芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「ちびまる子ちゃん」で祖母が分身?フジテレビがミスと認める

「ちびまる子ちゃん」で祖母が分身?フジテレビがミスと認める

2018年4月15日放送のアニメ「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)で、まる子の「おばあちゃん」が同じ場面に2人いるシーンがあり、視聴者からツッコミが相次ぐ出来事があった。

フジテレビ広報室は16日、J-CASTニュースの取材に対し、話題の場面について「作画上のミスです」と回答した。

「おばあちゃん2人おる」

まさかの事件が起きたのは、番組後半に放送された「中野さん、さくら家に泊まるの巻」のワンシーン。

この回では、まる子の祖父・友蔵と仲の良い中野さんが、自宅の鍵を忘れてしまいさくら家に泊まることに。夕食時、一同がちゃぶ台を囲んでテレビを見ている場面で、おばあちゃんに「異変」が起きた。

テレビのチャンネルを変えるため、座布団から立ちあがったおばあちゃん。画面は天井の辺りからお茶の間全体を映すアングルに変わり、おばあちゃんはテレビのすぐ脇まで移動している。

しかし、この場面をよく見ると、友蔵の隣にもおばあちゃんの姿が。つまり、テレビ脇まで動いたおばあちゃんと、移動前の座ったままのおばあちゃんの2人が、同じ画面に同時に登場していたのだ。

この事態に気づいた視聴者は騒然。ツイッターやネット掲示板には、

「おばあちゃん席立ったのにもう1人席にいるんだけど...」
「確認したら本当にお婆ちゃん分身してたwただの作画ミスだよね」
「リアルに放送事故やん(笑)おばあちゃん2人おる」

といった驚きや困惑の声が相次ぐ騒ぎとなった。

フジ「今後このようなことがないように...」

こうしたハプニングは、スポーツ報知がウェブ版で15日深夜に報道。そのほか、複数のネットメディアもSNS上での反響を取り上げるなど、今回の「ちびまる子ちゃん」をめぐる騒動には大きな注目が集まった。

実際、翌16日昼時点でツイッターの検索欄に「ち」の一文字を入力しただけで、関連ワードの候補には、「ちびまる子ちゃん作画ミス」「ちびまる子ちゃん放送事故」などと表示された。

同じシーンにおばあちゃんが2人いた件について、フジテレビ広報宣伝室は16日のJ-CASTニュースの取材に対し、「作画上のミスです」。その上で、

「今後このようなことがないように一層の注意を払って制作してまいります」

と反省の旨を述べた。

関連芸能ニュース

細木数子氏の後継者 アクが強い母とは違う穏やかな雰囲気

細木数子氏の後継者 アクが強い母とは違う穏やかな雰囲気

「地獄に落ちるわよ」などの毒舌ワードで人気を博した占い師・細木数子さん(81)の娘で後継者の細木かおり(40)が、今日21日放送のテレビ東京系「細木数子の娘かおりが“家族の闇にズバリ”あなたの人生、変えに来ました」(後6・55)でベールを脱ぐ。初代のキャラクターが濃厚だったため、二代目も...
国外強制退去処分となった桂銀淑の現在「日本に戻りたい」

国外強制退去処分となった桂銀淑の現在「日本に戻りたい」

近い将来の日本復帰はあるか?1980〜90年代に日本で活躍した歌手の桂銀淑(ケイ・ウンスク=57)が本紙の電話取材に応じた。2007年に覚醒剤取締法違反の容疑(所持)で逮捕された桂は翌年国外に強制退去処分となって以降、韓国で活動中。15日には37年ぶりとなる新アルバム「Re:Birth...
岡江久美子の「はなまる」降板 母の介護が理由「もっと側に」

岡江久美子の「はなまる」降板 母の介護が理由「もっと側に」

50才を過ぎると10人に1人以上が親の介護問題に直面する。しかし、多くの人が何の心構えもないままの状態で介護が始まってしまうという現実がある。だからこそ“先輩”の経験談は重要だ。94才の母親を看取った彼女は、どんな介護生活を送って来たのだろうか。 【写真】母の介護について語る岡江久美子の全身姿 「...
コロッケ「モテたくて(笑)」から始まった独自のものまねワールド

