芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

稲村亜美の「もみくちゃ」騒動 「神対応」という報道に違和感

稲村亜美の「もみくちゃ」騒動 「神対応」という報道に違和感

中学生の野球大会で始球式を行ったタレントの稲村亜美さん(22)が、グラウンド上で数千人の球児に取り囲まれ「もみくちゃ」となった騒動が波紋を広げている。

稲村さん本人は、騒動直後に「わたしは全く問題なく大丈夫です」とツイート。選手たちのけがを心配する投稿も寄せており、彼女の姿勢を「神対応」などと報じるメディアもある。だが一方で、こうした報道に違和感を示す意見も出ている。

運営は謝罪「決してあってはならないこと」

騒動は、2018年3月10日に神宮球場(新宿区)で行われた野球大会の開幕式で起きた。大会は日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟が主催したもので、稲村さんはジャンパーにショートパンツ姿で始球式を行った。

始球式のマウンドに登った稲村さんの周囲には、大会に参加した202チームの球児がずらり。ハプニングが起きたのは、ボールを投げ終えた直後のことだった。

始球式の様子を客席から撮影した動画をみると、稲村さんを遠巻きに見守っていた球児はマウンドの方向へとにじり寄る。こうした状況に、マイクを手にした稲村さんは少し焦った様子で、

「大丈夫?よし、落ち着こう!押さないで」

と声をあげる。しかし、その直後に球児たちは稲村さんの元へ殺到。マウンドは1分以上にわたって多くの球児が入り乱れる「もみくちゃ」状態となっていた。

こうした騒動について、開幕式を主催した中学硬式野球協会関東連盟は12日、公式サイトに謝罪文を掲載。「稲村亜美さんや所属事務所の皆様に多大なご迷惑をおかけし、心よりお詫びを申し上げる次第です」などとした上で、

「選手が整列していた場所を離れ、あのように稲村亜美さん目指して殺到した行為は、決してあってはならないことだと考えています。今回の行為についてその場にいた選手には、チームを通じて猛省を促すとともに、今後このようなことが起きないよう役員一同指導者、選手の教育を続けてまいります」

とも訴えた。

稲村さん「(球児が)体に触れるということはなかった」

こうした騒動をめぐってネット上では、「集団痴漢にしか見えない」と球児たちを批判する声が続出。開幕式に参加していた球児とみられるツイッターユーザーが、「稲村亜美触った」「あの状況なら何をしても分からない」と投稿していたことも(現在はいずれも非公開)、批判を加速させる要因となっていた。

ただ、当の稲村さんは騒動当日の10日夜、「今日神宮球場にいた選手の皆さんが心配してくれますがわたしは全く問題なく大丈夫ですよ」とツイート。さらに同日のインスタグラムでは、

「色々とハプニング?も起きてしまいましたが、みなさんのパワーが伝わってきてわたし自身は貴重な経験をさせてもらえました怪我がなければいいことを祈ります」

と選手を心配するようなコメントを寄せていた。

また、13日放送の情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)に電話出演した際には、当時の状況について、「(球児たちは)近くにいたときに『握手してください』と言っていた」と振り返りつつ、

「(球児が)体に触れるということは全くなかったですね。動画がネットなどに流れてしまって、体を触っているみたいな情報が一人歩きしちゃったのではないかと思います」

と説明していた。

こうした稲村さんのSNS上などでの対応について、一部のスポーツ紙は「稲村亜美、始球式後『触られ疑惑』も神対応」といった見出しで報道。また、騒動を伝えたニュースサイトの中には、一連の対応を「プロっぷりを見せつけていた」「『神スイング』ならぬ『神対応』」などと評していたところもあった。

「本人が大丈夫って言ってたからって...」

だが、ネット上には、こうした報道について「本人が大丈夫って言ってたからって、周りが『さすがプロ!』みたいに終わらせるのはおかしい」との違和感を示すユーザーも。ツイッターやネット掲示板に、

「被害にあって声を上げないのがプロの対応だなんて歪んでるよ」
「波風立てず穏便に済ますのが日本では神対応なのか?声をあげていたら、訳のわからない屁理屈で被害者を責めるのか?」
「稲村さんの気丈なふるまいを『神対応』の一言で済ませるメディア」

といった意見が出ているのだ。

また、今回の騒動を問題視するツイートを立て続けに投稿しているコラムニストの勝部元気さんは12日、騒動後の周囲の対応などを考えると「(稲村さん)本人は『大丈夫』と言うしか事実上選択肢が無いんだよ」との持論をツイート。

