番組以外の生放送番組を作りたがらないのです。

昨年春にテレビ朝日が「中居正広のミになる図書館」を生放送にリニューアルして話題を集めましたが、秋には早くも断念。「中居正広の身になる図書館」と番組名と内容を再リニューアルして収録放送に戻しました。また、同時期にスタートした「サタデーステーション」「サンデーステーション」も視聴率が低迷するなど番組存続を危ぶむ声があります。

その他の番組でも、生放送を彷彿させるスリルやハプニングを意図的に演出する企画はありますが、昨今の視聴者は「それくらいお見通し」。たとえば、「超危険」と掲げたロケ企画があったとしても、「何もなかったから、収録したものを放送できる」ことを視聴者はわかっているのです。

そのように視聴者の想定を超えられない以上、収録番組はブームになりにくく、つねに低視聴率による打ち切りと背中合わせ。数多くの音楽番組が終了していくなか、「ミュージックステーション」だけが生き残り続けていることも生放送の価値を証明しています。

だからテレビマンたちは、平昌五輪中継の高視聴率を見るたびに、「やっぱり生放送は強いな」「本当は生放送のバラエティも作ったほうが良いけど、できないんだよ」などと思っているのです。

低視聴率の汚名をセルフフォローできない

平昌五輪中継の高視聴率で、もう1つ見逃せないのは、テレビ業界のセルフフォローが機能していないこと。平昌五輪中継が放送されている間、他番組の視聴率は大幅にダウンしていますが、これに対するセルフフォローがまったくないのです。

なかでも、もともと録画率の高いドラマはダメージ大。開会式(NHK)が視聴率28.5%を記録した9日の「アンナチュラル」(TBS系)は9.0%。男子スキージャンプ個人ノーマルヒル(NHK)が20.7%を記録した10日の「もみ消して冬」(日本テレビ系)は7.1%。女子カーリング(NHK)が13.8%を記録した15日の「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系)は4.6%。スピードスケート(テレビ朝日系)が22.5%、スキージャンプ団体戦(NHK)が14.0%、女子カーリング(日本テレビ系)が11.3%を記録した19日の「海月姫」(フジテレビ系)が5.0%(すべて関東地区)。それぞれ最低視聴率に大幅に更新しました。

「面白くないから見ない」のではなく、「五輪中継はリアルタイム、ドラマは録画」と使い分けているに過ぎないのに、連日フィーチャーされるのは低視聴率ばかり。せめて平昌五輪の期間だけでも録画視聴率を積極的に公開すればセルフフォローにはなるのに、スポンサーの手前などもあって、それすらできないのです。

低視聴率のセルフフォローができない以上、「五輪は面白いけどテレビはつまらない」「テレビ番組なんてこんなもん」などの悪いイメージは膨らむ一方。あるドラマのスタッフに話を聞いたら、「低視聴率が報じられるたびに悔しいし、撮影現場の士気も下がってしまう」、ある中堅俳優も「本音を言えば悲しいですが、自分のできることをやるだけ」と嘆いていました。

テレビ業界は、世間の人々だけでなく、身内に対しても低視聴率の汚名をセルフフォローできていないのです。

今後はビッグイベントのテレビ放送が危機に

話を生放送に戻すと、最大のコンテンツであるスポーツ中継は、今年からDAZN(ダ・ゾーン)がサッカー、野球、テニス、バレーボール、バスケットボール、ラグビー、格闘技、カーレースなどの主要スポーツをカバー。地上波からCS放送を飛び越えて、動画配信サービスへの移行が進んでいるだけに、テレビ業界にとっては驚異の存在となっています。

五輪やサッカーワールドカップなどのビッグイベントも放映権料は高騰する一方で、「収支は赤字」というのが現実。さらに、裏番組は低視聴率で苦しみ、現地への人材派遣の負担も大きいなど、ネガティブな要素が大きくなっています。「もしテレビ業界の広告収入が下がったら、ビッグイベントの生放送は成立しなくなる」、そんな近未来の姿が浮かぶからこそ、テレビマンたちは平昌五輪の高視聴率を素直に喜べないのです。

最後に余談ですが、私自身、連日仕事中も平昌五輪中継を見ているヘビーウォッチャー。選手たちの奮闘には理屈抜きで感動しますし、毎日楽しい時間を与えてもらっています。しかし、テレビを愛する一人としては、「ドラマやバラエティも負けない魅力を持っているのに……」という歯がゆさを拭い去れません。選手たちを称える気持ちと同じくらい、現場で奮闘するスタッフやキャストが報われることを心から願っています。

平昌五輪の高視聴率を素直に喜べないテレビ局 ビッグイベントの放送に危機 外部サイト テレビに視聴者がうんざりしている真の理由 テレビドラマから20代主演俳優が消えた理由 テレビの映画再放送にイラッとする人の目線 「生放送」をもっと詳しく

生放送で「不適切な表現」謝罪も視聴者は「なんか言ってたっけ?」 平野レミが生放送の料理番組で荒業中山秀征も思わず「マネしないで!」 バイきんぐの小峠英二生放送で坂口杏里についてイジられ即座にツッコミ

関連芸能ニュース

羽生ゆずれないに羽生結弦ファンが激怒「芸名を即刻変えて」

羽生ゆずれないに羽生結弦ファンが激怒「芸名を即刻変えて」

ものまねタレントの羽生ゆずれない(23)が13日、ツイッターを更新し、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦氏(29)の密会騒動に自身が関わった疑惑について反論を掲載した。 妻で元フジテレビアナウンサーの大島由香里(34)と離婚危機にある小塚氏は週刊文春に、横浜市内のホテルに女性を連れ込んだ...
大島由香里が小塚崇彦氏と離婚決意 原因は夜遊びとモラハラか

