芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

山口達也の書類送検 被害者叩きに見る「認知のゆがみ」

山口達也の書類送検 被害者叩きに見る「認知のゆがみ」

過熱報道を見て思うこと

人気グループTOKIOの山口達也メンバーが、女子高校生に対する強制わいせつ容疑で書類送検された。

歴史的な南北首脳会談の前日であるにもかかわらず、ワイドショーばかりかニュース番組もこれをトップで報じ、本人の謝罪会見の場面が長々と流された。

国民的人気グループのメンバーによる性犯罪容疑というのは、確かにショッキングであるし、復興支援や東京オリンピック・パラリンピックなどに関する活動も行っているため、多方面に影響を及ぼす事態であることはわかる。

しかし、それにしても、隣国の歴史的イベントであり、わが国にとってもわれわれ自身の生命や安全がかかっている朝鮮半島の核問題や、拉致家族問題の解決が大きく動き出すかもしれない会談よりも、これが大事なニュースなのだろうかと、毎度のこととはいえ呆れてしまった。

さらに、被害者やその家族にしても、どのチャンネルに変えてもこれだけ長々と見たくもない顔が流れていたのでは、さらにその傷を深めてしまうのではないか。

メディアは、被害者の味方を装って責め立てるが、被害者のことを第一に思うならば、もっと節度のある報道をすべきである。

甘すぎる現状認識、不誠実な態度

会見の内容にしても、首を傾げざるをえない場面が多々あった。

真摯に反省していることは伝わってきた。その中で、感極まって泣いてしまうのは仕方ないが、終始泣いてばかりで言葉が不明瞭になりがちだった。

これでは、行動だけでなく感情のコントロールもできないのだろうかと思わせるほどだった。

自らの責任を感じているのならば、きちんと相手に伝わるように誠実に、そして明確に話をすべきである。

そして、肝心なところは「酔っていたのでおぼえていない」「捜査中なので話せない」などと発言を回避する部分が多かった。

もちろん、被害者のプライバシーにかかる部分もあると思われるので、詳細を話せないこともあるだろう。自己を守る権利もあるので、何もカメラの前で不利益になることをすべて話す義務はない。

とはいえ、酒のせいにして、自分の責任をあいまいにするのは誠実な態度と言えるだろうか。以前にも酒のうえでいくつもの不祥事を起こしていたと報じられているが、それが事実ならば、なおさらである。

過去の失敗から学び、酒との付き合い方やふるまい方を改めるのが責任ある大人の態度というものだろう。この期に及んで、酒のせいにするのではなく、長年の飲酒問題を放置しておいた自分の責任、そしてこのような事態を招いてしまった責任について言及すべきだろう。

また、自らの行為について会見では、「酒に酔ってキスをしてしまいました」と述べているが、同意のない相手に無理やりに性的行為をすることは、れっきとした「性暴力」である。

キスというのは、同意のある者同士が行うものであって、それを同列に述べてはならず、はっきりと区別するべきである。

あるタレントが「泥酔してキスを強制したことはわいせつ行為???」「たかがキスでしょ」「うがいして帰ってくればよかったのでは」などとツイートしているが、見当違いも甚だしい。

何より一番驚いたのは、「またTOKIOとしてやっていきたい」「戻れる場所があるなら戻りたい」と今後の希望を述べた点である。そのような楽観的希望を持つのは自由だが、この時点で言うべきではない。あまりにも時期尚早だ。

報道されていることが事実であるならば、事務所を解雇されてもおかしくはない事件である。自ら行ったとされることへの認識が甘すぎるし、これではいくら口で反省していると言っても、すべてが台無しである。

アルコール依存症なのか

山口メンバーについては、かねてからアルコール依存症の疑惑がたびたび報道されていた。

2年前の2016年に離婚に至ったのも、顔を腫らして眼帯をしてテレビに出たのも、アルコールが原因ではないかとの憶測を呼んだことがある。

今回の会見でも、アルコールで体調を崩して入院していたが、病院を退院した当日の事件であることが明らかになった。退院した日に、正体がなくなるほどに飲酒をし、挙句の果てに事件を起こしてしまうというのは、尋常ではない。

