芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「順調に完治している」顔面を30針縫う大けがをした梅宮辰夫

「額の下の動脈を切ってしまったものだから出血が多量でしてね。でももう大丈夫です、順調に完治しております」

【写真】父、娘、孫の3ショット

そう話すのは、俳優の梅宮辰夫(80)。今年3月15日、顔面を30針縫う大怪我に見舞われたのだ。

◆◆◆

その日、初のディナーショー「梅宮辰夫生誕80年・芸能生活60年を祝う会」が東京プリンスホテルで予定されていた。

ホテルに到着した際、足を滑らせて頭から転倒し、顔面を強打。救急車で病院に運ばれた。

病院で検査、処置を受けたあと、「お客様がいるかぎり這ってでも!」と会場に戻り、リハーサルなしでディナーショーを“強行”した。

「順調に完治している」顔面を30針縫う大けがをした梅宮辰夫
絆創膏が痛々しい(日テレ「NEWSZERO」より)

「ステージに登場した梅宮さんは、顔面に大きな絆創膏を貼りサングラス姿でした。会場のお客は息を飲みましたが、『笑っておくれ、きょうはオペラ座の怪人でいくよ』と笑わせたうえで、往年の名曲『ダイナマイトロック』を歌いあげたんです。

美川憲一や錦野旦、出川哲朗などゲストも多彩で、3時間ほど盛り上がりました」(芸能記者)

同月23日には抜糸し、26日からは予定されていたハワイへの家族旅行に出かけていた。

梅宮本人が語る。

「結婚式を挙げた45年前からハワイに行っているんですが、人口も車もビルも増えて、小鳥のさえずりや花の匂いがしなくなって。『ハワイってこうじゃなかったんだけどな』と失望しましたね。家族で行けたのはよかったですけれど、これが最後になるかななんて言いながら帰ってきましたよ。ハッハッハ!」

アンナに「早くヨメに行けよ!」

ディナーショー当日、客席でショーを見守った娘・梅宮アンナ(45)が、「梅宮辰夫の娘でよかったです」と言葉を贈ると、照れ隠しなのか、「早くヨメに行けよ!」と返す場面もあった。

「そうですね、やっぱり孫がいますからね。孫のために、ぜひそうなってほしいと思いますよ」(梅宮)

2001年6月に結婚した娘のアンナは約2年後に離婚。孫娘で現在16歳の百々果さんは、当時1歳になったばかりだった。

「僕はね、父親のつもりで接してきたつもりなんですけどね。父親とお爺ちゃんという立場は、どうしても開きがありますからね……。早くパパができた方がいいなという思いはあります。孫のためにはね(笑)」(同前)

おととしには、十二指腸乳頭部がんで11時間にも及ぶ大手術を経験した。

「気を付けてはいるんですが、たまにウッカリしたときに転ぶことはありますよね。年寄りになったらしょうがないですね。

元気だし、食べ物もお酒もまったく制限はないんです。でも昔に比べたらやっぱり食欲も減ったし、(一昨年の)手術の前までは酒も1日も欠かすことがなかったんですけど、いまは週のうち3回くらいですかね、アルコール飲むのは。

今?アサヒのドライゼロっていうの(ノンアルコールビール)が美味しいですよ!どのみち僕はビール程度で酔わないのでこれでも同じなんですね。アルコールが入ってないから、これなら朝から飲みます(笑)」(同前)

芸能生活60周年を迎え今後の予定を問うと、こんな答えが。

「いまの芸能界は夢がないんで、何かやろうという意欲がわきませんね」(同前)

そう毒づく梅宮の声は、すっかり“不良番長”のそれに戻っていた。

(「週刊文春」編集部)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

保阪尚希ドラマギャラ1時間500万円「止め役」で大儲け

保阪尚希ドラマギャラ1時間500万円「止め役」で大儲け

俳優の保阪尚希が、3月21日放送の『イッテンモノ』(テレビ朝日系)に出演した。 番組冒頭で、司会の千鳥・ノブから「デビューは19歳のとき」と紹介された保阪は、「フジテレビさんの『このこ誰の子』(1986年)で主役をいただいて。これがデビューってなっているんですけど、実際はもっと前から。13歳から芸...
梅宮辰夫の大けがにアンナ「びっくりした」美川憲一「尊敬します」出川哲朗「こんな日に…」

