芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

本編を休止し特別編を放送「西郷どん」に見るNHKの「働き方改革」

本編を休止し特別編を放送「西郷どん」に見るNHKの「働き方改革」

4月1日のNHK大河ドラマ『西郷どん』が“本来”なら本編13話が放送されるところ、『西郷どんスペシャル』と題された特別編に差し替わることになり、直後から視聴者の間で“何があったの?”と訝る声が広がっている。特別編は、西郷隆盛役の鈴木亮平(35)と薩摩藩主・島津斉彬役の渡辺謙(58)の対談や撮影裏に密着するといった内容のもの。

過去、東日本大震災や国政選挙に伴う特番で放送そのものがなかった例こそあれ、本編を休止して特別編を放送したのは大河57作の歴史で初のことだ。

理由の一つとされているのが、「働き方改革」だ。昨年11月29日に開かれた会見で、板野裕爾NHKエンタープライズ社長が直前に公になったNHK記者の過労死に触れ、労働環境改善に取り組むことを発表した。その一環として、『西郷どん』の50話のうち3話分を特別番組に置き換える方針を検討していることを明らかにしていた。

史上初の特別編放送の一因となった、制作現場のスケジュールをNHK関係者が明かす。

「例年、撮影期間は放送前年の9月から翌年10月までと、長丁場になるため、労働時間は厳格に管理され、週2日の休日もある。

さらに、『撮影の終わりと翌日の撮影入りは最低8時間空ける』という独自の規則も存在します。民放は撮影が押しても翌日の撮影開始時刻は変わりません(NHK広報局は「詳細については回答を差し控える」とした)」

民放よりは恵まれているという証言だが、局をあげての労働環境改善のなかで、さらに新たな試みをしたということのようだ。

◆俳優は“休日出勤”

一方、この取り組みは「主演級俳優の“働き方改革”にはならない」(芸能事務所関係者)という声もある。

「確かに大河本編の撮影は週5日です。しかし、残りの2日は休みではなく、今回のような本編以外の特別番組や各メディアの取材が入る。俳優にとって特別編は休みに繋がらない。関連番組が昼夜を問わず放送されているため、“休日出勤”はより一層増えている印象。

大河の出演は知名度を上げるチャンスだから前向きにやりますが、特別編で視聴率が下がらないことだけを願っている」(同前)

休止明けでも、ファンの心をつなぎ止められるか。

※週刊ポスト2018年4月13日号

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

2016年に難病に襲われた市原悦子 現役貫くため自宅で決死の収録

2016年に難病に襲われた市原悦子 現役貫くため自宅で決死の収録

(全2枚) 10月15日の午後1時過ぎ。都心の一等地に立つ、真っ赤な外観の瀟洒なビンテージマンションに、撮影機材を抱えたテレビスタッフが入っていった。ここは女優の市原悦子(82才)が住むマンション。 「2年ほど前に病に倒れて以来、市原さんは自宅で療養を続けていましたが、最近は少しずつナレーションなど...
土屋太鳳が自身の人生を変えた俳優を告白「香川照之さんの言葉で」

土屋太鳳が自身の人生を変えた俳優を告白「香川照之さんの言葉で」

【土屋太鳳/モデルプレス=10月10日】女優の土屋太鳳が9日、都内で行われたTBS系ドキュメントバラエティ番組「消えた天才」(10月21日より毎週日曜よる8時〜/初回は2時間半スペシャルよる6時30分〜)の囲み取材に、番組MCを務めるバナナマンの設楽統、日村勇紀、初回ゲストの榊原郁恵、澤部佑(ハライチ)、...
元AKB48の北原里英が俳優の笠原秀幸とデート 「時間差」で入退店

元AKB48の北原里英が俳優の笠原秀幸とデート 「時間差」で入退店

ビストロでまったりする二人。身長157?の北原(右)は「ちっちゃい子が好き」という笠原にドンピシャ! お盆真っ只中のある夜、都内のマンションから眼光鋭いイケメンが出てきた。 イケメンはエントランス近くに停まっている車を一台一台、チェック。時に車中を覗き込んだりしながら、徒歩30秒の距離にあるビ...
ストイックすぎる鈴木亮平に心配の声も 役作りで容姿が激変か

ストイックすぎる鈴木亮平に心配の声も 役作りで容姿が激変か

俳優の鈴木亮平主演のNHK大河ドラマ『西郷どん』の視聴率が、数ポイントの増減を繰り返しながらも低空飛行を続けている。1月7日の初回視聴率は15.4%と歴代ワースト2位を記録していたが、その後も伸び悩んでいるようだ。 しかし一方で、鈴木の役作りに対しては称賛の声が上がっている。その証拠に、鈴木の公式...
多くの撮影で使用される創価大学 校舎のレイアウトが使いやすい

多くの撮影で使用される創価大学 校舎のレイアウトが使いやすい

NMB48の新曲「僕だって泣いちゃうよ」のミュージックビデオが9月25日にYouTubeで公開された。10月1日現在の再生回数は127万回と悪くないペースで、ファン目線では、卒業を発表している山本彩(25)の最後の楽曲というのが注目ポイントだとか。もっとも、別の視点からも、このMVは注目されていて……。 *** “...
腹痛で緊急入院の勝谷誠彦氏が急速に回復か 病状もイベントで明らかに

腹痛で緊急入院の勝谷誠彦氏が急速に回復か 病状もイベントで明らかに

8月21日に腹部の痛みを訴え緊急入院となったコラムニストで小説家の勝谷誠彦氏が、着実に回復しているようだ。 8月後半、有料配信日記『勝谷誠彦の××な日々。』にて体調不良を明かしていた勝谷氏だったが、8月22日の配信では、発行人の高橋“ヨロン”茂氏が、「昨日、勝谷は病院にて診察を受け、即日入院となり...
「子役は劣化する」を覆す芦田愛菜 驚異的な地続き感でアンチ一蹴

「子役は劣化する」を覆す芦田愛菜 驚異的な地続き感でアンチ一蹴

「芦田愛菜」でネット検索をかけると、本人が出演する『CM動画』が上位検索にあがる。グリコ『パナップ』(今年5月配信)のCM動画は290万再生、『早稲田アカデミー』(2017年7月配信)のCM動画は270万再生。軒並み高い再生数でその人気ぶりが伺える。人気子役と言えば、その“無垢さ”のインパクトからか、劣化...
「ブラタモリ」の案内人が驚いたタモリの博識ぶり 専門家顔負け

「ブラタモリ」の案内人が驚いたタモリの博識ぶり 専門家顔負け

73歳のタモリが、専門家顔負けの見識を発揮する町歩き番組『ブラタモリ』(NHK)。さまざまな謎を“ブラブラ”解き明かすタモリの素顔を、案内人たちに聞いた。 「横須賀」で案内人として登場した「横須賀市自然・人文博物館」主査・学芸員の菊地勝広氏(2016年6月18日放送『横須賀〜なぜ横須賀は要港(ヨーコー...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net