芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「順調に完治している」顔面を30針縫う大けがをした梅宮辰夫

「額の下の動脈を切ってしまったものだから出血が多量でしてね。でももう大丈夫です、順調に完治しております」

【写真】父、娘、孫の3ショット

そう話すのは、俳優の梅宮辰夫(80)。今年3月15日、顔面を30針縫う大怪我に見舞われたのだ。

◆◆◆

その日、初のディナーショー「梅宮辰夫生誕80年・芸能生活60年を祝う会」が東京プリンスホテルで予定されていた。

ホテルに到着した際、足を滑らせて頭から転倒し、顔面を強打。救急車で病院に運ばれた。

病院で検査、処置を受けたあと、「お客様がいるかぎり這ってでも!」と会場に戻り、リハーサルなしでディナーショーを“強行”した。

「順調に完治している」顔面を30針縫う大けがをした梅宮辰夫
絆創膏が痛々しい(日テレ「NEWSZERO」より)

「ステージに登場した梅宮さんは、顔面に大きな絆創膏を貼りサングラス姿でした。会場のお客は息を飲みましたが、『笑っておくれ、きょうはオペラ座の怪人でいくよ』と笑わせたうえで、往年の名曲『ダイナマイトロック』を歌いあげたんです。

美川憲一や錦野旦、出川哲朗などゲストも多彩で、3時間ほど盛り上がりました」(芸能記者)

同月23日には抜糸し、26日からは予定されていたハワイへの家族旅行に出かけていた。

梅宮本人が語る。

「結婚式を挙げた45年前からハワイに行っているんですが、人口も車もビルも増えて、小鳥のさえずりや花の匂いがしなくなって。『ハワイってこうじゃなかったんだけどな』と失望しましたね。家族で行けたのはよかったですけれど、これが最後になるかななんて言いながら帰ってきましたよ。ハッハッハ!」

アンナに「早くヨメに行けよ!」

ディナーショー当日、客席でショーを見守った娘・梅宮アンナ(45)が、「梅宮辰夫の娘でよかったです」と言葉を贈ると、照れ隠しなのか、「早くヨメに行けよ!」と返す場面もあった。

「そうですね、やっぱり孫がいますからね。孫のために、ぜひそうなってほしいと思いますよ」(梅宮)

2001年6月に結婚した娘のアンナは約2年後に離婚。孫娘で現在16歳の百々果さんは、当時1歳になったばかりだった。

「僕はね、父親のつもりで接してきたつもりなんですけどね。父親とお爺ちゃんという立場は、どうしても開きがありますからね……。早くパパができた方がいいなという思いはあります。孫のためにはね(笑)」(同前)

おととしには、十二指腸乳頭部がんで11時間にも及ぶ大手術を経験した。

「気を付けてはいるんですが、たまにウッカリしたときに転ぶことはありますよね。年寄りになったらしょうがないですね。

元気だし、食べ物もお酒もまったく制限はないんです。でも昔に比べたらやっぱり食欲も減ったし、(一昨年の)手術の前までは酒も1日も欠かすことがなかったんですけど、いまは週のうち3回くらいですかね、アルコール飲むのは。

今?アサヒのドライゼロっていうの(ノンアルコールビール)が美味しいですよ!どのみち僕はビール程度で酔わないのでこれでも同じなんですね。アルコールが入ってないから、これなら朝から飲みます(笑)」(同前)

芸能生活60周年を迎え今後の予定を問うと、こんな答えが。

「いまの芸能界は夢がないんで、何かやろうという意欲がわきませんね」(同前)

そう毒づく梅宮の声は、すっかり“不良番長”のそれに戻っていた。

(「週刊文春」編集部)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

6度目のがん闘病を告白した梅宮辰夫 腎臓摘出で1日おきに4時間の人工透析

6度目のがん闘病を告白した梅宮辰夫 腎臓摘出で1日おきに4時間の人工透析

日本映画界のスター俳優として活躍してきた“辰兄”も、この3月11日で81歳に。そんな梅宮辰夫がこのたび週刊新潮の取材に応じ、自身の闘病生活について語った。初めて明かされる、その病名とは。 *** 【写真】闘病を支える梅宮ファミリー 正直なところ、自分の「がん」について語るのは気が進まなかったんで...
梅宮アンナを丸裸にした篠山紀信氏、「羽賀研二とのヌード」撮影秘話

梅宮アンナを丸裸にした篠山紀信氏、「羽賀研二とのヌード」撮影秘話

阪神・淡路大震災が1月に起き、2カ月後に地下鉄サリン事件が発生した1995年(平成7年)に、芸能界を揺るがした“事件”。それが、羽賀研二(57)と梅宮アンナ(46)のペアヌード写真集発売だった。撮影秘話をアンナ本人が語る。 *** 父娘と彼氏の三角関係。二人の熱愛が報じられると、梅宮辰夫(80)が交際に...
元恋人の借金約8000万円を肩代わりして返済 梅宮アンナが告白

