芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「嫌な人ほど年収が高い」林修先生の解説に共感相次ぐ

「嫌な人ほど年収が高い」林修先生の解説に共感相次ぐ 4月27日に放送された『初耳学』(TBS系)に予備校教師の林修が出演。現代は良い人が損をし、嫌な人ほど得をする社会構造にあると説明した。

まず、林は「嫌な人ほど年収が高くなる理由」を解説。「良い人より、嫌なヤツの年収は100万円高い。短期的に見ると、嫌なヤツのほうがうまくいく研究はたくさん示されている」とし、「懸命に働くより(偉い人に)ゴマをするほうが効果的」と説いた。

林は「『お世辞を言ってもいつかはバレる』というが、実際にゴマをすることが、どのくらい効果があるのか研究した人がいる。その結果、どんなに見え透いたゴマすりでも、ゴマをすることに効果があった」と下手なゴマすりであっても役に立つと説明。「ゴマはすり続けたほうが、効果は絶大なんです」と続け、スタジオ内を驚かせた。

ネット上では「確かに口がうまい人のほうが出世してる」「やっぱり仕事はコミュ力だな」「良い人が損をするのはガチ」など、林の主張に共感する意見が多く寄せられた。

先日、ビジネスマンへの豊富な取材経験のある、ノンフィクション作家でジャーナリストの松浦晋也氏が、自身のツイッターで現代社会の「出世」について語っていた。

松浦氏は「過去30年以上の取材生活で何度か見た、『一番無能な奴が、無能故に仕事を割り振られず、その結果失敗せずに、自分は有能だという意識のままに昇進してトップに立ってしまう現象』って、ほんとなんとかならんもんかな、と思う。」とツイート。減点主義考課って、一番ダメなのが一番偉くなったりするんだよ、と、仕事ができない人ほど出世する可能性が高い旨の投稿をし、ネット上で大きな反響を呼んだ。

「働き方改革」の必要性が叫ばれているが、「長時間労働」と「女性の働きやすさ」ばかりに主眼が置かれている。

もちろん、この2つは早急に改善すべきだ。ただそれ以上に、仕事ができる人がきちんと評価されるような人事制度も検討していく必要がありそうだ。

記事内の引用について
松浦晋也氏の公式twitterより
https://twitter.com/ShinyaMatsuura

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「底辺芸人」のTV向きでない芸風 好きなことをして食える幸せ

「底辺芸人」のTV向きでない芸風 好きなことをして食える幸せ

「底辺芸人」が見つけた、ただひとつの生き方とは(撮影:今井康一) 偏差値の高い大学に入って、有名な会社に就職し、出世コースを歩む。世の中的に、いわゆる「成功者」と呼ばれる生き方だ。お笑い芸人でいうと、大きなコンクールで賞を取り、テレビのゴールデン番組に出演し、レギュラーを何本も持つような...
W杯を見ないのは非国民?熱狂の裏で「はよ終われ」との声も

W杯を見ないのは非国民?熱狂の裏で「はよ終われ」との声も

コロンビア、セネガルと世界の強豪を相手に大健闘を続ける日本代表。テレビ中継の視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)でも、コロンビア戦が48.7%、セネガル戦は深夜にも関わらず30.9%と驚異的な数字を叩き出している。 しかし、裏を返せば国民の半分以上はワールドカップを見ていないというのも事実だ。実...
ビートたけし、過去に女性問題で幹子夫人に土下座 高信太郎氏が明かす

ビートたけし、過去に女性問題で幹子夫人に土下座 高信太郎氏が明かす

芸人のトップを走り続け、映画界では世界のキタノとなった。そんな男が、人生の終盤で求めたのは「気の置けない愛人と過ごす心の安らぎ」だったのか。突然の独立劇の裏にあるたけしの心情を探った。 愛人の居場所をつくった 「たけちゃんには、たったひとことこう言いたいね。『バカやろう。格好いいじゃねぇ...
能年玲奈、レプロエンタテインメントは所属タレントとして掲載

能年玲奈、レプロエンタテインメントは所属タレントとして掲載

「ひらがな表記の芸能人、何人思いつきますか?」という問題に、「のん」と答えた東大生が不正解に――。 *** 12月3日に放送されたクイズ番組「東大王★2時間半SP★豪華芸能人12人が天才東大生にクイズで勝ったら100万円!」(TBS系)。現役東大生の4人に芸能人チーム12名がクイズで挑む――という最近流行の“東...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net