芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

長渕剛の息子ReN、独力で躍進中 「ワンオク」のTakaも大絶賛

長渕剛の息子ReN、独力で躍進中 「ワンオク」のTakaも大絶賛

長渕剛(61)といえば「とんぼ」「巡恋歌」をはじめ、数々のヒット曲を持つシンガー・ソングライターだ。これまでに様々な騒動が取りざたされてきたものの、そのカリスマ性は今もなお衰えていない。

その長渕の次男・蓮(24)こと「ReN」が、父と同じシンガー・ソングライターの道を歩んでいることをご存じだろうか。

長渕の関係者が語る。

「もともとはレーシングドライバーでした。車好きが高じて12歳からレースを始めたそうです。2010年にイギリスに渡って転戦し、ベストルーキーアワードを2回受賞したほど才能があったんですが、腰を負傷し、15年には引退してしまいます。で、イギリスにいたときに衝撃を受けたのがロックでした。そこで、ミュージシャンに転身したのです」

オフィシャルHPのプロフィルを見ると、長渕や母の志穂美悦子のことはまったく触れられていないが、鼻筋から唇、顔の輪郭は父親にそっくり。ギターを肩に担いだ姿は、まさに長渕の面影がありありと分かる。

「父と母のことを隠しているわけではありませんが、あえて触れないようにしているんです。というのも、自分と父はそれぞれの音楽をやっているという自負があるし、やはり父の七光りというのはイヤだという思いがあるんですよ」(同関係者)

とはいえ、やはりミュージシャンとしてのDNAは確実に息子に受け継がれているようだ。レーシングドライバーを引退した15年に、いきなり102本のライブを敢行。しかも「FUJIROCKFESTIVAL」にも出演を果たす。

翌年には初アルバム「Lights」をリリースし、iTunesオルタナティブ部門で1位を獲得。ツアーファイナルとなった渋谷のライブハウス「エッグマン」を超満員にさせた。17年にはスペースシャワーTVの「NewForce2017」に選出されるなど、破竹の勢いなのだ。

音楽関係者の話。

「音楽活動をやる上で背中を後押してくれたのが『ONEOKROCK』(以下ワンオク)のTakaです。偶然知り合いだったそうで、Takaにデモテープを聞かせたところ『これ、いいじゃん!』と大絶賛。当時、TakaはReNの父親が長渕と知らなかったようですが(笑い)。そこで『ワンオク』のオープニングアクトに抜てきされたのが大きいでしょうね」

今でもTakaとは大の仲良しだという。それにしても、気になるのは長渕本人だ。息子の活動をどう思っているのだろうか。

前出の長渕の関係者が明かす。

「それはそれは喜んでいます。やはり子はかわいいですからね(笑い)。ReNがあるアイドル雑誌に取り上げられることがあったんですよ。そしたら、掲載用の写真を何百枚の中から自ら選んだほどです。『これがいいんじゃねえか』と我が子のことに真剣そのものでした。親子ライブ?ReNがキャリアを積み重ねればあり得るでしょうね」

いつか富士山の麓で、一緒にギターをかき鳴らす日が来るかもしれない。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「スッキリ」で長渕剛が生歌披露 森圭介アナ号泣の一幕にネット沸く

「スッキリ」で長渕剛が生歌披露 森圭介アナ号泣の一幕にネット沸く

シンガー・ソングライターの長渕剛(61)が23日、日本テレビ系「スッキリ」で生歌を披露。同局の森圭介アナウンサーが号泣する一幕があった。 長渕は16日にリリースされた最新曲「Don’tThinkTwice〜桜並木の面影にゆれて〜」を熱唱。続けて09年に発売されたアルバム「FRIENDS」...
安岡力也をして「キレたらヤバい」稲川淳二は工業高校時代は不良

安岡力也をして「キレたらヤバい」稲川淳二は工業高校時代は不良

喧嘩は男の花道。芸の道を突き詰めていけば、どこかで拳で決着をつけなければならなくなる。芸能界にはとんでもない男たちがいる。果たして誰が一番強いのか。まさに男のロマン。本誌が勝手に決定する――。 「いも」呼ばわりされて 芸能界は我が強い人間の集まり。舞台ウラや撮影の合間におのれの芸を貫くため...
紅白歌合戦で起きた「放送事故」長渕剛が15分以上歌い続けたことも

紅白歌合戦で起きた「放送事故」長渕剛が15分以上歌い続けたことも

今年も大みそかに第68回NHK紅白歌合戦が行われる。66年続く生放送番組とあって、紅白の歴史は、ハプニングの歴史?でもある。かつて、放送中に起こった“放送トラブル”を振り返る。 ◆交通事故で急遽代役 52年の第2回、出場歌手の松島詩子がスタジオに向かう途中で事故にあったため、越路吹雪が急遽出...
「本物のファンにチケットを」転売対策にファン育成の意識改革

「本物のファンにチケットを」転売対策にファン育成の意識改革

ここ数年、活況が続くライブ・エンタテインメント業界。とはいえ、“チケットの高額転売”、“会場不足”、“大都市集中”、“アルバイト不足”など内情をみると課題は多い。そこで、世界最大のプロモーター「ライブ・ネイション」のライブ作りなど、海外の最先端事例を参考に解決策を検証。今年度の収益が過去最高と...
融通がきかないタイプ?関係者から漏れる広瀬香美の評判

融通がきかないタイプ?関係者から漏れる広瀬香美の評判

シンガー・ソングライターの広瀬香美(52)の名前が、久しぶりに芸能メディアを騒がせました。先月28日、所属事務所オフィスサーティーから移籍したと自身のフェイスブックに発表したことがきっかけで勃発した”移籍ドロドロ”。 時系列で振り返りますと、きっかけは今年2月28日。広瀬は、オフィスサーティーの...
性的虐待を歌う曲に「デリカシーがない」あべりょうの動画に批判

性的虐待を歌う曲に「デリカシーがない」あべりょうの動画に批判

ユーチューブ上で流れる動画広告に、批判が噴出している。シンガー・ソングライターのあべりょうさんが、子どもの性的虐待等の現状を歌うものだが、直接的な歌詞や映像に「デリカシーがない」「歌詞が気持ち悪すぎる」「社会派を気取りたいんだろうけど不快にしかならない」といった声が相次いでいる。 広告動...
広瀬香美の芸名使用禁止問題 弁護士が言及「認められない可能性が大」

広瀬香美の芸名使用禁止問題 弁護士が言及「認められない可能性が大」

シンガー・ソングライターの広瀬香美の独立問題を受け、菊地幸夫弁護士が3日、TBS系「アッコにおまかせ」に出演。前所属事務所「オフィスサーティー」が広瀬香美の芸名の使用禁止も求めていることに関して、「認められない可能性が大」と見解を示した。 タレントと所属事務所の契約について、菊地氏は「...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net