芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「運転資金を残してくれた」ビートたけしの独立めぐる「美談」にウソか

「運転資金を残してくれた」ビートたけしの独立めぐる「美談」にウソか

3月いっぱいで所属事務所を退社し、「T.Nゴン」へ移籍したビートたけし(71)。その代表取締役が、かねてより愛人と報じられていた18歳年下の横井喜代子さん(仮名)である。関係者から「洗脳」「早く目を覚まして」といった声が挙がる独立騒動の真相は――。

***

「横井さんは、オフィス北野に所属するラグビー元日本代表の松尾雄治の紹介で、元々ファンだったたけしさんに会ったと聞いています。若い頃は銀座でホステスをしていて、その後は関西にある高級ホテルの“スーパーバイザー”として働いていたそうです」(芸能関係者)

そんな横井さんの父親は大手広告代理店勤務を経て、地元の熊本県で県議を務めたこともある人物だ。

「運転資金を残してくれた」ビートたけしの独立めぐる「美談」にウソか ビートたけし

「横井さんのお父さんは(熊本県)山鹿市長選にも、94年と98年の2度出ているのですが、娘の喜代子さんがその選挙を手伝っていたのを覚えています。ハキハキとしていて活発な印象の方ですよ」

そう話すのは、熊本県山鹿市の実家近所の住人。

「ただ、そのお父さんも2011年に亡くなってしまい、最近は全く喜代子さんのことは聞かなくなっていましたね。ただ、2年ほど前にご近所さんから“喜代子さんはビートたけしさんの愛人をしているらしい”と聞いて、とっても驚いてしまいましてね……」

たけしと横井さんが「T.Nゴン」を設立したのは3年前だが、その前後から、たけしの言動に変化が見られるようになっていたという。

「それまで金のことに無頓着だったのに、急にオフィス北野の社員がもらっている給料の額や、会社の株のことを気にするようになったのです。そして、テレビ局の中などで、“あいつらは給料をもらいすぎだ”などと、森社長らの悪口を言うようになった」

業界関係者はそう明かす。

「また、たけしさんの仕事のギャランティーなどはずっと、奥さんの幹子さんの会社と息子さんの会社に振り込むようになっていた。しかし、ちょうど1年ほど前、その振り込み先を全て『T.Nゴン』に変更してしまったのです。たけしさんが描いた絵の権利も、次々と新しい会社に移していった。おそらく、横井さんがたけしさんを焚きつけたのでしょう」

美談の嘘

年を追うごとにたけしとオフィス北野の間に生じた亀裂は深まり、独立が報道される約1カ月前には、両者の関係は修復不可能なまでに悪化していた。

「2月14日に東京・赤坂の貸会議室でたけし軍団とオフィス北野の社員の間で話し合いが持たれました。出席者は軍団の主要メンバーと、オフィス北野の社員三十数名です。たけしさんはいませんでした」

と、業界関係者が続ける。

「そこで、軍団メンバーが一方的に社員を糾弾したのです。“お前らロクな仕事も出来ないくせに、高い給料取りやがって”“食えない芸人がいるのに、いい生活してどういうつもりだ”などと、責め立てたわけです。“今後、会社を運営していくのは俺たちだ”とも軍団側は言っていたようです。とにかく恫喝みたいなもので、オフィス北野の社員の多くは恐怖を感じた、と聞いています」

独立騒動発覚後、たけし軍団のガダルカナル・タカはテレビ番組に出演した際、“(たけしが)株を処分して、結構な運転資金を残してくれた”と何やら美談のように語っていたが、

「あれも事実とは逆。たけしさんがオフィス北野の役員を辞め、株を処分したのは事実です。しかし、株はオフィス北野に買い取らせたのであり、この処分によって資金を手にするのは、会社ではなく、たけしさん。ガダルカナル・タカもたけしさんもその点を勘違いしている」(同)

