芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「野球ジャニ」枠に相葉雅紀が参戦か 東京五輪に関わらせたい思惑?

「野球ジャニ」枠に相葉雅紀が参戦か 東京五輪に関わらせたい思惑?

「どうもみなさんこんばんは。子どものころよく見ていた番組は『ビバ!ジャイアンツ』。改めまして中居です」

3月30日、東京ドームのオーロラビジョンに映し出された中居正広があいさつしたのは、コンサートに来ていたSMAPファンではなく、試合開始を待っていた巨人ファンに向けてのものだった。

この日、開幕したプロ野球『巨人対阪神』戦のオープニングセレモニーで、北島康介や萩本欽一らに次ぎ、ファン代表として映像出演したのだった。登場時は場内からどよめきが起こるも、冒頭の“つかみ”で若干スベってしまったようにも。

それでも熱く“ジャイアンツ愛”を語った中居だった。

「本当に小さいころからですけども、ジャイアンツの選手、野球選手には、僕は学ぶことが非常に多く、自分が入れたらいいな、自分も(巨人軍の)ユニフォームでできたらいいな、ってどっかでできなかった夢をジャイアンツの選手、チームに託しているんでしょうね」

この日は、いち巨人ファンとしての登場だったが、『ワールド・ベースボール・クラシック』では2度、侍ジャパン公認サポーターを務めるなど野球界に長年のあいだ貢献してきた。「野球と言えば中居」は、芸能界の誰もが認めるところだろう。

そんな“先駆者”に対して、同じくドーム内から視線を送っていたのがKAT-TUN亀梨和也だった。日本テレビ系のスポーツ番組『Going!Sports&News』で8年間キャスターを務める彼はこの日、試合や選手の情報を実況ブースから放送で伝えていたのだ。

「開幕カードの3日間、亀梨さんは試合前のグラウンド内で熱心に取材をしていました。誰に対しても礼儀正しく、勉強家として知られる彼の評判はよく、番組でも自ら身体を張って野球に取り組んでいます。中居さんが視聴者目線ならば、亀梨さんは選手目線ですね」(スポーツ紙記者)

ともにジャニーズタレントで“野球キャラ”と、これまでは役割を分担しながら均衡を保ってきたふたり。当然、'20年に東京五輪で正式種目として復活する野球でも、互いに「出演オファー」を意識していることだろう。

これは事務所のゴリ押し?

ところが、そんなバランスを壊しそうな“第3の男”が参戦しようとしている。

4月1日、今年で100回を迎える夏の全国高校野球選手権を放送する『熱闘甲子園』など、テレビ朝日系の高校野球関連番組におけるスペシャルナビゲーターに、嵐の相葉雅紀が就任したのだ。

会見では「プライベートで去年の夏も甲子園の外野席で観戦した」と、野球愛をアピールしたという。

「確かに野球経験者で草野球チームにも所属、WBCほかプロ野球の試合もお忍びで観戦しているだけに、かなりの野球好きではあります。ただナゼ、このタイミングで“野球キャラ”になる必要があるのか、ということ」(テレビ局関係者)

翌2日にはNHKの入社式にサプライズ登場して、同局でMCを務める『グッと!スポーツ』を例にとりつつ、新入社員に心構えを説いた相葉。

これまでイメージがなかったが、やたらと「スポーツ」枠にハマっているような……。

「最近、ニュースや情報番組でジャニーズがあふれているように、何とか、どんな形でも嵐のメンバーやタレントを東京五輪に関わらせたい思惑が見えます。

NHKでスポーツ番組を担当し、なおかつ“野球もイケますよ”と売り込んでおけば、もしかしたら中居や亀梨からエースの座を奪えるかもしれない。この2年間で野球キャラとして定着できれば、相葉の“逆転ホームラン”もありうるかもしれないのです」(スポーツ部ディレクター)

三つ巴戦に勝利するのは誰?

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ずん飯尾和樹に40歳で清掃バイトの過去「あれ?家賃払えないな」

ずん飯尾和樹に40歳で清掃バイトの過去「あれ?家賃払えないな」

『さんまのお笑い向上委員会』『マツコ&有吉かりそめ天国』などのバラエティ番組に加え、最近では『獣になれない私たち』『アンナチュラル』などドラマでも幅広く活躍するずん飯尾和樹さん。 【写真】ずん飯尾さんの写真を見る(全8枚) しかし20代でデビューしてから「うだつが上がらない」時期が長く、『い...
有吉弘行「エンタメ勉強してこい」花田優一に苦言

有吉弘行「エンタメ勉強してこい」花田優一に苦言

お笑いタレント有吉弘行(44)が、元貴乃花親方(46)とフリーアナウンサーの河野景子(54)の長男で靴職人のタレント花田優一(23)の発言に「生意気ばっかり」と苦言を呈した。 花田は本業である靴の制作で納期遅れなど受注トラブルが報じられたが、14日に放送されたテレビ朝日系「松之丞カレンの反省だ!」...
有吉弘行がゴーン容疑者巡る報道に持論「家族で散歩してるんだよ」

