芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「すごく幸せだった」西城秀樹さん夫人の家族愛に感動の声

「すごく幸せだった」西城秀樹さん夫人の家族愛に感動の声
 
5月16日に西城秀樹さん(享年63)が急性心不全で亡くなったことを受けて、翌17日に西城さんの自宅へと弔問した小川知子(69)。西城さんとの“対面”を果たした後、取材陣からコメントを求められた。
 
西城さんとは家族ぐるみの付き合いだったという小川。関係者に支えられ大粒の涙を溜めながらも、美紀夫人から託されたメッセージがあると明かした。そして、美紀夫人の“胸中”をこう代読した。
 
「倒れて入院してから2、3週間、毎日病院で看病できたことがすごく幸せだった。子供たちも最期に立ち会えたことが良かったと思います。(亡くなった実感がなく)まだ夢のようです」
 
西城さんは01年5月、当時会社員だった18歳年下の美紀さんと結婚。1女2男に恵まれた。2度の脳梗塞で身体には麻痺が残ったが、西城さんは「(子供たちを)追っかけていけるように、走れるようになりたい」と話していたという。
 
小川は西城さん夫婦の闘病と看護の日々を回想し、こらえきれず涙。言葉に詰まりながらも「愛してるよ……。かっこいいよ、秀樹。あの世でもモテるだろうから気をつけなさい」と空を仰いだ。
 
ネットでは小川の回想を受け、美紀さんの家族愛に感動する声があふれている。
 
《結婚生活の大半が看病と介護だったでしょうに、最期の時を幸せ、と言える奥様は素晴らしいと思います》
《3人の子宝にも恵まれて、年齢の近い子供3人の育児と秀樹さんのお世話を最後まで両立されるなんて、すごく立派だと思う》
《秀樹さんも家族を愛していたから辛いリハビリに耐えて、ありのままの姿を見せてきたんだろうなぁ》

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

人気を誇った芸能人水泳大会 2000年代以降下火になった理由

人気を誇った芸能人水泳大会 2000年代以降下火になった理由

夏、水着の季節ということで懐かしく思い出されるのが芸能人の水泳大会。有名無名、多数の芸能人がプールに集結して健康美やお色気を発散する様子は、夏のテレビの風物詩でもあった。しかし、2000年代以降はすっかり鳴りを潜めてしまった。なぜ人気を誇った芸能人水泳大会は消えてしまったのだろうか。 最盛期...
西城秀樹さんの「骸骨」は不謹慎か フジロック追悼アートに賛否

西城秀樹さんの「骸骨」は不謹慎か フジロック追悼アートに賛否

野外音楽フェス「フジロック・フェスティバル」の会場に、故・西城秀樹さんらの姿を骸骨で再現したアート作品が展示されていたことが、「不謹慎ではないか」などと賛否を呼んでいる。 西城さんをかたどった骸骨には、茶髪のカツラと星条旗が。そして、代表曲の「YOUNGMAN(Y.M.C.A.)」の振り付けをモチーフに...
「当人にしかわからない間柄」中居正広が金スマで見せた繊細な感性

「当人にしかわからない間柄」中居正広が金スマで見せた繊細な感性

トップを極めた人間同士にしかわからない感覚があるのかもしれない。7月13日、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)が2時間スペシャルで〈新御三家・西城秀樹と野口五郎の友情に涙…〉を放送した。 昭和の人気歌番組『ザ・ベストテン』や『日本レコード大賞』などから西城秀樹、野口五郎、郷ひろみの...
桂歌丸さんの葬儀記念品を転売 サイン入りポストカードなどを出品

桂歌丸さんの葬儀記念品を転売 サイン入りポストカードなどを出品

慢性閉塞性肺疾患のため2日に亡くなった落語家の桂歌丸さん(享年81)の告別式で配布された記念品がオークションサイトで転売されていることが13日、わかった。相次ぐ有名人の葬儀に群がる“記念品転売ヤー”はなくならない。 告別式は11日に横浜市の妙蓮寺で執り行われた。笑点メンバーの林家木久扇ら関...
西城秀樹さん最期の姿を妻・美紀さん明かす「おだやかに寝てるみたいに」

西城秀樹さん最期の姿を妻・美紀さん明かす「おだやかに寝てるみたいに」

24日放送のフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」(木曜・後9時)に、16日に急性心不全のため63歳で死去した西城秀樹さんの妻、木本美紀さんが出演。司会の坂上忍(50)に、秀樹さんの最期の姿を語った。 坂上が西城さんの自宅を訪問。自宅に戻った遺体と面会した。その後、自宅でインタビューが行わ...
西城秀樹さんの死去に妻「まだ実感わかない」 友人の小川知子が明かす

西城秀樹さんの死去に妻「まだ実感わかない」 友人の小川知子が明かす

歌手の西城秀樹さんが16日に急性心不全のため亡くなっていたことが17日、分かった。63歳。広島県出身。関係者によると、4月25日に家族と一緒にいた時に意識を失い倒れて、横浜市内の病院に搬送。そのまま意識が戻ることなく、力尽きたという。2度の脳梗塞に見舞われたが、不自由な体でも最後まであ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net