芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

高橋“一生の不覚”?人気に陰り 22歳・森川葵との熱愛報道に嘆くファン「せめて年上に…」

高橋“一生の不覚”?人気に陰り 22歳・森川葵との熱愛報道に嘆くファン「せめて年上に…」

飛ぶ鳥を落とす勢いの人気を誇っていたはずの俳優・高橋一生(37)が悩みを抱えている。これまで主に30〜40代の大人の女性ファンから圧倒的支持を得ていたが、ここにきて陰りが見え始めたというのだ。その原因が女優・森川葵(22)との熱愛報道。“名優”だけに、すぐに仕事の需要がなくなることはなさそうだが、若手女優との交際で肝心の俳優業が怪しい雲行きになっている。

昨年、NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」に小野政次役として出演した高橋は、物語の半ばで非業の死を遂げると“政次ロス”と大騒ぎになったほどの反響を呼んだ。先月終了したNHK連続テレビ小説「わろてんか」にも出演し、ドラマ界で一大ブームを巻き起こした。ところが…。

「つい最近まで、ドラマ界では『視聴率が欲しくなったら高橋を出演させろ』と言われていたんです。それが最近、この定説に多くのテレビマンが首をかしげるようになった。なぜなら数字がついてこないから。潜在視聴率も、かつては10%超えといわれていたのが、いまや4〜5%しかない。おまけに高橋が出演するCMも好感度調査でダダすべり状態。あまりの人気急落ぶりに本人も関係者も、慌てているんです」(芸能プロ関係者)

理由は至極明快だ。今年2月、写真週刊誌「フラッシュ」で森川との熱愛が報じられ、人気が急激に落ちているからだ。

「高橋のイメージ戦略というか、売れ方が自らの首を絞める形になったと言った方がいいかもしれない。彼は年上の女性に好まれるようなイメージを巧みに植えつけることで、ブレークした。ドラマや映画を見ても役柄は圧倒的に年上女性との恋愛話が多い。だから、彼を支える女性ファン層の大半が、30歳以降に固まっているんです」(同関係者)

それなのに、実際に交際していると報道された相手は年下。ましてや22歳の森川だ。

「せめて付き合うんだったら年上にしてほしかったと多くの人が思っているんです。結局、若くてピチピチした22歳の女性を選んだと知って愛想を尽かしたんです」(テレビ局関係者)

さらに追い打ちをかけたのが、ネットなどで盛んに話題になっていた過去の出演映画「マリッジリング」(2007年公開)。恋人を中年オヤジに寝取られる女々しい男性を演じたが、今の高橋からは想像もつかないほどダサい役柄にファンもドン引き状態なのだという。気になるストーリーはこういうものだ。飲料水会社に勤める普通のOL千波(小橋めぐみ)は、恋人の佳介(高橋一生)が仕事が忙しく、かまってくれないことに不満たらたら。そんなとき、異動してきた上司の桑村(保阪尚希)に食事に誘われ、いつしか肉体関係を持って、その関係を続けるようになる。

「高橋が演じた佳介は、自分の彼女が他の男に抱かれていることも気づかない。そればかりかエッチの最中に寝てしまう体たらく。この役柄が今の高橋と重なってしまうんです。一気に冷めました」(女性ファン)

俳優としての人気をV字回復させるには、若い森川と別れるほかなさそう!?

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ビートたけしの離婚調停発言に妻・幹子夫人が猛反論

ビートたけしの離婚調停発言に妻・幹子夫人が猛反論

「“いだてん”って何ですか?」 夫の活躍ぶりをこう一笑に付すのは、ビートたけし(71)の妻・幹子夫人(67)。 たけしは現在、NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリンピック噺〜』で“落語の神様”と呼ばれた古今亭志ん生を怪演中だ。そんななか、元日発売の『スポーツニッポン』で“たけし離婚調停”という見出しが...
中村勘九郎を支える前田愛 献身妻ぶりに絶賛の声「デキすぎ」

中村勘九郎を支える前田愛 献身妻ぶりに絶賛の声「デキすぎ」

6日に第1話が放送され、好評を博しているNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』。大河ドラマ主演という大役を務めるのは、歌舞伎役者の中村勘九郎(37才)だ。父の故中村勘三郎さん(享年57)も『元禄繚乱』(1999年)で主演しており、父子2代で大河の主演を務める。 【別写真】勘九郎と前田愛の幸...
大河ドラマ「いだてん」のロゴ「怖い」との声で差し替えも?

大河ドラマ「いだてん」のロゴ「怖い」との声で差し替えも?

