芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

石橋貴明にテレビ業界の内部から復活待望論 スポーツ番組のMCに?

石橋貴明にテレビ業界の内部から復活待望論 スポーツ番組のMCに?

相棒の木梨憲武は俳優に転身?

過去の栄光を知る者にとっては、屈辱の数字だったに違いない。「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系列)が3月22日、最終回を迎えた。その視聴率は9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)という驚愕の数字だったのは既報の通りだ。

***

全盛期は前身番組の「とんねるずのみなさんのおかげです」だが、最高視聴率は1989年3月30日に記録した29.5%。20%台で当たり前だったのだから、1桁の視聴率は――時代には逆らえないとはいえ――やはり寂しい印象を受ける。

身も蓋もない言い方だが、「とんねるず」の2人は、稼ぐだけ稼いだ。この後は引退に追い込まれても、生活に困ることはないだろう。とはいえ、石橋貴明(56)にも木梨憲武(56)にも、意地というものがあるはずだ。トップランナーの座は譲るにしても、このまま忘れ去られるのは絶対に認められないに違いない。

石橋貴明にテレビ業界の内部から復活待望論 スポーツ番組のMCに? とんねるず

これからの2人にどのような“商品価値”があるのか、さる民放幹部に話を訊いた。4月16日からミッツ・マングローブ(42)と「石橋貴明のタイムトンネル」(フジテレビ系列)を開始することが決まっている石橋は後に回し、まずは木梨から始めてもらう。

「既に画家としての地位も確立しているので、芸術活動に専念するという声が根強いのは事実です。ただ、出演した映画『いぬやしき』の公開が4月20日に控えていることからも分かりますが、“俳優・木梨”待望論も同じぐらい強いものがありますね。意外に思われる方も多いと思いますが、木梨さんは中井貴一(56)や佐藤浩市(57)、そして水谷豊(65)といった方々と深い親交を持っているんですよ。特に水谷さんとは、テレビ朝日系列『豊さんと憲武ちゃん!旅する相棒』(17年6月10日放送)という共演番組も実現させました。業界内でも『基本はバラエティ番組に出演しない水谷さんが、旅番組に出演するなんて!』と驚きの声が挙がったんですね。今後は画家と俳優という“二足のわらじ”で活躍する可能性があると思います」

安定した木梨、両極端の石橋?

ちなみに、この民放幹部が「一視聴者としてでも見てみたい」のは、画家や俳優としての活躍ではなく、「木梨憲武レギュラーの旅番組」だそうだ。

「古いファンはご記憶でしょうが、木梨さんは昔から、素人いじりと芸人とのカラミが抜群に面白いんです。石橋さんのいじりは、キャラが強すぎて怖い。でも温和な印象の木梨さんだと、安心して見られるわけです。『とんねるず』世代も、最年長は60代になりました。落ち着いた散歩番組に共感を持つ年齢になったんです。高田純次さん(71)がテレ朝系列でやっている『じゅん散歩』の向こうを張って、『憲さんぽ』は人気を呼ぶと思います」

ある意味で豊かな可能性を秘めている印象を受ける「木梨憲武のセカンドライフ」。ところが石橋は、リベンジ大成功の可能性もあるものの、失敗して没落の危険性もある、両極端な結果が出るかもしれないという。

「業界内で石橋さんのイメージは『ギャラが高い』、『扱いにくい』、『気の合うスタッフとしか仕事しない』の3拍子です。とにかく石橋さんは偉くなってしまい、同じように出世したテレビ局員ではないと仕事のオファーさえできなくなった。30代、40代の辣腕ディレクターで『「とんねるず」と仕事をしたい』と思っている人は少数派でしょう。そういう意味では、石橋さんが再び脚光を浴びるのは難しいかもしれません」

テレ東と組めばテレビ業界は震撼?

ところが、50代のベテラン・ディレクターやプロデューサーになると、「いよいよ俺たちが仕事をできる時代が来た」と意欲を燃やしているというのだから、まさに「捨てる神あれば拾う神あり」だ。

もっとも「とんねるず」のファンにとっては悲報だろうが、“バラ売り”は必須条件だという。

「コンビとしての商品価値は、やはり『みなおか』が証明した通りです。木梨さんが画家と俳優で活躍するなら、石橋さんはスポーツ番組のMC、キャスターが期待できます。帝京高校野球部に所属し、テニスとゴルフは相当な腕前だと聞きます。何よりスポーツ全般に相当な知識を持っているのはご存知の通りです。毎年、年始に放送されるテレ朝の『スポーツ王は俺だ!』は19年続く人気番組。となると、日テレ『Going!Sports&News』の上田晋也さん(47)さん、現在は降板しましたがTBS『S☆1』の田中裕二さん(53)、そしてトーク番組ですが今年1月からレギュラー放送が復活したフジテレビ『ジャンクSPORTS』の浜田雅功(54)さんのライバルになるかもしれません」

