芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

西城秀樹さんを模した「ヒデキ」 27日に「ちびまる子ちゃん」で登場

西城秀樹さんを模した「ヒデキ」 27日に「ちびまる子ちゃん」で登場 フジテレビ系テレビアニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜、後6・00)の5月27日放送回「まる子、早めに衣替えをしたい」に歌手・西城秀樹さんを模したキャラクター「ヒデキ」が登場する。まる子のお姉ちゃんが大ファンという設定でこれまでも登場してきた。同局によると、当初から登場は決まっており、16日に西城さんが亡くなってから初めての出演回となる。

まる子が手にする「ヒデキの缶バッチ」などで描かれる。フジテレビは追悼テロップについては「未定」とした。

また、原作者で漫画家・さくらももこ氏は17日、自身のブログを更新。大ファンだった西城さんを追悼した。

劇中では、まる子のお姉ちゃんが大ファンという設定で、西城さんはキャラクターとして登場。エンディングテーマ「走れ正直者」も歌った。

さくら氏は「ご冥福を御祈りします。」と題し、西城さんのキャラクター写真を公式ブログに掲載。「秀樹さんが亡くなってしまいました。『走れ正直者』を歌っていただきとても楽しいテーマ曲になりました。私達の世代にとって秀樹さんは本当にスターでした。心から御冥福を御祈りします」と追悼の想いをつづった。 西城秀樹さんを模した「ヒデキ」 27日に「ちびまる子ちゃん」で登場 外部サイト 『秀樹の妹』河合奈保子も追悼メッセージ現在はオーストラリア在住 安藤優子号泣3年前に西城さん独占取材「生きることしか考えてなかった」 元人気アイドル、酒浸り生活の末に孤独死…死後数日で発見、ライバルが明かす無念 「西城秀樹さん死去」をもっと詳しく

「俺の方が先なのに」ビートたけしが西城秀樹さんの死去を嘆く 西城秀樹さんが死去衣笠祥雄さんに続く訃報に広島県民は再びショック 「本当にスターでした」さくらももこ氏が西城秀樹さんに感謝

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

西城秀樹さんの妻が著書を出版「最期までの3週間」を明かす

西城秀樹さんの妻が著書を出版「最期までの3週間」を明かす

今年5月に急性心不全のため亡くなった西城秀樹さん(享年63)の“最期までの3週間”が、初めて明らかになった。妻・木本美紀さんが11月14日に発売される著書『蒼い空へ夫・西城秀樹との18年』(小学館)で明かしたもの。同書は、美紀さんが、秀樹さんにかわってお世話になった人に感謝の気持ちを伝えたい、同じ...
樹木希林さんが次世代へつないだバトン 親友に語った「引き際」

樹木希林さんが次世代へつないだバトン 親友に語った「引き際」

9月15日、自宅で家族に見守られ、75年の人生を終えた樹木希林さん。17日の午後には、自宅前で長女・内田也哉子とその夫の本木雅弘、今年モデルデビューしたUTAこと雅樂など3人の孫らに見送られて出棺した。 【写真】30年来の親友に送ったトロフィーとケース 火葬に立ち会った夫の内田裕也は、20日に希林さんの...
自分の言いたいことを言う 芸人・村本大輔が貫き続ける信念

自分の言いたいことを言う 芸人・村本大輔が貫き続ける信念

今年1月に続き、二度目の「アメリカ留学」へと旅経つと噂される、ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏。いま村本氏が日本で感じている「息苦しさ」について、ノンフィクションライターの中原一歩氏に語った。 呆れてしまうんですよね 村本:昨年末に放送された「THEMANZAI2017」で、ウーマンラッシュアワーが...
浅田美代子が樹木希林さんを思い涙「母、姉、親友でもある…」

