芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「みなおか」最終回 とんねるずが熱唱「フジテレビおちょくるなよ」

「みなおか」最終回 とんねるずが熱唱「フジテレビおちょくるなよ」 フジテレビの長寿バラエティ「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜後9・00)が22日の放送で最終回を迎え、前身の「みなさんのおかげです」から続いた約30年、計1340回に及んだ番組の歴史に幕を下ろした。

特番からレギュラー化され、1988年10月に「とんねるずのみなさんのおかげです」としてスタート。1997年6月に現番組名に変更された。人気お笑いコンビ「とんねるず」のメンバー、石橋貴明(56)と木梨憲武(56)が演じる「仮面ノリダー」などのパロディものが若者に受け、人気女優、アイドルらがこぞってコントに出演するなど一大ブームとなった。

最終回は、2010年まで14年間に渡ってライバルTBSで放送された石橋と当時SMAPの中居正広(45)司会による人気歌番組「うたばん」のパロディ「ほんとのうたばん」の最終回「最後のうたばん!!」としてスタート。番組から発生した伝説の音楽ユニット「野猿」の元メンバー9人が冒頭から出演して盛り上げに一役買った。

「野猿」はとんねるずの2人と同番組のスタッフで構成され、1998年4月から2001年5月まで活動した音楽ユニット。シングル、アルバムが飛ぶように売れ、2年連続でNHKの「紅白歌合戦」に出場するなど爆発的な人気を誇った。だが、それから20年あまりが経過し、石橋は久々に再会したメンバーに向かって「すっかり老けましたね」とバッサリ。「野猿には全然会いたくなかったけど、CAには会いたかった」と7曲目シングル「Firstimpression」のみボーカルを務めた音声スタッフのCAこと荒井千佳さんの姿には目じりを下げた。荒井さんは現在2児の母だといい、子どもの年齢が中1と小1だと明かすと石橋と木梨は驚きの声を挙げ、感慨深げだった。当時、荒井さんはボーカルとしての報酬を頑として受け取らず、ギャラは本人が希望したラジカセ1個だったという思い出話も。ボーカルを務め、特に絶大な人気を誇ったテルリンこと平山晃哉(52、アクリル装飾)、カンちゃんこと神波憲人(47、衣装)の2人も終始笑顔だった。

番組ではこれまでの歴史をVTRで振り返りながら進行。中盤からは番組の第1回ゲストで、とんねるずの2人と同学年の歌手・松田聖子(56)も登場。松田がコントに挑戦する姿や、娘の神田沙也加(31)とともに「矢島美容室」(番組から発生した、とんねるずとDJOZMAによる音楽ユニット)の曲を歌って踊るVTRも流れた。「全部全力でやってくれた」(木梨)「しかも期待以上」(石橋)という声に松田は笑顔。VTRを一緒に見守った野猿メンバーに「またやっていただきたい」と声をかけ、「すごくお上手ですよね」と荒井さんの歌をほめる一幕もあった。

エンディングでは、とんねるずの2人が91年のヒット曲「情けねえ」を熱唱。「この国を」「滅ぼすなよ」という元の歌詞を「バラエティを」(石橋)「滅ぼすなよ」(木梨)に、「この国を」「おちょくるなよ」を「フジテレビを」(木梨)「おちょくるなよ」(石橋)と変えて歌い、力を合わせて日本のお笑いシーンを引っ張ってきたフジテレビへの深い愛情をにじませた。

約30年の歴史にピリオドを打った「みなおか」。後番組には坂上忍(50)司会のバラエティーが予定されており、昨年末に放送された「バイキング・ザ・ゴールデン坂上忍が2017年ニュースの主役を直撃!あの騒動の真相&裏側初告白SP」を元にした内容で調整されているという。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

南海キャンディーズの山里亮太 みやぞんの過剰な義理堅さに感動

南海キャンディーズの山里亮太 みやぞんの過剰な義理堅さに感動

お笑いタレントの「南海キャンディーズ」山里亮太(41)が15日、自身がパーソナリティーを務める「山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。「ANZEN漫才」みやぞん(33)の過剰な義理堅さに、感心しきりだった。 山里の親友が“天の声(ナレーター)”を務めるのが、日テレ系朝の情報番...
「まだやってんのか」山田ルイ53世がゾッとした明石家さんまの言葉

「まだやってんのか」山田ルイ53世がゾッとした明石家さんまの言葉

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し勝手に企画を提案していくTOKYOFMの番組「空想メディア」。8月5日(日)のゲストは、お笑いコンビ・髭男爵の山田ルイ53世さんです。ダウンタウン以前、以後の「芸人寿命」について、2人が実感していることとは? 山田ルイ53世さん(左)...
「リアル野球BAN」に松井秀喜氏出演 26年ぶりに星稜ユニ姿

