芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

池上彰氏や林修氏が司会を務める番組が増加 保守的なスタンスに苦言

池上彰氏や林修氏が司会を務める番組が増加 保守的なスタンスに苦言
なぜ教養番組が増えているのでしょうか(写真:日刊スポーツ新聞社)

「あれっ?また池上彰の番組がはじまったの?」と思った人は少なくないでしょう。今月8日、「池上彰の現代史を歩く」(テレビ東京系、毎週日曜19時54分〜)が3時間半特番で華々しくスタートしました。その内容は、池上彰さん(67歳)が国内外を問わず現代史の現場を歩き、歴史と現在のニュースを結び付ける教養番組。

また、25日には「林修のニッポンドリル」(フジテレビ系、毎週水曜19時57分〜)がスタートします。同番組は、日本にまつわる問題を林修さん(52歳)が出題する知的クイズ番組。

その結果、プライムタイムだけで、林修さんは「ネプリーグ」(フジテレビ系、毎週月曜19時〜)、「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日系、毎週火曜19時〜)、「林先生が驚く初耳学!」(TBS系、毎週日曜22時〜)を合わせた4番組、池上彰さんは「池上彰のニュースそうだったのか!!」(テレビ朝日系、毎週土曜19時54分〜)を合わせた2番組への出演が決定しています。

現役塾講師の林修さんは、多才な知識を生かした雑学番組。元NHK局員の池上彰さんは、ニュース解説番組。ジャンルこそ微妙に異なるものの、教養番組であることは共通しています。また、ともに司会者の名前を含む冠番組という点が、「スタンダードな教養番組であることを裏づけている」とも言えるでしょう。

さらに見逃せないのは、「池上彰の現代史を歩く」がスタートしたことによって、「日曜ビッグバラエティ」が2時間から1時間に縮小されたこと。これまで約42年もの長期にわたって放送された歴史を持ち、「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」などの人気企画を持つ単発特番枠だけに、1時間の縮小は大きな決断です。

一方、「林修のニッポンドリル」も、惜しまれながら終了した旅バラエティ「おじゃMAP」の代替番組であり、教養番組へのシフトチェンジは明白。これらの新番組は、何を意味しているのでしょうか。

ゴールデンタイムからシルバータイムへ

教養番組へのシフトしかり、池上彰さんや林修さんのキャラクターしかり。テレビ番組が、「面白い」から「ためになる」ものへ、「何が起きるかわからない」から「安心・安全を感じる」ものへ、変わっていることを象徴しているのです。

この変化は数年前から少しずつはじまっていました。平日の朝から夕方まで民放各局ともにニュース・ワイドショー系の生放送番組ばかりになり、「ドラマの再放送すらごくわずか」という偏った番組表に。さらにその偏りは、ジワジワと夜の時間帯でも進んでいきました。

「有吉ゼミ」(日本テレビ系、毎週月曜19時〜)、「名医のTHE太鼓判!」(TBS系、毎週月曜19時〜)、「中居正広の身になる図書館」(テレビ朝日系、毎週月曜20時〜)、「この差って何ですか?」(TBS系、毎週火曜19時〜)、「教えてもらう前と後」(TBS系、毎週火曜20時〜)、「名医とつながる!たけしの家庭の医学」(テレビ朝日系、毎週火曜20時〜)、「ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?」(テレビ東京系、毎週水曜18時55分〜)、「得する人損する人」(日本テレビ系、毎週木曜19時〜)、「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」(テレビ朝日系、毎週木曜19時〜)、「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系、毎週木曜19時58分〜)と、ワイドショー内のコーナーや女性週刊誌の特集を思わせる生活情報系の番組がズラリ。

つまり、池上彰さんと林修さんの新番組が意図するのは、「生活情報系の番組が飽和状態なので、教養系の番組を増やそう」ということ。しかし、生活情報系の番組も、教養系の番組も、前向きな戦略によって生まれたものではなく、視聴率獲得に向けた苦肉の策なのです。

「視聴率が獲得できず、広告収入が減る」という悪循環を断つために、「リアルタイムでテレビ番組を見る中高年層の好む番組をそろえている」のが、苦しくも厳しい現実。朝から夕方にかけて放送されているニュース・ワイドショー系の番組は、大半が中高年層に向けて作られたものですが、内容の似た教養系・生活情報系の番組を夜にも放送していることが、その裏づけとなっています。

