芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

Mステでタモリにタメ口 Twitterでトレンド入りもした注目のガールズバンド

Mステでタモリにタメ口 Twitterでトレンド入りもした注目のガールズバンド

度々問題視される芸能人の「タメ口」だが、許容される人とそうでない人がいるようだ。現時点では後者だとみられるのが、新進気鋭のガールズバンド「CHAI」だ。

2018年5月11日放送の音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で、司会のタモリさん(72)にタメ口をきいたとしてネット上で波紋が広がり、一時ツイッターの「トレンド」入りしたほどだ。

「あのね...」

この日、「3週連続初登場企画」の枠で出演した「CHAI」は、双子の姉妹を含む4人組のニュー・エキサイト・オンナバンド。「NEOかわいい」をコンセプトに掲げ、若い女性やミュージシャン、海外でも注目を集める存在だ。番組では、女優の吉岡里帆さんや歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんも曲の世界観を絶賛していると紹介された。

波紋を広げたのは、タモリさんとのトークでの、コンセプトの「NEOかわいい」に関する質問への答えだ。

「あのね、NEOかわいいっていうのは、CHAIがそもそも4人ともすっごいコンプレックスが多くて、見ての通り全然完璧じゃないの。コンプレックスってみんな持ってるもので、コンプレックスはその人の個性でその人にしかないし、でもそれをすごくかわいいと思っていて。だからかわいくない人なんていないと思ってる。そう。だからそれを『NEOかわいい』って言って、みんなをかわいいって言いたいの」

その他のメンバーも、説明に「そう」「そう」と口々に同意した。

フランクな口調に驚いた視聴者もいるようで、ツイッター上などには

「タモさんにタメ口...」
「タメ口とか引くわ」
「ありえない」

など、嫌悪感を顕わにするコメントも投稿された。一方で擁護派も多く、

「あれが普段のスタンス」
「chaiのタメ口ってキャラじゃね?」
「別によいではないか」

といった理解を示すコメントがファン以外からも寄せられた。

パフォーマンスを含め話題となったCHAIは、一時ツイッターのトレンド入りをするほど大きな反響を呼んだ。

こうした議論の中であがっているのが、「○○はいいのに?」「△△も使ってる」といったタメ口芸能人の名前だ。もちろん、タメ口が定番化した芸能人でも批判的な意見はなくならないが、世間的に許容されているような人物がいるのも事実だ。

「ローラは愛嬌があるからタメ口でも許せるけど、他のタレントはイラッとくる」

だが、今回のCHAIはこうしてひんしゅくを買っている。その差はなんだろうか。まだ知名度がなく、「タメ口キャラ」と認識されていなかったためかもしれない。しかし、「ハーフタレント」や「おバカキャラタレント」同様、ミュージシャンの中にもタメ口ユーザーは目立つ。

実はこういった議論は「古くて新しい」とも言える。女性自身は17年8月、「ローラはOK?許せるタメ口と許せないタメ口の違いに論争勃発」と題した記事をウェブサイトに掲載し、タレントのローラさん(30)のタメ口について分析。その中では、

「ローラは愛嬌があるからタメ口でも許せるけど、他のタレントはイラッとくる」
「タメ口でも相手を尊重してる感じがあれば腹は立たない」

といった声が紹介されている。

なお、CHAIは同日深夜放送の音楽番組「バズリズム」(日本テレビ系)でも、「元気だよ〜」「超うれしい」「(反響)めっちゃあった」など、タメ口でトークを繰り広げていた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

中居正広と石橋貴明の特別な関係「うたばん」でみせた化学反応

中居正広と石橋貴明の特別な関係「うたばん」でみせた化学反応

近年はSNSの充実で、地方からも全国的な人気を獲得するコンテンツが誕生している。これからも確実に地方からスターは生まれ、それらの命は、東京のエンタメ観では見つけられない場所で産声をあげています。そんな輝きや面白さを、いち早く北海道からお届けします(北海道在住フリーライター/乗田綾子) 平成...
テレビ界で重要視される内村光良 3年先の企画書が届くことも?

テレビ界で重要視される内村光良 3年先の企画書が届くことも?

