芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

西城秀樹さん元マネジャー明かす名曲誕生秘話 『Y.M.C.A.』ヒデキバージョン披露で反響「ヤングマン」急遽レコード化 25年間でケンカはたったの3回

西城秀樹さん元マネジャー明かす名曲誕生秘話 『Y.M.C.A.』ヒデキバージョン披露で反響「ヤングマン」急遽レコード化 25年間でケンカはたったの3回

16日、急性心不全のため63歳で死去した歌手、西城秀樹さん。代表曲で国民的ヒットソングとなった「YOUNGMAN(Y.M.C.A.)」(1979年)の日本語詞を手がけた元マネジャーの天下井(あまがい)隆二氏(66)が、名曲誕生の秘話を明かした。

「ヤングマン」は79年2月に発売。累積売上枚数は80・8万枚(オリコン調べ)と大ヒットし、TBS系「ザ・ベストテン」では番組史上初で唯一の「9999点」(満点)を獲得している。

「78年の11月ごろ、79年の正月コンサートの打ち合わせで、ヴィレッジ・ピープルの『Y.M.C.A.』をアンコールで披露する案が出て、僕も秀樹もロスで聞いていたので『それ、いいね』ということになったんです」

天下井さんは74年に秀樹さんのマネジャーに就任し、83年に独立した以降も99年まで行動をともにした盟友だ。「Y.M.C.A.」の元歌には“ゲイの応援歌”的な要素もあった。

「一の宮はじめ先生がYMCAの振りを考えたところで、日本語詞を頼まれたんです。時間がなくてスタジオの屋上で1時間で書きましたが、誰にでも気さくな秀樹をイメージした“青春賛歌”にしたんです」

正月コンサートの後、秀樹さんとともにグアムで休暇をとったが「ディスコで原曲が流れていたので、秀樹がYMCAの振りを踊るとフロアがすごく盛り上がったんです。正月コンサートでも、3階席までみんなが踊っていた。これはいけるかもと思いました」。

帰国すると「ヤングマン」の反響がすごいことになっていた。「テレビでコンサートの映像を流すことになり、リクエストを募ったら、ヤングマンへのはがきがみかん箱3箱も集まったんです」

急遽レコード化が決まった。秀樹さんは神奈川県海老名市にあったプレス工場に出向き、従業員50人の前で「残業になりますが、お願いいたします」と頭を下げ、「ヤングマン」を熱唱した。

その年の「日本歌謡大賞」を受賞。当時、事務所の後輩だった歌手、岩崎宏美(59)は「舞台袖で、天下井さんが号泣していたんです。これまで見たことがないほどの男泣きでした」と振り返る。

25年近く行動をともにして、けんかをしたのは3回だけだった。「そのうち2回は『飯ぐらい食わせろ』って怒り。それぐらい忙しかった。食事をとってないと、さすがに優しい秀樹でもいらつくんですよ」

秀樹さんに最後に会ったのは2016年11月、45周年コンサートの楽屋を訪れた。20分ほど話したというが、「子供が小さいから頑張ろうと思っているんだと、前向きに話していたんです」。

亡くなった16日の前日、マネジャーに電話を入れていた。「そのときは大丈夫ですって言われたので安心していたのに…」と声を詰まらせた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

西城秀樹さんの「骸骨」は不謹慎か フジロック追悼アートに賛否

西城秀樹さんの「骸骨」は不謹慎か フジロック追悼アートに賛否

野外音楽フェス「フジロック・フェスティバル」の会場に、故・西城秀樹さんらの姿を骸骨で再現したアート作品が展示されていたことが、「不謹慎ではないか」などと賛否を呼んでいる。 西城さんをかたどった骸骨には、茶髪のカツラと星条旗が。そして、代表曲の「YOUNGMAN(Y.M.C.A.)」の振り付けをモチーフに...
過酷なダイエットや暴飲暴食 若いころに重ねた西城秀樹さんの不摂生

過酷なダイエットや暴飲暴食 若いころに重ねた西城秀樹さんの不摂生

(全2枚) 痩身のスポーツマン、激しいアクション。健康的なイメージと裏腹に西城秀樹の後半生は病との格闘だった。いったい、なぜ?実は若いころに重ねた不摂生が、その体に大きく影を落としていた。 *** 秀樹は2003年6月と11年末の2度、脳梗塞を発症している。76年から23年間、マネージャーを務めた天下井...
西城秀樹さん 歌手復帰目指した“不屈のリハビリ生活”

西城秀樹さん 歌手復帰目指した“不屈のリハビリ生活”

ヤングマンは最期まで立ち上がろうとしていた。『YOUNGMAN(Y.M.C.A.)』や『傷だらけのローラ』などのヒット曲で知られる歌手・西城秀樹さん(享年63)。突然の訃報の裏で、病魔を克服し、もう一度、歌手としてステージに立ちたいと願っていた西城さんの“不屈のリハビリ生活”が明らかになった。 2001年に結婚...
ライブでサイリウムを振るルーツは西城秀樹さん?死去を受け注目集まる

ライブでサイリウムを振るルーツは西城秀樹さん?死去を受け注目集まる

2018年5月16日、「YOUNGMAN(Y.M.C.A)」などの曲で知られる歌手の西城秀樹さんが、急性心不全のため63歳で亡くなった。 ネット上ではその死を悼む声ももちろん多くみられるものの、なぜかケミカルライト(通称:サイリウム)にも注目が集まっている。というのも、コンサート会場で「光るもの」を振る行為が初...
「糖尿病も患っていた」元マネージャーが明かす西城秀樹さんの病状

「糖尿病も患っていた」元マネージャーが明かす西城秀樹さんの病状

63歳の若さで西城秀樹が帰らぬ人となったのは、5月16日のことだった。死因となった急性心不全の背景には2度の脳梗塞があると目されているが、“糖尿病も患っていた”と元マネージャー氏は明かすのだ。 *** 西城が脳梗塞を発症したのは、2013年と11年末。1976年から23年間、マネージャーを務めていた天下井隆...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net