芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

フジテレビの体質を猛批判 モーリー・ロバートソン氏に称賛の声

フジテレビの体質を猛批判 モーリー・ロバートソン氏に称賛の声 15日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、モーリー・ロバートソン氏がフジテレビの体質や放送業界のセクハラ問題に独自見解を示し、称賛の声が上がっている。

番組には、ゲストコメンテーターとしてNHKを退局後、フジテレビ『プライムニュースイブニング』のメインキャスターを務める予定だったものの、『週刊文春』(文藝春秋社)に過去のセクハラ疑惑を報じられ、その座を辞退した登坂淳一アナウンサーが登場する。

一連のセクハラ疑惑について、登坂アナは「番組で旭川に行ったあと、打ち上げを行い、2次会でセクハラ行為をしてしまった」などとコメント。上司を通じて相手側に謝罪し、和解しており、「話はそこで着地した」と説明した。

また、『プライムニュースイブニング』のMCを降板に至ったことについては、「新番組に始まる前から突然傷をつけることになるので、これは良くないと思って辞退した」

とコメントする。

これについて、松本人志は「難しいところですよね。登坂さんだけじゃなくて、ホラッチョ(ショーンK氏)の件もありますし」と指摘。東野幸治が「ショーンKさんが(ユアタイムを)辞めたことで、被害被ったのがモーリーさんなんですよ」と紹介し、コメントを求める。

モーリー氏は、「一説には棚ぼたっていう話もあったんですけど、どっちかって言うと困った感じでしたね」と振り返る。そして、

「番組も結局一年半、あんまり立て直すことができず、這々の体で迷走した挙げ句終了して、やっとフジテレビが心機一転『みんなのニュース』で行こうとしたらこれなんです」

と愚痴。続けて、

「リスク管理をやっているのかっていう部分はある。今、経歴詐称している人、今、ほかの問題を抱えている人っていうふうに、まずはそこらへんの身体検査を先にやるべきなんじゃないの?」

とフジテレビの姿勢を厳しく批判した。

さらに、モーリー氏はメディア業界のセクハラについても、「一般論として、今の日本って放送業界、女性の扱いが男性と違っているような気がする。女性に対してはやたらと厳しい。若くないとか、もっとセクシーであれとか、見えないルールや付加を課している。それをそもそも男性が感じていない」

「多少セクシーな角度で撮ろうとか、女性には性的な属性を付加して数字をとろうしているのに、男性にはやらないよね。そのセクシャリティを否定する気はないけど、そこにパワーがある」

と疑問の声をあげた。

これから色々なことに挑戦したいという登坂アナには、「放送業界の女性の地位向上に対して、応援する人であってほしい」と注文。同アナは「もちろん、NHKのときからそうです」と返し、コーナーは終了した。

ユアタイムの失敗を自虐したうえで、同アナの前で堂々と「身体検査してないのか」と疑問の声をあげたモーリー氏に対し、「そのとおりだと思う」「正論」などと称賛の声が続出。

さらに、「女性には性的な属性を付加して数字をとろうしている」という発言についても、同意の声が。一方で、「そこまで言って大丈夫なのか」「あんまり言うと消されるぞ」と心配の声も上がった。

放送業界に蔓延る男性によるパワハラ・セクハラ問題に深く切り込み、フジテレビを厳しく批判したモーリー氏。フジ上層部の怒りを買わなければいいのだが…。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

登坂淳一がフジ番組を辞退 2度目となる降板騒動に局内でも批判が噴出

登坂淳一がフジ番組を辞退 2度目となる降板騒動に局内でも批判が噴出

  4月2日からフジテレビでスタートする夕方の報道番組について、メインキャスターに起用されていた元NHK・登坂淳一アナウンサー(46)の出演取りやめが決まった。1月26日、フジテレビが発表した。   登坂アナといえば1月25日発売の「週刊文春」(文芸春秋)で、NHK札幌局時代のセクハラ疑惑が報じら...
番組辞退の登坂淳一 ショーンK氏の降板騒動を生かせなかったフジテレビ

番組辞退の登坂淳一 ショーンK氏の降板騒動を生かせなかったフジテレビ

フジテレビの定例社長会見が26日、東京・新宿の京王プラザホテルで開かれた。 宮内正喜社長(73)は4月スタートのニュース番組のメインキャスターに決まっていた元NHKの登坂淳一アナウンサー(46)がセクハラ疑惑報道を理由に突然、出演辞退したことについて、「信頼される報道番組を提供したいと...
セクハラ疑惑浮上の登坂淳一「女性問題」の噂は常に存在?