お笑い界で“大物”という冠がついて呼ばれるようになったのが、ウッチャンナンチャンの内村光良(54)だ。 「ビッグ3と言われた明石家さんま、ビートたけし、タモリ。さらに所ジョージや大御所と呼ばれる笑福亭鶴瓶や志村けんなど、名だたる面々を凌駕する勢いで注目を集めているのが内村なんです」(事情通...
明石家さんま ビートたけしに引退勧告していた

明石家さんま ビートたけしに引退勧告していた

明石家さんまが15日、TBSで放送された「1番だけが知っている」に出演。60分間の独占インタビューに応じ、ビートたけしに「2人で辞めた方が…」と引退勧告したことを明かした。 タモリとの“お笑いBIG3”のうち、たけしとさんまは「ひょうきん族」(フジテレビ)などを通じて、お笑い界を牽引してき...
みやぞんはデビュー後に福祉職員も…ブレイク前に苦労の連続

みやぞんはデビュー後に福祉職員も…ブレイク前に苦労の連続

8日、『有吉ゼミ坂上不動産今夜東MAX決断SP』(日本テレビ系)にお笑いコンビ、ANZEN漫才・みやぞんが出演。共演者である賀来賢人が女優の榮倉奈々と結婚していたと知らず、今さらのように「おめでとうございます!」と発言するなど相変わらずの天然っぷりでお茶の間をにぎわせている。今年8月には『24時間テレ...
GACKT、アニメ化もされた愛犬との別れを報告 ファンも悲しみの声

GACKT、アニメ化もされた愛犬との別れを報告 ファンも悲しみの声

「お疲れさん最後までよく頑張った」別れのメッセージ ミュージシャンのGACKTがInstagramを更新し、愛犬が死去したことを報告。突然の報告に、愛犬との生活を見守ってきたファンたちも驚きと悲しみの声をあげている。 ViewthispostonInstagram長年一緒に過ごしたエネルがさっき息を引き取った。お疲れさん、エ...
前澤社長、自身に密着の「ガイア」視聴率に言及 「もう少し貢献を」

前澤社長、自身に密着の「ガイア」視聴率に言及 「もう少し貢献を」

インターネット通販「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長(42)が26日、ツイッターを更新。自身に密着した25日放送のテレビ東京系「ガイアの夜明け」(火曜・後10時)の平均視聴率が4・9%だったという「スポーツ報知」のweb記事をアップし、「4・9%...
キャラ変で人気増加の藤田ニコル 小島瑠璃子と双璧をなす存在に

キャラ変で人気増加の藤田ニコル 小島瑠璃子と双璧をなす存在に

テレビで見かけるようになった3年ほど前は、原宿系の“奇抜キャラ”だった藤田ニコル。かつては、そのファッションセンスや“にこるんビーム”のあいさつで若い女子を中心にカリスマ的な人気を誇ったが、今ではすっかりメイクもトークも落ち着いた“大人モード”にキャラ変。若い層からの支持もしっかり残しつつ、『...
自分の言いたいことを言う 芸人・村本大輔が貫き続ける信念

自分の言いたいことを言う 芸人・村本大輔が貫き続ける信念

今年1月に続き、二度目の「アメリカ留学」へと旅経つと噂される、ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏。いま村本氏が日本で感じている「息苦しさ」について、ノンフィクションライターの中原一歩氏に語った。 呆れてしまうんですよね 村本:昨年末に放送された「THEMANZAI2017」で、ウーマンラッシュアワーが...
吉岡里帆が演じる気弱なキャラに「飽きた」の声 出直し望む人も

吉岡里帆が演じる気弱なキャラに「飽きた」の声 出直し望む人も

10月12日に公開された吉岡里帆(25)の主演映画『音量上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の興行成績が振るわない。 週末の興行収入ランキングでは1週目からまさかのトップ10圏外。公開前から阿部サダヲ(48)とともに各局のバラエティ番組に出演し、プロモーションは万全だった。それな...
結果が伴わない吉岡里帆 主演女優から転落の危機か

結果が伴わない吉岡里帆 主演女優から転落の危機か

「オープニング土日の2日間で興行収入は5000万円に届かず、もちろん、トップ10圏外。映画会社がこれらの数字を公表していないことからも分かるように、上映館数200超の規模だけに大惨敗といえるでしょう」(映画興行関係者) 先週12日に公開されたばかりの映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんの...
撮影中の事故で脊髄損傷 滝川英治が退院「一度死んだ」

撮影中の事故で脊髄損傷 滝川英治が退院「一度死んだ」

ドラマ撮影中の事故で脊髄損傷の大けがを負った俳優滝川英治(39)が、退院したことがわかった。 滝川英治は18日、「新たなステージへ」というタイトルでブログを更新。退院を報告した。「これからの人生に曇り一つないと言えば・・・嘘になるかな」と吐露しつつも、「凄い心地がいい」と現在の心境を明かした...
「犯人の腕放さなかった」吉岡里帆が電車での痴漢被害を告白

「犯人の腕放さなかった」吉岡里帆が電車での痴漢被害を告白

吉岡里帆が、10日放送の『笑ってコラえて!10月3時間SP』(日本テレビ系)に出演。痴漢被害に遭ったときのエピソードを明かした。 番組では、彼女にまつわるイメージ調査を街頭で行った。すると、「モナリザの前に1日中いそう」「スーパーの袋を三角に折って保存してそう」など様々な意見が。この中に、「痴...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net