問題は、どこのテレビ局が関心を示すかだ。上で日テレ、TBS、フジテレビの名前が出ているので、単純に消去法でいくとNHKかテレ朝、そしてテレビ東京となる。

「『うたばん』や『MLB主義』で気心の知れたスタッフの多いTBSは可能性が高いでしょうが、個人的に見てみたいのはテレ東です。石橋さんがキャスターとして、スポーツ番組で司会を担当するわけです。ご存じの通りテレ東は、自由度が高いのが最大の魅力です。やんちゃなところのある石橋さんとは、相性が抜群のはずなんです。実際、オファーがあれば、石橋さんも関心を示すのは間違いないでしょう。懸念材料があるとすれば、ギャラの問題かもしれません。テレ東が熱意で口説き落とし、視聴率でNHKや他の民放にリベンジを成し遂げたら、面白いですけどね」

それにしても、いまだにテレビ業界の内部から、これほどまで情熱的な「復活待望論」が出てくるのだ。まだまだ「とんねるず」の2人は“死ぬ”わけにはいかない。

還暦へのカウントダウンが始まっているが、年齢に相応しい成熟した「とんねるず」は魅力的かもしれない。もう一花でも二花でも咲かせ、沈滞したテレビ界を活性化させてほしいものだ。

***

週刊新潮WEB取材班

2018年3月30日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

安田成美 10億円生命保険に加入!夫・木梨憲武は戦慄の表情

安田成美 10億円生命保険に加入!夫・木梨憲武は戦慄の表情

「安田さんは“財テク好き”で、以前からいろいろな金融商品に投資していると聞いています。夫の木梨さんは資産運用にはノータッチで、奥さん任せのようです。昨年の秋、夫婦2人で某保険会社の生命保険に新しく加入したそうです。その総額が10億円にも上ると最初に聞かされたとき、木梨さんは戦慄の表情をしてい...
ビートたけしと共演NG扱い THE MANZAIにハチミツ二郎がかけた思い

ビートたけしと共演NG扱い THE MANZAIにハチミツ二郎がかけた思い

本来、芸人とは日常生活の埒外に棲息する人間たちである。舞台の上に立つ彼らの目は醒めている。客席の機微を肌で感じながら、ネタを調節して笑いを取っていく。彼らには?笑われているのではない、芸で笑わせているのだ?という強い矜持がある――これはノンフィクション作家・田崎健太がベテラン芸人に取材し、...
「男気じゃんけん」で480万円支払い 演出家の告白に博多華丸が驚き

「男気じゃんけん」で480万円支払い 演出家の告白に博多華丸が驚き

23日深夜に放送されたテレビ東京系『博多華丸のもらい酒みなと旅2』に出演した博多華丸・大吉の博多華丸がとんねるずの番組について語る場面があった。 番組では、華丸の他にココリコの遠藤章造とKAT-TUNの亀梨和也が出演し、お酒を飲みながらトークを展開。その中に、亀梨と親交があるというテレビ番組の演出...
石橋貴明、「リアル野球BAN」で苦戦?「投げるボールが無かった」

石橋貴明、「リアル野球BAN」で苦戦?「投げるボールが無かった」

お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が、正月恒例のテレビ朝日系バラエティ特番『夢対決2019とんねるずのスポーツ王は俺だ!!5時間スペシャル』(来年1月2日18:30〜23:30)で、"侍オールスター"と「平成最後のリアル野球BAN対決」に挑む。 侍オールスターとして、前田健太投手(ロサンゼルスドジャース)、柳田悠...
劇団ひとり、中居正広に頼まれ自宅を掃除「キスマイと一緒に…」

劇団ひとり、中居正広に頼まれ自宅を掃除「キスマイと一緒に…」

8日に放送された日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』に出演した劇団ひとりが、中居正広の自宅に行った際のエピソードを披露した。 【写真】石橋貴明&中居正広の『うたばんコンビ』復活と2ショット公開 番組にゲスト出演した劇団ひとりは、自身の“仰天事件”として「先日中居さんが、出演者とスタッフを招いて...
スーマラ田中「武智!しばいたるからな」R−1の1回戦で相方を一喝

スーマラ田中「武智!しばいたるからな」R−1の1回戦で相方を一喝

お笑いコンビ・スーパーマラドーナの田中一彦(41)が4日、大阪市内で行われた、ピン芸人No.1決定戦「R−1ぐらんぷり」1回戦に出場し、2回戦進出を決めた。 5年ぶり5度目のR−1参戦となった田中は、冒頭で「武智、しばいたるからな!」と一喝。昨年の「M−1グランプリ」を巡り、とろサーモン・...
「司会うまくなりましたか」ヒロミがジンときた中居正広のひと言

「司会うまくなりましたか」ヒロミがジンときた中居正広のひと言

(全10枚) ヒロミさん。 『ウチのガヤがすみません!』『火曜サプライズ』(日本テレビ)、『東大王』(TBS)などの番組でMCを務めるなど、現在バラエティ番組で見ない日はないほどの大活躍です。 そんなヒロミさんがかつて芸能界から離れ、表舞台から姿を消していたのは有名な話。しかもその期間約10年…! ...
「細かすぎて」のパクリ?石橋貴明がフジテレビに激怒した過去

「細かすぎて」のパクリ?石橋貴明がフジテレビに激怒した過去

木梨、関根、有田のいない画面 11月24日、フジテレビ系列は午後9時から「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」を放送した。使われたのは「土曜プレミアム」の枠。1981年から2001年まで「ゴールデン洋画劇場」が放送されていた時間帯だ。そのため今も映画が放送されることが少なくない。 *** ビデオリサーチ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net