芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「社員糾弾の場」たけし軍団の恐怖の会議 音声データが流出

「社員糾弾の場」たけし軍団の恐怖の会議 音声データが流出

ビートたけし(71)の独立騒動は、4月9日、オフィス北野の森昌行社長(65)が〈お知らせ〉と題した、騒動の収束宣言を発表したことで「一応」の終結を見た。森社長とたけし軍団。いがみ合っていた両者が歩み寄って、再び手を携えていくことで合意し、「大人の解決」が図られた格好である。

だが傍目には、森社長と、彼を〈裏切り〉者扱いして一方的に非難した軍団とが、わだかまりなくやり直すのはそう簡単なことではないように映る。実際、軍団による、森社長をはじめとするオフィス北野の社員への態度は極めて居丈高なものだったのだ。軍団の行動が如何に威圧的だったかを紹介する前に、改めて今回の騒動を振り返っておく。

たけしがオフィス北野から独立し、愛人とされる女性、50代前半の横井喜代子さん(仮名)とともに立ち上げた「T.Nゴン」に移籍することが表面化したのは3月14日。当初、独立の理由は、たけしが、

「軍団を含め、これまで背負ってきたものをいったん下ろしたい。自分の時間を増やしたい」

「社員糾弾の場」たけし軍団の恐怖の会議 音声データが流出 たけし軍団「恐怖の会議」

こう決断したためとされ、円満退社であると伝えられていた。

ところが、独立の背景には横井さんの存在があるのではないか、たけしは彼女に「洗脳」されているのではないかと指摘する関係者が複数いた。つまり円満ではなく、「殿ご乱心」による独立劇だというのである。

すると、殿を傷つけてはいけない、そのためには目先を横井さんから逸らさなければならないと考えたのか、4月1日、突如、ダンカン、つまみ枝豆、グレート義太夫、水道橋博士の4人が一斉にブログを更新し、森社長批判を展開した。

その内容は、さながら個人攻撃とでも言うべきもので、さすがに看過できなかった森社長は本誌(「週刊新潮」)4月12日号で反論。これによって、騒動は「泥沼化」すると報じるメディアも出てくるなか、前記の通り、どうにか「大人の解決」を見たのだった。

騒動発覚前の「話し合い」

一連の経緯を検証すると、火に油を注ぎ、騒動を大きくしたのは軍団の「森社長攻撃」だったことになる。オフィス北野所属のタレントでありながら、公然と社長を批判するという行動に出た軍団。しかもそれは、ブログによる単発的なものではなく、以前から続いていたものだったのである。

「たけしさんの独立は、突然持ち上がったものではなく、前から燻(くすぶ)っていました」

と、ある業界関係者は証言する。

「独立が表沙汰になる1カ月前の2月14日にも、東京・赤坂の貸し会議室でガダルカナル・タカ、ダンカン、つまみ枝豆、水道橋博士といった10人前後の軍団メンバーと、森社長を含むオフィス北野の社員約30人の間で話し合いが持たれています。しかし話し合いと言っても、軍団が一方的に社員を責め立てる『糾弾会』のようなもので、社員の多くは恐怖を感じたそうです」

こうした指摘に対し、軍団側は、〈高額給与を得た社員に対して恫喝したといわれる件について事実無根であると強く抗議〉(4月3日付サンケイスポーツ)した。だが、2月14日の「真実」を突き付けられてもなお、彼らは〈事実無根〉と言い切れるだろうか。

この約40人で行われた会議の音声データが流出し、この度、本誌は業界関係者を通じてそれを入手した。以下、その音声データをもとに「恐怖の会議」の様子を再現する。

「ビートたけし&たけし軍団のために作った会社ですよ!」

2時間超にわたって行われた会議で、軍団は森社長に執拗に謝罪と反省を迫り、社員たちは給料をもらいすぎであると責め立て、同時に自分たちの悲哀を会社のせいにしている。例えばこんな具合だ。

軍団メンバー「そもそも論なんですけど、社長この会社ってどういう意義で立ち上げられた会社ですか?何のために立ち上げた会社ですか?そもそも論なんですけど。この会社がある意味ってなんですか?そもそも。お答えにならないんだったら言いますよ、僕。この会社はビートたけし&たけし軍団のために作った会社ですよ!(机をドンドンと叩く音が響くなか)違いますか?どうですか社長。他のマネージャーさんどうですか?間違えてますか、社長?」

