芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

スキャンダル少なく元週刊誌記者もお手上げ 西城秀樹さんの優しい素顔

スキャンダル少なく元週刊誌記者もお手上げ 西城秀樹さんの優しい素顔

西城秀樹さんが亡くなった。63歳だった。

彼は'72年に『恋する季節』で歌手デビューするも、デビュー曲はヒットには至らず、オリコンで1位を獲得したのは6曲目の『ちぎれた愛』だった。

続く7曲目『愛の十字架』も1位を獲得。勢いに乗ると、その後は次々とヒット曲をだし、トップアイドルへの階段を上っていったのだった。

人気が出てくると、当時のアイドルたちがそうであったように、バラエティ番組に出演する機会も増えていった。

さらに'73年から12年間にわたって放送されたハウス食品の『バーモントカレー』のCMに出演。「ヒデキ、感激‼」「ヒデキ、ご機嫌‼」「ヒデキ、満足‼」などのキャッチコピーが人気を呼び、幅広い年齢層に支持されるようになった。

CMの中で彼が歌う「ハウス・バーモントカレーだよ〜♬」というフレーズが刷り込まれた人は多く、その甲斐あって商品は売り上げを伸ばしたという。

だが、西城さんの人気を一気に押し上げたのは、あのドラマに他ならない。

'74年に放送され、平均視聴率31.3%を記録した国民的ホームドラマ『寺内貫太郎一家』(TBS系)だ。ドラマで彼は小林亜星さん演じる貫太郎の長男・周平を演じていて、ふたりの親子げんかが、毎回お約束のように登場、ドラマの目玉とされていた。

けんかのシーンは、いつも派手で、タンスが倒れ、ふすまがはずれ、最後に周平が投げ飛ばされて庭に飛んでいくのだが、これがリアルで、マジでやっているように感じた視聴者は多かった。

後年になって、ふたりは、お互いに本気でけんかしていた、と語っている。それが証拠に、西城さんが投げ飛ばされて腕を骨折したエピソードは有名だ。

熱愛の噂と“都市伝説”

そんな西城さんだが、不思議と熱愛スキャンダルは少ない。唯一、知られているのは十朱幸代さんとの交際。

当時、西城さんが35歳、十朱さんが47歳だったが、やがて破局。

私の記憶では、それ以降、熱愛の噂が出たことはなかったように思う。私がフライデーの記者だったころ、1度だけだが、彼が一般人女性と交際しているという情報が入り、取材したことがある。連日、張り込んだが、捉えることはできなかった。ガードが完璧だったのか、そもそもそんな話はなかったのか。

そして西城さんといえば、もはや“都市伝説”となっているが、芸能界でささやかれ続けていた、年齢サバ読み疑惑。

疑惑が囁かれ出してかれこれ20年以上はたつと思われるが、私が取材したかぎりでは、なぜそんな話が出てきたのか、特にこれといった理由を見つけることはできなかった。

年齢サバ読み疑惑でよくあるのは、同級生が名乗り出てきたり、卒業アルバムが発見されたりだが、そんなことはなく、唯一出てきたのは、

「本名の龍雄というのは、辰年生まれだから付けられた」

という話。

もしそうだとすれば実際は3歳上となるが、現在はインターネットも含め、情報が氾濫している時代だ。それにも拘わらず、何も出てこないというのは、事実ではないのだろう。

そしてこれから先はきっと、“西城秀樹伝説”の一つとして語り継がれることになるだろう。

私は、1回目に脳梗塞で倒れたあと、見事に復帰した西城さんと番組で共演したことがある。そのとき、私もジムでトレーニングするのと、サウナが大好きなんです、と言ったら、

「水分補給は絶対しないとダメだよ。そうしないとボクみたいになっちゃうからね(笑)」

と語っていた。そのときの優しい笑顔は、今でも忘れることはない。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