断片的な事柄をもとに安易に決めつけるのは控えるべきであるが、やはり飲酒に対するコントロールを喪失している可能性がきわめて高い。端的に言えば、アルコール依存症の疑いが濃いということである。

会見では、今後の飲酒についても問われていたが、「今は飲まないと決めているが、今後のことはわからない」としか答えられず、将来のことについては言葉を濁し、未練が相当あることがうかがえた。

〔PHOTO〕iStock

さらに、「アルコール依存症であるとは思わない」と否定もしていた。

アルコール依存症の症状の1つが、「問題の否認」であると言われている。

酒のうえで数々の問題を起こしているのもかかわらず、それに直面できず、自らの飲酒に問題はないと認識してしまう、いわば「認知のゆがみ」である。この会見では、それが如実に表れていたと見ることができるだろう。

アルコール依存症の克服は、並大抵のことではない。

少し入院すれば、体調のほうは回復するかもしれないが、今回のように退院するや否や大量に飲酒をしてしまうことから考えても、症状は相当進んでいるとみるべきで、10年20年単位で治療にコミットする必要がある。

「復帰」を口にするのであれば、その先のことであろう。

なぜ強制わいせつに及んだのか

さらに、1つはっきりしておくべきことは、アルコール問題と「性犯罪」は別物だということである。この事件においても、この2つはきちんと分けて考えるべきである。

アルコール依存症患者は、わが国では100万人を超えているが、言うまでもなく彼らのほとんどは性犯罪とは無縁である。

酩酊下で暴力行為に及んだり、性犯罪に及んだりする者も確かにいるが、それは元来、そうした問題性を有していたからだとみるべきである。

その問題性とは、暴力を肯定する価値観であったり、女性を性的対象としか見ない態度であったり、社会の規範やルールに対する甘い認識であったりする。

例えば、本人は会見のなかで、被害者について「好感の持てる方で、話が合う」と述べていたが、50歳前の中年男が高校生に対して述べるコメントとしては異様だ。

彼はかつてアイドルとしてちやほやされ、今でも若いつもりでいたかもしれないが、相手からみれば50歳近いオッサンであり、おそらく父親よりも年上の存在だろう。

それを自覚していないからこそ、「相手も好意を抱いているはずだ」などと、独りよがりな思い込みをし、自宅に誘ったり、性的な接触を持とうとしたりしたのではないだろうか。

これもまた「認知のゆがみ」である。

一番やってはいけないこと

ところで、この事件を受けて、テレビやネットではさまざまな意見が飛び交っているが、一番やってはいけないことは、被害者を叩くことである。

すでにあるテレビ番組で、往年の演歌歌手が「被害者も悪い」と臆面もなく言ってのけたことが批判を呼んでいる。

百歩譲って、軽率だったのかもしれないが、相手はまだ高校生である。

大スターから誘われたら、舞い上がってしまうかもしれない。あるいは、普段は父親のように慕っていた存在が、いきなり襲ってくることなど夢にも思わなかったのかもしれない。将来芸能界を夢見る少女だったとすれば、無下に断ることができなかったのかもしれない。

どんな性犯罪でも、被害者が悪いことは絶対にない。どんな事情があったにせよ、同意のない相手に性暴力に出ることが許される理由など1つもない。加害者が100%悪い。

それでなくても、被害者は自分にも非があったのではないかと思い、罪悪感に苛まれることが多い。

私自身、病院や刑務所で何百人もの性犯罪者の治療に携わってきた。

そのなかで、痴漢常習者は「相手も喜んでいると思う」「あんな短いスカートをはいているのは、触ってくれと言っているようなものだ」と言うし、小児性愛者は「相手から誘われた」「愛情の印だった」などと平気で言うことがある。

