芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

平成を賑わせた人たちの今 ペ・ヨンジュンは長男出産の際に炎上

平成を賑わせた人たちの今 ペ・ヨンジュンは長男出産の際に炎上

いまも写真で「霊視」

かつて霊能者としてテレビに出ずっぱりだった織田無道(65歳)は、平成14(2002)年に宗教法人の乗っ取りを図り虚偽の登記変更を行ったとして逮捕され、有罪判決を受けた。

その後はメディアから姿を消したが、都内のホテルで取材に応じた織田は、2時間、記者の前でしゃべりにしゃべりまくった。

「今は京都2ヵ所、兵庫2ヵ所で、お寺の住職をやっていますが、一切、寄付金は取らないで自力でやっていってますね」

こう語る織田にとって、今の仏教界は「本山が末寺から上納金をバンバン集めている」恥ずかしい構図にあるのだという。

「浅ましい考え方を持ってしまっているクズのお坊さんたちが多くなり過ぎた。お葬式でも法事でも、裏では(お札を数える仕草をしながら)数えている。

馬鹿かと思うよ。末寺は、本山の管長さんにゴマをすっておくと、お裾分けのお寺をくれるわけ。そこを自分の食い扶持にしている」

織田は、「闘う住職」として、個々の寺が本山から経済的自立を果たすため、経営指南をしているという。具体的には?

「魚の養殖ですよ。檀家が少なくても、敷地があれば稼げるわけ。ウチでは鯉をヨーロッパに売っている。1匹2000万以上する黄金の鯉です」

PhotobyiStock

この辺りから、俄然話が加速する。織田が続ける。

「養殖ビジネスは始めて8年くらい経ちます。すぐに利益が出た。1年間でチョウザメを4000匹くらい、フグを1万匹売った。1m70cm(!?)あるロブスターもやりましたよ。世界で6ヵ所ある『地球をつかさどるお水』を使ってね……」

立て板に水の話しぶりは、まるで漫才師。聞けば、今でも霊視の相談を受けているのだという。

「電話で悩みを聞き、自分の写真を送ってもらって霊視をします。その人に何が憑いているか、映像で確認します。今年は銀座に事務所を開いて、週2回くらいやろうかなと思っている」(織田)

見ないうちに怪しさが増したともいえるが、基本は変わってはいない。

ヨン様が韓国で大炎上

だが次の人物は、意外な転身を果たした。

平成16(2004)年、巨人に入団が内定していた一場靖弘(35歳)だ。

明治大学時代、屈指の右腕として注目を浴びた一場はドラフトの目玉となったが、内定先の巨人が一場に「栄養費」名目で200万円を渡していたことが発覚し、入団は白紙となった。結局楽天に入団し、'09年にはヤクルトに移籍するが、4年で戦力外通告を受けた。

「引退後は、都内の看板デザイン会社に勤務した後、水戸市の通信機器販売会社で営業マンをやっていた」(運動部記者)

だが、通信機器販売会社もすでに退職。現在は、生命保険会社の「ジブラルタ生命」に勤務している。同社関係者が言う。

「一場さんが入社したことは話題になりました。保険会社にとっては、おカネを持っているプロ野球選手はいい顧客になりますからね。元プロを雇って、現役選手に営業で食い込むという作戦です」

そう。野球選手なら、稼ぐ人間は稼いでいる。平成18(2006)年に球界を引退した新庄剛志(45歳)の場合、現役時代に年俸とスポンサー契約料などで稼いだカネは44億円(税引き後に22億円)だったという。

「'10年からインドネシアのバリ島に移住し、モトクロス競技に没頭しています。

2000万円をかけた自作コースでプロレーサーを目指しトレーニング。今はテレビ出演のために年数回日本に『出稼ぎ』に来る状況ですね。『テレビは、毎回話題をつくらないといけないから大変だ』とこぼしていました」(新庄の知人)

その結果、昨年2月の番組では「かつて稼いだ22億円の大半は、資産管理を任せていた人物に流用された」と告白してみたり、9月には「自分の顔が飽きた」といって整形した事実を語ってみたり、となにやら自虐的なアピールが続いているが、それも相変わらずの「新庄流」なのかもしれない。

バリ島に移った新庄にならって、海外勢に目を向けてみよう。

平成16(2004)年、『冬のソナタ』で空前の韓流ドラマブームを作り出した「ヨン様」こと俳優のペ・ヨンジュン(45歳)は、'11年にドラマに特別出演して以降は、俳優業をやっていない。実業家になったのだ。

「ペが最大株主として出資し、設立した芸能事務所『KEYEAST』は、いまや韓国の芸能事務所で5本の指に入り、海外への韓流輸出ビジネスでも成功しています」(在韓ジャーナリスト)

