芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「ちびまる子ちゃん」で祖母が分身?フジテレビがミスと認める

「ちびまる子ちゃん」で祖母が分身?フジテレビがミスと認める

2018年4月15日放送のアニメ「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)で、まる子の「おばあちゃん」が同じ場面に2人いるシーンがあり、視聴者からツッコミが相次ぐ出来事があった。

フジテレビ広報室は16日、J-CASTニュースの取材に対し、話題の場面について「作画上のミスです」と回答した。

「おばあちゃん2人おる」

まさかの事件が起きたのは、番組後半に放送された「中野さん、さくら家に泊まるの巻」のワンシーン。

この回では、まる子の祖父・友蔵と仲の良い中野さんが、自宅の鍵を忘れてしまいさくら家に泊まることに。夕食時、一同がちゃぶ台を囲んでテレビを見ている場面で、おばあちゃんに「異変」が起きた。

テレビのチャンネルを変えるため、座布団から立ちあがったおばあちゃん。画面は天井の辺りからお茶の間全体を映すアングルに変わり、おばあちゃんはテレビのすぐ脇まで移動している。

しかし、この場面をよく見ると、友蔵の隣にもおばあちゃんの姿が。つまり、テレビ脇まで動いたおばあちゃんと、移動前の座ったままのおばあちゃんの2人が、同じ画面に同時に登場していたのだ。

この事態に気づいた視聴者は騒然。ツイッターやネット掲示板には、

「おばあちゃん席立ったのにもう1人席にいるんだけど...」
「確認したら本当にお婆ちゃん分身してたwただの作画ミスだよね」
「リアルに放送事故やん(笑)おばあちゃん2人おる」

といった驚きや困惑の声が相次ぐ騒ぎとなった。

フジ「今後このようなことがないように...」

こうしたハプニングは、スポーツ報知がウェブ版で15日深夜に報道。そのほか、複数のネットメディアもSNS上での反響を取り上げるなど、今回の「ちびまる子ちゃん」をめぐる騒動には大きな注目が集まった。

実際、翌16日昼時点でツイッターの検索欄に「ち」の一文字を入力しただけで、関連ワードの候補には、「ちびまる子ちゃん作画ミス」「ちびまる子ちゃん放送事故」などと表示された。

同じシーンにおばあちゃんが2人いた件について、フジテレビ広報宣伝室は16日のJ-CASTニュースの取材に対し、「作画上のミスです」。その上で、

「今後このようなことがないように一層の注意を払って制作してまいります」

と反省の旨を述べた。

関連芸能ニュース

大河「いだてん」子役に“素人”異例起用のワケ「何色にも染まっていない」井上剛氏が明かす演出術

大河「いだてん」子役に“素人”異例起用のワケ「何色にも染まっていない」井上剛氏が明かす演出術

歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)と俳優の阿部サダヲ(48)がダブル主演するNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(日曜後8・00)は13日、第2話「坊っちゃん」を放送。「日本のマラソンの父」と称される前半の主人公・金栗四三(かなくり・しそう)の幼少期が描かれる。全国...
花田優一 吉岡里帆に熱弁した「靴職人の流儀」その虚実

花田優一 吉岡里帆に熱弁した「靴職人の流儀」その虚実

顧客とのトラブルや弟子へのパワハラが報じられている花田優一(23)。『ミヤネ屋』(読売テレビ)、『グッディ!』、『バイキング』(いずれもフジテレビ系)など、ワイドショーに相次いで登場している。 本誌は、女優・吉岡里帆(25)の弟・Tさん(23)が優一に弟子入りしたものの、“パワハラ被害”により3カ...
伝説のギャル雑誌「egg」で活躍 今井華が語った「暗黒時代」

伝説のギャル雑誌「egg」で活躍 今井華が語った「暗黒時代」

1990年代後半から2000年代にかけて、ギャルのバイブルとして渋谷ファッションシーンをけん引した伝説のギャル雑誌『egg』。その読者モデルとしても活躍したタレント・今井華は、人気TV番組『テラスハウス』に出演しブレイク。その後も“バイブスギャル”としてバラエティ番組で活躍した。そんな、ポジティブギャ...
ガールズバンド「ねごと」2019年7月20日に解散 「精一杯やりきった」

