芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「ちびまる子ちゃん」で祖母が分身?フジテレビがミスと認める

「ちびまる子ちゃん」で祖母が分身?フジテレビがミスと認める

2018年4月15日放送のアニメ「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)で、まる子の「おばあちゃん」が同じ場面に2人いるシーンがあり、視聴者からツッコミが相次ぐ出来事があった。

フジテレビ広報室は16日、J-CASTニュースの取材に対し、話題の場面について「作画上のミスです」と回答した。

「おばあちゃん2人おる」

まさかの事件が起きたのは、番組後半に放送された「中野さん、さくら家に泊まるの巻」のワンシーン。

この回では、まる子の祖父・友蔵と仲の良い中野さんが、自宅の鍵を忘れてしまいさくら家に泊まることに。夕食時、一同がちゃぶ台を囲んでテレビを見ている場面で、おばあちゃんに「異変」が起きた。

テレビのチャンネルを変えるため、座布団から立ちあがったおばあちゃん。画面は天井の辺りからお茶の間全体を映すアングルに変わり、おばあちゃんはテレビのすぐ脇まで移動している。

しかし、この場面をよく見ると、友蔵の隣にもおばあちゃんの姿が。つまり、テレビ脇まで動いたおばあちゃんと、移動前の座ったままのおばあちゃんの2人が、同じ画面に同時に登場していたのだ。

この事態に気づいた視聴者は騒然。ツイッターやネット掲示板には、

「おばあちゃん席立ったのにもう1人席にいるんだけど...」
「確認したら本当にお婆ちゃん分身してたwただの作画ミスだよね」
「リアルに放送事故やん(笑)おばあちゃん2人おる」

といった驚きや困惑の声が相次ぐ騒ぎとなった。

フジ「今後このようなことがないように...」

こうしたハプニングは、スポーツ報知がウェブ版で15日深夜に報道。そのほか、複数のネットメディアもSNS上での反響を取り上げるなど、今回の「ちびまる子ちゃん」をめぐる騒動には大きな注目が集まった。

実際、翌16日昼時点でツイッターの検索欄に「ち」の一文字を入力しただけで、関連ワードの候補には、「ちびまる子ちゃん作画ミス」「ちびまる子ちゃん放送事故」などと表示された。

同じシーンにおばあちゃんが2人いた件について、フジテレビ広報宣伝室は16日のJ-CASTニュースの取材に対し、「作画上のミスです」。その上で、

「今後このようなことがないように一層の注意を払って制作してまいります」

と反省の旨を述べた。

関連芸能ニュース

「イカ天」バンドが番組を語る 審査で厳しいことを言われると動員が下がる

「イカ天」バンドが番組を語る 審査で厳しいことを言われると動員が下がる

平成元年。今から30年前に産声を上げた伝説の音楽オーディション番組、イカ天……正式名称は『三宅裕司のいかすバンド天国』。同番組に出演した多くのバンドがメジャーデビューを果たし、80年代末〜90年代前半のバンドブームを牽引したことで、いまだにその影響を口にするミュージシャンも枚挙にいとまがない。...
水ダウの企画で純粋な子ども心を目の当たりに 松本人志が感動の表情

水ダウの企画で純粋な子ども心を目の当たりに 松本人志が感動の表情

9月12日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、純粋な子供心を目の当たりにした松本人志が感動の表情を見せる場面があった。 【写真を見る】相撲芸人のあかつはたびたび「水曜日のダウンタウン」に登場/※画像はあかつ(akatsu_sumo)公式Instagramのスクリーンショット 今回検証したのは「子供が拾っ...
IMALUが亡くなった祖母への想いをつづる「かっこよかった」

IMALUが亡くなった祖母への想いをつづる「かっこよかった」

タレントのIMALU(28歳)が9月11日、Instagramを更新し、1日に亡くなった祖母・江すてるさんへの思いをつづっている。 IMALUはこの日、「大好きな祖母が亡くなりました。報道をみて連絡をくださったり、お花を贈ってくださったり、声をかけてくださった皆さんありかとうございます!」と、報告と感謝。 そし...
天才高校生シンガー崎山蒼志の意外な事実 音楽の成績は「ド平均」

天才高校生シンガー崎山蒼志の意外な事実 音楽の成績は「ド平均」

いまブレイク中の高校生シンガー・崎山蒼志。シャツの第1ボタンまでしっかり留める、まさに純朴な少年、という容姿だが……ギターを片手にいざステージに立つと、その姿は一変。 おっとりとした雰囲気からは想像できない激しいギター演奏と個性的な歌声。動画がSNSで拡散されると、ネット上も騒然に。注目した...
成熟の拒否。なぜ「ちびまる子ちゃん」は幅広い世代に受けたのか

成熟の拒否。なぜ「ちびまる子ちゃん」は幅広い世代に受けたのか

53歳という若さで亡くなった、漫画家のさくらももこさん。独特の世界観で描かれた『ちびまる子ちゃん』は国民的人気作品となりましたが、なぜ「9歳のまる子」に大人までもが感情移入できたのでしょうか。米国在住の作家・冷泉彰彦さんが、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』でその秘密を探ります。...
カツオの初代はドラえもん?アニメ「サザエさん」の声優交代事情

カツオの初代はドラえもん?アニメ「サザエさん」の声優交代事情

人気アニメ作品『サザエさん』(フジテレビ系)で、フネ役をかつて担当していた声優の麻生美代子さんが8月25日に亡くなった。92歳だった。 麻生さんは1963年の『鉄腕アトム』、66年の『魔法使いサリー』など、テレビアニメの草創期から声優として活躍。1969年にスタートした『サザエさん』では、磯野フネ役を演...
さくらももこさんは「たまちゃん」とだけ交流 素性隠した生活

さくらももこさんは「たまちゃん」とだけ交流 素性隠した生活

8月15日、乳がんのために漫画『ちびまる子ちゃん』の作者、さくらももこさんが53歳の若さでこの世を去った。 【写真】まるちゃんのマンホール、母校に寄贈された絵ほか 「少女漫画誌の『りぼん』(集英社)で連載を持つことが決まり、題材を考えていたときに、子どものころに母親から“ちびまる子ちゃん”と呼ば...
太田光が衝撃 さくらももこさんが語っていた漫画の構想

太田光が衝撃 さくらももこさんが語っていた漫画の構想

爆笑問題の太田光(53)と田中裕二(53)が、乳がんのため亡くなったさくらももこさん(享年53)との思い出を振り返り、早すぎる死を悲しんだ。 28日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で、同い年のさくらさんの訃報に触れた2人。初めての出会いは「ちびまる子ちゃん」のアニメ放送が始まったばかり...
ちびまる子ちゃんで作画ミス?おばあちゃんが2人いる事態にSNS騒然

ちびまる子ちゃんで作画ミス?おばあちゃんが2人いる事態にSNS騒然

人気のフジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜・後6時)の15日放送で、おばあちゃんが2人同時に“出演”するハプニングが起こった。 番組後半の「中野さん、さくら家に泊まる」の巻で、さくら家一同と中野さんがちゃぶ台を囲んでだんらんしているときに事件?が起こった。 テレビで石原裕次郎のド...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net