芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ダウンタウンのコンビ格差 CMは松本人志が多数出演も浜田雅功は0

ダウンタウンのコンビ格差 CMは松本人志が多数出演も浜田雅功は0

「とんねるず」のレギュラー番組なきいま、テレビで活躍するお笑いコンビといえば、「ダウンタウン」と「ウッチャンナンチャン」だ。だが、この2組に意外なコンビ格差が――。

***

「お笑い第三世代」という言葉をご存知だろうか。

第二世代と定義されるお笑いBIG3(ビートたけし[71]、タモリ[72]、明石家さんま[62])よりも後、80年代にコンビ結成された、とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンらのこと。

ちなみに第一世代は、萩本欽一(76)や初代の林家三平(1925〜1980)、ザ・ドリフターズなどを指し、第四世代、第五世代という言葉は、業界ではあまり使われていない。

その第三世代、とんねるずは、唯一のレギュラー番組だった「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)がこの3月を以て終了した一方で、ダウンタウンは2人揃ってのレギュラー番組がいまも健在。

ダウンタウンのコンビ格差 CMは松本人志が多数出演も浜田雅功は0 テレビを席巻するダウンタウン

・水曜日のダウンタウン(TBS系)
・ダウンタウンDX(読売テレビ制作・日本テレビ系)
・ダウンタウンなう(フジテレビ系)
・ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!(日本テレビ系)

主なレギュラー特番を見ても、

・史上空前!!笑いの祭典ザ・ドリームマッチ(TBS系)
・ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!笑ってはいけないシリーズ大晦日年越しスペシャル(日本テレビ系)
・キングオブコント(TBS系)
・HEY!HEY!HEY!MUSICCHAMP(フジテレビ系)
・笑いの王者が大集結!ドリーム東西ネタ合戦(TBS系)

テレビを席巻するダウンタウン

浜田雅功(54)の単独のレギュラーは、

・浜ちゃんが!(読売テレビ制作・日本テレビ系)
・プレバト!!(毎日放送制作・TBS系)
・ごぶごぶ(毎日放送・TBS系)
・ジャンクSPORTS(フジテレビ系)

さらに浜田の主な単独レギュラー特番は、

・芸能人格付けチェック(朝日放送制作・テレビ朝日系)
・イチハチ(毎日放送制作・TBS系)

一方、松本人志(54)の単独レギュラーは、

・ワイドナショー(フジテレビ系)
・松本家の休日(朝日放送制作・テレビ朝日系)
・クレイジージャーニー(TBS系)

松本の主な単独レギュラー特番は、

・人志松本のすべらない話(フジテレビ系)
・IPPONグランプリ(フジテレビ系)
・芸人ドキュメンタリー下がり上がり(フジテレビ系)
・福岡人志、松本×黒瀬アドリブドライブ(福岡放送[福岡ローカル])

恐ろしい数である。2人揃って芸能界の頂点にいると言っても過言ではない。

好感度上がる松ちゃん

「でも、最近この2人に、コンビ格差が見られるのです。それはCMです」(テレビ局関係者)

現在、松本は、日本郵便の「ゆうパック」やリクルート「タウンワーク」、東洋水産「MARUCHANQTTA」のCMに出演しているが、浜田はゼロなのだ。

「かつては、圧倒的に浜田さんのほうが多かったんですけどね。以前の松本さんはボケキャラが強烈すぎて、CM向きとは言えませんでした。逆に浜田さんは、お笑い以外に歌手としてダブルミリオンの記録を作ったり、役者として活躍していた時期もあるなど、好感度も高かった。浜田さんの好感度が下がったとは聞きませんが、MCなどでしっかりした意見を言うようになった松本さんの好感度が上がっているようです」(同・テレビ局関係者)

もう一方の第三世代、ウッチャンナンチャンを見てみると、現在は意外なことにコンビでのレギュラー番組は現在ない。かつては「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」(フジテレビ系)、「ウンナン世界征服宣言」(日本テレビ系)、「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」(日本テレビ系)、「ウンナンの気分は上々。」(TBS系)、「ウンナンのホントコ!」(TBS系)、「ウッチャきナンチャき」(TBS系)などなど、あれほどあった冠番組がないのだ。

