芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

多くの人々に愛されるとんねるず「素人が天下獲った」稀有な存在

多くの人々に愛されるとんねるず「素人が天下獲った」稀有な存在 3月22日(木)に幕を下ろす『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)。フィナーレ企画は「さいごのうたばん」で、石橋貴明が司会を努めた『うたばん』(TBS系)のパロディ「ほんとのうたばん」の名場面紹介(「野猿」など)をすることが報道された。今月に入り、多くのタレントからリスペクトが送られるとんねるず。なぜ彼らがこれほど多くの人々に愛されるのか。そのルーツと偉業を探る。

【貴重写真】10代の宮沢りえ・観月ありさも…“みなおか”名場面44連発

■“みなおか”の終了目前、多くのタレントから改めてリスペクトの声が殺到

8日、同番組は『北の国から』のパロディコント「したの国から2018早春」を放送。これに、デビュー当時からのとんねるずの“盟友”宮沢りえが出演。事務所の反対を押し切った(?)形でコントを繰り広げた。また、「とんねるずとコントがしたかった」という伊藤英明も共演。木梨憲武からのアルミ板でのツッコミに「台本ではスリッパだったのに…!」と、その洗礼に嬉しそうな表情を見せていた。

これに多くのタレントが反応。さまぁ〜ずの三村マサカズはSNSで「とんねるずのコント。見て育った。そして、お笑いを始めた」とツイート。カンニング竹山はAbemaTVの番組内で「何が起きるか分からないパフォーマンスや、芸人という“枠”にとらわれず、音楽の分野では全国ツアーも成功させてしまうバイタリティに圧倒された。とにかくカッコよかったのよ」と、とんねるずへのリスペクトを度々口にする。また岡村隆史はニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』に石橋を招き、復活のエールを送った。

■“芸人”ではない!?“素人が天下を獲った”稀有な存在

東西・事務所の垣根を超えてリスペクトを集めるとんねるず。そのルーツは帝京高校時代に遡る。彼らは在学中から『TVジョッキー』(日本テレビ系)などの素人参加番組に参加、以降は常連に。メディア研究家の衣輪晋一氏は「同番組ではチャンピオンも獲得。いわば“最強のアマチュア”としてお笑いファンをあっと言わせた」と当時の衝撃を語る。

「そんな2人が“とんねるず”となったきっかけは『お笑いスター誕生!!』(日テレ系)。“貴明&憲武”名義で出場し、素人ながらに4週まで勝ち抜き。石橋さんはこの頃について『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』で、“審査員の京唄子、鳳啓助、米丸には伝わらなかったが、タモリさんと赤塚不二夫さんだけは、『なんだかわかんないけど、面白いよ』って。あれで調子に乗ってしまった”と述懐していました」(衣輪氏)

余談だがそのタモリ自身、素人時代に赤塚不二夫に見出されたことでタレントに。「ビートたけしさんはタモリさんの芸を“日本一の素人芸”と評しましたが、とんねるずさんもその系譜。そして彼らに“最強の素人”としてブレない道筋を付与したのは秋元康さんでしょう。これについては松本人志さんが2016年放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、『(とんねるずさんは)ジャンルがちょっと違う』と解説。少なくとも自身の“芸人”のくくりで語れない存在だと匂わせました」(衣輪氏)

“貴明&憲武”時代、彼らが森永乳業CMに起用された(とんねるずとなった後も10年以上CMを継続)のも2人の“規格外”っぷりを象徴する出来事だった。その後、『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』『ねるとん紅鯨団』と人気を博し、1988年10月から『とんねるずのみなさんのおかげです』がレギュラーでスタート。「素人がテレビで天下を獲った」奇跡の瞬間を当時の視聴者は目の当たりにした。

■天下一品の“パロディ芸”で一世を風靡、数々のスターも輩出

満を持してスタートした“みなおか”。仮面ライダーのパロディ企画『仮面ノリダー』、『ちょっと北の国から』、映画『ターミネーター』の『タカミネーター』、『あぶない刑事』『サンダーバード』…etc。数々のパロディ企画でお茶の間を沸かせたほか、マイケルジャクソンらのMVパロディといった完成度の高いシリーズも。MCハマーのパロディ・MCタカーは本人との共演にまで発展。「特徴を掴んだ“ものまね”もさることながら、“え、テレビでこんなことやってもいいの!?”というぶっ飛んだアイデアで話題を提供。木梨さんのお葬式コントでは番組最多のクレームが(笑)。ですがそれでも人気が衰えない怪物番組であり、テレビが今のように窮屈でない時代だったのです」(衣輪氏)

