芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

子どものスポーツ界には最低な指導者が多数 佐藤弘道が内情語る

子どものスポーツ界には最低な指導者が多数 佐藤弘道が内情語る NHK「おかあさんといっしょ」で“ひろみちお兄さん”として人気を集めた佐藤弘道が18日に更新したブログで、アメリカンフットボールの定期戦で、日大選手の悪質な反則行為によって関学大選手が負傷した問題を取り上げ、これに関連して「日本のスポーツ界、特に子どもたちのスポーツ界は、本当に最低な指導者が多くいます」と訴えた。

佐藤は「連日、某大学の『悪質タックル』が話題になっております」と書き出し、自身が日体大の出身であることを明かした。佐藤は「我々はスポーツマンシップに則り、正々堂々と戦うことを誓います」というスポーツの試合でよく聞かれる言葉を取り上げ、「まさにスポーツマンシップとは、『明るく、正々とした態度・精神』です。それと同様に『フェアプレー』があります」と記した。

海外では「スポーツマン」を「良き仲間」と「訳すところもあります」と言葉が持つ意義深さも説いた。続けて佐藤は「スポーツをする上で、上記の事が基本とあり、戦う相手がいるからこそ試合が成り立ちます!相手、審判またはその試合に関わる全ての方に、敬意や感謝が無ければ、スポーツではありません」と相互に敬う心が必要不可欠であるとの考えを示した。

佐藤はまた、「私たち子どもの指導者は、遊びを通じて子どもたちの運動能力を上げて、スポーツの世界に導く仕事をしています」と子供たちを指導する立場としての考えも提示。「その世界が整った環境で無ければ、本当に残念なことです」とし、「我が家は、息子たちが小さい頃から野球をしていましたが、少年野球などで相手チームの監督やコーチらが『ピッチャービビってるぞ』『どうせ打てねーから大丈夫だ』など、汚い言葉で子どもを威嚇するチームもありました」と少年野球の指導者の中に、賛同できない人物がいることを記した。

佐藤は「その時、いつも『あんなチームに入らなくて良かった』と思っていました」とし、「日本のスポーツ界、特に子どもたちのスポーツ界は、本当に最低な指導者が多くいます」と断じた。その上で「ぜひ、審判はそこの指導もお願いしたいところです」と求めた。 子どものスポーツ界には最低な指導者が多数 佐藤弘道が内情語る 外部サイト カンニング竹山が激怒「アメリカンフットボールを冒とくする者は去れ!」 体操のお兄さんNHK卒業直後の年収3億円!契約社員からフリー転身 しょうこお姉さんタカラヅカ退団のきっかけになった“出来事”とは… 「佐藤弘道」をもっと詳しく

佐藤弘道が異常な潔癖生活を公開洗面所には常にタオルを20枚常備 坂上忍「PKなんて運」との共演者発言にブチギレ子育て論を熱弁 佐藤弘道と妻、大学時代の出会い

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

1993年のドーハの悲劇 長嶋一茂「日本負けろってずっと思っていた」

1993年のドーハの悲劇 長嶋一茂「日本負けろってずっと思っていた」

平成最後の夜となった2019年4月30日、テレビ朝日系「羽鳥慎一のモーニングショー『約18万人が選んだ!平成ニッポンのヒーロー総選挙』」の中、元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂氏が、平成のサッカーについて噛みついた。 一茂氏は番組の中、平成時代にサッカーが台頭してきたことに対し、「ドーハの悲劇」...
関学大選手の復帰会見に称賛の声「これぞスポーツマンシップ」

関学大選手の復帰会見に称賛の声「これぞスポーツマンシップ」

「アメリカンフットボール、関学大27−16関大」(27日、万博フィールド) 6日に行われた日大との定期戦で負傷した関学大のQB奥野耕世選手(2年)が3週間ぶりに試合出場し、38ヤードのTDパスを通すなど活躍。鮮やかな復帰を果たした。 試合後には、鳥内秀晃監督とともに囲み取材(会見)に応じ...
「戦前の日本陸軍みたい」尾木直樹氏が日大アメフト部を批判

「戦前の日本陸軍みたい」尾木直樹氏が日大アメフト部を批判

教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が22日、ブログを更新し、大学アメリカンフットボールで、関学大との定期戦で悪質な反則タックルを仕掛けた日大の当該選手(20)が22日、都内で会見を開いたことを受けてブログを更新し、タイトルを「戦前の日本陸軍みたいな日大アメフト部」とした。 尾木氏は「今...
浦田直也容疑者の謝罪会見が不評 自らを断じた前園真聖氏との違い