被害者の非を責め立てる者は、加害者と同じ「認知のゆがみ」をもっていることを告白しているのと同じである。

〔PHOTO〕iStock

これからの長い道のり

山口メンバーは、飲酒問題を放置していたことで、未成年を傷つけ、多くの人に多大な迷惑をかけ、大きすぎる代償を払ってしまったわけであるが、彼に今後立ち直る道があるとすれば、まずは自分の問題と向き合うことである。

以前にも書いたことがあるが、もし依存症なのであれば、依存症に打ち勝つための最初の一歩は、「負けを認める」ことである。

「自分の手には負えない」と負けを認めてはじめて、アルコールに勝つための戦いの長い道のりのスタート地点に立つことができる。

そして、その次には誰かに頼ることである。それは依存症治療の専門家だったり、「断酒会」など、すでに長い時間をかけてアルコールと戦ってきた「先輩」だったりする。

そして何より、許してもらえるかどうかわからないが、すばらしい仲間もいる。

どんな過ちを犯した者であっても、立ち直れないことは絶対にない。ただ、その方向を誤らないでほしい。

彼はTOKIOである前に、1人の人間なのだから、TOKIOに戻る戻らないということよりも、まずは被害者に対する償いをし、壊してしまった信頼関係や友情を修復することが先決だろう。

TOKIOには戻れなかったとしてても、罪を償って1人の人間としての尊厳を取り戻し、友情を回復することはできるだろうし、そのほうがずっと大事なことではないだろうか。

それを差し置いて「TOKIOに戻りたい」などと言ってしまうことは、問題の重大さがわかっていない証拠であるし、自分の進むべき方向が見えていないことの証拠でもあるだろう。

関連芸能ニュース

久々に名前出た塩谷瞬 投資被害の陰で行っていた意外なこと

久々に名前出た塩谷瞬 投資被害の陰で行っていた意外なこと

今から6年前に二股騒動が発覚し、涙の謝罪会見を行ったイケメン俳優の塩谷瞬(36)。 最近はすっかり名前が聞こえてこなかったが、発売中の「週刊新潮」(新潮社)で投資被害にあっていいたとの報道が浮上。配当金でのトラブルを抱える投資会社に、3,000万円もの社債を申し込んでいたという。 同誌によると、...
「死んだら負け」の主張曲げない松本人志 Twitterで相次ぐ反論

「死んだら負け」の主張曲げない松本人志 Twitterで相次ぐ反論

10月14日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、アイドルグループ「愛の葉Girls」メンバー・大本萌景さんの自殺について「死んだら負け」と発言した松本人志(55)。 この発言が物議を醸すなか、10月17日に松本は以下のようにツイートした。 《自殺する子供をひとりでも減らすため【死んだら負け】をオ...
水原希子 大手クライアントを猛激怒させた「インスタ大炎上」の舞台裏

水原希子 大手クライアントを猛激怒させた「インスタ大炎上」の舞台裏

米映画・ファッション業界では昨秋以来、セクハラ被害者がSNSなどで「私も!」と次々告発する「#MeToo」運動がお盛んだ。名指しされた大物俳優やプロデューサー、カメラマンらが続々と窮地に立たされている。それに便乗するような形で、散々お世話になった大手クライアントを猛激怒させてしまったの...
カンニング竹山「酒飲んでた?」慶応生逮捕の事件で被害者に疑問

カンニング竹山「酒飲んでた?」慶応生逮捕の事件で被害者に疑問

17日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」は、慶応大学2年の渡辺陽太容疑者(22)が女子大生暴行の疑いで逮捕された事件を詳報した。 渡辺容疑者は2016年の「ミスター慶応」コンテストに出場し、ファイナリストにまでなった容姿の持ち主。番組では実家が港区元麻布の高級住宅街にあると報道...
「アメフトやめます」と「戻りたい」 日大選手と山口達也氏の会見の差

