芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

9頭身美女の田中道子は、浜松から家出同然で女優に

9頭身美女の田中道子は、浜松から家出同然で女優に

あの9頭身美女は、家出同然で浜松市から上京していた。田中道子(28)。2016年にテレビ朝日系「ドクターX」でデビューし、最近はNHK大河「西郷どん」に出演した注目女優だ。建築士として静岡で生きるはずが、23歳で芸能事務所入り。猛反対した父との関係、深い静岡愛、将来を日刊スポーツに語った。

インタビュー開始前。J1磐田の勝利を伝える日刊スポーツ静岡特集の紙面と久保ひとみの連載コラムを見せるや、前のめりになって言った。

「私、ずっとジュビロを応援しています!静岡ダービーにも行っていましたし、試合は途中経過からチェックしています。久保さんは憧れの人。大学時代は『久保さんみたいになりたい』と思って、テレビ静岡の番組に出させていただいていました」

浜松市に生まれ、両親、6歳上の兄、5歳上の姉の愛情に包まれながら、幸せに暮らしていた。

「末っ子でかわいがられていました。中学まではテニス部で活発。公園で走り回っていました。ただ、進学した浜松市立は強豪で、私は体験入部で挫折。吹奏楽部に入りました。そこからはインドア派になり、休日には父と一緒に図書館に行っていました」

静岡文化芸術大に進学。都市デザインを学び、卒業後に2級建築士の資格を取得した。

「在学中、ミスコンには出ていましたが、事務所には入っていませんでした。単身で東京に出るのも怖かったですし、このまま地元で生きていくんだと思っていました」

静岡県内で建築士として働くことを第1志望にしつつ、都内にある建設会社の就職説明会に参加。その後、ミス・ユニバース・ジャパンで知り合った現在の所属事務所社員にあいさつに行き、進路が急転した。

「廊下ですれ違った社長と面接することになりまして、『女優になる気があるなら、来週から上京してレッスンを受けなさい。今、23歳なら悩んでいる暇はないよ』と。私からすれば、『無理』と諦めていた世界なので、二つ返事で『はい。来週、必ず静岡から出てきます』と言いました」

だが、家族からは猛反対され、父親は激怒した。

「説明会に行ったはずが、『事務所に入ることになった』ですから、怒られるのは当然でした。教師で真面目な父は『認めない。芸能界に入ると地獄に落とされるぞ』と。それでも、私は必死でした。道子は、父が『自分の道を歩ける子』という意味でつけた名前。『これからもそうありたい』と返し、連日、朝まで言い合いを続けました」

ついに、タイムリミット。仕事に出掛ける父を見送った後、スーツケース1つで家を出た。

「涙する母を振り切り、東京行きの高速バスに乗りました。心の中で『ごめんなさい』と言いながら、私も泣きました」

貯金もなく、見つけたのは、敷金、礼金ゼロの家具付きシェアハウス。タイ人女性との生活が始まった。

「線路沿いで、始発電車で目が覚めました。事務所の方針でアルバイトは禁止。オーディションのないモデルの仕事で、何とか食いつないでいました」

事務所からは「演技レッスンは2、3年は必要」と言われ、有名雑誌モデルなどのオーディションには、落選の連続だった。

「家には頼れないし、父は電話にも出てくれない。先に見える光がまったくありませんでした」

だが、上京6カ月後にミスワールド日本代表に選出され、状況が一変した。

「母に報告の電話をしたら、『知ってるよ。お父さんが調べていて教えてくれたから』と…。父は『認めない』と言いながら、陰で一番応援してくれていました。その後、私が実家に戻ると、乾杯で祝福。世界大会の時は、バリ島まで来て、『ジャパーン』と誰よりも大きな声で旗を振っていました。その姿を目にした瞬間、胸がキュッとなり、涙が出てきました」

世界大会後、モデル業は軌道に乗ったが、演技レッスンを受け続けた。半年に1度、約50人がエントリーする事務所内審査会にも参加。そして、上京から3年後の16年にチャンスをつかんだ。「ドクターX」。大門未知子(米倉涼子)の天敵である蛭間病院長(西田敏行)の秘書役だ。

「いきなり、西田さんのアドリブを盛大に浴びました(笑い)。自宅に戻ると、緊張が解けて泣き、第1話を見た後は、悔しくて泣きました。あんなに頑張ったのに、浮いて見えたからです。自分の女優ノートには『もっと、学ばなければ』と書きました」

厳しい自己評価の一方で、その存在感は視聴者、テレビ関係者にインパクトを残した。17年にはフジテレビ系月9ドラマ「貴族探偵」に鑑識員役で、今年は4月まで、「西郷どん」に出演。品川宿磯田屋のタマ役を演じた。トーク力もあり、数多くのバラエティー番組に出演。日本テレビ系「踊るさんま御殿」では、「おすしでもカフェオレ」「口をリセットしたい時は、ジャムをビンごと飲みます」などと明かし、共演者を驚かせた。

「あの時は、大きな反響をいただきました(笑い)。モデルと違って女優の仕事は、内面をさらけ出すと、ダメなところも個性と見られます。バラエティーでも、学んできた水彩画やリメークが生きてくる。これからも、いろんな場面で個性を出せたらと思います」

今後は連続ドラマ出演が続くが、浜松市の「やらまいか大使」を務め、NHK「たっぷり静岡」、Daiichi−TV「まるごと」に出演するなど、県内での活動にも積極的だ。