梅宮辰夫の大けがにアンナ「びっくりした」美川憲一「尊敬します」出川哲朗「こんな日に…」

俳優の梅宮辰夫(80)が15日、東京・港区の東京プリンスホテルで初のトーク&ディナーショー「梅宮辰夫生誕80年・芸能生活60年を祝う会」を行う前に、ホテル内で転倒し、額を30針縫うなどの大けがを負った。都内の病院で処置をした後に、ディナーショーを行った。 梅宮アンナ「午後2時くらいに母...
梅宮辰夫がイベント直前にケガ 顔面30針縫い登場「這ってでも」

梅宮辰夫がイベント直前にケガ 顔面30針縫い登場「這ってでも」

俳優の梅宮辰夫(80)が15日、都内のホテルで生誕80年・芸能生活60年を祝う会を開催したが、会場入りの際に転倒し、額を30針縫うなど大ケガを負った。すぐに病院に運ばれたが、「お客様がいる限り、這(は)ってでも行く」と処置を受けて会場に戻り、約3時間の会の主役を務め上げた。 梅宮が登場...
車が宙を舞い崖に激突 タモリが明かした学生時代の大事故秘話

車が宙を舞い崖に激突 タモリが明かした学生時代の大事故秘話

NHKの近江友里恵アナウンサーの「ブラタモリ」(土曜、後7・30)最終回となる宮崎編が24日に放送された。近江アナは4月から、博多華丸・大吉とともに「あさイチ」(月〜金曜、前8・15)の司会を務めるため、放送100回目の記念回となったこの日をもって番組を卒業する。 堀切峠にやってきた時...
紅白での櫻井翔の異変はケガと憶測も 現場を取材した記者の意見は

紅白での櫻井翔の異変はケガと憶測も 現場を取材した記者の意見は

「整形?」「ケガ?」「オッサン化?」などと憶測を呼んでいる「NHK紅白歌合戦」における嵐の櫻井翔の“顔面問題”。ファンの間ではリハーサルで舞台から落ちた、ということで収束しつつあるようだが、リハを見ていた記者は「そんなことはなかった」と証言する。 *** アイドルとはいえ、もうすぐ36歳の櫻井翔...
紅白歌合戦での櫻井翔の顔に異変?ケガをしたのではと憶測も

紅白歌合戦での櫻井翔の顔に異変?ケガをしたのではと憶測も

白組優勝で幕を閉じた『第68回NHK紅白歌合戦』。今回も多くのアーティストが出演、さまざまな演出やコラボなどが行われたが、放送後、ネットで注目された話題は主に3つとなった。 安室奈美恵が白すぎ 2018年9月での引退を表明し、出演が注目されていた安室奈美恵。NHKホールの司会者とは中継で会話をし、白い...
事件から9年の酒井法子の現在「何げない日々に幸せを感じる」

事件から9年の酒井法子の現在「何げない日々に幸せを感じる」

“のりピー”が贖罪(しょくざい)の道を誠実に歩んでいる。女優の酒井法子(47)が有罪判決を受けたのは2009年。12年11月に芸能界に復帰し、地に足をつけた活動で徐々に仕事の幅を広げてきた。現在の様子や心境、ファンへの感謝の思い、意外なマイブームなど赤裸々に語った。(取材・田中俊光) デ...
堅実で超努力型 木村拓哉の次女・光希の「2世の壁」壊す強さ

堅実で超努力型 木村拓哉の次女・光希の「2世の壁」壊す強さ

◇キムタク&静香次女、コウキがモデルデビュー 【記者の目】光希ちゃんには、母・工藤静香のディナーショー後に何度か会ったことがある。誰もが目を奪われる非凡な容姿の印象とは違い、堅実で地道に努力するタイプ。フルートのコンクールで優勝したこともある姉の心美ちゃん(17)の方がおおらかな印象だ。...
「ぼくは病気に感謝してる」亡くなった西城秀樹さんが生前遺した言葉

「ぼくは病気に感謝してる」亡くなった西城秀樹さんが生前遺した言葉

歌手の西城秀樹さんが5月16日、急性心不全で亡くなりました。享年63。 【写真】1978年日本武道館で行われた東京音楽祭世界大会で熱唱する西城秀樹さん 西城さんは2度の脳梗塞を経験していました。48歳のときに倒れ、生活を改善して予防に努めたにもかかわらず、56歳で再発。2度とも言葉を発しにくい後遺症が出...
西城秀樹さんが63歳で死去 急性心不全のため

西城秀樹さんが63歳で死去 急性心不全のため

「傷だらけのローラ」「YOUNGMAN」などのヒットで知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなったことが17日に分かった。63歳だった。広島市出身。2003年と11年に脳梗塞を発症、...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net