芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

矢作兼がロケ中に横切る男性を「老害」と批判 警視庁の見解は?

おぎやはぎの矢作兼さんが3月22日、ラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、テレビ番組のロケ中にカメラの前を横切る男性を「老害」と批判し、物議を醸している。

「ロケをしていていつも思うんだけど、カメラいて、タレントいて、ちょっと道を塞いじゃう時があるわけ。(中略)『なんで俺がお前たちのために違うルートを通らないといけないんだ』という顔と姿勢で横切るおじさんて必ずいるの」

矢作さんは続けて、「俺だったら映画の撮影してたら通らないよ。普通、どんなに急いでたって」と自分だったら横切ったりしないと話し、配慮をしない男性は「老害ってやつだろう」と指摘した。

「カメラ回してりゃそれが優先されると思い込んでる思い上がりっぷり」

矢作兼がロケ中に横切る男性を「老害」と批判 警視庁の見解は?

矢作さんがわざわざカメラの前を横切る中年男性を迷惑に思うのも無理はない。ロケがどんなに邪魔だとしても、あえて撮影を妨害するのは大人げない気もする。しかしテレビの撮影の方こそ邪魔だと感じている人は少なくない。

この発言に対して、ネットでは、「何様だ」という批判の声が上がった。公共工事等ならわかるが、テレビ番組の撮影のために、なぜわざわざ迂回しないといけないのか、というのだ。

「人様の公道の往来邪魔する権利がテレビにはあるんか。邪魔なのはお前らだろ」
「カメラ回してりゃそれが優先されると思い込んでる思い上がりっぷり。まさに老害やんか」

ヤフー!知恵袋にも、なぜ撮影のために、一般の人が通行止めになるのかという疑問がいくつも投稿されている。ある投稿者は、いつも使っている道が撮影で通行止めになり、急いでいるにも関わらず「今来た道を戻って、一つ目の角を曲がって迂回して!」とスタッフに言われた。

結局10分ほどロスして、会議に遅刻してしまったといい、「朝の通勤通学の時間帯に、大通りを通行止めにして撮影するなんて、非常識だと思いませんか?」と怒りを露わにした。

「道路を通行中の一般の方に対して協力を依頼することは考えられます」

テレビ番組や映画の撮影を行う場合には、道路の使用許可を取らなければならない。しかし、使用許可を取ったとしても交通の規制を行うことはできないようだ。キャリコネニュースが警察庁に問い合わせたところ、

「撮影者の方が法令に基づく交通の規制を行うことはできません」
「道路を通行中の一般の方に対して協力を依頼することは考えられます」

という回答が返ってきた。一般の歩行者に迂回する義務はないということだろう。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

元AKB48西野未姫が悪口にもいいねする訳 スタジオで驚きの声

元AKB48西野未姫が悪口にもいいねする訳 スタジオで驚きの声

1月14日に「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaSPECIAL)の最新回が放送され、元AKB48の西野未姫が悪口の全てに「いいね」を押す理由を明かす場面があった。 【写真を見る】いちいちリアクションが大きい西野未姫/(C)AbemaTV 14日の放送では、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”にお笑い芸人の紺野ぶ...
「AKB48には病んでいる子が多い」元メンバーの西野未姫が明かす

「AKB48には病んでいる子が多い」元メンバーの西野未姫が明かす

おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#97(毎週月曜よる9時〜)が1月14日、AbemaTV(アベマTV)にて放送。“ブス枠”として番組に呼ばれた元AKB48・西野未姫が、ブラックな精神状態に陥るアイドルの特徴について自論を展開。「AKB48には病んでいる子が多い...
アンゴラ村長が相方の不満を告白 おぎやはぎも年内破局を予言?

アンゴラ村長が相方の不満を告白 おぎやはぎも年内破局を予言?

AbemaTV(アベマTV)のトークバラエティ番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#96が1月7日(月)、よる9時より放送される。同番組はお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務める、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元...
「ちょっと真剣になりすぎてる」太田光がM-1の現状に指摘

「ちょっと真剣になりすぎてる」太田光がM-1の現状に指摘

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】とろサーモンの久保田かずのぶとスーパーマラドーナの武智正剛が、先日行われた「M―1グランプリ2018」の打ち上げの席で、SNSの動画中継を用い、審査員の上沼恵美子に問題発言をし、その後、謝罪。先輩芸人からの説教が続いた。 南海キャンディーズの山里亮...
土下座の練習で排水溝を舐めた城咲仁 虚勢捨て新たな道

土下座の練習で排水溝を舐めた城咲仁 虚勢捨て新たな道

新宿・歌舞伎町にあるホストクラブで5年間ナンバーワンに君臨し、元ホストタレントとして2005年ごろ、一斉を風靡した城咲仁さん。 先日、ふと目に入った通販番組に城咲さんが出演されているのを見かけ、筆者は衝撃を受けました。「見ない間に何があったの?」と。 ホストからタレントへ、そして通販バイヤー...
高橋英樹と真麻、サンドウィッチマンらの事務所へ ブログで報告

高橋英樹と真麻、サンドウィッチマンらの事務所へ ブログで報告

俳優の高橋英樹(74)と、長女でフリーアナウンサーの高橋真麻(37)が、サンドウィッチマンらが所属する芸能事務所グレープカンパニーにそろって移籍することを発表した。 英樹は15日更新のブログで「この2月1日より真麻と共に(株)グレープカンパニーへ移籍しますサンドウィッチマンカミナリ永野君達がいる...
「若手が育つ場が減る」番組が減らないダウンタウンへの「不要説」

「若手が育つ場が減る」番組が減らないダウンタウンへの「不要説」

(全3枚) 人気は着実に低下? もうダウンタウンは、いらない――。制作現場を熟知する、民放キー局のバラエティスタッフから、衝撃の証言だ。 *** 「本音を言わせてもらえば、もう彼らは老害なのかもしれません。キー局ではなく、テレビ界全体の問題として捉えるべきでしょう」 なぜダウンタウン“不要説”を口...
リスペクトする後輩は多くいるものの…沢田研二の今後は先細りか

リスペクトする後輩は多くいるものの…沢田研二の今後は先細りか

公演ドタキャン騒動を起こした歌手の沢田研二(70)が21日の大阪狭山市公演から全国ツアーを再開させた。 会場前に詰めかけた報道陣には対応しなかった沢田だが、ステージでは冒頭から5分以上にわたって「全て僕の責任です。満員にできなかったのは僕の力不足です」と謝罪し、ファンに頭を下げた。会場に...
松本人志が作った「平成の笑い」根幹にあるのは「シュール」

松本人志が作った「平成の笑い」根幹にあるのは「シュール」

(全6枚) ダウンタウン・松本人志の新番組「FREEZE」が、2018年9月より配信される。 【“平成の笑い“をつくった松本人志客を育て、探求した笑いのメカニズムの画像・動画をすべて見る】 シリーズが公開されるたび大きな話題を呼ぶ『ドキュメンタル』に続いて、「AmazonPrimeVideo」第2弾となる松本人志の新企...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net