「リアル野球BAN」に松井秀喜氏出演 26年ぶりに星稜ユニ姿

毎年、お正月だけでなく夏の風物詩にもなっているテレビ朝日系『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』。9月2日(日)に放送される同番組で、石橋貴明が挑む“リアル野球BAN対決”では、「夏の甲子園100回記念特別試合!!」と題し、石橋と松井秀喜が対決を繰り広げることがわかった。 毎回「ワールドシリーズ」と銘打...
NGなしの女性タレントが急増するワケ 求められるYouTuber的な仕事

NGなしの女性タレントが急増するワケ 求められるYouTuber的な仕事

鈴木奈々さん、藤田ニコルさん、丸山桂里奈さん、須田亜香里さん(SKE48)、朝日奈央さん(元アイドリング!!!)…今バラエティーを席巻している女性タレント。彼女たちに共通しているのが、仕事の「NGがない」ことです。どんな過酷なオファーも果敢に引き受ける「NGなし女性タレント」急増のワケとは――。 「体...
石橋貴明の娘・石橋穂乃香「みなおか」ロスは「ピンとこない」

石橋貴明の娘・石橋穂乃香「みなおか」ロスは「ピンとこない」

3月22日に、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が最終回を迎えた。人気長寿番組、そして石橋貴明(56)、木梨憲武(56)の2人には、視聴者だけではなく芸能界からも惜別と感謝の声が相次いだ。 では、“親族”はどのような気持ちなのかーー。石橋貴明の前妻との娘・石橋穂乃香(28)への直...
石橋貴明にテレビ業界の内部から復活待望論 スポーツ番組のMCに?

石橋貴明にテレビ業界の内部から復活待望論 スポーツ番組のMCに?

相棒の木梨憲武は俳優に転身? 過去の栄光を知る者にとっては、屈辱の数字だったに違いない。「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系列)が3月22日、最終回を迎えた。その視聴率は9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)という驚愕の数字だったのは既報の通りだ。 *** 全盛期は前身...
最終回が放送された「みなおか」世代間で反応にギャップ

最終回が放送された「みなおか」世代間で反応にギャップ

3月22日に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の最終回が放送された。スペシャル放送ではない通常の1時間枠で、すでに2010年に終了している『うたばん』(TBS系)のパロディ企画「ほんとのうたばん」が放送され、野猿メンバーが集合したほか、同企画の第一回ゲストの松田聖子が登場した。終始...
「みなおか」最終回でとんねるずが感無量の表情 声を震わせ番組終了

「みなおか」最終回でとんねるずが感無量の表情 声を震わせ番組終了

30年にわたり続いたフジテレビの人気バラエティー「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜、後9・00)が22日、最終回を迎えた。長寿番組としては異例の特番ではなく、通常枠(1時間)での放送となった。 最終回は「さいごのうたばん」と称し、番組の歌の歴史を振り返る内容。冒頭では、スタッ...
2歳救出男性をネタに ガリットチュウ福島善成のモノマネに賛否

2歳救出男性をネタに ガリットチュウ福島善成のモノマネに賛否

お笑いコンビ「ガリットチュウ」の福島善成さん(40)が、2歳男児の救出劇で注目を集めている尾畠春夫さん(78)のモノマネを披露したことに、インターネット上で賛否が広がっている。 福島さんは2018年8月19日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)にVTR出演。スキンヘッドのかつらに赤いハチマキを巻いて尾...
稲川淳二、リアクション芸人だった「蛇がウジャウジャいる中泳がされ」

稲川淳二、リアクション芸人だった「蛇がウジャウジャいる中泳がされ」

「夏といえばTUBEか稲川淳二」と言われていたのはいつのことだっただろうか……。夏しか売れないと言われたTUBEは夏でも売れなくなったが、稲川淳二(70)は今も健在だ。夏どころか11月まで続く「怪談ナイト」ツアーは四半世紀を超え、26年目を迎えて大盛況。だが、若い人達は、彼を怪談の語り部としか認識して...
青木源太アナがTwitter開設 ファン「私たちの代弁者!」

青木源太アナがTwitter開設 ファン「私たちの代弁者!」

大のジャニーズ好きで知られる日本テレビの青木源太アナウンサー(35)が、公式ツイッターアカウントを開設した。始動からわずか2日でフォロワーが18万7000人を超えるなど、ネット上で大反響を呼んでいる。 青木アナは2018年7月3日の初投稿で、嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」を念頭に置いたのか、「A・O・KI、...
放送ギリギリ?板尾創路が語る「エキセントリック少年ボウイ」の裏側

放送ギリギリ?板尾創路が語る「エキセントリック少年ボウイ」の裏側

25日深夜に放送の『板尾壇(談)』(テレビ埼玉)で、壇蜜が板尾創路に質問攻め。ダウンタウンを中心に結成された「エキセントリック少年ボウイオールスターズ」などについて、濃密なトークが繰り広げられた。 『板尾壇(談)』は、板尾創路と壇蜜がダラダラと思いつくままに、時に雑誌をパラパラとめくりながら進...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net