芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

高橋克実vs安藤優子 相撲の「女人禁制論」めぐり対立続く

高橋克実vs安藤優子 相撲の「女人禁制論」めぐり対立続く 俳優の高橋克実とキャスターの安藤優子が11日、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」で、相撲の女人禁制について言い合う一幕があった。

番組では、舞鶴巡業で女性が救命活動のために土俵に上がった際に、土俵から降りるようアナウンスがあった件について議論。この問題から一気に土俵での「女人禁制論」に注目が集まっている。

その議論の最中、安藤が「差別」という言葉を発した瞬間、高橋は「安藤さんずっと差別とか言ってますけど、ぼく一週間言い続けてますけど、だから何遍でも言いますけど」と切り出した。

この言い方に、安藤は「私達、ケンカしてるって言われてる」と笑いながら言うと、高橋は「それはもう、いいんじゃないですか?公にしても」と、意見の対立は“事実”と認めるような発言も。これにはスタジオも笑いがもれたが、高橋の勢いは止まらない。

女人禁制の発端について高橋は「諸説あると思うけど、女の神様だから、女の人が土俵に上がるとヤキモチを焼くと…」と訴えると、すかさず安藤は「焼かないかもしれないじゃないですか」。

高橋は「いや、あそこにいらっしゃるのは女の神様なんです」と再度言うと、安藤は「女はヤキモチをやくと思っているからいけない」とやんわり釘を刺した。

それでも高橋はひるまず「聞いてます?俺の話」「神様っていって、みんな崇めているのが女性なんだからいいじゃないですか。女性を崇拝しているんです」と、女人禁制は女性差別ではないと強烈に訴え。

安藤は「その一方で女は汚らわしいと?」と言うと、高橋は「いや、違うと思います」とキッパリ言い切り「細かい話は臨機応変にやればいい。それに対して相撲協会が女人禁制相談しましょうという必要は無い。今回は対応の仕方がちょっとまずかったと。若い行司さんのアナウンスがあって、その後それに春日野さんが触れてないと、そういうことでずっと続いているけど、全然女性、汚らわしい、蔑視じゃないし、外国メディアがとやかくいうことでもない」と熱く持論を述べていた。 高橋克実vs安藤優子 相撲の「女人禁制論」めぐり対立続く 外部サイト 池坊議長、女人禁制論に言及「伝統は古いから伝統なのではない」 池坊氏、まつげをバッシングされ反発坂上「自分のことは傷つくみたいですが」 【写真】92年、婚約発表会見で見つめ合う貴と宮沢りえりえの表情が超かわいすぎる 「女性に「土俵降りて」とアナウンス」をもっと詳しく

梅沢富美男が春日野巡業部長の対応に苦言「珍しいバカだよ」 中国メディアが「土俵問題」から見る日本の男女の権利問題 「バカなの?」春日野巡業部長の土俵問題めぐるウソに高橋真麻が呆れ

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

弁護士の田村勇人氏が「グッディ!」に出演 豪雨について語りながら泣く

弁護士の田村勇人氏が「グッディ!」に出演 豪雨について語りながら泣く

弁護士の田村勇人氏が19日、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」にコメンテーターとして生出演。西日本豪雨について語りながら、号泣する場面があった。 番組では被災者に密着した映像を放送。VTRの後、田村氏は「私の親族も…」と話し始めると、涙。「…東日本で流されてしまったんですけど…。その時...
テレビ関係者が語るスタッフ受けがいい女芸人 1位はゆりやんレトリィバァ

テレビ関係者が語るスタッフ受けがいい女芸人 1位はゆりやんレトリィバァ

テレビ局員、制作会社社員など、第一線で働くテレビ関係者78人に、「おもしろいから番組で使いたい女性芸人」を聞いて、本誌が独自にランキング。実力があってスタッフ受けもいい、お笑いクイーンたちが勢揃い。 ぶっちぎりの1位は、ゆりやんレトリィバァだった。 「手垢がついてない感じがいい」(日テレ50代...
週刊文春恒例「アナウンサー好感度ランキング」水卜麻美アナが5連覇