順調にみえる実業家生活だが、昨年11月、ちょっとしたスキャンダルが、ペ・ヨンジュンを襲った。

「13歳年下の女優パク・スジンとのあいだの長男出産の際、『ペ夫妻がNICU(新生児集中治療管理室)で特別扱いを受けた』という話がネットで流れ、パク・スジンが謝罪に追い込まれたのです」(同)

いま、青瓦台(韓国大統領府)のホームページの請願コーナーには、「パク・スジンさんのサムスン病院の特恵を調査してください」という請願がアップされ、7万人近くが賛同している。

富豪夫婦へのやっかみもあるだろうが、「ヨン様」の神通力も、本国では衰えたり、といったところか。

PhotobyGettyImages

リア・ディゾン(31歳)は、もともと名もない米国のモデルだった。だがネット上で「美人すぎる」と話題になり、平成18(2006)年、『週刊プレイボーイ』が日本での撮り下ろしグラビア撮影を行い、人気が爆発。

「『グラビア界の黒船』といわれ、掲載すると雑誌が完売することもありました。'07年に歌手としてもデビュー、紅白にも出場しました」(芸能記者)

ところが'08年10月に突然「できちゃった婚」を発表し、芸能活動を休止した。芸能記者が続ける。

「'09年には女児を出産しますが、翌年には離婚しシングルマザーになります。ニューヨークで母娘ふたりで生活していた」

今は、出身地のラスベガスに戻り、ネバダ州立大学ラスベガス校で心理学を専攻し、カウンセラーをめざしているという。

「米国で学業に励んでおり、芸能活動は控えています」(所属事務所)

「黒船」といえば、台北出身のグラビアアイドル、インリン・オブ・ジョイトイ(41歳)の名前も忘れられない。'00年代前半に過激な衣装で「M字開脚」したポーズで、グラビア界を席巻したインリンも、いまや3児の母なのだ。本人が語る。

「今は台湾で、ごく普通の主婦として生活しています。日本人の夫も現地の日系企業に就職して家族を支えてくれています」

実は、年に数回は日本に戻り、タレント仕事をしては台湾に戻る日々を送っているのだという。

「2泊3日みたいな日程が多いですね。私は仕事をするのが好きなので……3人分の子供の食事は作りおきをして、日本への『出張』に出かけるんです」(インリン)

全国放浪中のプッツン女優

M字開脚ではないが、「深夜の大開脚」なる不名誉な報道までされてしまったのが、長野五輪金メダリストのモーグル・里谷多英(41歳)だ。

「平成17(2005)年2月、六本木のクラブで、泥酔状態になって白人男性とVIPルームで性行為に及び、止めに入った店員につかみかかったのです」(芸能記者)

その後も競技生活は続けたが、'13年にはソチ五輪の選考に敗れ、引退。今はフジテレビに勤務する。同社社員が言う。

「イベントなどを手がける事業局に勤務し、チケットのセールスなどを担当しています。

しかし社内では影が薄い。同じフジの人事部に所属するラグビーの冨田真紀子さんが'16年、リオ五輪に出場するとき、元選手として壮行会に現れ、『あれが里谷さんか』と若手社員が囁きあった程度です」

平成12(2000)年のシドニー五輪の競泳日本代表選考を兼ねた日本選手権。優勝したにもかかわらず、代表に選ばれなかったことを不服として、国際機関に提訴したのが千葉すず(42歳)だ。

水泳界は大騒ぎになったが、けっきょく出場はできず、そのまま引退した。

「'02年、同じ競泳選手の山本貴司(現・近畿大水泳部監督)と結婚した後は、基本的には主婦生活ですね。お子さんも長男が12歳、長女が10歳となりました」(千葉の知人)

いまは落ち着いた日々で、島根県浜田市で「浜田PR大使」を務める。

「年に1〜2回、ご夫婦でイベントに参加していただいています。奈良県にお住まいなのに、『浜田市の豊かな自然が好き』と、『すずスマイル』で言っていただき、助かっています」(浜田市職員)

バー経営の長井秀和

平成のお騒がせ男といえば、平成18(2006)年に始まったテレビ番組『痛快!ビッグダディ』のビッグダディこと、林下清志(52歳)を忘れてはなるまい。

離婚歴は通算7回、子供は一番多いときで20人いた。今は沖縄県那覇市内のジンギスカン店で「雇われ店長」を務める。林下が言う。

「知り合いに『俺は家庭の管理はできなかったけど、肉の管理はできるよ』といったら、カネを出してくれるというんで、何も悩まずに決めました。これまで柔道の整復師、ホスト、AV出演といろいろやってきましたが、なんでも楽しかった」

――8度目の結婚は考えているのか?