大島由香里が小塚崇彦氏と離婚決意 原因は夜遊びとモラハラか

離婚に向けての別居が報じられた、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦(29)と元フジテレビアナウンサーの大島由香里(34)。別居の理由は「多忙によるすれちがい」とされていたが、実際は小塚の止まらない夜遊びと大島に対する“モラハラ”が原因であることが「週刊文春」の取材で分かった。 【動画】記者が小...
小塚崇彦氏が大島由香里と別居報道 原因は夜遊びか、帰宅しない日も

小塚崇彦氏が大島由香里と別居報道 原因は夜遊びか、帰宅しない日も

《本日の別居報道に関しまして、お騒がせし、ご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。現在私ども夫婦で話し合いを重ねておりまして、ご報告できる段階にございません》 この記事のすべての写真を見る 12月3日に一部スポーツ紙で、フィギュアスケーターの小塚崇彦と、フリーアナウンサーの大島由...
別居が報じられた小塚崇彦さんと大島由香里 離婚なら親権問題で紛糾か

別居が報じられた小塚崇彦さんと大島由香里 離婚なら親権問題で紛糾か

大島アナがついに三くだり半!?2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート男子代表の小塚崇彦氏(29)と元フジテレビアナウンサーの大島由香里(34)夫妻が、別居していると一部で報じられた。すでに離婚に向けて話し合いが進められているという。それを受けて小塚氏は3日、自身のブログを更新。別...
毎年恒例の流行語大賞 中川淳一郎氏「選考方法が納得のいく形ではない」

毎年恒例の流行語大賞 中川淳一郎氏「選考方法が納得のいく形ではない」

2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」は、平昌五輪カーリング女子日本代表の「そだねー」に決定した。毎年この賞に対しては「そんな言葉聞いたことない」や「そんなに流行ったか?」などの異論が出るが、「そもそも選考方法が誰もが納得のいく形ではない」と述べるのはネットニュース編集者の中川淳一郎氏...
「2018年ユーキャン新語・流行語」年間大賞は「そだねー」に決定

「2018年ユーキャン新語・流行語」年間大賞は「そだねー」に決定

年末恒例の「2018ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞とトップ10が3日に発表され、年間大賞は「そだねー」に決まった。 年間大賞の「そだねー」は平昌五輪で日本カーリング史上初の銅メダルを獲得したLS北見が試合中に使っていた「そうだね」を北海道弁で言った言葉。他競技とは違い、選手が試...
「そだねー」が流行語大賞に 本橋麻里「ちょっと笑っちゃう」と笑み

「そだねー」が流行語大賞に 本橋麻里「ちょっと笑っちゃう」と笑み

年末恒例の「2018ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞とトップ10が3日に発表され、年間大賞は「そだねー」に決まった。 「そだねー」は平昌五輪で日本カーリング史上初の銅メダルを獲得したLS北見が試合中に使っていた「そうだね」を北海道弁で言った言葉。他競技とは違い、選手が試合でマイク...
「『日大裏口』が入らない」 太田光が流行語大賞候補に文句

「『日大裏口』が入らない」 太田光が流行語大賞候補に文句

お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(53)と田中裕二(53)が11日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」(日曜後1・0)に出演。7日にノミネート30語が発表された「2018ユーキャン新語・流行語大賞」について言及した。 ノミネートされた30語には、平昌五輪カーリン...
幻の五輪メダリスト、衝撃転身で15億円稼いでいた…成功の裏にあった清水宏保との友情

幻の五輪メダリスト、衝撃転身で15億円稼いでいた…成功の裏にあった清水宏保との友情

1998年長野五輪のスピードスケート男子500メートル金メダリストでタレントの清水宏保氏(44)が21日、“消えた天才”の第2の人生を追跡するTBSのドキュメントバラエティー「消えた天才」(日曜後6・30)に出演。学生時代に「絶対に勝てない」と感じたライバルの存在を明かす。 スピードスケ...
モデルの高垣麗子、スタアパ森田昌典氏との離婚を発表 長女とともに「私らしく歩んでいきます」

モデルの高垣麗子、スタアパ森田昌典氏との離婚を発表 長女とともに「私らしく歩んでいきます」

モデルの高垣麗子(38)が29日、自身のブログを更新し、夫で音楽ユニット・STUDIOAPARTMENT音楽プロデューサー・森田昌典氏(41)との離婚を発表した。 【写真】高垣麗子、ひざ上ワンピで抜群のスタイル披露 高垣は「皆さまへ私事ではありますが、この度、離婚という形に到りました」と報告し「昨年は子供が...
庄司智春が痛風を告白「ササミばっかり食べてたらそれがダメだったみたい」

庄司智春が痛風を告白「ササミばっかり食べてたらそれがダメだったみたい」

「みんわらウィーク〜北海道150年〜」(8月1日〜8日)の開催発表会見が4日、北海道庁赤れんが庁舎で行われ、北海道観光大使でお笑いコンビのタカアンドトシ、庄司智春(42)、元スピードスケート選手の岡崎朋美(46)、元プロバスケット選手の石橋貴俊(49)が出席した。 お笑いの輪を全道に広げ...
小平奈緒に似ていると言われ…おかずクラブ・オカリナに抗議文

小平奈緒に似ていると言われ…おかずクラブ・オカリナに抗議文

お笑いコンビ「おかずクラブ」のオカリナ(33)が24日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演し、自身に似ていると言われるアスリートが五輪で金メダルを獲得し、コメントを依頼されたエピソードを披露。その際アスリートのファンから届いたという抗議文の内容を明かした。 ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net