有吉弘行がゴーン容疑者巡る報道に持論「家族で散歩してるんだよ」

4月10日、テレビ朝日系『マツコ&有吉かりそめ天国』に出演した有吉弘行が報道に対する持論を展開した。 有吉弘行、ダレノガレ明美に付けた“あだ名”に反響「やはり秀逸」 番組で報道の話題になると、有吉は「ゴーンさんが家族で散歩してたらこんな距離で撮って」とカルロス・ゴーン氏一家が散歩しているところ...
広島ファンの有吉弘行が巨人応援番組MCに「ジャイアンツだけ嫌い」

広島ファンの有吉弘行が巨人応援番組MCに「ジャイアンツだけ嫌い」

お笑い芸人の有吉弘行が出演する日本テレビ系『有吉×巨人』が、きょう27日より放送される(深1:35〜2:05不定期全12回放送予定)。巨人の主催試合中継を1953年以来、66年間続けてきた同局が、大の広島ファンで“アンチ巨人”である有吉を応援番組MCに起用。史上初“アンチ巨人”MCが、応援番組を担当することにな...
佐々木主浩氏が六本木の隠れ家バーで美女と密会か 関係者が語る

佐々木主浩氏が六本木の隠れ家バーで美女と密会か 関係者が語る

【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】 “大魔神”佐々木主浩清原に「入れ墨消せ!」と一喝していた 野球解説者としてだけでなく、馬主であり、かつレーシングチームの監督まで務めるなど活躍の幅を広げている「ハマの大魔人」こと佐々木主浩(51)。プロ野球界のOBで唯一、薬物からの更生を目指している清原和博(...
1993年のドーハの悲劇 長嶋一茂「日本負けろってずっと思っていた」

1993年のドーハの悲劇 長嶋一茂「日本負けろってずっと思っていた」

平成最後の夜となった2019年4月30日、テレビ朝日系「羽鳥慎一のモーニングショー『約18万人が選んだ!平成ニッポンのヒーロー総選挙』」の中、元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂氏が、平成のサッカーについて噛みついた。 一茂氏は番組の中、平成時代にサッカーが台頭してきたことに対し、「ドーハの悲劇」...
鈴木奈々の「遅延始球式」が与えた悪影響、球団関係者は困惑

鈴木奈々の「遅延始球式」が与えた悪影響、球団関係者は困惑

球史に汚点を残した。27日に楽天生命パークで行われたプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスVS千葉ロッテマーリンズ戦の公式戦での出来事だ。試合開始前の始球式にタレントの鈴木奈々が登場。 場内DJから「お願い致します」とアナウンスされても「待って、待って!」「緊張する!」などと叫び続け、モーション...
片岡コーチがベッキーと結婚 過去噂になった加藤綾子に心配も

片岡コーチがベッキーと結婚 過去噂になった加藤綾子に心配も

タレントのベッキー(34)が13日、インスタグラムで、プロ野球・巨人軍の片岡治大ファーム内野守備走塁コーチ(35)との結婚を発表し、芸能界、プロ野球界が祝福ムードに包まれた。“ゲス不倫”を乗り越え、活動再開したベッキーだっただけに、今後は仕事が増えそうだが、一方で“泣く女”がいるとも。それ...
「カッコ良い女性には程遠いな」剛力彩芽がインスタで自虐

「カッコ良い女性には程遠いな」剛力彩芽がインスタで自虐

女優、剛力彩芽(26)が7日、自身のインスタグラムを更新。イベント出演時とその舞台裏の写真を公開し「カッコ良い女性には程遠いな…笑」と自虐的につづった。 剛力は6日、東京・表参道ヒルズで行われたイヴ・サンローラン・ボーテスペシャルイベント「VOLUPTELAND」のオープニングセレモニー...
剛力彩芽がセレモニーに来場 炎上したインスタ投稿を反省

剛力彩芽がセレモニーに来場 炎上したインスタ投稿を反省

女優の剛力彩芽(26)が6日、都内で行われたイヴ・サンローラン・ボーテSPイベント『VOLUPTELAND』オープニングセレモニーに来場。自身のSNS活用術が話題となった際、交際中のZOZO社長・前澤友作氏(43)との投稿と思われることを指して「自分のタイミングで投稿したいなと思って、いくつか上げたら、みなさん...
貴乃花に代わり一家の大黒柱に?「稼ぐ」花田景子夫人の副業

貴乃花に代わり一家の大黒柱に?「稼ぐ」花田景子夫人の副業

突然の引退から1か月。九州場所の初日が迫るなか、元貴乃花親方(46)の動向に注目が集まっている。10月29日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演すると、「最近は仕事といった仕事はない。今後はどうしようかといった感じ」「ちびっこ相撲とか、土俵に携わっていきたい」などと語った。 「相撲協会...
三田佳子 4度目逮捕の次男保釈後、初の公の場「清濁合わせもって人生」

三田佳子 4度目逮捕の次男保釈後、初の公の場「清濁合わせもって人生」

女優の三田佳子(76)が11日、京都市内で同日開幕した「京都国際映画祭」のオープニングセレモニーに出席。覚せい剤取締法違反(使用)の罪で次男・高橋祐也被告(38)が今月9日に保釈されてから、初めて公の場に姿を見せた。ステージ上では「清濁合わせもって人生は作られていくんだと、身をもってつ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net