芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

恩人の死去で吉岡里帆が号泣コメント 胸を打たれる人が続出

恩人の死去で吉岡里帆が号泣コメント 胸を打たれる人が続出
 
大腸がんのために亡くなった芸能事務所「エー・チーム」の代表取締役社長・小笠原明男さん(享年62)の通夜が5月11日、東京・青山葬儀所で営まれた。
 
焼香を終えた吉岡里帆(25)は、小笠原さんについて「本当にお父さんみたいな人」と話し始めた。しかし、「ごめんなさい。上手に話せない……」と言葉を詰まらせながら「テレビが好きで、映画が好きで、周りにいてくれる人を大切に大切に思っている人」と涙ながらに故人を偲んだ。
 
吉岡は20歳のころ、小笠原さんに出会ったという。同社と連携する養成所に通っていた吉岡は、「ここの看板女優になるから」「めちゃくちゃ働くから仕事をください」と小笠原さんに直談判。そこで認められ、同社に所属するようになったと今年1月のインタビューで明かしている。
 
葬儀所で吉岡は、闘病中の小笠原さんとのエピソードを明かした。お守りを贈ったところ、「それが24時間、手放さなかった携帯電話のかばんの中にずっと入っていた」と回想。「病気になってからも『絶対に元気になる』って何度も言ってくれた。電話を切るときも必ず『大丈夫だからね』って言ってくれた」と明かし、こう語った。
 
「『絶対に治していくつになっても一緒に仕事をしよう』って言ってくださった。明男さんがいてくれたから頑張れたぐらい、私の頑張れる源みたいな人でした」
 
小笠原さんについて「本当にすごくかっこいい人なんですよ」「一緒に仕事できたことが誇り」とし、「明男さんが会社を立ち上げられて走ってこられた時間をちゃんと守らなきゃいけない」と決意を語った。
 
最後に「ちゃんと伝わってますか?本当にいい人なんです。記事にするなら、優しくて、人情がいっぱいで、かっこよくて、本当にお客さんのことばかり考えてくれる人だって書いてください。お願いします」と声を絞り出した吉岡は、憔悴した表情のまま支えられるようにその場を去った。
 
そんな吉岡の悲痛なコメントに、ネットでは激励の声が上がっている。
 
《初めて、こんなに一心不乱になって、たった一人の人を大切に思ったコメントを読んだ。吉岡さんは、人間味のある人》
《吉岡さんの、大切な人を無くした喪失感や遺族への心を感じました》
《天国にいった社長のためにも吉岡さんは努力をして一流女優になってくださいね》
 
小笠原さんは96年に同社を設立し、伊藤英明(42)を育てるなど活躍。現在の同社には、岩城滉一(67)、DAIGO(40)らが在籍している。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

映画監督の豊田利晃容疑者を拳銃所持の疑いで逮捕 実は父親の形見

映画監督の豊田利晃容疑者を拳銃所持の疑いで逮捕 実は父親の形見

又吉直樹原作の映画「火花」の脚本も手がけた映画監督、豊田利晃容疑者(50)が逮捕された拳銃所持事件で、仰天の真相が発覚した。豊田容疑者が所持していた拳銃は実は父親の形見だったというのだ。 豊田容疑者は東京都狛江市の自宅でリボルバー式の拳銃1丁を所持していたとして、銃刀法違反容疑で今月18...
太田夢莉らとキス 卒業コンサートでの山本彩に会場から悲鳴

太田夢莉らとキス 卒業コンサートでの山本彩に会場から悲鳴

アイドルグループ・NMB48のキャプテン・山本彩(25)が27日、大阪・万博記念公園で卒業コンサート「SAYAKASONIC〜さやか、ささやか、さよなら、さやか〜」を開催した。渡辺美優紀ら1期生卒業生も駆けつけて山本とともにパフォーマンスし、百花が登場した「プライオリティー」では、山本が太田夢莉とキス。さらに...
樹木希林さんと山本KID徳郁さん 残した言葉に共通するニュアンス