浦田直也容疑者の謝罪会見が不評 自らを断じた前園真聖氏との違い

夜勤の仕事を終え、早朝にAAAリーダー浦田直也容疑者(36)の謝罪会見を放送する情報番組を見た。ネットニュースを扱う仕事柄、ユーザーによる「謝罪の場なのにヘラヘラしている」「本当に反省しているのか」の評判も目にしていたが、「まさにその通り」と感じた。浦田容疑者が「記憶がない」「覚えていない」...
のんを巡る裁判で文藝春秋に賠償命令 文春側「承服できるものではない」

のんを巡る裁判で文藝春秋に賠償命令 文春側「承服できるものではない」

『週刊文春』(2015年5月7・14日号)に掲載された記事「衝撃スクープ国民的アイドル女優はなぜ消えたのか?能年玲奈本誌直撃に悲痛な叫び『私は仕事がしたい』」等が事実に反するとして、能年玲奈氏(現在はのん)の元所属事務所・レプロエンタテインメントおよび同社社長の本間憲氏が、発行元の文藝春秋に対...
ピエール瀧被告に同情の声が多数 キャラクターやタイミングのよさが要因?

ピエール瀧被告に同情の声が多数 キャラクターやタイミングのよさが要因?

先月、コカインを使用したとして麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたピエール瀧が4日、勾留先の警察署から保釈された。ミュージシャンとしてデビューしながら、ここ数年は俳優としての才能が開花し、朝ドラにも連続して出演。現在放送中の大河ドラマ『いだてん』でも重要な役を演じていた彼の逮捕は芸能界に大き...
福原愛さんが第2子男児を出産 ツイッターやインスタグラムで報告

福原愛さんが第2子男児を出産 ツイッターやインスタグラムで報告

卓球女子の2012年ロンドン五輪団体銀、16年リオ五輪団体銅メダリストの福原愛さん(30)が3日、第2子となる3110グラムの男児を出産した。夫で卓球男子・江宏傑選手(こう・こうけつ/30)が8日、自身のツイッターやインスタグラムで報告した。 【写真】愛ちゃん&江宏傑選手ラブラブ2ショット 江選手は家族...
TBS「ビビット」の顔である国分太一 周囲にはやめたいともらす?

TBS「ビビット」の顔である国分太一 周囲にはやめたいともらす?

スタッフに対し笑顔で挨拶をし、スタジオを後にする国分(18年)  19年9月いっぱいでの打ち切り説が流れている、朝の情報番組『ビビット』(TBS系)。4月14日付『日刊ゲンダイDIGITAL』によれば、新番組のMCには、すでに落語家の立川志らくの名前が挙がっているという。 「志らくは、同局でお昼...
だんご3兄弟で知られるあゆみおねえさん 茂森あゆみは3兄弟の母に

だんご3兄弟で知られるあゆみおねえさん 茂森あゆみは3兄弟の母に

「だんご3兄弟」(1999年)の大ヒットで知られる、元“うたのおねえさん”こと茂森あゆみ(47)が17日、日本テレビで放送された「今夜くらべてみました」に出演し、16年ぶりのバラエティー出演を果たした。 NHKの「おかあさんといっしょ」の17代目うたのおねえさんだった茂森は、高校時代から交...
「よしお兄さん」小林よしひさ、結婚していた「おかあさんといっしょ」

「よしお兄さん」小林よしひさ、結婚していた「おかあさんといっしょ」

NHK・Eテレ「おかあさんといっしょ」で「体操のお兄さん」を歴代最長の14年間務め、今年3月いっぱいで卒業した、小林よしひさ(37)が一般女性と結婚していたことが15日、分かった。 関係者によると、3年ほど前に小林がプロポーズし、ゴールインした。小林は、愛妻について「誰よりも自分を分か...
「世界に一つだけの花」や「TSUNAMI」生で聴けない可能性のある名曲

「世界に一つだけの花」や「TSUNAMI」生で聴けない可能性のある名曲

オリコンが発表した平成の30年間でもっとも売れたシングルは、SMAPの「世界に一つだけの花」だった。実はこれだけ売れた曲なのに、上位陣はもう生で聴くことができない可能性の高い曲ばかりなのだ。 ◇ 「世界に一つだけの花」は平成に発売されたシングルで唯一300万枚を突破し、312・8万枚を記録...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net