「元のたけしに戻って」

一連の経緯についてオフィス北野に取材を申し込んだところ、

「今まで報道されてきた以上のことはお答えできない」

と言うのみだった。

「ツービート」結成当時からたけしを知るテレビ朝日元プロデューサーの皇(すめらぎ)達也氏が慨嘆する。

「たけしがお金のことをうるさく言ったことなんて今までは見たことがない。絵だって、彼は何百枚と描いていて、私も知り合いの画商からよく“たけしさんの絵を売らせて下さい”と言われる。でも、たけしのスタンスは、“たかだか芸人が描いた絵を売るなんて、とんでもない”。これが彼なんです。そういう一本気な男なのです。一刻も早くマインドコントロールを脱して、元のたけしに戻って欲しい」

2003年に『裸の王様』(新潮新書)を上梓したたけし自身が裸の王様に。それを自虐ギャグにして笑い飛ばしてくれる日はきっと訪れるはず――。

「週刊新潮」2018年3月29日号掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「社員糾弾の場」たけし軍団の恐怖の会議 音声データが流出

「社員糾弾の場」たけし軍団の恐怖の会議 音声データが流出

ビートたけし(71)の独立騒動は、4月9日、オフィス北野の森昌行社長(65)が〈お知らせ〉と題した、騒動の収束宣言を発表したことで「一応」の終結を見た。森社長とたけし軍団。いがみ合っていた両者が歩み寄って、再び手を携えていくことで合意し、「大人の解決」が図られた格好である。 だが傍目には、森社...
たけし軍団によるオフィス北野社員への「糾弾」音声を新潮が入手

たけし軍団によるオフィス北野社員への「糾弾」音声を新潮が入手

ビートたけし(71)独立にまつわる騒動は、4月9日にオフィス北野の森昌行社長(65)が発表した〈お知らせ〉と題する宣言によって、「一応」の終結を見たが……。今回「週刊新潮」は、軍団とオフィス北野が行った話し合いの音声を入手。収められたやり取りから見えてくるのは、わだかまりなく“溝”を埋めることは...
「才能が潰されてしまう」ビートたけしの恩人が愛人関係に懸念

「才能が潰されてしまう」ビートたけしの恩人が愛人関係に懸念

このたびのビートたけし(71)の独立騒動には、複数の関係者の口から「洗脳」との言葉が飛び出す。18歳年下の愛人と会社を設立した時期から、“殿ご乱心”の兆しが見られたという……。 *** 3年前にたけしと共に「T.Nゴン」なる会社を立ち上げた愛人・横井喜代子さん(仮名)は、現在50代前半。銀座でホステス...
マスコミ嫌いが一変 樹木希林さんの意識を変えた内田裕也の言葉

マスコミ嫌いが一変 樹木希林さんの意識を変えた内田裕也の言葉

15日に死去した個性派大女優・樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子)さん(享年75)は演技力もさることながら、その人間性や生きざまも人々を魅了してやまなかった。そんな唯一無二の女優も、夫でロックンローラーの内田裕也(78)なくしては存在し得なかった。離婚騒動などすったもんだの末、40...
「収入だけでいったら野球がバイト」新庄剛志氏が一番儲けた仕事

「収入だけでいったら野球がバイト」新庄剛志氏が一番儲けた仕事

日本人として初めて野手でメジャーリーグに挑戦し、帰国後は日本ハムでチームを44年ぶりの優勝に導いた男・新庄剛志(46)。引退後はバリに移り住み、はや10年。新庄とは20年来の付き合いだという元芸人のインタビューマン山下が、新庄の今を直撃した! 【関連記事:新庄剛志の「消えた20億円」横領されるも悩...
TBS「ニュースキャスター」でハプニング 個人LINEがテレビ画面に

TBS「ニュースキャスター」でハプニング 個人LINEがテレビ画面に

TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」が15日、放送され、歌手・安室奈美恵のラストライブの模様を伝える際、実況担当ディレクターに宛てた個人メッセージが画面に映し出されるというハプニングが起こった。ディレクター個人使用のスマートフォンを使用したためとみられる。 沖縄県宜野湾市か...
2018年の「27時間テレビ」平均視聴率は7.3% 歴代ワーストに

2018年の「27時間テレビ」平均視聴率は7.3% 歴代ワーストに

フジテレビ「FNS27時間テレビ」(8日後6・30〜9日後9・54)の27時間を通しての平均視聴率は7・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。2016年の7・7%を下回り、歴代最低を記録した。 1987年のスタートから32回目を迎えた今年は昨年に引き続き、9...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net