石橋貴明がネットでの批判に思うこと「本当なのかなって」

石橋貴明がネットでの批判に思うこと「本当なのかなって」

とんねるず石橋貴明(56)のフジテレビ新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜午後11時)がスタートして3カ月。昭和カルチャーや豪傑列伝などのディープな見ごたえがじわじわと支持を伸ばし、2%台で始まった視聴率も4%台に“倍増”してきた。「みなさんのおかげです」の木曜9時枠から月曜深夜へ。...
「秀樹さん ありがとう」ちびまる子ちゃんが西城秀樹さんを追悼

「秀樹さん ありがとう」ちびまる子ちゃんが西城秀樹さんを追悼

27日にフジテレビ系で放送された人気アニメ『ちびまる子ちゃん』(毎週日曜後6:00)で、「秀樹さんありがとう」と、今月16日に急性心不全のため亡くなった歌手の西城秀樹さん(享年63)を追悼した。 【写真】きのう告別式だった西城秀樹さんの祭壇 この日は前半に放送された「まる子、早めに衣替えをしたい...
西城秀樹さん元マネジャー明かす名曲誕生秘話 『Y.M.C.A.』ヒデキバージョン披露で反響「ヤングマン」急遽レコード化 25年間でケンカはたったの3回

西城秀樹さん元マネジャー明かす名曲誕生秘話 『Y.M.C.A.』ヒデキバージョン披露で反響「ヤングマン」急遽レコード化 25年間でケンカはたったの3回

16日、急性心不全のため63歳で死去した歌手、西城秀樹さん。代表曲で国民的ヒットソングとなった「YOUNGMAN(Y.M.C.A.)」(1979年)の日本語詞を手がけた元マネジャーの天下井(あまがい)隆二氏(66)が、名曲誕生の秘話を明かした。 「ヤングマン」は79年2月に発売。累積売上...
西城秀樹さんの「骸骨」は不謹慎か フジロック追悼アートに賛否

西城秀樹さんの「骸骨」は不謹慎か フジロック追悼アートに賛否

野外音楽フェス「フジロック・フェスティバル」の会場に、故・西城秀樹さんらの姿を骸骨で再現したアート作品が展示されていたことが、「不謹慎ではないか」などと賛否を呼んでいる。 西城さんをかたどった骸骨には、茶髪のカツラと星条旗が。そして、代表曲の「YOUNGMAN(Y.M.C.A.)」の振り付けをモチーフに...
「当人にしかわからない間柄」中居正広が金スマで見せた繊細な感性

「当人にしかわからない間柄」中居正広が金スマで見せた繊細な感性

トップを極めた人間同士にしかわからない感覚があるのかもしれない。7月13日、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)が2時間スペシャルで〈新御三家・西城秀樹と野口五郎の友情に涙…〉を放送した。 昭和の人気歌番組『ザ・ベストテン』や『日本レコード大賞』などから西城秀樹、野口五郎、郷ひろみの...
桂歌丸さんの葬儀記念品を転売 サイン入りポストカードなどを出品

桂歌丸さんの葬儀記念品を転売 サイン入りポストカードなどを出品

慢性閉塞性肺疾患のため2日に亡くなった落語家の桂歌丸さん(享年81)の告別式で配布された記念品がオークションサイトで転売されていることが13日、わかった。相次ぐ有名人の葬儀に群がる“記念品転売ヤー”はなくならない。 告別式は11日に横浜市の妙蓮寺で執り行われた。笑点メンバーの林家木久扇ら関...
週刊誌で報道された高畑裕太さんの現在 上沼恵美子の怒り再燃

週刊誌で報道された高畑裕太さんの現在 上沼恵美子の怒り再燃

タレント・上沼恵美子が、1日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜、前11・40)に出演。女優・高畑淳子の息子で2016年8月に強姦致傷容疑で逮捕(のち不起訴)された長男で俳優の高畑裕太に向けて、「あなたは消えて」「実家はアカン!」と上沼節を噴火させた。 番組では、週刊誌が報...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net