「アメフトやめます」と「戻りたい」 日大選手と山口達也氏の会見の差

アメリカンフットボールの悪質タックル問題で、関学大選手にけがをさせたプレーをした日大の宮川泰介選手(20)は、記者会見の中で被害選手らに謝罪し、「この先、アメリカンフットボールをやるつもりもありません」と断言した。取材陣から類似の質問が複数飛んだが、ブレることなく、同様の答えを繰り返した...
山口達也の退所にネットで様々な声 「まだホコリ出る?」と闇疑う声も

山口達也の退所にネットで様々な声 「まだホコリ出る?」と闇疑う声も

TOKIOの山口達也メンバー(46)が脱退、ジャニーズ事務所を退所することになり、インターネットの掲示板やツイッターなどには、山口メンバーの今後を気にするコメントで溢れている。 山口メンバーの退所は2018年5月6日に、所属していたジャニーズ事務所が発表。TOKIOの4人のメンバーも連名でコメントを発表し...
「なんで終わりにしないの?」TOKIO会見に和田アキ子が感じた疑問

「なんで終わりにしないの?」TOKIO会見に和田アキ子が感じた疑問

山口達也メンバー(46)が起こした女子高校生への強制わいせつ事件で、同メンバーたを除く「TOKIO」の4人が記者会見を開いたが、和田アキ子さん(68)は「何の会見か分からなかった」と疑問を呈した。 「自分たちは頑張りますということなんだから、それでいい」として、連日メディアで報じられること自体に否...
「山口達也」書類送検で判明した民放テレビの明暗

「山口達也」書類送検で判明した民放テレビの明暗

TOKIO山口達也(46)の強制わいせつ騒動は、民放各局の報道姿勢を分析すると、その後の明暗が見えてくる? *** 山口の書類送検が判明したのは4月25日。その翌日は各局とも、ワイドショーやニュース番組で報じて大騒ぎとなったが、新聞のラテ欄(ラジオ・テレビ番組表)には微妙な温度差が表れた。 民放がこ...
Rの法則打ち切りでNHKがジャニーズに損害賠償請求「決着した」

Rの法則打ち切りでNHKがジャニーズに損害賠償請求「決着した」

NHKが12日、東京・渋谷の同局で定例会長会見を行い、元TOKIOの山口達也氏(46)が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検(のちに起訴猶予処分)されたことを受け、打ち切りになったEテレ「Rの法則」(月〜木曜後6・55)に関連した問題で、ジャニーズ事務所側への損害賠償請求をすでに行い...
吉澤ひとみ被告の入院先 山口達也氏も一時期利用したセレブ病院か

吉澤ひとみ被告の入院先 山口達也氏も一時期利用したセレブ病院か

周囲には水田も広がる、東京郊外の心療内科専門病院。治療にも適した静かな環境だが、9月末はいつもとは異なる緊張感に包まれていた。近隣には中継車が停車しており、遠くからテレビカメラで建物を撮影するスタッフの姿も。彼らは元モーニング娘。の吉澤ひとみ被告(33)の姿をキャッチするため、集結していた...
「Rの法則」打ち切りの損害賠償 NHK放送総局長が言及

「Rの法則」打ち切りの損害賠償 NHK放送総局長が言及

NHKの放送総局長の定例会見が19日、東京・渋谷の同局で行われた。 元TOKIOの山口達也(46)が未成年への強制わいせつ容疑で書類送検(起訴猶予処分)されたことを受け、5月に放送終了となったEテレ「Rの法則」(月〜木曜・後6時55分)の後番組として、お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄...
Jr.へのギャラ支払いが遅れ…滝沢秀明がジュリー副社長に激怒した過去

Jr.へのギャラ支払いが遅れ…滝沢秀明がジュリー副社長に激怒した過去

《自分たちはこれからの人生をどう歩んでいくべきなのか自問自答し、事務所とも話し合いを重ね、最終的には2人で話し合い、この度、CDデビューから16年を迎えた9月10日をもってタッキー&翼は解散という道を選ぶことに致しました》 【写真】高級クラブから出てきた、今井翼と滝沢秀明 『タッキー&翼』の活動...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net