森社長「そこが全部の原点です」

軍団メンバー「ですよね。ビートたけし&たけし軍団のための会社ですよね、事務所ですよね!じゃあ現状を見て、今この現状がビートたけし&たけし軍団のためになってますか!!どうですか、社長」

森社長「そこを抜きにしてオフィス北野って成り立ってない」

軍団メンバー「だからなってますか!!現状として」

森社長「それは具体的な成果を上げられていないチームも、もちろんあるとは思いますけれども」

軍団メンバー「そんなこと聞いてないですよ!なってるのか、なってないのか!!!」

森社長「それは個々によって違うじゃないですか。抱えている問題も境遇も。トータルとして……」

軍団メンバー「なってるのか、なってないのか!」

終始、森社長を詰問する軍団メンバー。これは所属タレントが社長を責め立てている場面であり、物言いも含め、世間の常識では考えられない「逆パワハラ」とさえ言える。

「生のアウトレイジ」

この他にも、会議ではつまみ枝豆が森社長を嘘つき呼ばわりしたり、ある軍団メンバーが社員に対して、

「(給料を)5倍もらってると思うよ。5分の1でいいと思う」

「だって仕事してないから」

と、労働基準法も何もあったものではない給料の80%カットを提案。さらにはガダルカナル・タカが、

「(森社長が)『土下座して、軍団に仕事くださいって(テレビ局等に)言ってくるわ』。そういう方向にきっと行ってくれる人だろうなって我々は思ってた」

と、社長自らによる「土下座営業」まで求めている。

極め付きは、ダンカンが社員に向けて放った次の「脅し」だ。

「覚悟の前にあの、映画でアウトレイジのあの悪、観てるならまだいいけど、生のアウトレイジはきついですよー。本当怖い」

そして、軍団側はこう追い討ちを掛けている。

「芸人舐めちゃいかんよ、本当に」

先の業界関係者が耳打ちする。

「軍団から、あたかも全く仕事もせずに高給を食(は)んでいるかの如くバカにされた社員たちは、いくら何でもそこまで言われる筋合いはないと、相当悔しい思いをしたと聞いています。でも、怖くて反論する余地はなかったそうです」

なお、軍団の中には殿であるたけしの最近の「健康状態」に触れる者もいた。

芸能レポーターの石川敏男氏が呆れる。

「その昔、軍団はたけしさんと一緒にテレビに出られた良き時代がありました。しかし現在、たけしさんはピンで仕事をすることが増え、多くの軍団メンバーは仕事があまりない状況です。これは正直に言って、芸人として彼らの力が不足していることに起因する面がある。軍団は、自分たちを売ってくれないのに社員は給料をもらいすぎだと言いたかったのでしょうが、それはお門違いというものです。売れない自分たちの現実を見つめなければいけません。そもそも、芸人は売れるか売れないか、一か八かの世界を生きているわけですからね」

「週刊新潮」2018年4月19日号掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

たけし軍団によるオフィス北野社員への「糾弾」音声を新潮が入手

たけし軍団によるオフィス北野社員への「糾弾」音声を新潮が入手

ビートたけし(71)独立にまつわる騒動は、4月9日にオフィス北野の森昌行社長(65)が発表した〈お知らせ〉と題する宣言によって、「一応」の終結を見たが……。今回「週刊新潮」は、軍団とオフィス北野が行った話し合いの音声を入手。収められたやり取りから見えてくるのは、わだかまりなく“溝”を埋めることは...
「運転資金を残してくれた」ビートたけしの独立めぐる「美談」にウソか

「運転資金を残してくれた」ビートたけしの独立めぐる「美談」にウソか

3月いっぱいで所属事務所を退社し、「T.Nゴン」へ移籍したビートたけし(71)。その代表取締役が、かねてより愛人と報じられていた18歳年下の横井喜代子さん(仮名)である。関係者から「洗脳」「早く目を覚まして」といった声が挙がる独立騒動の真相は――。 *** 「横井さんは、オフィス北野に所属するラグ...
「才能が潰されてしまう」ビートたけしの恩人が愛人関係に懸念

「才能が潰されてしまう」ビートたけしの恩人が愛人関係に懸念

このたびのビートたけし(71)の独立騒動には、複数の関係者の口から「洗脳」との言葉が飛び出す。18歳年下の愛人と会社を設立した時期から、“殿ご乱心”の兆しが見られたという……。 *** 3年前にたけしと共に「T.Nゴン」なる会社を立ち上げた愛人・横井喜代子さん(仮名)は、現在50代前半。銀座でホステス...
ビートたけしの離婚調停発言に妻・幹子夫人が猛反論

