芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「ぼくは病気に感謝してる」亡くなった西城秀樹さんが生前遺した言葉

歌手の西城秀樹さんが5月16日、急性心不全で亡くなりました。享年63。

【写真】1978年日本武道館で行われた東京音楽祭世界大会で熱唱する西城秀樹さん

西城さんは2度の脳梗塞を経験していました。48歳のときに倒れ、生活を改善して予防に努めたにもかかわらず、56歳で再発。2度とも言葉を発しにくい後遺症が出たため、「歌えないなら、死んだほうがましだ」と諦めかけた日もあったそうです。そんな中リハビリを続け、年間70回ものステージをこなしていた西城さんが残した手記を追悼とともに掲載します。

(出典:文藝春秋2016年12月号)

◆◆◆

そのときまでぼくは、最高に健康な男だと過信していました

「ぼくは病気に感謝してる」亡くなった西城秀樹さんが生前遺した言葉
西城秀樹さん©文藝春秋

最初に発作を起こしたのは、2003年6月。ディナーショーのために訪れていた韓国・済州島でのことです。猛烈にだるくて眠くて、翌朝目が覚めたら左の頬が右より下がっていました。ろれつも回りません。

東京の慶應病院に勤める知り合いの医師に電話で相談したら、「脳梗塞の疑いがありますね」。仕事を終えて翌日、急いで帰国して病院へ行くと、そのまま入院。「ラクナ梗塞」という病名を告げられました。脳内の細い血管が動脈硬化などで狭くなって血液の流れが悪くなる、脳血栓症のひとつだそうです。

そのときまでぼくは、最高に健康な男だと過信していました。若い頃からワインを毎晩2本、タバコを1日4箱という生活でしたが、46歳で結婚してから食生活に気を配るようになっていました。181センチ、68キロの体型を維持するため、ジムに通ってトレーニングも欠かしませんでした。

しかし倒れる前は、3週間で5キロの無茶なダイエット。運動中もそのあとのサウナでも、水分補給をしないほうが効果があると勘違いもしていた。そんなことが、血流を滞らせる原因になったんですね。

「ゆっくりと時間をかけて病気になったんだから、ゆっくり歩いて治していこうよ」

運動機能の後遺症は軽かったのですが、倒れた直後は、何かやろうとするたびに「こんなこともできないのか」と気づくショックがありました。脳梗塞という病気について知識がなく、症状も知らなかったからです。何より問題だったのは、脳内の言語を司る神経が塞がれたために「構音障害」という後遺症で言葉が出にくく、上手くしゃべることができなくなったこと。「水」という言葉が、思い浮かばないんです。

長女は1歳。妻のお腹には7カ月の長男がいました。もう人前で歌えないのなら、生きている価値があるのか。「歌手を引退しようか」と弱音も吐きました。思い直させてくれたのは、妻が言ってくれた、

「ゆっくりと時間をかけて病気になったんだから、ゆっくり歩いて治していこうよ」

という言葉です。専門の先生について口腔機能療法というリハビリを行ない、あごの筋トレや舌のストレッチ、風船を膨らませるといった訓練のおかげで、歌を取り戻すことができました。

脳梗塞を起こした人の多くが経験する、うつ状態

2度目に発症したのは、2011年の暮れです。身体がふらついたときは、風邪のせいかと思いました。前回と同じ慶應病院へ行ってMRIを撮ってもらっても、異常は見つかりません。しかし「念のため今日は泊まってください」と言われたのが幸い。朝には、病室のベッドから起き上がれなくなっていたんです。

ショックは何十倍でしたよ。再発を予防しようと生活に気をつけていただけに、なぜ?という思いが強かったんです。

前より症状が重いことも、じゅうぶん自覚できました。唇や舌が痺れてしゃべれないし、右手と右足が自由に動かせません。前回と違って、退院後はリハビリ専門の病院へ移る必要がありました。

リハビリ室ではほかの患者さんと一緒ですから、他人の目が気になって、さらし者になっているような屈辱感を味わいました。おはじきをしたり、並べた十円玉を指でつまむトレーニング内容に、「こんな幼稚園児みたいなことやってられるか」と思いながら、できない自分。昼間はそうやって苛立っているのに、夜になると生きているのが嫌になるほどの絶望感と自己嫌悪に襲われます。これは、脳梗塞を起こした人の多くが経験する、うつ状態だそうです。

リハビリで自分の弱さを素直に認められるようになった

けれどもリハビリ室では、まだ若い人、ぼくと同じ世代の人、ずっと高齢の人が、それぞれの症状を好転させようと戦っていました。昨日まで立てなかった人が立ち上がり、歩けなかった人が歩き始める様子を見ることは、いい目標になりました。以前は、医師や療法士から「よくなってきたことを喜んで下さい」と言われても、

