芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

阿部寛が台湾地震に寄付 震災をアツく語るもスタッフに制止され困惑

阿部寛が台湾地震に寄付 震災をアツく語るもスタッフに制止され困惑

「ありがとうローマ人!」と台湾人が感謝している。

それが感謝の言葉か!と思われる方もいるだろうが、阿部寛(54)の現地での対応は、主演映画「テルマエ・ロマエ」のルシウスそのものだった――。

***

2月6日深夜(日本時間の7日未明)、台湾東部の花蓮市を襲った最大震度7(マグニチュード6.4)の地震は、ホテルや集合住宅など4棟が倒壊状態となり、死者17人、負傷者280人以上を記録した。

これに対して日本国内でも、ただちに台湾への義援金を募る動きが各地で巻き起こったのは、2011年3月11日の東日本大震災の時の恩義を忘れていないからだ。「今度は私たちが台湾の人たちを支える番だ」といった東北からの呼びかけも広がっていた。

阿部寛が台湾地震に寄付 震災をアツく語るもスタッフに制止され困惑 阿部寛

あの時、台湾の馬英九総統(当時)は真っ先に日本への救助隊派遣を表明するや、日本の要請を待って救助隊を派遣。発電機688台、毛布1599箱、寝袋2587箱……支援物資500トン以上が届けられ、テレビ各局が共同で呼びかけて集められた義援金は、一晩でおよそ70億円になり、最終的に世界中のどの国よりも多額の200億円を超えた。金額で計るわけではないが、日本人は台湾への恩を忘れてはいない――。

1000万円の寄付

それはアベちゃんも同じだった。

まず動いたのは、永田町の安倍ちゃんだ。安倍晋三首相(63)は地震発生の翌日8日に救援隊を派遣し、SNSには自ら「台湾加油」(台湾、頑張れ)との言葉を筆で書いている動画を掲載した。

一方、俳優の阿部寛は、まだ自分から発信することはしていない。三菱重工エアコンの台湾での宣伝キャラクターに就任し、新製品の発表会見も兼ねて2月6日に現地入りし、揺れる台湾を感じていた。

会見は地震から2日後の2月8日だった。新製品そっちのけで、アベちゃんはこう語り出したのだ。

「えーまず、この2日間、台湾で大きな地震が続いております。多くの犠牲者、行方不明者、ケガをされた方、非常に辛く悲しい思いです。現場で救出作業に当たってられる方々、非常の大変だと思いますけれども、頑張って欲しいと思いますし、1日も早いみなさんの平穏な生活が戻ることをお祈りいたします」

そして深々と一礼。

会見後には司会者から、アベちゃんから1000万円(約270万台湾元)が寄付されることが発表される。台湾国内の誰よりも多い金額だったという。

何を話せばいいんだ?

だが、アベちゃんの思いはまだ満たされていなかった。その後に行われた現地紙「アップルデイリー」の独占取材でも、新製品そっちのけで震災についてアツく語った。

「2日前から台湾に滞在していまして仕事で、台北のホテルにいたんですが、実際に(地震を)体験しまして、その後の余震も体験しております。東北の大震災の時には、台湾のみなさんに多大なるご支援をいただいて、日本人の誰もが感激と感謝をしておりますし……」

ところが、そこへ主催者側から制止が入る。

「あ、(震災の話は)しないほうがいい?ん、どうして!」

一瞬、ムッとするアベちゃんを「アップルデイリー」はこう伝えている。

《まさかスタッフから止められるとは思わず、彼は困惑した表情で「それなら今、何を話せばいいんだ?」とでもいうようにしばらく戸惑っていた……》

その様子は動画でも公開された。それを見て映画「テルマエ・ロマエ」のアベちゃんを思い出した台湾人が多かったのだ。

古代ローマと現代日本を何度もタイムスリップし、浴場やトイレにカルチャーショックを受けながら、周りの空気などお構いなしで研究に勤しむ設計技師ルシウスを描いたコメディ映画だが、その中でアベちゃんは常に真面目だ。

日本人でありながら古代ローマ人を素顔で演じきり、現代日本人役の上戸彩(32)らを「平たい顔族(=日本人)」と呼んでも、全く違和感を感じさせない濃い顔の持ち主だからこその役どころ……日本でも話題となった。

その濃い顔で、宣伝大使を務めるエアコンなどお構いなしで台湾への感謝を熱く語り続けるアベちゃんの姿が、台湾人にはルシウスを彷彿とさせたのだ。

台湾のネットユーザーからは「ありがとうローマ人!」というコメントも寄せられた。

台湾にこのくらい洒落っ気と余裕があるなら、日本人も安心できる。

ありがとう、アベちゃん!