ガールズバンド「ねごと」2019年7月20日に解散 「精一杯やりきった」

4人組ガールズバンド「ねごと」が28日、来年7月20日のZeppDiverCityTOKYOで行われる東京公演をもって解散することを発表した。「メンバーでバンドの今後について幾度も話し合った結果、この4人でできることは精一杯やりきったという結論になりました」と解散理由を説明した。 バン...
2018年の「イラつくCM」を調査 ハズキルーペを超える1位は

2018年の「イラつくCM」を調査 ハズキルーペを超える1位は

2018年の暮れも押し迫ってきたこの頃。振り返ってみれば、今年もテレビでたくさんのCMが流れていたことが思い出されます。 それらのなかには、目にしたときにモヤっとしたり、イラっとしたりと、不快な思いをさせられたものも、少なくなかったのではないでしょうか。 そこで女子SPA!編集部では、全国の30〜...
さくらももこさんの公式ブログ「さくらの好きな大晦日です」

さくらももこさんの公式ブログ「さくらの好きな大晦日です」

今年8月15日に乳がんのため死去した国民的漫画「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさん(享年53)の公式ブログが31日に更新され、ファンに感謝の言葉がつづられた。 「今年もお世話になりました!」のタイトルで更新。「さくらの好きな大晦日です。今年は本当にお世話になりました!沢山の応援、...
懐かしの「爆チュー問題」復活!さくらももこさんしのぶ 鬼龍院翔はあの大物歌手にも

懐かしの「爆チュー問題」復活!さくらももこさんしのぶ 鬼龍院翔はあの大物歌手にも

8月15日に乳がんのため死去した、人気漫画「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさん(享年53)をしのんで、「爆チュー問題」とまる子の声を務めるTARAKO(57)が12日、フジテレビ系「2018FNS歌謡祭第2夜」(後7・00)で「アララの呪文」を熱唱した。 「爆チュー問題」はお笑...
西城秀樹さんには「アンチ」がいなかった?芸能記者が分析

西城秀樹さんには「アンチ」がいなかった?芸能記者が分析

今年5月、西城秀樹さんが63歳の若さで亡くなった。NHK紅白出場は18回を数え、レコード大賞の金賞や歌唱賞を受賞するなど、人気、実力とも超一流だった西城さん。常に笑顔でパワフルな印象の彼だが、私生活では何度も病に襲われていた。 11月16日に配信されたNEWSポストセブンの「西城秀樹さんの妻が明かした出...
さくらももこさんは「たまちゃん」とだけ交流 素性隠した生活

さくらももこさんは「たまちゃん」とだけ交流 素性隠した生活

8月15日、乳がんのために漫画『ちびまる子ちゃん』の作者、さくらももこさんが53歳の若さでこの世を去った。 【写真】まるちゃんのマンホール、母校に寄贈された絵ほか 「少女漫画誌の『りぼん』(集英社)で連載を持つことが決まり、題材を考えていたときに、子どものころに母親から“ちびまる子ちゃん”と呼ば...
太田光が衝撃 さくらももこさんが語っていた漫画の構想

太田光が衝撃 さくらももこさんが語っていた漫画の構想

爆笑問題の太田光(53)と田中裕二(53)が、乳がんのため亡くなったさくらももこさん(享年53)との思い出を振り返り、早すぎる死を悲しんだ。 28日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で、同い年のさくらさんの訃報に触れた2人。初めての出会いは「ちびまる子ちゃん」のアニメ放送が始まったばかり...
ちびまる子ちゃんで作画ミス?おばあちゃんが2人いる事態にSNS騒然

ちびまる子ちゃんで作画ミス?おばあちゃんが2人いる事態にSNS騒然

人気のフジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜・後6時)の15日放送で、おばあちゃんが2人同時に“出演”するハプニングが起こった。 番組後半の「中野さん、さくら家に泊まる」の巻で、さくら家一同と中野さんがちゃぶ台を囲んでだんらんしているときに事件?が起こった。 テレビで石原裕次郎のド...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net