「気休めを言わないで下さい。ぼくは、歌えなくなったら死んだも同然なんですよ!」

と反発していたのが、自分の弱さを素直に認められるようになった。すると、注目されることがかえって励みになり、麻痺が残っていることやリハビリがうまくできないことを恥ずかしく思わなくなった。「病は気から」を実感したわけですね。

普通に接しなければならない家族や周囲のほうが、気を遣って大変なんだということも知りました。家で薬を飲もうとして落としたとき、子どもは反射的に拾ってくれようとします。それを制して自分で拾うのも、リハビリのうちなんです。子どもは3人に増えましたが、まだ中学生と小学生です。成人する姿までは、見届けなければね。

病気をして、価値観が変わりました。以前は気にしなかった季節の移り変わりを感じたり、景色の美しさに感動したり、家の中に迷い込んできた虫は外へ逃がす。殺せなくなってしまったんです(笑)。

食事は妻が気を遣ってくれて、バランスよく野菜中心です。朝は納豆とヨーグルトを欠かしません。「腹八分目」がいいと言われますが、ぼくには多すぎます。「7.5分」くらいがちょうどいい。

「7.5分」くらいの生き方で

野菜といえば昨年、埼玉県入間市に「体験型市民農園」をオープンしました。家庭菜園作りの番組に3年出演したのがきっかけです。無農薬と有機栽培にこだわった野菜を自分で育て、食べる。こんなに味が違うのかと思うくらい美味しくて、畑仕事が楽しみになっています。

いまは毎朝40分程かけて近所の公園へ散歩に行くほか、家でバランスボールなどを使ったストレッチ。発声のために、奥歯で割り箸を噛む訓練も続けています。空いた時間があれば東洋医学のリハビリに行って、骨格矯正や筋力のトレーニングを2時間半。調子のいい日はつい欲張ってしまいますが、頑張り過ぎると脚の調子が悪くなる。100%全力投球は長続きしません。何ごとにも余裕をもって、やはり「7.5分」くらいの生き方がいいんですね。

デビューから45年の今年、ステージには70回くらい立っています。移動は大変ですが、普通の生活をすることが大事ですから。『YOUNGMAN』も踊って歌ってますよ。「YMCA」の「C」のポーズで身体の左側に重心をかけるとき、ふらつかないように気をつけてね(笑)。

いまは、3度目の人生だと思っています

病気になる前は「カッコよくあることが務めだ」と信じていたし、2度めに倒れたあとは「こんな姿は誰にも見せたくない」と落ち込みました。しかしいまは、たとえ不自由でも、ありのままの姿を見てもらえればいい。むしろ、ちゃんと見てもらいたい。そう思えたら、とても楽になりました。脳梗塞やほかの病気と戦う人を勇気づけられたら――それがぼくの生き甲斐です。

最初に脳梗塞で倒れるまでが1度目。また倒れるまでが2度目。そしていまは、3度目の人生だと思っています。価値観を変え、大切なものに気づかせてくれたという意味で、ぼくは病気に感謝してるんです。病気にならずに気がつけば、もっとよかったんですけどね(笑)。

(西城秀樹)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

DA PUMPはレコード大賞NG?それでも出演してもらう業界の目論見

DA PUMPはレコード大賞NG?それでも出演してもらう業界の目論見

9月になり、暮れの音楽賞レースに向け、音楽業界内が少しずつ動き始めている。 【写真】逮捕され移送される吉澤ひとみ容疑者の痛々しい姿 「世間一般の注目度は低くなったとはいえ、年末の日本レコード大賞は、日本の音楽業界の最大のイベントですからね」 と、苦笑いの音楽関係者。 「6月にリリースした『Are...
人気を誇った芸能人水泳大会 2000年代以降下火になった理由

人気を誇った芸能人水泳大会 2000年代以降下火になった理由

夏、水着の季節ということで懐かしく思い出されるのが芸能人の水泳大会。有名無名、多数の芸能人がプールに集結して健康美やお色気を発散する様子は、夏のテレビの風物詩でもあった。しかし、2000年代以降はすっかり鳴りを潜めてしまった。なぜ人気を誇った芸能人水泳大会は消えてしまったのだろうか。 最盛期...
西城秀樹さんの「骸骨」は不謹慎か フジロック追悼アートに賛否