1月6日、NHK大河ドラマ第58作目『いだてん〜東京オリムピック噺〜』が放送された。 本作は、「幕末」「戦国」がメインのNHK大河ドラマにとって「近代」が舞台になるのは、1986年に放送された『いのち』以来およそ33年ぶりのことであり、また、主人公サイドも「日本マラソンの父」と呼ばれたマラソン選手の金...
年末年始に出ずっぱりだった千鳥 テレビ局が使いたがるワケ

年末年始に出ずっぱりだった千鳥 テレビ局が使いたがるワケ

大御所が居座っているから、若手の活躍の場がないと言われるお笑い界――だが、それでも若手同士の下克上は繰り広げられている。 昨年末から新年にかけて、もっとも伸び盛りの若手芸人は誰になるだろうか? *** 民放プロデューサーはこう評する。 「年末年始にかけて目立った芸人といえば、お馴染みの有吉弘...
IT企業を立ち上げた柴咲コウ 約1年ぶりに本格的な演技に挑む

IT企業を立ち上げた柴咲コウ 約1年ぶりに本格的な演技に挑む

ちょっぴり疲れたお母さん……に見えたのは、あの大河女優だった。柴咲コウ(37)は、神奈川県内のとある商店街でドラマの撮影に臨んでいた。 子役の手を引き商店街に立ち尽くす柴咲。シリアスなシーンなのだろう、たたずまいには真剣さが滲んでいた。 2017年放送のNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の撮影を終え...
女が住居侵入と強盗致傷で逮捕 若手女優の母の犯行にホリプロ当惑

女が住居侵入と強盗致傷で逮捕 若手女優の母の犯行にホリプロ当惑

政治家の秘書といえば、近頃は国税庁への口利きに一役買ったと取り沙汰されたりして、センセイの悪事の片棒を担ぐといったイメージである。が、在職時に強盗となると前代未聞。逮捕された男を雇っていた議員たちは、さぞや衝撃を受けたに違いないが、犯人が捕まったことで、なぜか大手芸能プロが当惑していた...
基本的にオファーは断らず ブレークしても「信念」曲げない高橋一生

基本的にオファーは断らず ブレークしても「信念」曲げない高橋一生

俳優の高橋一生(37)が10月スタートのフジテレビ系ドラマ「僕らは奇跡でできている」(火曜午後9時)に主演することを、一部スポーツ紙が報じた。 記事によると、同ドラマはオリジナル脚本。高橋演じる主人公は、生き物の不思議に目がない大学講師。気になることを徹底的に調べるいっぽう、周囲からは変人扱...
「西郷どん」視聴率 異例の「西高東低」に関係者も驚き

「西郷どん」視聴率 異例の「西高東低」に関係者も驚き

俳優の鈴木亮平(35)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)。視聴率が“西高東低”の不思議な現象が起きている。 大河ドラマ57作目。直木賞作家・林真理子氏(64)の小説「西郷どん!」(KADOKAWA)を原作に、幕末から明治維新のヒーロー・西郷隆盛(鈴木)の...
収録1週間後に声変わり「耳をすませば」で当時14歳の高橋一生の声に反響

収録1週間後に声変わり「耳をすませば」で当時14歳の高橋一生の声に反響

11日放送の日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(後9・00)で、スタジオジブリのアニメ「耳をすませば」が放送された。 準主役の天沢聖司の声を担当したのは、当時14歳だった高橋一生(38)。読書好きで、中学卒業後はバイオリン職人を目指しイタリアへ修行に行くという15歳の少年を声で演じて...
高橋一生と森川葵が2018年秋に破局か 互いに多忙ですれ違い

高橋一生と森川葵が2018年秋に破局か 互いに多忙ですれ違い

交際していた俳優の高橋一生(38)と女優の森川葵(23)が破局したことが5日、分かった。 スポニチ本紙の取材では15歳差カップルの別れは、昨年秋頃に訪れた。既に友人や近い関係者に報告を済ませている。原因は、互いに多忙で一緒に過ごす時間をつくれなかったこと。友人は「会う時間が徐々に減り、...
満島ひかり、事務所退社の理由は マスコミの記事は「信じないで」

満島ひかり、事務所退社の理由は マスコミの記事は「信じないで」

女優の満島ひかりが21日、NHK「あさイチ」に生出演。今年3月に事務所を退社し、フリーとなった理由について語った。 満島は今年3月1日にこれまで所属していた事務所を離れ、独立することを発表。博多大吉から「気になるのはこのタイミングでフリーに…」と質問されると満島も「思い切ってますよね」と...
満島ひかりが高橋一生と森川葵の交際暴露か「前から聞いてた」

満島ひかりが高橋一生と森川葵の交際暴露か「前から聞いてた」

(全3枚) 今年、女優人生の大きな節目を迎えたのが満島ひかり(33才)だ。3月に事務所を退所し、フリーに。その後、仕事は空白状態が続いた。 「秋に、都心にほど近い住宅地のマンションに引っ越しました。3LDKの新居は、仕事部屋も兼ねているそうです。“今後の仕事はすべて自分で管理したい”という理由で独立...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net