芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ドラマ「この世界の片隅に」主人公のすずは松本穂香に決定との噂

ドラマ「この世界の片隅に」主人公のすずは松本穂香に決定との噂
 
「『この世界の片隅に』の連続ドラマ化が発表されましたが、主演女優が誰になるのかが注目されています」と語るのは、テレビ誌関係者だ。
 
『この世界の片隅に』は太平洋戦争中の広島県呉市を舞台にした作品で、主人公・すずが懸命に生きぬこうとする姿を描いている。
 
かつて同作が連載されていた『漫画アクション』で今夏にドラマ版が放映されることは発表されたたものの、出演者も放送局も伏せられており話題を呼んでいるのだ。前出のテレビ誌関係者が続ける。
 
「作中のすずは、20歳前後のおっとりした性格の女性です。有村架純や黒木華が起用されるのではといった予想もありますが、インターネットで圧倒的に支持されているのはのん(24)ですね。'16年11月に封切りされた長編アニメ版は異例のロングランを記録し、海外でも高い評価を得ています。アニメ版ですずの声を担当して絶賛されたのが、のんだったからです」
 
だが本誌が取材を進めていくと、ヒロイン役は意外な名前であることが判明した。広告代理店関係者は言う。
 
「『半沢直樹』や『陸王』『99.9‐刑事専門弁護士‐』といった数々の名作ドラマを世に送り出したTBSの『日曜劇場』の枠で、7月から放送されることが検討されています。主人公のすずは、松本穂香さんに決定しました」
 
松本は大阪府出身の21歳、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』ではヒロインの同僚・青天目澄子役で好評を博している。のんにとって“朝ドラ女優”の後輩にあたるわけだが、実は意外な縁もある。
 
「2人の名前でネット検索すると、『のんと松本穂香はそっくり』といった書き込みも多いのです。清潔感のあるショートカットや、透明感のある雰囲気などが似ているということのようです」(前出・広告代理店関係者)
 
名門枠に大抜擢された若手女優の活躍に期待したい。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

松嶋菜々子、広瀬すずに「激辛な洗礼」スタッフが凍った忠告

松嶋菜々子、広瀬すずに「激辛な洗礼」スタッフが凍った忠告

「十勝ロケ中の松嶋さんには、近寄りがたい“女優オーラ”が漂っていました。そんな彼女の演技を、広瀬さんが必死に受け止めていましたね」(地元関係者) 来年4月から始まるNHK朝ドラ「なつぞら」。6月には北海道十勝地方でロケが行われ、ヒロインの広瀬すず(20)と義母役の松嶋菜々子(44)がしのぎを削り合...
是枝監督がこだわる入浴シーンへの思い「風呂の水は血よりも濃い」

是枝監督がこだわる入浴シーンへの思い「風呂の水は血よりも濃い」

是枝裕和監督の作品に必ずと言っていいほど現れる「入浴シーン」。なぜ彼はそのシーンこだわるのか。そこには、「人はどのようにして『家族』になりうるのか」を描いてきた是枝監督の思想が凝縮しているように見える。入浴シーンに注目すれば、是枝作品をより深く味わうことができる。 『そして父になる』の入...
「もっと太りなさい!」高須克弥院長が宮沢りえの劣化を危惧

「もっと太りなさい!」高須克弥院長が宮沢りえの劣化を危惧

V6の森田剛と子連れ再婚した宮沢りえ(45)。今や女優としての評価は揺るがないものになったが、デビュー当時の華麗なる美少女ぶりに比べ、ヤセ型でシワっぽくなったとギャップを惜しむ声も多い。 宮沢と同時代にローティーンながら圧倒的な存在感を誇った観月ありさ(41)も、アラフォーになってからは二重あ...
女優業への影響に懸念も 高畑淳子が訴え続ける「裕太は悪くない」

女優業への影響に懸念も 高畑淳子が訴え続ける「裕太は悪くない」

俳優・高畑裕太(24)が強姦致傷容疑で逮捕されてから、はや1年と9カ月が経つ。不起訴処分となったこの不祥事を、世間や当人以上に“風化”できていないのは、母・淳子(63)なのかもしれない。 *** 高畑家をめぐるここ最近の状況を芸能記者に解説してもらうと、 「まず昨年9月の『女性セブン』が、裕太が遺...
加藤シゲアキ主演ドラマ、「パリピ音声流出」で危機?不安の声多数

加藤シゲアキ主演ドラマ、「パリピ音声流出」で危機?不安の声多数

NEWS・加藤シゲアキが、7月期の日本テレビ系連続ドラマ『ゼロ一獲千金ゲーム』(日曜午後10時30分〜)で主演することが決定。ファンは放送を心待ちにしている一方、ネット上では「加藤が主演で、視聴率は大丈夫なのか?」などと、不安の声が多数上がっているようだ。 原作はギャンブル漫画でおなじみの福本伸...
木村拓哉の「BG〜身辺警護人〜」に失笑の声「主役はもう限界?」

木村拓哉の「BG〜身辺警護人〜」に失笑の声「主役はもう限界?」

今クール一番の注目ドラマともいえる、木村拓哉主演『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系/木曜午後9時〜)が18日、15分拡大で放送開始した。初回視聴率は15.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、今期プライム帯の民放連ドラの中では、嵐・松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士-SEASONII』(TBS系)の1...
西郷どん、初回視聴率は15.4% 事実上の歴代ワースト発進か

西郷どん、初回視聴率は15.4% 事実上の歴代ワースト発進か

57作目となるNHK大河ドラマ『西郷どん』(鈴木亮平主演/日曜午後8時〜)が、7日に放送開始となった。だが、初回15分拡大版の視聴率は15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)どまりで、今後に大きな影が差した。 これは、歴代ワースト4位スタートだった昨年の『おんな城主直虎』(柴咲コウ主演)初回...
「結婚してください」星野源が舞台あいさつで女児に求婚され驚き

「結婚してください」星野源が舞台あいさつで女児に求婚され驚き

上白石萌歌(18)星野源(37)黒木華(28)が12日、大阪市内で、アニメ映画「未来のミライ」(細田守監督、20日公開)の舞台あいさつに出席した。 アニメ映画「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」などで知られる細田監督の最新作。ナニワの子どもたちからの質問コーナーで...
「西郷どん」に時代考証家が自らツッコミ「西郷は下戸です」

「西郷どん」に時代考証家が自らツッコミ「西郷は下戸です」

『征韓論の図(写真:近現代PL/AFLO)』 1月7日、ついにNHK大河ドラマ『西郷どん』が始まった。林真理子氏の小説が原作、『花子とアン』などで知られる中園ミホ氏が脚本。 明治維新の英雄・西郷隆盛を鈴木亮平(34)が演じるが、「史実との違いを探せばきりがありません」と語るのは、鹿児島・志學館大学の原...
「西郷どん」の新キャストを発表 錦戸亮やピースの又吉直樹らが出演

「西郷どん」の新キャストを発表 錦戸亮やピースの又吉直樹らが出演

NHKは3日、来年放送する大河ドラマ『西郷どん』の新たなるキャストとして、関ジャニ∞の錦戸亮、お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤、ピースの又吉直樹、女優の田中道子らが出演することを発表した。 【写真】艶やかな着物姿で登壇した二階堂ふみ 物語は、薩摩藩の下級武士の長男に生まれ、2度の島流し...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net