西城秀樹さんの「骸骨」は不謹慎か フジロック追悼アートに賛否

野外音楽フェス「フジロック・フェスティバル」の会場に、故・西城秀樹さんらの姿を骸骨で再現したアート作品が展示されていたことが、「不謹慎ではないか」などと賛否を呼んでいる。 西城さんをかたどった骸骨には、茶髪のカツラと星条旗が。そして、代表曲の「YOUNGMAN(Y.M.C.A.)」の振り付けをモチーフに...
「当人にしかわからない間柄」中居正広が金スマで見せた繊細な感性

「当人にしかわからない間柄」中居正広が金スマで見せた繊細な感性

トップを極めた人間同士にしかわからない感覚があるのかもしれない。7月13日、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)が2時間スペシャルで〈新御三家・西城秀樹と野口五郎の友情に涙…〉を放送した。 昭和の人気歌番組『ザ・ベストテン』や『日本レコード大賞』などから西城秀樹、野口五郎、郷ひろみの...
事務所が月旅行を否定 剛力彩芽に上がる心配の声

事務所が月旅行を否定 剛力彩芽に上がる心配の声

米宇宙ベンチャー「スペースX」が9月17日(日本時間18日)、開発中の大型ロケット「ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)」で月の周囲を飛行する月旅行について発表した。 同社が初めての旅行者として契約したのは、女優の剛力彩芽(26)との交際が報じられているインターネット通販「ZOZOTOWN」の運営会社社...
三田佳子次男の覚せい剤 現場にいた愛人は「元乃木坂46メンバー」か

三田佳子次男の覚せい剤 現場にいた愛人は「元乃木坂46メンバー」か

3度目の逮捕時に会見した三田©文藝春秋 9月11日、覚せい剤取締法違反で渋谷署に逮捕された女優・三田佳子(76)の次男・高橋祐也容疑者(38)。1998年、2000年、2007年に続く4度目の薬物逮捕となったが、きっかけは焼肉店で一緒に会食をしていた元乃木坂46のメンバー(23)との口論の末の110番通報だった...
ジャニーズの後継者は滝沢秀明と報道 今井翼に週刊文春が直撃

ジャニーズの後継者は滝沢秀明と報道 今井翼に週刊文春が直撃

王道を歩む滝沢秀明。SMAP騒動で直撃した際は、1時間以上にわたり持論を語った©文藝春秋 昨年9月、滝沢秀明(36)とのユニット「タッキー&翼」としての活動を休止した今井翼(36)。週刊文春9月6日号が報じたとおり、ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏(86)の“後継者”としての道を歩み始めた滝沢...
デーブ・スペクターが「24時間テレビ」を批判し続け物議に

デーブ・スペクターが「24時間テレビ」を批判し続け物議に

25日から26日に掛けて放送された『24時間テレビ』(日本テレビ系)を、デーブ・スペクターがTwitter上で皮肉を交えて猛批判した。 デーブは25日に、24時間テレビでANZEN漫才・みやぞんがトライアスロンに挑むことについて、「24時間テレビのトライアスロンの趣旨と文明の意味は同じくらい分からない」と皮肉。...
過酷なダイエットや暴飲暴食 若いころに重ねた西城秀樹さんの不摂生

過酷なダイエットや暴飲暴食 若いころに重ねた西城秀樹さんの不摂生

(全2枚) 痩身のスポーツマン、激しいアクション。健康的なイメージと裏腹に西城秀樹の後半生は病との格闘だった。いったい、なぜ?実は若いころに重ねた不摂生が、その体に大きく影を落としていた。 *** 秀樹は2003年6月と11年末の2度、脳梗塞を発症している。76年から23年間、マネージャーを務めた天下井...
「余命8年」と診断された貴闘力「生きていてもしょうがない」

「余命8年」と診断された貴闘力「生きていてもしょうがない」

元大相撲力士の貴闘力(50)が23日、TBS系で放送された「名医のTHE太鼓判!」に出演。糖分の取り過ぎ生活で、脳梗塞の症状のひとつ、「ラクナ梗塞」が見つかり、「余命8年」と診断された。 貴闘力は引退後に胃袋の縮小手術を受け、40キロのダイエットに成功。番組でも「俺、胃袋4分の3、切っ...
ルー大柴 MRI検査の結果小さな脳梗塞といわれる「ラクナ梗塞」が見つかる

ルー大柴 MRI検査の結果小さな脳梗塞といわれる「ラクナ梗塞」が見つかる

タレントのルー大柴(64)が19日、TBSの医療バラエティー「名医のTHE太鼓判!」(月曜後7・00)に出演する。これまでも数々の芸能人の病気を明らかにしてきた同番組でMRI検査を行った結果、小さな脳梗塞といわれる「ラクナ梗塞」が見つかった。 10年以上前から毎朝、太極拳を行っており、...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net