芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

フジ宮内正喜社長 ドラマ視聴率低迷も「内容は視聴者から良い評価」

フジ宮内正喜社長 ドラマ視聴率低迷も「内容は視聴者から良い評価」 フジテレビの定例社長会見が23日、東京・台場の本社で開かれた。

宮内正喜社長(73)は看板ドラマ枠の月9「海月姫」始め同局の1月クールのドラマの視聴率が低迷していることについて、「決して満足行く視聴率ではありませんが、内容についてはSNS上などでも視聴者からの良い評価もいただいております。最終回に向けて、盛り上がりを期待しています」とだけ話した。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

歌舞伎町のホストクラブ 山口達也氏に働いてほしいと打診していた?

歌舞伎町のホストクラブ 山口達也氏に働いてほしいと打診していた?

年末に行われる紅白歌合戦には、初出場のKing&Princeをはじめ、ジャニーズ事務所からは5組が出場する。その反面、同じ事務所から24回連続で出場していたベテラングループのTOKIOは年末の大舞台を退いた。 【写真】山口達也メンバーの謝罪会見などを振り返る 不選考のいちばんの理由は、今年グループを脱退し...
公開から2週間以降も興行収入伸ばす Queenブームが覆した映画の常識

公開から2週間以降も興行収入伸ばす Queenブームが覆した映画の常識

「Queen」(クイーン)を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」の人気が止まりません。公開2週目に起きた「異変」は配給会社が「異常な数字」と驚く現象にまで広がっています。「ロックオヤジ」だけでなく20代の若者にも「自分語り」や「感動の共有」をさせる魅力。いつのまにか「家族で見る映画」になった裏...
ブラタモリが番組初となる海外ロケを敢行 ローマ編とパリ編を放送

ブラタモリが番組初となる海外ロケを敢行 ローマ編とパリ編を放送

街歩きの達人・タモリが、“ブラブラ”歩きながら、街の歴史や人々の暮らしに迫るNHKの人気番組『ブラタモリ』(毎週土曜後7:30〜8:15)。このたび、番組初となる海外ロケを敢行。舞台は日本人にも大人気の観光地、イタリアのローマ、そしてフランスのパリ。海外でも、いつもと変わらず“ブラタモリ的”な視点か...
スーマラ武智炎上の裏で注目を集める相方・田中の脱力ぶり

スーマラ武智炎上の裏で注目を集める相方・田中の脱力ぶり

『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)の打ち上げで「更年期障害」「右側のおばはん」と上沼恵美子へ暴言を放ち炎上中のスーパーマラドーナ武智正剛(40)。騒動は徐々に鎮静化しつつあるなか、その相方である田中一彦(41)がひそかに注目を集めているのだ。 12月9日、騒動後初めてツイッターを更新した田中...
AKB48の弱体化が根本的な問題 指原莉乃の卒業は大改革への機運か

AKB48の弱体化が根本的な問題 指原莉乃の卒業は大改革への機運か

AKBグループ大空位時代の幕開けだ。15日に突如発表された指原莉乃(26)のHKT48卒業宣言――。指原はバラエティー番組では引く手あまたで“AKBの広告塔”としてだけでなく、HKTでは若手メンバーの“精神的支柱”として活躍。そんな指原の卒業はAKBグループ全体の存在を揺るがす大問題というわ...
これまでの「EXILE感」を払拭 鈴木伸之と町田啓太が確立した立ち位置

これまでの「EXILE感」を払拭 鈴木伸之と町田啓太が確立した立ち位置

EXILE(及びLDHJAPAN所属のグループ)と言えば、世間的には“ちょっと怖い”“ヤンチャ”といったイメージがありつつも、「歌う」「踊る」の分野でシーンをけん引してきた。そして今、そんな“EXILE感”の塩梅を上手に調節してブレイクしているふたりが、劇団EXILE所属の“俳優”、鈴木伸之と町田啓太だ。今クールのド...
M-1を巡る上沼恵美子への暴言騒動 触れられない問題の根本

M-1を巡る上沼恵美子への暴言騒動 触れられない問題の根本

いや悔しいです。何が悔しいって、あのM-1の騒動です。まーもー説明する必要もないでしょうが、前年覇者であるとろサーモン久保田と、今年本戦7位だったスーパーマラドーナ武智がM-1終了後に居酒屋で突如はじめたインスタライブ。上沼恵美子(とは言ってないけど明らかに)の審査に対する批判を「オバハン」「...
フジテレビの夕方ドラマ再放送枠が廃止か 上沼恵美子の番組に?

フジテレビの夕方ドラマ再放送枠が廃止か 上沼恵美子の番組に?

織田裕二主演の「SUITS/スーツ」(フジテレビ=月曜夜9時)がいよいよ17日に最終回。"最終章"の後編で、市川海老蔵が、織田演じる弁護士・甲斐の検察時代の後輩検事として重要な役割を担い、ラストの盛り上げに一役買っている。 織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」 前回10日放...
フジテレビ社長は慶応大の評議員選挙に執心か 局内で支援求める文書も

フジテレビ社長は慶応大の評議員選挙に執心か 局内で支援求める文書も

自民党総裁選のニュースが盛んに報じられるなか、フジテレビ内では別の「選挙」が注目されていた。フジの社員はこう話す。 「宮内正喜社長が出身大学である慶應義塾の評議員選挙に立候補しているのですが、その“選挙運動”が局内で過熱しているんです。特に上層部に慶應出身者が多いためか“俺は10票集めた”など...
窮地に追い込まれたとんねるず パワハラ嫌う風潮とズレ

窮地に追い込まれたとんねるず パワハラ嫌う風潮とズレ

記念スペシャルバラエティー「ハレバレとんねるず略してテレとん」収録「ハレバレとんねるず略してテレとん」の会見であいさつする石橋貴明(左)、木梨憲武=2012年8月15日(写真:日刊スポーツ) 30年近く放送を続けたフジテレビを代表する人気バラエティ『とんねるずのみなさんのおかげでした』(以下、『...
フジテレビの月9ドラマが好調 背景に「テレ朝化」と物語の進化

フジテレビの月9ドラマが好調 背景に「テレ朝化」と物語の進化

(全3枚) 『絶対零度』撮影中の横山裕(左)と本田翼(右)沢村一樹主演のフジ月9『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』が好調だ。初回視聴率は10.6%。二桁スタートは、去年7月クールの『コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―』以来4作ぶりだった。その後もおおむね横ばいで推移し、6話までの平均が10.6%と...
「めちゃイケ」と「みなおか」終了 編成統括局長が語るフジ大改編の舞台裏

「めちゃイケ」と「みなおか」終了 編成統括局長が語るフジ大改編の舞台裏

現在、平均視聴率で民放キー局中4位と苦戦も4月の「史上最大の改編」で復活に向けて動き出したフジテレビ。そのキーマンが昨年6月の取締役就任以来、編成、制作、宣伝の総責任者として剛腕を振るう石原隆編成統括局長(57)だ。「古畑任三郎」「王様のレストラン」など名作ドラマのプロデューサーとして...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net