ビートたけしの離婚調停発言に妻・幹子夫人が猛反論

「“いだてん”って何ですか?」 夫の活躍ぶりをこう一笑に付すのは、ビートたけし(71)の妻・幹子夫人(67)。 たけしは現在、NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリンピック噺〜』で“落語の神様”と呼ばれた古今亭志ん生を怪演中だ。そんななか、元日発売の『スポーツニッポン』で“たけし離婚調停”という見出しが...
ビートたけしと共演NG扱い THE MANZAIにハチミツ二郎がかけた思い

ビートたけしと共演NG扱い THE MANZAIにハチミツ二郎がかけた思い

本来、芸人とは日常生活の埒外に棲息する人間たちである。舞台の上に立つ彼らの目は醒めている。客席の機微を肌で感じながら、ネタを調節して笑いを取っていく。彼らには?笑われているのではない、芸で笑わせているのだ?という強い矜持がある――これはノンフィクション作家・田崎健太がベテラン芸人に取材し、...
離婚調停報道のビートたけし 妻・幹子さんとの関係を「精算」か

離婚調停報道のビートたけし 妻・幹子さんとの関係を「精算」か

タレント・ビートたけし(71)が幹子夫人(67)と離婚調停に入っていると、一部スポーツ紙が報じた。 記事によると、家庭裁判所に調停を申し立てたのはたけし。現在は双方が代理人を立てて話し合いを進めており、不調に終わった場合は早ければ今春にも離婚裁判に入るとのこと。幹子さんの元に調停期日通知書が...
ビートたけしが離婚調停か 不調に終われば今春に裁判へ突入

ビートたけしが離婚調停か 不調に終われば今春に裁判へ突入

2018年は所属事務所からの独立騒動で注目を集めたビートたけし(71)が幹子夫人(67)と離婚調停に入っていることが31日、分かった。関係者によると、たけしが家庭裁判所に調停を申し立てた。不調に終われば、早ければ今春に離婚裁判に突入する。愛人とされる女性パートナーと新事務所を立ち上げ、...
オフィス北野の稼ぎは激減 笑えない状況に2019年も存続できるか

オフィス北野の稼ぎは激減 笑えない状況に2019年も存続できるか

12月26日深夜、ビートたけし(71)とたけし軍団メンバーによる深夜の生放送企画「ビートたけしの独立してマージン分ギャラ下げるからあと2回ヤラせてTV」(TBS系)が放送された。 たけしといえば今年3月に「オフィス北野」から独立し、新会社「T.Nゴン」を設立した。 同番組にはオフィス北野から同社に合流し...
M-1騒動で振り返る芸人同士の確執 上沼恵美子は明石家さんまと不仲説?

M-1騒動で振り返る芸人同士の確執 上沼恵美子は明石家さんまと不仲説?

「事実上、相手にしていない」 「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」武智(40)が上沼恵美子(63)に暴言を吐いた問題で、上沼が「謝罪は結構」との意思を表明した。騒動の沈静化には遠い状況だ。 *** 一時期、久保田と武智の謝罪を、多くのメディアは“確定事項”、“折り込み済み”...
江口ともみ「怖かったよぉ」高速道路で幅寄せ被害

江口ともみ「怖かったよぉ」高速道路で幅寄せ被害

たけし軍団のつまみ枝豆(60)の妻でタレントの江口ともみ(50)が、東名高速道路を車で走行中、トラックの危険運転により「死ぬほど怖かった」という恐怖体験をつづった。 江口は4日更新のブログで、昨年6月に東名高速で起きた「あおり運転」による事故の裁判が始まったことに触れるとともに、「昨日東名高速...
ビートたけしの愛人と軍団の芸人に軋轢 水道橋博士にはパワハラか

ビートたけしの愛人と軍団の芸人に軋轢 水道橋博士にはパワハラか

(全4枚) 妻と離婚できず、愛人に振り回され…、“天才たけし”に戻ってほしい! 韓国での仕事から戻った二人は、周囲を警戒しながら迎えの車に乗り込み、たけしの自宅へ帰っていったやや肌寒いとある夜の9時過ぎ、成田空港の到着ロビーに大きなマスクを着けたショートヘアの女性が姿を現した。ビートたけし(71)の...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net