元恋人の借金約8000万円を肩代わりして返済 梅宮アンナが告白

俳優・梅宮辰夫(80)が娘の梅宮アンナ(46)とともに4日、TBSで放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演。元俳優で未公開株の売買を巡る詐欺などの罪で逮捕されたHとの交際スキャンダルについて語った。 アンナはHと1999年春には破局している。 この日の番組では、アンナが5年...
梅宮辰夫の痩せた姿にネット騒然 心配する声も

梅宮辰夫の痩せた姿にネット騒然 心配する声も

俳優の梅宮辰夫(80歳)が、12月13日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演。一部メディアに報じられた“引退説”について一蹴したが、一方で別人のように痩せた姿に衝撃を受けた視聴者が多かったようだ。 梅宮はこの日、「引退する」とは一言も言っておらず、東京の家を全部引...
家入レオ 寝室のカーテンを外した理由は「私が私を取り戻す時間」

家入レオ 寝室のカーテンを外した理由は「私が私を取り戻す時間」

シンガー・ソングライターの家入レオが9日にアメブロを更新。寝室のカーテンを外したことを明かした。 家入は「住んでる家の1番日当たりのいい部屋を寝室にしてる。春になったから寝室の遮光カーテンを全部取って、そのままウォークインクローゼットに押し込んだ」と報告した。「レースカーテン越しにやわら...
「30歳での結婚不可能」が原因か 吉高由里子と大倉忠義の破局に憶測

「30歳での結婚不可能」が原因か 吉高由里子と大倉忠義の破局に憶測

滝沢秀明(36)の年内引退で目立たなかったが、ジャニーズ関連で注目ニュースなのが、かつての潜在視聴率トップ女優・吉高由里子(30)と結婚目前ともいわれていた「関ジャニ∞」大倉忠義(33)の破局だ。 年明けに破局していたと「女性セブン」が報じ、その直前には大倉が今年7月下旬に名古屋でホステ...
吉高由里子に「大倉忠義と破局」報道 あの意味深ポエムと「時期」が一致?

吉高由里子に「大倉忠義と破局」報道 あの意味深ポエムと「時期」が一致?

2018年9月12日に「NEWSポストセブン」が報じた、女優の吉高由里子さん(30)と関ジャニ∞の大倉忠義さん(33)の破局報道。吉高さんと大倉さんといえば、「フライデー」の16年7月29日号で熱愛を報道されて以来、交際を続けているとされてきた。 そんな中、吉高さんが以前にツイッターで披露した意味深ポエムに...
「二代目声優オーディション」で話題の「伯方の塩」CM出演歌手を発見

「二代目声優オーディション」で話題の「伯方の塩」CM出演歌手を発見

「は・か・た・の・しお!!!」のCMで知られる伯方塩業(愛媛県)が始めた、「伯方の塩」ウェブ広告限定の「二代目声優オーディション」が大きな話題になっている。その企画を紹介する記事で、「初代が誰なのかわかる人がもう社内にいない」という担当者の言葉をそのまま掲載したところ、ネット上ではかな...
妊娠発表の華原朋美 平成の価値観に翻弄された悲劇のプリンセス

妊娠発表の華原朋美 平成の価値観に翻弄された悲劇のプリンセス

来年はついに東京オリンピック。オリンピックには魔物が棲むというが、平成もまた魔物が棲んでいたように思う。バブル崩壊、就職氷河期、オウム真理教の事件に援助交際、インターネット・SNSの急速な発展。常に「自分の本当の居場所はどこか」と悩ませ続ける魔物のような空気が漂っていた。その時代に翻弄され...
天皇陛下がファンを公言していたアイドル「柏原芳恵」

天皇陛下がファンを公言していたアイドル「柏原芳恵」

元号が平成から令和に移り変わり、新しい天皇陛下が即位されたことで、ある芸能人に注目が集まっている。1980年にデビューし、『春なのに』などのヒット曲で知られる柏原芳恵(53)だ。20代の頃の天皇陛下(当時の浩宮親王)は、柏原のファンを公言。1986年10月19日、新宿厚生年金会館で開かれたデビュー7周年...
11年ぶりに地上波で生歌も…酒井法子を「今後使おうとは思わない」

11年ぶりに地上波で生歌も…酒井法子を「今後使おうとは思わない」

3月27日、のりピーこと酒井法子(48)が、久しぶりに地上波の番組に出演した。テレビ東京の「THEカラオケ★バトル」で実に11年ぶりとなる生歌を披露、「いよいよ本格復帰か」との声も上ったが……。あれからひと月が過ぎても、いまだ他のテレビ局からのお声がかからないという。 *** 「なんてん、なんてん、ウ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net