芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

西城秀樹さん 歌手復帰目指した“不屈のリハビリ生活”

西城秀樹さん 歌手復帰目指した“不屈のリハビリ生活”

ヤングマンは最期まで立ち上がろうとしていた。『YOUNGMAN(Y.M.C.A.)』や『傷だらけのローラ』などのヒット曲で知られる歌手・西城秀樹さん(享年63)。突然の訃報の裏で、病魔を克服し、もう一度、歌手としてステージに立ちたいと願っていた西城さんの“不屈のリハビリ生活”が明らかになった。

2001年に結婚後、2男1女の子宝に恵まれ、幸せ絶頂だった西城さんに異変が訪れたのは2003年だった。

「韓国での公演中に脳梗塞を発症し、2011年に再発。言語障害と右半身麻痺の後遺症が残ったものの、リハビリの専門病院に通院して歩行訓練や筋力強化トレーニングなどをひたすら続けていました。一方で『構音障害』という呂律が回らなくなる後遺症を克服するために毎日、子音と母音を繰り返す発音練習にも取り組んでいました」(知人)

懸命なリハビリの甲斐あって、昨年には自力歩行できるまでに回復。その後も1日数時間の歩行トレーニングと神経再生のための鍼治療を受けていたという。

本誌・週刊ポストはそうした情報を受けて昨年6月、西城さんのリハビリ現場を取材させてほしいと申し込んだ。その際、事務所関係者はリハビリの様子をこう明かした。

「家族の支えがトレーニング継続の重要な原動力になっている。本人は歌手としての完全復帰に向けて週2〜3日程度、精力的にリハビリに取り組んでいる」

前向きな反応だったが、1週間後、事務所の返答は「取材は受けられない」だった。

「真剣勝負であるリハビリの場に記者やカメラマンが張り付くことを本人が気にしている。『熟慮した結果、今は遠慮してほしい』とのこと。また時期を改めて相談したい」(同前)とのことだった。

取材は実現しなかったものの、間接的に伝えられた西城さんの想いは、完全復活に向けた強い意志の表われと感じられた。

だが、西城さんの願いが叶うことはなかった。

「病気発症後は1日3〜4箱吸っていたタバコも止め、家族の支えにいつも感謝していました。体も言葉もなかなか以前のようには戻らないことに対して、本人はもどかしさも感じていたようですが、弱音を吐くことも諦めることも決してありませんでした」(前出・知人)

『YOUNGMAN(Y.M.C.A.)』の歌詞を体現するような西城さんの諦めない姿に、ファンはいつまでも勇気づけられることだろう。

※週刊ポスト2018年6月1日号

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

西城秀樹さんの「骸骨」は不謹慎か フジロック追悼アートに賛否

西城秀樹さんの「骸骨」は不謹慎か フジロック追悼アートに賛否

野外音楽フェス「フジロック・フェスティバル」の会場に、故・西城秀樹さんらの姿を骸骨で再現したアート作品が展示されていたことが、「不謹慎ではないか」などと賛否を呼んでいる。 西城さんをかたどった骸骨には、茶髪のカツラと星条旗が。そして、代表曲の「YOUNGMAN(Y.M.C.A.)」の振り付けをモチーフに...
「当人にしかわからない間柄」中居正広が金スマで見せた繊細な感性

「当人にしかわからない間柄」中居正広が金スマで見せた繊細な感性

トップを極めた人間同士にしかわからない感覚があるのかもしれない。7月13日、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)が2時間スペシャルで〈新御三家・西城秀樹と野口五郎の友情に涙…〉を放送した。 昭和の人気歌番組『ザ・ベストテン』や『日本レコード大賞』などから西城秀樹、野口五郎、郷ひろみの...
桂歌丸さんの葬儀記念品を転売 サイン入りポストカードなどを出品

桂歌丸さんの葬儀記念品を転売 サイン入りポストカードなどを出品

慢性閉塞性肺疾患のため2日に亡くなった落語家の桂歌丸さん(享年81)の告別式で配布された記念品がオークションサイトで転売されていることが13日、わかった。相次ぐ有名人の葬儀に群がる“記念品転売ヤー”はなくならない。 告別式は11日に横浜市の妙蓮寺で執り行われた。笑点メンバーの林家木久扇ら関...
週刊誌で報道された高畑裕太さんの現在 上沼恵美子の怒り再燃

週刊誌で報道された高畑裕太さんの現在 上沼恵美子の怒り再燃

タレント・上沼恵美子が、1日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜、前11・40)に出演。女優・高畑淳子の息子で2016年8月に強姦致傷容疑で逮捕(のち不起訴)された長男で俳優の高畑裕太に向けて、「あなたは消えて」「実家はアカン!」と上沼節を噴火させた。 番組では、週刊誌が報...
事故で脊髄を損傷した「仮面女子」の猪狩ともか 芸能活動再開へ

事故で脊髄を損傷した「仮面女子」の猪狩ともか 芸能活動再開へ

4月に強風で看板が直撃する事故で脊髄を損傷、両下肢まひで車いす生活を送っているアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともか(26)が、26日から芸能活動を再開することが14日、分かった。同日に東京・秋葉原の仮面女子カフェで行われる「仮面女子ライブ」でフィナーレに登場する。 猪狩は今年4月11...
津川雅彦さん、突然死だった 退院予定日直前で当日も朝食ペロリ

津川雅彦さん、突然死だった 退院予定日直前で当日も朝食ペロリ

心不全のため4日に78歳で亡くなった俳優の津川雅彦さんが退院予定を目前にしての突然の死だったことが8日分かった。4月27日に永眠した妻で女優の朝丘雪路さん(享年82)の後を追うような最期。交友関係の広さを物語るように各界から多くの追悼コメントが寄せられたが、一監督、一俳優というだけでな...
難病を患った坂口憲二 順調な回復の裏で鬼のリハビリに励む

難病を患った坂口憲二 順調な回復の裏で鬼のリハビリに励む

今年3月、特発性大腿骨壊死症の治療に専念するため芸能活動を無期限休止すると発表した坂口憲二(42)。週刊女性が8月7日、療養中の坂口に取材した様子を報じている。 記事では「サーフィンもしていますよ」と明かすほど体調が回復しているという坂口。芸能界の引退も否定し、「辞めるのではなく、今は休業中...
活動休止中の坂口憲二を直撃 引退は否定も「治らない病気」

活動休止中の坂口憲二を直撃 引退は否定も「治らない病気」

「最近、坂口憲二さんが九十九里の別荘に家族と一緒によく来ていますよ。近くの海岸でサーフィンをしたりしてお元気そうです」(近隣住民) この記事のすべての写真を見る 3月31日に、無期限の芸能活動休止を発表し、5月末に所属事務所を退社した坂口。退社の理由は、国が指定する難病を患ったことだった。 「...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net