芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

20周年を迎える「情熱大陸」番組スタッフが選ぶ「神回」

20周年を迎える「情熱大陸」番組スタッフが選ぶ「神回」

長寿ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(毎週日曜夜11:00-11:30TBS系)がこの春に放送20周年を迎える。文化、芸能、スポーツなど、各界の第一線で活躍する人々に密着し、彼らの情熱を伝え続け、視聴者の記憶に強く残る“神回”も数多く生み出してきた「情熱大陸」。今回は番組スタッフ達に、自身にとっての“神回”を選んでもらった。

【写真】4/8放送では美しい演技を追求する日本のエース・皆川夏穂(新体操選手)を追う/(c)MBS

■申成晧プロデューサーが選ぶ神回「予備校講師林修」(2013年5月19日放送)

取材の時期、予備校の授業がなかったので、テレビ出演や取材など、本業とは別のことをしている林先生を撮るしかなかった。それでも、お互いの関係ができていく中で、林先生の人柄のようなものが映し出されるようになって。こういうアプローチもあるんだなと実感した回です。

■山本喜彦プロデューサーが選ぶ神回「プロサッカー選手福田健二」(2008年2月10日放送)

「この人を取材したい」と思って自分で企画を出して、初めてディレクターを担当させてもらった回です。僕は学生のころ、「情熱大陸」に元気づけられていたので、その恩返しができたような気がして、やっぱりうれしかったですね。これからも30周年、40周年と続いてほしいです。

■辻陽子ディレクターが選ぶ神回「作曲家三宅純」(2017年1月29日放送)

「作曲している姿はNG」など、なかなか撮影させてもらえなかったんですが、あるとき、1日の行動を表にしていただいたんです。それを見たら、意外と三宅さんの人となりが浮き彫りになって。撮影できる限りの中で、こんな表現の仕方もあるんだと気付かされました。

■石飛篤史ディレクターが選ぶ神回「仕立屋スズキタカユキ」(2016年9月25日放送)

放送の3年前からずっと取材したいと思い、何度もお会いしていたので、放送が決まったときは本当にうれしかったです。いざ取材してみると、「こんなに働く人に初めて出会った」と驚きました。頭の中に浮かんだデザインを次々と形にしていく姿は圧巻で、刺激を受けた回でした。

4月放送では20周年を記念した4週連続企画のシリーズ“ハタチの情熱”を放送する。現在20歳の才人たちに密着し、色も温度も違う4人の美しく燃え盛る情熱の炎を映し出す。

■美しい演技を追求する日本のエース・皆川夏穂(新体操選手)4/8[日]放送

2017年、新体操世界選手権で日本人として42年ぶりにメダルを獲得し、2020年の東京オリンピックでのメダルも期待される皆川夏穂選手。10代の全てを新体操に注いできた彼女の覚悟に迫る。

「引退が近く20歳という年齢になり、東京五輪を一つの集大成としたいと言う彼女は、20年という時間の捉え方が人とは違うんじゃないかと。輝くような笑顔で、大好きな三代目JSoulBrothersを心のよりどころに、日々ロシアで体操に専念している。そんな彼女の“美しさ”をお伝えできたらと考えています」(辻陽子ディレクター)。

普通の20歳では抱かない、アスリートだからこその思いとは?

■13本の弦を巧みに操る箏曲界の新星・今野玲央(箏曲家)4/15[日]放送

日本人の母と米国人の父を持ち、16歳のときに日本を代表する音楽コンクールで最優秀賞を受賞し、今は東京藝術大学邦楽科に通う箏曲家の今野玲央に密着。

「普通の大学生でありながらプロの音楽家でもある今野さんの素顔を撮り続けました。若さゆえの悩みや迷いを抱える今の彼だからこそ生み出せる音を聴いてください」(河本志穂プロデューサー)。

「藝大の先生が言うには、20歳にしか出せない音がある、と。まだ奏でたことのない音を探りながら楽曲作りに心を砕く姿が印象的でした」(石飛篤史ディレクター)。

箏の可能性を追求する彼が奏でる“20歳の音色”は必聴だ。

■岩井俊二も認める若手女流監督、松本花奈(映画監督)4/22[日]放送

高校時代にゆうばり国際ファンタスティック映画祭で審査員特別賞と観客賞を受賞。現在は慶應義塾大学に在籍し、HKT48のMVを手掛けるなど映像製作を続ける松本花奈。

「MVの打ち合わせでも、ミュージシャンに物おじせずに意見をズバッと言うし、撮影現場でも、ディレクションに迷いがない。自分の仕事に責任を持っている。腹が据わっているんですよ」(申成晧プロデューサー)。