浅田美代子が樹木希林さんを思い涙「母、姉、親友でもある…」

15日に死去した女優・樹木希林さんとドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などで共演し、公私ともに親交の深かった女優・浅田美代子(62)が17日、都内の樹木さんの自宅を弔問に訪れた。 時折、涙ぐみながら取材に応じた浅田は、樹木さんが8月13日に知人宅で転倒して大腿骨を骨折して入院後も「...
「イカ天」バンドが番組を語る 審査で厳しいことを言われると動員が下がる

「イカ天」バンドが番組を語る 審査で厳しいことを言われると動員が下がる

平成元年。今から30年前に産声を上げた伝説の音楽オーディション番組、イカ天……正式名称は『三宅裕司のいかすバンド天国』。同番組に出演した多くのバンドがメジャーデビューを果たし、80年代末〜90年代前半のバンドブームを牽引したことで、いまだにその影響を口にするミュージシャンも枚挙にいとまがない。...
浜尾朱美さんが57歳で死去 10年以上前から乳がんで闘病生活

浜尾朱美さんが57歳で死去 10年以上前から乳がんで闘病生活

久々にその名を聞けば、訃報……。かつてTBSの看板番組でキャスターを務めていた浜尾朱美さん。享年57。番組卒業からというもの、姿を目にする機会はほとんどなかった。実は10年以上前から、闘病生活を送っていたという。しかも、彼女を襲った病魔は、またしても乳がん。 「NEWS23」の前身「筑紫哲也ニュース23...
全身がんから5年 かっこいい最後を示してくれた樹木希林さんを追悼

全身がんから5年 かっこいい最後を示してくれた樹木希林さんを追悼

樹木希林さんがお亡くなりになりました。乳がん手術後から8年後の2013年の全身がん(おそらく転移)の告白。そして5年後。彼女の活動はまさに一人のがんサバイバーとして素晴らしい女優を演じきりました。 本当に医師から見てもすごい患者さんで、以前から記事にさせていただいていました。 ((1)、...
和田アキ子が FNS歌謡祭で陥ったピンチ 緊張で歌い出し間違え

和田アキ子が FNS歌謡祭で陥ったピンチ 緊張で歌い出し間違え

歌手の和田アキ子(68)が8日、フジテレビ系「MUSICFAIR」に出演し、同局系の「FNS歌謡祭」に出演した際、緊張のあまり本番で歌い出しを間違えてしまったと明かした。 和田は歌手生活50年。「これまでのピンチ」というテーマで聞かれ、「いろいろピンチあったんですけど、あんまり覚えてな...
成熟の拒否。なぜ「ちびまる子ちゃん」は幅広い世代に受けたのか

成熟の拒否。なぜ「ちびまる子ちゃん」は幅広い世代に受けたのか

53歳という若さで亡くなった、漫画家のさくらももこさん。独特の世界観で描かれた『ちびまる子ちゃん』は国民的人気作品となりましたが、なぜ「9歳のまる子」に大人までもが感情移入できたのでしょうか。米国在住の作家・冷泉彰彦さんが、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』でその秘密を探ります。...
カツオの初代はドラえもん?アニメ「サザエさん」の声優交代事情

カツオの初代はドラえもん?アニメ「サザエさん」の声優交代事情

人気アニメ作品『サザエさん』(フジテレビ系)で、フネ役をかつて担当していた声優の麻生美代子さんが8月25日に亡くなった。92歳だった。 麻生さんは1963年の『鉄腕アトム』、66年の『魔法使いサリー』など、テレビアニメの草創期から声優として活躍。1969年にスタートした『サザエさん』では、磯野フネ役を演...
さくらももこさんは「たまちゃん」とだけ交流 素性隠した生活

さくらももこさんは「たまちゃん」とだけ交流 素性隠した生活

8月15日、乳がんのために漫画『ちびまる子ちゃん』の作者、さくらももこさんが53歳の若さでこの世を去った。 【写真】まるちゃんのマンホール、母校に寄贈された絵ほか 「少女漫画誌の『りぼん』(集英社)で連載を持つことが決まり、題材を考えていたときに、子どものころに母親から“ちびまる子ちゃん”と呼ば...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net