かつて19〜22時は、「視聴率が稼げる=広告収入が稼げる」ドル箱という意味で「ゴールデンタイム」と言われていました。しかし、現在の番組表を見るかぎり、テレビそのものが“中高年チャンネル化”している感が否めません。「もはやゴールデンタイムは存在せず、あるのはシルバータイムのみ」と言いたくなってしまうのです。

「おじさん」「おじいさん」MCばかり

テレビの中高年チャンネル化は、池上彰さんと林修さん以外の新番組からも見て取れます。

坂上忍さん(50歳)の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系、毎週木曜21時、19日スタート)、「坂上&指原のつぶれない店」(TBS系、毎週日曜20時、22日スタート)。梅沢富美男さん(67歳)の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(フジテレビ系、毎週水曜22時、18日スタート)。

芸人がMCを務める新番組は、東野幸治さん(50歳)の「世界!極タウンに住んでみる」(フジテレビ系、毎週土曜19時57分〜、5月5日スタート)、岡村隆史さん(47歳)の「チコちゃんに叱られる」(NHK、毎週金曜19時57分〜、13日スタート)、有田哲平さん(47歳)の「有田Pおもてなす」(NHK、毎週土曜22時10分〜、スタート済み)の3本のみ。やはりベテランばかりであるうえに、お笑い要素の強いバラエティは「有田Pおもてなす」だけであり、それが民放ではなく、もともと教養番組の多いNHK制作というのが何とも皮肉です。

30代以下の人から見たら、いずれも「おじさん」や「おじいさん」がMCを務める新番組だけに、メインの視聴者は必然的に、同年代になるでしょう。このような中高年チャンネル化、ひいては、低年齢層の切り捨てを民放各局が自ら進めていることが問題なのです。

しかし、現場のテレビマンたちは、もろ手をあげてその状況を受け入れているわけではありません。

未来を憂う現場のテレビマンたち

テレビマンたちの多くは会社員であり、成績、評価、人事などは、他業界のビジネスパーソンと、ほぼ同じ。会社や上司の批判ととらえられると、日々の仕事に支障をきたすため、実名を出すわけにはいきませんが、匿名を条件に、3人のテレビマンが本音を語ってくれました。

「若い層を狙った番組は、深夜でなければ、まず企画は通りません。ウチの子どもたちも、その友達も、テレビは全然見ないし、スマホばかり見ています。今はテレビ局が若い層を切り捨てているけど、何年かしたらその層にテレビが切り捨てられるんだろうな……と思ってしまいますね」(40代バラエティディレクター)

「教養番組は40代の僕らだって見ませんよ。仕事から帰ってきてまで勉強したいなんて思いませんし、そういうのは専業主婦か、すでに定年退職した人がほとんどだと思います。視聴率だけを追いかけていたらニッチなビジネスになっていくのはわかっているのに、なかなか変わっていかないことがもどかしいです」(40代ドラマプロデューサー)

「どの局も、考えていることも、放送している番組も、ほとんど同じですね。正直、他局への転職も考えたこともありましたが、テレビ局はどこも大差ないので、とりあえずやめました。ネットの動画配信サービスなら、若者向けのバカバカしいお笑い番組が作れそうなので、引かれています。本当は地上波でやりたいのですが、クレームとかコンプライアンス対策もあって難しいので」(30代バラエティディレクター)

バラエティだけでなく、ドラマ、報道のテレビマンたちも、テレビが中高年チャンネル化していくことに危機感を抱いていました。「仕方ないとも思う」けど、「本当にそれでいいのか」という疑問。「何とかしたい」けど、「自分の力ではどうにもならない」というジレンマ。民放各局が保守的なスタンスであることに、不安を抱いているのです。

そもそも私がこのコラムを書いているのは、テレビを愛し、未来を憂うテレビマンたちの声を読者のみなさんと、民放各局の上層部に届けたいから。一部で「現状を打破するために、視聴率以外のマネタイズに動いている」という声を聞きますが、「教養系の番組が増えている」という事実がある以上、説得力はありません。

「この春の番組改編が、多くの人々に、テレビの中高年チャンネル化を印象づける決定打になりかねない」。日ごろテレビマンと視聴者の間に立ち、互いの意図や思いをつなぐ仕事をしているからこそ、そんな危惧の念を抱いてしまったのです。

とんねるずから最後の叱咤激励

最後にふれておきたいのは、この春「変わる、フジ変える、テレビ」のコピーを掲げ、大幅な改編を断行したフジテレビ。なかでも、「とんねるずのみなさんのおかげでした」や「めちゃ×2イケてるッ!」などの長寿番組を終了させたことに対して、局内外から「時代の流れだから仕方ない」という声があがっていました。