その上で、本人の対応を「神対応」と報じたスポーツ紙の記事を紹介しつつ、

「ゲス極まりない報道。被害を告発しないことは『神対応』じゃねぇ」

とも投稿。さらに翌13日には、

「稲村さんの被害を告発しない対応を称賛する記事も多いけれど、腐った奴らを粛正しないほうが長期的に野球を貶める」

とも主張していた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「小木ってる」ロンドンハーツで生み出された新語がSNSで話題

「小木ってる」ロンドンハーツで生み出された新語がSNSで話題

人気お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明さんが、2018年11月23日放送のテレビ朝日系「金曜★ロンドンハーツ」で「新語」を生み出したことが、SNS上で話題となっている。 その名も「小木ってる」。一体どんな意味なのだろうか――。 有吉弘行さんも「結構、小木っちゃう」 23日に放送された「金曜★ロンドンハー...
稲村亜美が左足首を骨折「1日でも早く治るように頑張ります」

稲村亜美が左足首を骨折「1日でも早く治るように頑張ります」

タレントの稲村亜美(22)が13日、自身のツイッターを更新し、左足首を骨折したことを明らかにした。 稲村は「メディアにでていますとおり足首をひねってしまい骨折してしまいました」とつづり、「関係各所の皆様にご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。いつも応援してくださる方々もご心配おかけ...
浅井企画・代表取締役の浅井良二さん死去 小堺一機や関根勤など所属

浅井企画・代表取締役の浅井良二さん死去 小堺一機や関根勤など所属

芸能事務所・浅井企画の代表取締役の浅井良二(本名:二瓶満)さんが、病気療養中のところ、9日に亡くなったことがわかった。享年83。 【写真】社歌を披露する浅井企画オールスターズ 葬儀は近親者にて家族葬で執り行い、後日偲ぶ会を予定している。 浅井さんは萩本欽一と坂上二郎さんのコント55号をマネジ...
稲村亜美が始球式騒動について中学生をフォロー 浜田雅功はバッサリ

稲村亜美が始球式騒動について中学生をフォロー 浜田雅功はバッサリ

タレントの稲村亜美(22)が、24日放送の日本テレビ系バラエティー「ダウンタウンDX」(水曜・後10時)に出演。 3月に神宮球場で行われたリトルシニアの開会式で始球式に登場したところ、選手に囲まれもみくちゃにされた騒動について語った。 4000人の中学生に囲まれた当時の映像とともに、ダ...
小田和正「クリスマスの約束」放送せず 少し延期

小田和正「クリスマスの約束」放送せず 少し延期

シンガー・ソングライター小田和正(71)がホスト役を務める、毎年恒例のTBS系音楽番組「クリスマスの約束2018」の今年の放送が延期されることが20日、同番組のホームページで発表された。 「大切なお知らせ」というタイトルで始まるリリースには「毎年『クリスマスの約束』の放送を心待ちにしてくださる皆様...
吉川晃司に称賛の声 芸能界に“反アンチエイジング”時代が到来

吉川晃司に称賛の声 芸能界に“反アンチエイジング”時代が到来

夏の西日本集中豪雨でのボランティアが話題になった吉川晃司(53)が、秋は日本シリーズの始球式で日本を沸かせた。シリーズ第6戦のマウンド。長い足を高く上げて白球を投じる姿に「かっこいい」「奇跡の50代」など称賛の声が続いている。 被災地で黙々とボランティア活動吉川晃司の“気骨と矜持” 吉川と...
仮面女子の桜雪 見知らぬ男から殴られる被害に

仮面女子の桜雪 見知らぬ男から殴られる被害に

仮面女子のメンバーで東大出身アイドルとして活躍中の桜雪(25)が、見知らぬ男からいきなり殴打される被害に遭ったことを明かした。 桜は25日、ツイッターを更新。「新宿駅ですれ違い様に中年男性にパンチされたのですが何事??これ犯罪だよね…???」と驚いた様子で報告し、「パンチされたところは大丈夫だけど...
押切もえがロッテ・涌井秀章との結婚秘話を明かす 始球式の投球を教わり

押切もえがロッテ・涌井秀章との結婚秘話を明かす 始球式の投球を教わり

プロ野球・ロッテの涌井秀章投手(32)の妻でモデルの押切もえ(38)がフジテレビ系「ジャンクSPORTS」(日曜・後7時)に出演し、結婚秘話を明かした。 2人が急接近したのは2014年8月。押切がロッテの本拠地で始球式を行った際、投球フォームの指導をしたのが涌井だった。その後、約1年半...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net