芸人以外を笑いに引き込み、新たな魅力を開花させたのも彼ら。宮沢りえをはじめ、渡辺満里奈、チェッカーズ…etc。さらに多くのスターも輩出。パロディ企画が人気を博したとんねるずだが、いわば“面白い人(題材)を見つける天才”でもあったのだ。番組内の人気企画『博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜』では、お笑いコンビ・次長課長の河本が「お前に食わせるタンメンはねえ!」でブレイク。児玉清のモノマネを披露した博多華丸は後に『R-1ぐらんぷり』で優勝。チビノリダーこと伊藤淳史は名バイプレイヤーに。「局と事務所の垣根がないどころか、『太陽にほえろ!』パロディや「野猿」などではスタッフも巻き込んだ。『オレたちひょうきん族』からの“内輪受け”を最終型にまで練り上げたのも彼らの功績です」(衣輪氏)

だが、2000年代に入り、とんねるずも“若手”から“大物”に。テレビ業界も様変わりし、ついに“みなおか”が終了する。ギャラの高騰もあり、「もう二人をあまり見られないのかも」と心配する声も聞かれるようになった。

■今という時代だからこそ、“解き放たれた”とんねるずの破壊衝動に再び期待

そこで思い出されるのが、2015年6月の“神放送”回だ。女芸人の悩みをテーマに石橋がトークを繰り広げる企画で、森三中・黒沢かずこが番組プロデューサーへフジへの不満を吐露。黒沢は石橋の目の前で「とんねるずさん好きなのはわかる、でも自分で動かしてやろうって思わなきゃ!」「(大物タレントと)ディレクターの関係がずっと続いてってさ、若い人たち入っていけないじゃない!」とぶちまけた。

石橋も慈愛に満ちた笑顔で、「本当にこういう怒りをもってでも変えないと、フジは良い形にならない。東京オリンピックまでには、なんとかフジを変えようじゃないか」「なんとかフジに元気になってもらうよう、黒沢さんと番組を企画しましょう。まず深夜からでもいいので、フジをぶっ壊すような企画を」と場を収めた。3年後のまさに今、とんねるずも変わらざるを得ない場面に直面している。

先述の3/8放送回のラストを石橋貴明は「俺、またここに帰ってくるから!」のセリフで締めた。また、3月1日の岡村隆史とのラジオでは、「ジャイアンツの村田の気分。もう少し野球がやりたい!お笑いがやりたい!」と胸の内を吐露。木梨憲武はこの春、16年ぶりに『いぬやしき』で映画主演、俳優業に力を注ぐのではという見方もある。石橋も新たな番組が4月より始まる。21日に都内で行われた『とんねるずのみなさんのおかげでBOX』発売記念イベントに出席した石橋は、「アイデアや知恵を絞って(バラエティー)を作っていくしかない」「脇役でいいので入れてもらう」と語った。30年間走り続けてなお、まだまだとんねるずの気力は衰えていない。

冠番組終了は、裏を返せばある意味“大いなるしがらみ”から解き放たれたともいえる。素人出身の“予測のつかない怖いものなしのコメディアン”であるとんねるずらしく、今のテレビ界の“斜め上”をいく活躍を切に願うばかり。とんねるずに「落ち着いてしまった」という言葉は似合わない。

(文/西島享)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

安田成美 10億円生命保険に加入!夫・木梨憲武は戦慄の表情

安田成美 10億円生命保険に加入!夫・木梨憲武は戦慄の表情

「安田さんは“財テク好き”で、以前からいろいろな金融商品に投資していると聞いています。夫の木梨さんは資産運用にはノータッチで、奥さん任せのようです。昨年の秋、夫婦2人で某保険会社の生命保険に新しく加入したそうです。その総額が10億円にも上ると最初に聞かされたとき、木梨さんは戦慄の表情をしてい...
ビートたけしと共演NG扱い THE MANZAIにハチミツ二郎がかけた思い

ビートたけしと共演NG扱い THE MANZAIにハチミツ二郎がかけた思い

本来、芸人とは日常生活の埒外に棲息する人間たちである。舞台の上に立つ彼らの目は醒めている。客席の機微を肌で感じながら、ネタを調節して笑いを取っていく。彼らには?笑われているのではない、芸で笑わせているのだ?という強い矜持がある――これはノンフィクション作家・田崎健太がベテラン芸人に取材し、...
「男気じゃんけん」で480万円支払い 演出家の告白に博多華丸が驚き

「男気じゃんけん」で480万円支払い 演出家の告白に博多華丸が驚き

23日深夜に放送されたテレビ東京系『博多華丸のもらい酒みなと旅2』に出演した博多華丸・大吉の博多華丸がとんねるずの番組について語る場面があった。 番組では、華丸の他にココリコの遠藤章造とKAT-TUNの亀梨和也が出演し、お酒を飲みながらトークを展開。その中に、亀梨と親交があるというテレビ番組の演出...
石橋貴明、「リアル野球BAN」で苦戦?「投げるボールが無かった」