週刊文春恒例「アナウンサー好感度ランキング」水卜麻美アナが5連覇

今回で12回目となる「週刊文春」恒例のアンケート企画「好きなアナウンサー」「嫌いなアナウンサー」の最新版調査で、「好きな女性アナ」部門では、日本テレビの水卜麻美アナ(31)がV5を達成。2回目となった男性部門ではTBSの安住紳一郎アナ(44)が「好きな男性アナ」2連覇を果たした。 【ランキング】2018...
松岡茉優の「万引き家族」での演技が好評 バラエティー界から悲鳴

松岡茉優の「万引き家族」での演技が好評 バラエティー界から悲鳴

フランスで行われた「第71回カンヌ国際映画祭」で、日本作品として21年ぶりに最高賞「パルムドール」に輝いた是枝裕和監督(56)の「万引き家族」が、大ヒットのスタートを切った。安藤サクラ(32)の演技が好評だが、同作では松岡茉優(23)も高い評価を受けている。ところが、なぜかバラエティー...
アナウンサーが「物言う」時代 外部コメンテーターによる炎上回避か

アナウンサーが「物言う」時代 外部コメンテーターによる炎上回避か

近年、情報番組において本来“回す”立場であるアナウンサーが、自ら議論の場で提言する“コメンテーター化”が進みつつある。時にはゲストや出演タレントよりもその発言が注目され、SNSや日々のニュースを大いに賑わしている。実は、アナウンサー以前に、テレビ局のスタッフが正式なコメンテーターとして出演する...
セクハラが問題視される現状踏まえ 立川志らくが「女人禁制」に警鐘

セクハラが問題視される現状踏まえ 立川志らくが「女人禁制」に警鐘

落語家の立川志らく(54)が20日、TBS系「ひるおび!」(月〜金曜・前10時25分)に生出演。セクハラが問題視されている現状を踏まえ、角界の“女人禁制”に「下手すりゃ差別につながる」と警鐘を鳴らした。 番組では、女性は土俵に上がれないとする大相撲の伝統から、春巡業で土俵上でのあいさつを...
渋谷すばるが脱退を決断「関ジャニ∞」の悲しき事情とは

渋谷すばるが脱退を決断「関ジャニ∞」の悲しき事情とは

平本淳也(元ジャニーズ所属タレント) 4月15日、「関ジャニ∞(エイト)」が記者会見し、メインボーカルの渋谷すばるが脱退、ジャニーズ事務所からも独立することが発表された。このニュースは大きく報じられたが、筆者からすれば、2年ほど前から聞いていた話であり、「ようやくか」という思いしかない。 ...
明石家さんまがめちゃイケ最終回のスピーチに「打ち上げで話せ」

明石家さんまがめちゃイケ最終回のスピーチに「打ち上げで話せ」

14日に放送されたフジテレビ系「さんまのお笑い向上委員会」出演した明石家さんまが「めちゃ×2イケてるッ!」の最終回を振り返った。 「めちゃイケ」最終回のゲストとして出演した明石家さんまは、「とんでもない収録で」と、極寒の雨の中で行われたと明かし、「こいつらが涙流して、『この番組が青春や!』っ...
「右の頭が腫れて痛む」高橋真麻の投稿にブログ読者から心配の声

「右の頭が腫れて痛む」高橋真麻の投稿にブログ読者から心配の声

フリーアナウンサーの高橋真麻が、21日に更新したアメブロにて、右の頭が腫れて痛むことを明かした。高橋の体は、元々ひどい凝り性のようで、肩や背中の凝りがひどい時は腫れたような痛みが出ることも多いという。 そのため、今回の頭の痛みも頭のコリが原因だと考え、朝から揉みほぐしてみたものの治らず、...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net