芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

北川景子と高畑淳子が親類関係など 芸能人の意外な血脈

北川景子と高畑淳子が親類関係など 芸能人の意外な血脈 (全7枚)

知っていそうで知らないテレビで活躍する有名人たちの関係

キムタクの主演ドラマ『華麗なる一族』が放映されたのは’07年のこと。山崎豊子がこの作品で描いたのは、血に血をつないで勢力を拡大していく銀行家・万俵の姿だった。この原作は、いま読んでも決して色褪せていない。岸信介の孫にあたる安倍晋三や、吉田茂の孫の麻生太郎。日本の政界は「血脈」や「世襲」に支配されているといっても言い過ぎではない。

ところが、どうやらその流れが芸能界にも押し寄せているようなのだ。言われてみれば「○○の妹、デビュー!」というニュースや「実は私たち、いとこ同士なんです」的な告白が頻発している。そこで本誌取材班は「芸能界の親戚関係」、その実態をリサーチしてみた。

近年で話題となったのは、北川景子と高畑淳子が親類関係にあるという事実。北川の夫・DAIGOの祖父が竹下登元総理であることを思えば、もはや北川は芸能界と政界とに血脈をもつ圧倒的勝ち組といえるかもしれない。そして見逃せないのは、柄本&安藤一族の隆盛だ。次期朝ドラ『まんぷく』のヒロイン・安藤サクラは、奥田瑛二&安藤和津夫妻の娘。そしてその夫・柄本佑は柄本明&角替和枝の子、さらに各兄弟も活躍中、となれば当代一の芸能一家、と呼べるだろう。

ほかにも「血の濃さ」を感じさせる組み合わせや意外な関係性がズラリ。スターの才能は遺伝子で受け継がれたのか、それとも恵まれた環境で育ったのか。スターの血脈を知ると、テレビが10倍面白くなるかもしれません。

なぜ最近「親類関係にある芸能人」が次々と発覚するのだろうか。その背景が気になるところだ。

「まず、芸能人の数が圧倒的に増えた、というのが根本的な大きな理由です。俳優、ミュージシャンというくくりを超えた"タレント"が激増していますからね」と語るのは、芸能リポーターとしておなじみの石川敏男氏だ。

「昭和の頃には北島三郎を頼っていとこの松前ひろ子が歌手になったり、山川豊の活躍に憧れ兄の鳥羽一郎が漁師から歌手に転身したり、というニュースが報道されていましたが、比較的レアケースだった。ところが、これだけタレントが増えれば事務所にとっても、メディアにとっても"○○の甥の若手俳優!"といったキーワードは、他のタレントと差別化できる格好の材料になります。同世代にひしめく、多数のライバルの中で埋もれないためには、非常に大きな強みとなるはずです」(同・石川氏)

もうひとつ、ネットが発達したことも背景にあるようだ。

「タレント本人にとっても、自分をアピールするために、最も関心を得やすいシンプルな"切り札"です。今はそんなに著名ではない芸能人が、ブログやSNSで簡単に発信できる時代。そこで明かされることが多いですが、売れている側の親族が苦々しい顔でスルー、ということも増えていますよ」(同・石川氏)

いずれ、タレントが「血統書つき」と評される時代が来るのかもしれない。

A知花くらら→あ.ゴリ/大島美幸→い.平山あや/山本寛斎→え.伊勢谷友介/舘ひろし→う.河野太郎/グッチ裕三→お.田中星児

実家は名古屋の老舗医院、という舘ひろし。実は旧士族の家系というお坊ちゃんだ。河野家とは縁戚。いずれは政界進出となるか?またデザイナーの山本寛斎と東京藝大出身の伊勢谷友介はなんと32歳差の異母兄弟だ。芸能ツウの読者のみなさんには、少々簡単なクイズだっただろうか


PHOTO:AFLO(高木姉妹)

北川景子と高畑淳子が親類関係など 芸能人の意外な血脈 外部サイト 新潟少女殺害死体遺棄事件なぜ「ロリコン性欲者」小林遼容疑者は野放しにされてきたのか 東京メトロ社員が逮捕被害女性が告白「私はヤリ部屋に連れ込まれた」 羽生結弦を追いかけてメドベージェワ「愛のカナダ行き」 「北川景子」をもっと詳しく

クローゼットに私服は10着?北川景子は宝塚優先の生活か DAIGOが北川景子との新婚生活語る毎年一緒に健康診断へ 北川景子の美脚に「セクシーすぎる」感嘆の声が続々

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「業者への貧相なイメージ」クリーニング業界が「万引き家族」に異論

「業者への貧相なイメージ」クリーニング業界が「万引き家族」に異論

大ヒット作の影響力 カンヌ映画祭の最高賞たるパルムドールに輝き、興行収入も40億円を超えたという。作品が高く評価され、ビジネスとしても大成功を収めた。現在もロングランが続く「万引き家族」[是枝裕和監督(56)/ギャガ]のことだ。 *** ここまでの“社会的現象”となると、映画を巡る言説もバラエテ...
松岡茉優の「万引き家族」での演技が好評 バラエティー界から悲鳴

松岡茉優の「万引き家族」での演技が好評 バラエティー界から悲鳴

フランスで行われた「第71回カンヌ国際映画祭」で、日本作品として21年ぶりに最高賞「パルムドール」に輝いた是枝裕和監督(56)の「万引き家族」が、大ヒットのスタートを切った。安藤サクラ(32)の演技が好評だが、同作では松岡茉優(23)も高い評価を受けている。ところが、なぜかバラエティー...
是枝監督がこだわる入浴シーンへの思い「風呂の水は血よりも濃い」

是枝監督がこだわる入浴シーンへの思い「風呂の水は血よりも濃い」

是枝裕和監督の作品に必ずと言っていいほど現れる「入浴シーン」。なぜ彼はそのシーンこだわるのか。そこには、「人はどのようにして『家族』になりうるのか」を描いてきた是枝監督の思想が凝縮しているように見える。入浴シーンに注目すれば、是枝作品をより深く味わうことができる。 『そして父になる』の入...
満島ひかりに各方面から不評の声「今や注意できる人がおらず」

満島ひかりに各方面から不評の声「今や注意できる人がおらず」

6月2日、満島ひかり(32才)が11月に開幕予定の舞台『ロミオとジュリエット』から降板すると報じられた。 「いいものを作るために、妥協しない。その上かなりハッキリと意見を言う。最近は小沢健二さん(50才)のライブにゲストボーカルとして出演していましたが、音楽番組での小沢さんのライブに彼女が参加し...
つるの剛士のいとこはプロの漫画家 身内に有名人がいる芸能人

つるの剛士のいとこはプロの漫画家 身内に有名人がいる芸能人

タレントのつるの剛士がInstagramにおいて、電子書籍サイト『少年ジャンプ+』の新連載「地獄楽」の作者、賀来ゆうじがいとこだと明かした。つるのは「幼少期、よく一緒に絵を描いていた従兄弟がまさかプロの漫画家になるとは思ってもいませんでした」とコメントした。芸能人の中には、意外な人物を身内に持つ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net