樹木希林さんと山本KID徳郁さん 残した言葉に共通するニュアンス

女優の樹木希林さんと格闘家の山本KID徳郁さんが、お二人ともにガンでご逝去されました。才能のある素敵な人や、まだ若くてこれからという人が亡くなると、本当に惜しいと思いますし、つい自分の健康のことも考えてしまいます。 そんな中、たまたま読んだそれぞれ別の記事に、こんな話がありました。一つは...
「私の頑張れる源」吉岡里帆が事務所社長の通夜で涙止まらず

「私の頑張れる源」吉岡里帆が事務所社長の通夜で涙止まらず

今月8日に大腸がんのため、62歳で亡くなった芸能事務所「エー・チーム」の代表取締役社長・小笠原明男(おがさわら・あきお)さんの通夜が11日、東京・青山葬儀所でしめやかに営まれた。所属する女優の吉岡里帆は取材に応じ、「本当にお父さんみたいな人」と話し始めると涙が止まらなかった。 【写真】うつむき...
エー・チーム社長の小笠原明男さんが死去 伊藤英明や吉岡里帆を輩出

エー・チーム社長の小笠原明男さんが死去 伊藤英明や吉岡里帆を輩出

俳優の伊藤英明(42)らが所属する芸能事務所「エー・チーム」の代表取締役社長・小笠原明男(おがさわら・あきお)さんが8日午前8時6分、大腸がんのため死去した。62歳だった。 小笠原さんは数年前からがんで闘病し、入退院を繰り返していたが7日夜に容体が悪化。家族にみとられながら息をひきとっ...
共演者にもズケズケ物言う 嫌われアナ1位・弘中綾香アナの強心臓

共演者にもズケズケ物言う 嫌われアナ1位・弘中綾香アナの強心臓

深夜帯から土曜22時台に“格上げ”された「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)で、“研究助手”を務める弘中綾香アナ(28)。昨年12月に発表されたオリコンの「好きな女子アナランキング」で2位に急浮上したが“アンチ”も急増している。発売中の写真誌「FLASH」(5月28日号)が特集した〈...
「男はつらいよ」シリーズ最新作 実力派や注目の若手の出演が決定

「男はつらいよ」シリーズ最新作 実力派や注目の若手の出演が決定

映画「男はつらいよ」シリーズの最新作「男はつらいよお帰り寅さん」が、12月27日(金)より全国公開。今回、新たに松野太紀、富田望生、倉島颯良、中澤準、田中壮太郎の5人が出演することが明らかになった。 【写真を見る】「3年A組―」でも圧倒的存在感を放った富田望生 ■満男とイズミのその後の物語 「男はつ...
「あのCM美女は誰?」で注目 令和元年ブレイク必至の3人

「あのCM美女は誰?」で注目 令和元年ブレイク必至の3人

平成の時代を彩った「CM美女」と言えば、初代リハウスガールの宮沢りえ、JR東海の牧瀬里穂や深津絵里、ポッキーの新垣結衣……などが思い浮かぶ。そして新元号となる今年も、「あのCM美女は誰?」と話題となる女優・タレントが続々と登場している。その中から特に注目の3人を紹介しよう。 【オフショット動画】...
「のん」こと能年玲奈、“東北”ではなく“兵庫愛”前面押しのご当地アイドルに

「のん」こと能年玲奈、“東北”ではなく“兵庫愛”前面押しのご当地アイドルに

何しろ、「じぇじぇじぇ!」なる北三陸方言を全国区にした立役者である。そんな「のん」こと能年玲奈(25)に、「家族と話す時は関西弁」(本人のインスタより)と言われても違和感を覚えるばかり。独立騒動でめっきり露出の減った彼女だが、実はいま、東北ではなく「関西」でご当地アイドルになっていた。 【...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net