番組では、そんな彼女の映像作家としての感性やこだわりに迫る。「『人の心を動かしたい』という目標を持って活動を続ける彼女の力強さを、映像も含めて空気感として表現できたらいいですね」(申P)。

■最年少記録を塗り替えてきた現役大学生・一力遼(囲碁棋士)4/29[日]放送

天才棋士・井山裕太を脅かす存在として注目される、現役大学生プロ棋士の一力遼。絶対王者・井山裕太という大きな壁に立ち向かう彼の、囲碁に込めた情熱に肉薄する。

「以前、番組で井山さんに密着取材をしていたとき、タイトル戦で井山さんに敗れて、悔しくて泣いていた一力さんの姿がとても印象的で。彼はまさに“囲碁一直線”の若者。5歳のころから常に囲碁のことしか頭にないんです。囲碁の世界にここまで情熱を傾けている20歳の若者がいるんだ、ということを多くの方々に知っていただきたいですね」(山本喜彦プロデューサー)。

「情熱大陸」毎週日曜夜11:00よりTBS系で放送中。(ザテレビジョン)

関連芸能ニュース

古市憲寿氏が報知新聞社を訪問 自身が指摘した写真問題を解決

古市憲寿氏が報知新聞社を訪問 自身が指摘した写真問題を解決

テレビ各局の番組でコメンテーターを務める論客、社会学者の古市憲寿氏(33)が19日、報知新聞社に来社した。 “出会い”のきっかけはツイッター。スポーツ報知のネット記事に、古市さんから「そのおばさんみたいな写真、何とかならないですかね」と投げかけられたひと言だ。ネット記事配信の部署で仕事を...
意外?羽生竜王、修造カレンダーに励まされ…「ああいう人は普通いない」

意外?羽生竜王、修造カレンダーに励まされ…「ああいう人は普通いない」

将棋界史上初の永世7冠を達成した羽生善治竜王(47)が18日、TBS「情熱大陸」(日曜後11・00)に出演。元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造氏(50)の励ましの言葉を記した日めくりカレンダー「まいにち、修造!」を絶賛した。 対局がない日の方が忙しいという羽生竜王。番組では...
菜々緒 悪女役で主演!大躍進の裏にあった演技コンプレックス

菜々緒 悪女役で主演!大躍進の裏にあった演技コンプレックス

  菜々緒(29)が4月から放送されるドラマ「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ)の主演を務める。   菜々緒といえば、今まで“悪女役”を好演。昨年のドラマ「ALIFE〜愛しき人〜」(TBS系)で演じた愛人役も記憶に新しい。「Missデビル」放送に向けて菜々緒自身も「“悪魔”というニックネー...
「義母と娘のブルース」第6話で急展開「神回」との反響多数

「義母と娘のブルース」第6話で急展開「神回」との反響多数

女優の綾瀬はるかが主演を務めるドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系/毎週火曜22時)の第6話が14日に放送され、綾瀬演じるヒロインが見せた涙に「こっちも号泣」「こんなん泣くやろ」「神回だな」などの反響が寄せられた。 【写真】亜希子(綾瀬)と良一(竹野内)、みゆき(横溝)三人で過ごした日々 学...
安室奈美恵と対面したイモトアヤコに反響「ヲタク」にも影響

安室奈美恵と対面したイモトアヤコに反響「ヲタク」にも影響

2018年7月29日に日本テレビ系で放送された番組『世界の果てまでイッテQ!』。イモトアヤコさんが、長年ファンだと公言してきた安室奈美恵さんと初対面した姿が感動的だと、ツイッターを中心に大きな話題となっています。 小学5年生のころから安室さんのことが大好きだったというイモトさん。上京したのも「安...
出演者の顔を隠したまま放送「水曜日のダウンタウン」の説に反響

出演者の顔を隠したまま放送「水曜日のダウンタウン」の説に反響

7月4日放送のバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で提唱された、「隠せば引っ張れる」説が反響を呼んでいる。 番組はこの日、出演者の顔が隠され、それぞれ顔の部分に大物司会者H、2世タレントM、女芸人Y、紅白出場歌手K、元宝塚女優S、大御所芸人Mといった文字が被せられるという斬新なスター...
探偵!ナイトスクープの神回「レイテ島からのハガキ」の舞台裏

探偵!ナイトスクープの神回「レイテ島からのハガキ」の舞台裏

「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送テレビ)は、関西人にはおなじみの人気番組です。視聴者からの素朴な依頼を、タレントの探偵たちが大真面目に調べる中で、思わぬ出会いが生まれます。そんな「神回」の一つが「レイテ島からのハガキ」です。消えかけた文字……遺跡発掘のエキスパートの協力で浮かび上がった...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net