コンビでの特番も「ウンナン極限ネタバトル!ザ・イロモネア笑わせたら100万円」(TBS系)くらいである。

お笑いに拘るウッチャン

内村光良(53)がピンで出演するレギュラー番組は、

・世界の果てまでイッテQ!(日本テレビ系)
・スクール革命!(日本テレビ系)
・内村さまぁ〜ず(TOKYOMXほか)
・痛快TVスカッとジャパン(フジテレビ系)
・にちようチャップリン(テレビ東京系)

主な単独レギュラー特番では、

・うわっ!ダマされた大賞(日本テレビ系)
・そこそこチャップリン(テレビ東京系)
・笑神様は突然に…(日本テレビ系)
・内村カメラ(日本テレビ系)
・LIFE!〜人生に捧げるコント〜(NHK総合)

「特番というのか、ウッチャンは昨年の大晦日に『NHK紅白歌合戦』の司会という大仕事もありましたからね。レギュラーの『イッテQ!』は、視聴率20%超えもある、バラエティ番組の頂点に君臨する番組となりました。MCの仕事が多いですが、NHKの『LIFE!』のように、いまだにコントに拘る姿勢も業界では評価されています」

ナンチャンはどこへ行く

ではナンチャンこと南原清隆(53)はといえば、レギュラー番組は、

・GETSPORTS(テレビ朝日系)
・ヒルナンデス!(日本テレビ系)
・ネタパレ(フジテレビ系)

「お笑い番組は『ネタパレ』くらいで、お笑いに拘り続けるウッチャンと違い、ナンチャンは別な方向を目指しているようにも見えるんです。ただ、それがあまり上手くいっていない。昼番組の顔という一面がありますが、恵俊彰(53)の『ひるおび』(TBS系)に勝てず、『バイキング』(フジ系)にも脅かされる状態です」

それがこれだけのコンビ格差に表れた、ということか。

ウッチャンナンチャンとしての需要は何処へ?このままではダウンタウンとの間に、格差が広がりそうである。

週刊新潮WEB取材班

2018年4月21日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

千鳥・大悟の深酒を心配する声 吉澤容疑者の事件直後にもロケ遅刻

千鳥・大悟の深酒を心配する声 吉澤容疑者の事件直後にもロケ遅刻

テレビ番組は無論、CMにも引っ張りだこで、見ない日はないといわれる漫才師・千鳥。業界での人気もNo.1で、番組に呼びたいタレント1位という。そんな千鳥の人相の悪い方、“ワシ”と自称する大悟(38)に心配の声が囁かれているという。それが“酒”――。 *** 9月10日に放送された「石橋貴明のたいむとんねる」...
出演者からは「パワハラ」松本人志も認めた新番組の過酷さ

出演者からは「パワハラ」松本人志も認めた新番組の過酷さ

ダウンタウンの松本人志(55)が19日、都内で、AmazonPrimeで同日からネット配信された新番組「HITOSHIMATSUMOTOPresentsFREEZE」の記者発表会を行った。 チャレンジャーとして挑んだタレントの諸星和己(48)から「パワハラ」と“糾弾”されるほど過酷な新企...
「訴えたら全員勝てると思う」松本人志の「パワハラ番組」が始動

「訴えたら全員勝てると思う」松本人志の「パワハラ番組」が始動

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が19日、都内で行われたAmazonPrimeOriginal「HITOSHIMATSUMOTOPresentsFREEZE(フリーズ)」配信記念記者発表会に出席した。 モデル、ミュージシャン、芸人など総勢8名に松本とアマゾンの仕掛ける今年...
「歌舞伎をバカにされちゃ困るな!」浜田雅功を尾上右近が一喝