セクハラ疑惑浮上の登坂淳一「女性問題」の噂は常に存在?

1月にNHKを退局し、今年4月にフジテレビでスタートする予定のニュース番組でメインキャスターを務めることが決まっている登坂淳一アナに「セクハラ疑惑」が浮上した。 これは『週刊文春』(文藝春秋社)が報じたもので、登坂アナが北海道放送局に勤務していた2011年6月、番組の打ち上げで訪れたカラオケ店で、...
渋谷すばる退所を共演者が分析 説得力に松本人志「レギュラー決定」

渋谷すばる退所を共演者が分析 説得力に松本人志「レギュラー決定」

人気グループの関ジャニ∞から渋谷すばるが脱退し、ジャニーズ事務所を12月31日を持って退所することについて、テレビ番組で共演しているピアニストの清塚信也氏が22日、フジテレビ系「ワイドナショー」で、音楽家目線で見て「決断せざるをえない」局面だったと分析した。 渋谷ら関ジャニ∞とはテレビ朝...
体重の約80%が筋肉 松本人志の情報にスタジオで驚きの声

体重の約80%が筋肉 松本人志の情報にスタジオで驚きの声

お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(54)が22日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。体重の約80%が筋肉であることを明かした。 ベンチプレスで135キロを挙げる怪力を誇る松本は、“松ザップ”と呼ばれる自身の筋力トレーニングについて、「体重の倍を挙げるのが目標だった...
ダウンタウンのコンビ格差 CMは松本人志が多数出演も浜田雅功は0

ダウンタウンのコンビ格差 CMは松本人志が多数出演も浜田雅功は0

「とんねるず」のレギュラー番組なきいま、テレビで活躍するお笑いコンビといえば、「ダウンタウン」と「ウッチャンナンチャン」だ。だが、この2組に意外なコンビ格差が――。 *** 「お笑い第三世代」という言葉をご存知だろうか。 第二世代と定義されるお笑いBIG3(ビートたけし[71]、タモリ[72]、明石...
バナナマンの日村勇紀はなぜモテる「柔和なイメージと清潔感」

バナナマンの日村勇紀はなぜモテる「柔和なイメージと清潔感」

お笑い芸人のいとうあさこが、4月15日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演し、フリーアナウンサーの神田愛花との結婚を発表したバナナマンの日村勇紀に恋心を寄せていたと告白し、話題となっている。いとうは再現ドラマで日村と共演し美容師役を演じた日村の「指が色っぽい」さまに、ときめいたとい...
「対応を検討」反町理氏のパワハラ疑惑報道を受けフジテレビが公式見解

「対応を検討」反町理氏のパワハラ疑惑報道を受けフジテレビが公式見解

今月2日にスタートしたフジテレビの報道番組「プライムニュースイブニング」(月〜金曜後4・50)のメインキャスターを務める反町理氏(53)が12日発売の「週刊文春」でパワハラ疑惑を報じられたことを受け、15日放送の同局「ワイドナショー」(日曜前10・00)で局としての見解が発表された。 ...
モーリー・ロバートソン氏と池田有希子の「自由恋愛」事実婚関係に賛否

モーリー・ロバートソン氏と池田有希子の「自由恋愛」事実婚関係に賛否

3月16日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、モーリー・ロバートソンと女優・池田有希子が出演。2人は入籍せず事実婚関係であり、事実婚にピンときていないダウンタウンや坂上忍が、2人の不思議な関係を掘り下げた。 まず、2人は「籍にはこだわらない、恋愛は自由」と、浮気してもOKというル...
カズレーザーは天才 モーリー・ロバートソン氏が感嘆

カズレーザーは天才 モーリー・ロバートソン氏が感嘆

ハーバード大学出身の天才タレント、モーリー・ロバートソンが15日、都内で行われた、読売テレビ開局60年スペシャルドラマ「天才を育てた女房〜世界が認めた数学者と妻の愛」トークイベントに登壇し、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーを「天才」と評した。 本作は、大阪生まれの天才数学者・岡潔(...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net