しかし、前述した新番組の番組資料を見るかぎり、「お笑いバラエティから教養系・生活情報系に“変える”のか」「低年齢層から中高年層狙いに“変える”のか」としか感じません。「時代の流れに合わせている」というより、「視聴率の傾向に合わせている」。そして、「新たな時代を切り拓こうとしない」ように見えるのです。

くしくも先日、ある番組で共演した脚本家さんが、「今のテレビ局は守備ばかり固めている」と残念そうに語っていました。「これ以上、失点したくない」と守備を固めているのですが、この脚本家さんは「テレビ局は攻撃力があるはずだから攻めるべき」と言いたかったのでしょう。実際、「テレビ局の映像制作力は、ネット系コンテンツよりも数段階高い」と言われているだけに、それが生かされないのはもったいないところです。

余談ですが、私はこの2週間あまり、「とんねるずのみなさんのおかげでした」のフィナーレを飾った名曲『情けねえ』のメロディーが頭から離れません。

その歌詞は、「ちっぽけなしあわせに魂を売り飛ばし生き急ぐ人の群れ」「偽りの微笑に後悔はないのかい?ツバ吐いて捨てた夢」「みんな時代のせいだと言い訳なんかするなよ人生の傍観者たちを俺は許さないだろう情けねえ自由が泣いている」

すべてのフレーズが、民放各局のテレビマンたちに向けたメッセージのように感じるのです。さらに、とんねるずは、「“この国”を滅ぼすなよ」を「“バラエティ”を滅ぼすなよ」と替え歌にしました。この選曲も替え歌も、愉快犯的なクレーマーに向けたものである以上に、「守備的な戦略しか取れないテレビマンたちへの叱咤激励だった」のではないでしょうか。

もちろん池上彰さんや林修さんの番組や、ご本人に一切の非はありません。しかし、今後も中高年チャンネル化を進めるのか、それとも、ここで踏みとどまり、持ち直せるのか。テレビ業界の今後を占う分水嶺になる気がしてならないのです。

池上彰氏や林修氏が司会を務める番組が増加 保守的なスタンスに苦言 外部サイト テレビドラマから20代主演俳優が消えた理由 ぽっちゃりタレントが続々と痩せ始めた理由 テレ東「池の水ぜんぶ抜く」が大ウケする理由 「池上彰」をもっと詳しく

池上彰氏、有働由美子アナに「たやすくジャーナリスト自称してほしくない」 プログラミング教育に挑むも苦戦池上彰氏の番組裏での意外な姿 池上彰氏がV6井ノ原快彦に直球質問「4月から何をやりたいですか?」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

岡村隆史「お持ち帰り」疑惑の美女は恋人でない 今田耕司が明言

岡村隆史「お持ち帰り」疑惑の美女は恋人でない 今田耕司が明言

タレントの今田耕司(52)が6日放送の読売テレビ「特盛!よしもと」で、20代巻き髪美女のお持ち帰り疑惑を女性週刊誌に報じられたナインティナイン・岡村隆史(48)について、問題の美女は岡村の恋人ではないと明言した。 岡村はラジオ番組で、美女のお持ち帰りを否定している。 岡村とはアローン会...
バラエティ界の池上彰氏との声も?東野幸治に集まる高い評価

バラエティ界の池上彰氏との声も?東野幸治に集まる高い評価

10月改編のバラエティ新番組が出揃った。注目されるのは、坂上忍(51)や所ジョージ(63)がMCを務める冠番組や、局の看板となっているタレントのさらなる新番組。つまりはタレントありきの番組だが、近頃企画ありきの番組でMCに名が挙がるのは東野幸治(51)だという――。 *** 4年連続の年間視聴率三冠王の...
「子役は劣化する」を覆す芦田愛菜 驚異的な地続き感でアンチ一蹴

「子役は劣化する」を覆す芦田愛菜 驚異的な地続き感でアンチ一蹴

「芦田愛菜」でネット検索をかけると、本人が出演する『CM動画』が上位検索にあがる。グリコ『パナップ』(今年5月配信)のCM動画は290万再生、『早稲田アカデミー』(2017年7月配信)のCM動画は270万再生。軒並み高い再生数でその人気ぶりが伺える。人気子役と言えば、その“無垢さ”のインパクトからか、劣化...
他人の意見を池上彰氏の意見に?識者の投稿で波紋