コロッケ「モテたくて(笑)」から始まった独自のものまねワールド

ついに2019年4月末で平成の時代が終わる。平成の世を彩り、輝きを放ったスターたちはそのとき何を思い、感じていたのか?当時と今、そしてこれからについてインタビューで迫っていくこの連載。7回目はものまねタレントのコロッケさんです。Vol.7コロッケ 日本の『ものまね』を変えた男、コロッケ。 【写真】コ...
「ちびまる子ちゃん」のED曲に西城秀樹さんの「走れ正直者」 ファン喜び

「ちびまる子ちゃん」のED曲に西城秀樹さんの「走れ正直者」 ファン喜び

19日に放送されたフジテレビの人気アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜後6・00)のエンディング曲として、昨年5月に亡くなった歌手・西城秀樹さん(享年63)が歌唱した「走れ正直者」が流れ、ファンを喜ばせた。 昨年8月に亡くなった原作者さくらももこさん(享年53)が小学生のころ、西城さんはスーパーアイド...
共演者にもズケズケ物言う 嫌われアナ1位・弘中綾香アナの強心臓

共演者にもズケズケ物言う 嫌われアナ1位・弘中綾香アナの強心臓

深夜帯から土曜22時台に“格上げ”された「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)で、“研究助手”を務める弘中綾香アナ(28)。昨年12月に発表されたオリコンの「好きな女子アナランキング」で2位に急浮上したが“アンチ”も急増している。発売中の写真誌「FLASH」(5月28日号)が特集した〈...
ファミリーを次々と失い…ちびまる子声優が授賞式で声震わせ決意

ファミリーを次々と失い…ちびまる子声優が授賞式で声震わせ決意

声優のTARAKO(58)が「第十三回声優アワード」のキッズファミリー賞に選ばれ、9日、都内で行われた授賞式に出席した。TARAKOは国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」の主人公・まる子の声などを務めている。 昨年8月には「ちびまる子ちゃん」の原作者である漫画家・さくらももこさん(享年53)...
「女王の教室」元子役たちの今 2019年後期朝ドラで主人公の妹役も

「女王の教室」元子役たちの今 2019年後期朝ドラで主人公の妹役も

女優の志田未来(25)が子役時代に出演し、注目されるきっかけになったドラマ「女王の教室」(2005)。あれから14年、同作で生徒役を務めたキャストたちの現在を紹介したい。 同作は「家政婦のミタ」などの遊川和彦が脚本を手掛け、天海祐希が主演を務めたドラマ。成績で生徒を差別し、自分に逆らう者は徹底的...
さくらももこさんは「たまちゃん」とだけ交流 素性隠した生活

さくらももこさんは「たまちゃん」とだけ交流 素性隠した生活

8月15日、乳がんのために漫画『ちびまる子ちゃん』の作者、さくらももこさんが53歳の若さでこの世を去った。 【写真】まるちゃんのマンホール、母校に寄贈された絵ほか 「少女漫画誌の『りぼん』(集英社)で連載を持つことが決まり、題材を考えていたときに、子どものころに母親から“ちびまる子ちゃん”と呼ば...
太田光が衝撃 さくらももこさんが語っていた漫画の構想

太田光が衝撃 さくらももこさんが語っていた漫画の構想

爆笑問題の太田光(53)と田中裕二(53)が、乳がんのため亡くなったさくらももこさん(享年53)との思い出を振り返り、早すぎる死を悲しんだ。 28日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で、同い年のさくらさんの訃報に触れた2人。初めての出会いは「ちびまる子ちゃん」のアニメ放送が始まったばかり...
ちびまる子ちゃんで作画ミス?おばあちゃんが2人いる事態にSNS騒然

ちびまる子ちゃんで作画ミス?おばあちゃんが2人いる事態にSNS騒然

人気のフジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜・後6時)の15日放送で、おばあちゃんが2人同時に“出演”するハプニングが起こった。 番組後半の「中野さん、さくら家に泊まる」の巻で、さくら家一同と中野さんがちゃぶ台を囲んでだんらんしているときに事件?が起こった。 テレビで石原裕次郎のド...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net