***

週刊新潮WEB取材班

2018年2月25日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

渡瀬恒彦さんが胆のうがんのため72歳で死去「十津川警部」などで活躍

渡瀬恒彦さんが胆のうがんのため72歳で死去「十津川警部」などで活躍

「事件」「震える舌」「仁義なき戦い」シリーズなどの映画や「十津川警部」「おみやさん」をはじめとする推理ドラマでも活躍した俳優の渡瀬恒彦(本名同じ)さんが14日午後11時18分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。72歳。島根県出身。2015年から胆のうがんで闘病中だった。葬儀は近...
亡くなる前日の樹木希林さん 声が出ず会話は筆談

亡くなる前日の樹木希林さん 声が出ず会話は筆談

(全3枚) 15日に死去した女優、樹木希林さん(享年75)の家族葬が17日、東京・品川区の桐ヶ谷斎場で営まれた。40年以上別居していた夫で歌手、内田裕也(78)も参列。夫妻の一人娘で喪主を務めたエッセイストの女優、内田也哉子(42)と夫で俳優、本木雅弘(52)一家も最後の別れを惜しみ、荼毘...
SUGIZOが岡山・真備町で「現場監督」に ボランティアへの呼びかけも

SUGIZOが岡山・真備町で「現場監督」に ボランティアへの呼びかけも

炎天下の中、なかなか進まない西日本豪雨の被災地の復興。多くのボランティアの方々が赴いて、災害支援にあたっているようですが、特に被害の酷かった岡山県真備町では、終わりの見えない作業が続いています。 そんな中、自らボランティア業務に従事しているのが、LUNASEAやXJAPANなどのギタリストとして活躍...
阿部寛主演の「下町ロケット」続編制作が決定 10月にスタート

阿部寛主演の「下町ロケット」続編制作が決定 10月にスタート

2015年の10月期にTBS系で放送され、好評を博した阿部寛主演のドラマ『下町ロケット』の続編の制作が決定した。原作は、池井戸潤の小説「下町ロケット」シリーズの第3弾となる「下町ロケットゴースト」。大きな転換期を迎えた佃製作所の新たな戦いを描いていく。 前作の『下町ロケット』では、小説のシリーズ...
是枝監督がこだわる入浴シーンへの思い「風呂の水は血よりも濃い」

是枝監督がこだわる入浴シーンへの思い「風呂の水は血よりも濃い」

是枝裕和監督の作品に必ずと言っていいほど現れる「入浴シーン」。なぜ彼はそのシーンこだわるのか。そこには、「人はどのようにして『家族』になりうるのか」を描いてきた是枝監督の思想が凝縮しているように見える。入浴シーンに注目すれば、是枝作品をより深く味わうことができる。 『そして父になる』の入...
元SKE48矢方美紀 乳がんになって一番大変なことは「恋愛」

元SKE48矢方美紀 乳がんになって一番大変なことは「恋愛」

今年4月、乳がんのため左乳房全摘出とリンパ節切除の手術を受けていたことを公表した元SKE48でタレントの矢方美紀(26)が9日、都内で行われた「ヘルスケアベンチャーノック」に参加。闘病を公表して以来、初めて公の場で取材に応じ、「私自身いつ何が起こるか分からないけど、楽しくがん細胞に勝ち...
天才高校生シンガー崎山蒼志の意外な事実 音楽の成績は「ド平均」

天才高校生シンガー崎山蒼志の意外な事実 音楽の成績は「ド平均」

いまブレイク中の高校生シンガー・崎山蒼志。シャツの第1ボタンまでしっかり留める、まさに純朴な少年、という容姿だが……ギターを片手にいざステージに立つと、その姿は一変。 おっとりとした雰囲気からは想像できない激しいギター演奏と個性的な歌声。動画がSNSで拡散されると、ネット上も騒然に。注目した...
白石麻衣、女優としての着実な歩み 「絶対零度」で高度な演技

白石麻衣、女優としての着実な歩み 「絶対零度」で高度な演技

乃木坂46の白石麻衣が、2018年に入り、立て続けにドラマ出演を果たしている。4月より放送された『やれたかも委員会』(MBS・TBS)、5月放送の『世にも奇妙な物語’18春の特別編』(フジテレビ系)の『フォロワー』、そして今回『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(フジテレビ系)への出演だ。 参考:佐藤...
被災地で黙々とボランティア 他の芸能人と一線を画す吉川晃司に称賛

被災地で黙々とボランティア 他の芸能人と一線を画す吉川晃司に称賛

「現代のハリマオかレインボーマンか月光仮面か」などの声がネットで相次いでいるのが、ロック歌手で俳優の吉川晃司(52)。先月の集中豪雨と洪水に続き、記録的な猛暑で苦しむ西日本各地の被災地に足を運び、ボランティア活動に励んでいたことが分かり、話題なのだ。 きっかけは上下黒ずくめにマスク、白い...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net