他人の意見を池上彰氏の意見に?識者の投稿で波紋

ジャーナリスト池上彰さん(68)の番組スタッフから取材を受けたが、池上さんの意見として紹介したいと言われた――。元通産官僚で徳島文理大学教授の八幡和郎さんがフェイスブックでこう明かしたところ、同様な経験をしたと明かす識者が次々に現れ、波紋が広がっている。 池上さん自身は、J-CASTニュースの取材...
AKB48めぐる峯岸みなみの告白に規制音「顔だけだなって思う人いる」

AKB48めぐる峯岸みなみの告白に規制音「顔だけだなって思う人いる」

10月14日放送の「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)で、林修が“大企業では無能な人ほど出世する”という世の中の皮肉な現実を指摘。スタジオのゲスト陣を唸らせた。 林とスタジオレギュラー陣の掛け合いに、ゲスト・広瀬アリスも爆笑! ドラマ「下町ロケット」(TBS系)の初回放送日でもあったこの日。林は「『下町...
武田鉄矢が「贈る言葉」の制作秘話を語る 歌詞は太宰治の言葉を参考に

武田鉄矢が「贈る言葉」の制作秘話を語る 歌詞は太宰治の言葉を参考に

歌手・武田鉄矢(69)が3日放送のフジテレビ系「林修のニッポンドリル」(水曜・後7時)で、大ヒット曲「贈る言葉」の制作秘話を語った。 卒業式の定番として歌われる同曲だが、実は失恋から立ち直るために歌った曲。武田は「事実がないと歌が作れない。別れの歌で、失恋から出来た。ずっとウジウジ泣い...
「女性が化粧で化けて何が悪い」林修氏の持論がネットで物議に

「女性が化粧で化けて何が悪い」林修氏の持論がネットで物議に

19日に放送された『初耳学』(TBS系)で、林修が“女性が化粧で化けて何が悪い!”と提言。ネット上で物議をかもしている。 番組では、話題のネタを独自調査するニュースサイト「しらべぇ」が行った20代〜60代男性693名へのアンケート調査を紹介。“すっぴんと化粧顔男性はどちらが好き?”という質問に対し、83.4%...
声優の田中信夫さんが死去 「TVチャンピオン」ナレーターで活躍

声優の田中信夫さんが死去 「TVチャンピオン」ナレーターで活躍

映画「コンバット」のサンダース軍曹の吹き替えや、「TVチャンピオン」(テレビ東京系)のナレーターなどで活躍した声優の田中信夫(たなか・のぶお)さんが死去した。83歳。東京都出身。所属先の東京俳優生活協同組合が明かした。 田中さんは、映画の吹き替えで「コンバット!」のサンダース軍曹や「ス...
フットボールアワー後藤が指原莉乃から衝撃LINE 悩み相談にスタンプ

フットボールアワー後藤が指原莉乃から衝撃LINE 悩み相談にスタンプ

お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基(44歳)が、10月19日に放送されたバラエティ番組「東京らふストーリー」(テレビ朝日系)に出演。アイドルグループ・HKT48の指原莉乃(25歳)から返ってきたという、“衝撃のLINE”について語った。 番組はこの日、「芸能人の恋愛・赤面体験ぶっちゃけSP」と題し、...
水谷豊 ドラマ撮影中の反町隆史について「現場で鼻歌歌う癖ある」

水谷豊 ドラマ撮影中の反町隆史について「現場で鼻歌歌う癖ある」

俳優の水谷豊と反町隆史が20日、東京・千代田区のアーツ千代田3331で開催された「『相棒season17』特別PRイベントinKitaQフェス」に出席した。『相棒season17』(テレビ朝日系、毎週水曜21:00〜)の見どころや第1話、第2話でロケ地となった北九州市の魅力などを語った。 同市の魅力満載な自然や文化、美味し...
米倉涼子「リーガルV」現場に豪華な差し入れ 4850円のうなぎ弁当

米倉涼子「リーガルV」現場に豪華な差し入れ 4850円のうなぎ弁当

公式ブログより 高橋英樹が、自身のブログで、ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(テレビ朝日系)の撮影現場に差し入れられたお弁当の写真を公開した。 10月15日のブログで、「初回視聴率が今期ドラマ部門で第一位の発進となりました」と報告。初回の視聴率は15%(瞬間最高で17.8%)だった。その...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net