石橋貴明、「リアル野球BAN」で苦戦?「投げるボールが無かった」

お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が、正月恒例のテレビ朝日系バラエティ特番『夢対決2019とんねるずのスポーツ王は俺だ!!5時間スペシャル』(来年1月2日18:30〜23:30)で、"侍オールスター"と「平成最後のリアル野球BAN対決」に挑む。 侍オールスターとして、前田健太投手(ロサンゼルスドジャース)、柳田悠...
「婚活にすごい支障が出た」保田圭が語る「うたばん」の影響

「婚活にすごい支障が出た」保田圭が語る「うたばん」の影響

1月21日に放送された「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に保田圭、斉藤慎二(ジャングルポケット)、福田彩乃、Mr.シャチホコが登場。いじられキャラで定着していた保田が、無事結婚できた理由を明かす場面があった。 【写真を見る】料理研究家として活躍する保田圭の旦那様/※画像は保田圭(keiyasuda12...
劇団ひとり、中居正広に頼まれ自宅を掃除「キスマイと一緒に…」

劇団ひとり、中居正広に頼まれ自宅を掃除「キスマイと一緒に…」

8日に放送された日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』に出演した劇団ひとりが、中居正広の自宅に行った際のエピソードを披露した。 【写真】石橋貴明&中居正広の『うたばんコンビ』復活と2ショット公開 番組にゲスト出演した劇団ひとりは、自身の“仰天事件”として「先日中居さんが、出演者とスタッフを招いて...
石橋貴明からの誘いにも躊躇なし 劇団ひとりの「ブレイク前」

石橋貴明からの誘いにも躊躇なし 劇団ひとりの「ブレイク前」

レギュラー6本を持つ「劇団ひとり」がまだブレイクする前の2004年、中国放送の人気ローカル番組にレギュラー出演していた。有吉弘行もレギュラーだった伝説の番組『KEN-JINDX』だ。同番組を企画・プロデュースしていた横山雄二アナが、知られざる劇団ひとりのブレイク前を語る。  「ひとりはかっこよさを...
「みちょぱなら100万払う」石橋貴明が番組でぶっちゃけ

「みちょぱなら100万払う」石橋貴明が番組でぶっちゃけ

5日に放送されたフジテレビ系『石橋貴明のたいむとんねる』に出演したとんねるずの石橋貴明が、みちょぱへの想いを覗かせた。 【写真】石橋貴明&中居正広の『うたばんコンビ』復活と2ショット公開 番組では、番組MCの石橋、ミッツ・マングローブの他にハライチやカンニング竹山、みちょぱこと池田美優が登場し...
待っても結婚できない?深田恭子の「亀梨見切り」は吉か凶か

待っても結婚できない?深田恭子の「亀梨見切り」は吉か凶か

1月7日、スポーツニッポンが報じた深田恭子(36)の熱愛報道。相手が不動産会社シーラホールディングスの杉本宏之会長(41)だったことで、ちょっとした物議を醸している。 菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク 「当初、深田の所属事務所は交際を認めるつもりだったようですが、杉本...
ビートたけし 元横綱・稀勢の里について「無理やり横綱の相撲を…」

ビートたけし 元横綱・稀勢の里について「無理やり横綱の相撲を…」

ビートたけしが19日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に出演し、引退した元横綱稀勢の里について、「無理やり横綱の相撲をとらされた人で犠牲者だと思う」と述べた。 番組では元横綱稀勢の里の引退について取り上げ、話し合った。たけしは「稀勢の里はみんなに引っ張り上げられて無理やり...
宮沢りえの自殺未遂騒動に新たな噂 若き歌舞伎役者の存在

宮沢りえの自殺未遂騒動に新たな噂 若き歌舞伎役者の存在

「平成」が“歴史”になるにはまだ早い。にもかかわらず、すでに覆されようとしている“定説”もある。1994年(平成6年)9月24日未明に起きた宮沢りえ(45)の自殺未遂騒動をめぐり詳らかになった“新説”とは……。 まだ夜も明けきらぬ午前5時。部屋に踏み込んだホテルの従業員がそこで目にしたのは、鮮血で真っ赤に...
「若いのに…」高須克弥院長がヒアルロン酸注入したい女性芸能人

「若いのに…」高須克弥院長がヒアルロン酸注入したい女性芸能人

年末年始のテレビ番組出演者の中にも数人いた、「シワっぽくなった?」「ほうれい線が気になる」などとネットでささやかれる女性芸能人。 【写真】宮沢りえ&森田剛が娘の運動会に参加する姿、夏帆のデート現場など 中でも特に劣化が指摘されているのは、夏帆(27)、長澤まさみ(31)、木下優樹菜(31)、石...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net