「『まるごと』では、久保さんと初めてお会いできて幸せでした。アットホームで『静岡に帰ってきた〜』という感じ。できれば、週1で出たいです!」

もっとも、軸足は女優業で、「一生、女優を続けたい」と話している。では、東京暮らしが続くのか…。

「いえ、将来は熱海の辺りに住みたいです。そうすれば、すぐ浜松に帰れますから。23歳までいたので、友達の多くが静岡県民。とにかく静岡のおいしい空気を吸っていたいです」

大女優の資質を感じさせながら、静岡県を思い続ける28歳。持ち前の「やらまいか精神」で、県民の誇りになる日を目指す。【柳田通斉】

◆田中道子(たなか・みちこ)1989年(平元)8月24日、浜松市生まれ。静岡文化芸術大卒業。09年ミス浜松グランプリ、11年ミス・ユニバース・ジャパン3位、13年ミス・ワールド日本代表。モデルでは、ファッション誌「GINGER」などで活躍し、「神戸コレクション」などショーにも多数出演。特技はピアノとテニス、英語。身長172センチ。血液型0。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

もう一度見たい!堂本光一出演のドラマランキング

もう一度見たい!堂本光一出演のドラマランキング

今年1月に40歳の誕生日を迎えた堂本光一。今年も自身が主演・座長を務める舞台『EndlessSHOCK』は不動の人気を誇り、舞台の単独主演記録1位を更新し続けています。千秋楽を迎えた3月31日には、公演数1,700回を記録。すっかり舞台俳優のイメージが強い堂本光一ですが、デビュー当時はテレビドラマで大活躍して...
剛力彩芽が大ピンチの陰で…再評価される武井咲の敏腕マネージャー

剛力彩芽が大ピンチの陰で…再評価される武井咲の敏腕マネージャー

女性自身は「月収30万」と報道 日刊スポーツ(電子版)は3月6日、「剛力彩芽が黒ドレス姿で久々取材対応炎上ネタ披露」の記事を掲載した。剛力彩芽(26)がイヴ・サンローラン・ボーテのスペシャルイベントに出席、メディア対応を行ったのは昨年4月以来という内容だった。 *** さっそく、記事の一部を引用...
日刊スポーツがアダルト面廃止へ 4月から刷新、長年の歴史に幕

日刊スポーツがアダルト面廃止へ 4月から刷新、長年の歴史に幕

スポーツ紙大手の日刊スポーツ(発行=日刊スポーツ新聞社、東京都中央区)が、2019年4月1日から成人男性向け「アダルト面」を廃止する。 J-CASTニュースの取材に対して、日刊スポーツが認めた。 日本スポーツ紙「草分け」の決断 日刊スポーツは、戦後間もない1946年3月6日、東京で創刊。日本初のスポーツ新聞...
ピエール瀧容疑者の捜査にはリスクも 元「マトリ」が解説

ピエール瀧容疑者の捜査にはリスクも 元「マトリ」が解説

関東信越厚生局麻薬取締部は12日、コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反(使用)の疑いで、ミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51=東京都世田谷区)を逮捕した。逮捕容疑は12日ごろ、東京都内やその周辺でコカイン若干量を摂取した疑い。「間違いありません」と容疑を認めている...
医師が監督を務めた映画「たまゆら」全国から公開オファーが殺到

医師が監督を務めた映画「たまゆら」全国から公開オファーが殺到

フジ虎ノ門グループ代表(静岡県御殿場市)で医師の土田ひろかず氏(68)が原案・脚本・監督を務めた映画「たまゆら」の初日舞台あいさつが3日、清水町のシネマプラザサントムーンで行われた。同作は、映画監督になることを夢見てきた土田監督が、初めて手掛けた作品。医師として感じてきた問題点を指摘す...
上沼恵美子が母の介護契機に姉との関係修復 最後の親孝行とも

上沼恵美子が母の介護契機に姉との関係修復 最後の親孝行とも

関西地方で抜群の知名度を誇る上沼恵美子(63才)が突然「姉との金銭トラブル」を告白した。かつて姉妹漫才コンビ「海原千里・万里」として活躍した2人の間に入った亀裂は、8年間という長い期間に及んだという――。 【写真】ブルドッグ柄のTシャツを着たプライベートの上沼恵美子 都心から電車で揺られること1...
尾畠春夫さんが徒歩帰宅を断念 TVで取り上げたことに玉川徹氏が猛省

尾畠春夫さんが徒歩帰宅を断念 TVで取り上げたことに玉川徹氏が猛省

スーパーボランティアと呼ばれる尾畠春夫さん(79)が、東京から自宅のある大分県まで1100キロを歩いて帰るという挑戦の旅を断念し、帰郷していた。「それには尾畠さんらしい理由がありました」と司会の羽鳥慎一が取り上げた。 尾畠さんは1月19日(2019年)にトレードマークの赤いハチマキ姿で東京を出発し、...
天才高校生シンガー崎山蒼志の意外な事実 音楽の成績は「ド平均」

天才高校生シンガー崎山蒼志の意外な事実 音楽の成績は「ド平均」

いまブレイク中の高校生シンガー・崎山蒼志。シャツの第1ボタンまでしっかり留める、まさに純朴な少年、という容姿だが……ギターを片手にいざステージに立つと、その姿は一変。 おっとりとした雰囲気からは想像できない激しいギター演奏と個性的な歌声。動画がSNSで拡散されると、ネット上も騒然に。注目した...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net