「今お付き合いしているのは、40代の女性。関東地方に住んでいる彼女に会うため、月に1度くらい東京での仕事を入れてもらっています」

ジンギスカン店は、午後6時に開店し、客がいれば明け方まで営業することもあるという。

「狭いお店ですから従業員は必要なくて、一人でやっています。12人で満席ですが、フランクな接客でやってますよ」

タレント・長井秀和(48歳)も、飲食業に転じた。平成15(2003)年に「間違いないっ!」で一躍時の人になったが、

「'07年にはフィリピンで美人局事件に遭ったと思えば、ニューヨークで不倫騒動を起こし、離婚。ダーティなイメージがつき、テレビ出演が減ったのです」(芸能記者)

現在は六本木のバー「じゅんぶらいど」を経営する長井が語る。

「このバーは、前から客としてきていたんですが、自分で持っていたほうが人と会うのも楽なんで、自分も出資して共同でやることになったんです」

長井はこれまでも、工事現場の警備員や英会話講師など、さまざまな仕事をしてきた。

「英会話は、今も個人レッスンのかたちで教えています。他には小学生から高校生までの『ロイヤルストレートフラッシュ』というアイドルグループもプロデュースしています。お笑いのライブも続けていますしね」

昨年はドイツ人女性と結婚し、充実した人生を歩んでいるようだ。

「ずっとテレビに出続けたいとは思いませんよ。一定の知名度を得られたから、目的は達成している。そもそも嫁が外国人だから、日本のテレビは見ない」(長井)

PhotobyGettyImages

最後は、相撲騒動にあわせてこの人の近況を聞いておこう。元大関・小錦、KONISHIKI(54歳)が角界を引退したのは平成9(1997)年のこと。タレントに転向し、ハワイアン・シンガーとしての活動も続け、CDも出している。

「NHKの子供番組『にほんごであそぼ』も15年になります。基本的に日本に住んで、コンサートやイベントでの生活ですね。ハワイでも、ワイキキでディナーショーもやったりしていますよ」

――貴乃花らの騒動はどう見ている?

「マスコミは意地悪だなと思います。人を殺しているわけじゃないのに、力士をいじめて、何もプラスにならない。政治家の裏ガネや税金のことをもっと攻めたほうが、みんなのプラスになっていいんじゃない?」

「週刊現代」2018年1月20日号より

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

吉澤ひとみ 長男1歳誕生日に出産までの生活明かす「実は色々なことが」

吉澤ひとみ 長男1歳誕生日に出産までの生活明かす「実は色々なことが」

モーニング娘。の元メンバーでタレントの吉澤ひとみが29日、自身の公式ブログを更新し、この日長男でブログ上の名前「ベビオ」君が1歳の誕生日を迎えたことを報告し、出産前に胎児の成長が遅れていたことで通院生活に明け暮れていたことや、出産後の様子などを詳しくつづった。 吉澤は2016年11月2...
森泉と結婚のセレブ住職に離婚歴 宗教の違いで「入信」は?

森泉と結婚のセレブ住職に離婚歴 宗教の違いで「入信」は?

「お相手は45歳の自営業で、森さんは現在、妊娠5か月。これまでの報道によると、ふたりのなれそめは1年ほど前に友人を介して知り会った、というものでした」(スポーツ紙記者) 森泉が3月31日に結婚と妊娠を発表した。その後、夫となる人物が都内の寺院の副住職であることが発覚。ファッションデザイナー・森...
剛力彩芽がドラマ撮影でNG連発した過去を明かす「過酷だった」

剛力彩芽がドラマ撮影でNG連発した過去を明かす「過酷だった」

剛力彩芽と家族ぐるみで付き合うほど仲が良いモデルの鹿沼憂妃が、1月13日に放送されたTVQ九州放送のバラエティ番組『ちょっと福岡行ってきました』にロケ出演した。芸能人ゲストがくじで出た福岡県の市町村をタクシーで巡り時間内にミッションをクリアするという企画で、「八女市」「久留米市」「飯塚市」「...
タモリの解答が予想外だった?ガイドが思わず素で驚く

タモリの解答が予想外だった?ガイドが思わず素で驚く

23日放送の「ブラタモリ」(NHK総合)で、タモリの解答に、ガイドが素で驚く瞬間があった。 番組では、和歌山県高野町にある高野山真言宗の総本山・金剛峯寺を訪れ、ガイドとして宮大工棟梁で一級建築士の尾上恵治氏が登場した。 ここで尾上氏が「今現在ですね、この高野山に、お寺の数ですね。いくつあると...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net