「歌舞伎をバカにされちゃ困るな!」浜田雅功を尾上右近が一喝

ダウンタウンの浜田雅功が18日深夜、毎日放送の「ごぶごぶ」に出演。ゲストの歌舞伎俳優の尾上右近から「歌舞伎をバカにされちゃ困るな!」と一喝された。 今回の相方・右近は次世代を担う歌舞伎俳優のひとり。オープニングの場所、国立文楽劇場(大阪市中央区)の厳かな雰囲気に浜田は「すんごい静かやし...
2018年の「27時間テレビ」平均視聴率は7.3% 歴代ワーストに

2018年の「27時間テレビ」平均視聴率は7.3% 歴代ワーストに

フジテレビ「FNS27時間テレビ」(8日後6・30〜9日後9・54)の27時間を通しての平均視聴率は7・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。2016年の7・7%を下回り、歴代最低を記録した。 1987年のスタートから32回目を迎えた今年は昨年に引き続き、9...
みやぞんが走る意味はどこに?24時間テレビにあった「違和感」

みやぞんが走る意味はどこに?24時間テレビにあった「違和感」

いったい、なんのために走るのか――。 8月25日から26日にかけ、今年も敢行された「24時間テレビ41『愛は地球を救う』」(日本テレビ系)。なかでも恒例のチャリティーマラソンは、今回はANZEN漫才のみやぞん(33)による、「番組史上初」の“33時間”トライアスロンとなり、より過酷さがアップ。みやぞんは見事に...
アンタッチャブル山崎弘也 パパになる陣内智則に強烈イジリ

アンタッチャブル山崎弘也 パパになる陣内智則に強烈イジリ

お笑い芸人の陣内智則(44)が2日放送の日本テレビ「スクール革命!」(日曜前11・45)にゲスト出演。「アンタッチャブル」山崎弘也(42)から強烈なイジりを受けた。 妻でフジテレビの松村未央アナウンサー(32)が11月に女児を出産予定の陣内。番組MCの「ウッチャンナンチャン」内村光良(...
低迷期を乗り越えたダウンタウン、松本人志が失敗を重ねて達した境地

低迷期を乗り越えたダウンタウン、松本人志が失敗を重ねて達した境地

日本テレビ系「ダウンタウンDX」1000回突破記念会見会見に出席した、ダウンタウンの松本人志(左)と浜田雅功=2016年9月8日(写真:日刊スポーツ) NHKでのコント番組、映画監督への挑戦など、30年以上続く芸歴の中で大きな失敗を何度も経験しているダウンタウンの松本人志。しかし、現在も多くのレギュラー...
木梨憲武が胆嚢摘出の所ジョージに代わりMC 「やっとけや」と電話

木梨憲武が胆嚢摘出の所ジョージに代わりMC 「やっとけや」と電話

8月末に胆のう摘出手術を受けたタレントの所ジョージ(63)が、MCを務める19日放送の日本テレビ系「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」を欠席し、親交のあるとんねるずの木梨憲武(56)が代わってスペシャルMCを務めた。 冒頭、佐藤栞里(28)が「最初に一つ残念なお知らせがあります。実は...
窮地に追い込まれたとんねるず パワハラ嫌う風潮とズレ

窮地に追い込まれたとんねるず パワハラ嫌う風潮とズレ

記念スペシャルバラエティー「ハレバレとんねるず略してテレとん」収録「ハレバレとんねるず略してテレとん」の会見であいさつする石橋貴明(左)、木梨憲武=2012年8月15日(写真:日刊スポーツ) 30年近く放送を続けたフジテレビを代表する人気バラエティ『とんねるずのみなさんのおかげでした』(以下、『...
リクライニング巡り議論となった堀江貴文氏の発言 石橋貴明は現場にいた

リクライニング巡り議論となった堀江貴文氏の発言 石橋貴明は現場にいた

20日放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)で、とんねるず・石橋貴明(56)が実業家の堀江貴文氏(45)と同じ新幹線に乗り合わせたときのエピソードを披露し、番組を盛り上げた。 この日の番組は「子どもの頃に森山直太朗がショックを受けたあの歌」という内容で、シンガー・ソングライタ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net