芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ナイツ塙宣之がドラマ「捜査一課長」に出演 「大根」ぶりが話題に

ナイツ塙宣之がドラマ「捜査一課長」に出演 「大根」ぶりが話題に

お笑い芸人が役者デビュー――。いまどき珍しくない現象、というよりも、低迷するドラマのスパイス、そして広告塔として、重要視されているという。4月期のドラマを見回してみよう。

***

民放プロデューサーが語る。

「お笑いの人って、コントでも別人を演じていますし、そこでデフォルメすることはあっても、観客が共感できないようには演じません。客が引いたら笑いになりませんからね。ですから彼らにとって演じるのは普通のことで、加えて、シリアスな演技や凶悪犯を演じることで意外性が生まれて注目もされる。ビートたけしさん(71)が大久保清や金嬉老を演じて話題になったのもそう。挙げ句、『高倉健(1931〜2014:享年83)だって漫才はできないだろう。おいらは役者もできるけど、役者に漫才はできない』とラジオで言っていたのが健さんの耳に届いて、田中邦衛さん(85)と本気で漫才をやる相談をしたというのは有名な話です。結局、健さんたちは諦めたそうですけど……、お笑いの人って役者もできるんですよ」

ナイツ塙宣之がドラマ「捜査一課長」に出演 「大根」ぶりが話題に (左)ナイツの塙(マセキ芸能社オフィシャルサイトより)

だからお笑い芸人は、ドラマや映画に引っ張りだこなのだという。

「なかでも演技の上手い芸人として思い浮かぶのは、『雨上がり決死隊』の宮迫博之(48)、『ドランクドラゴン』の塚地武雅(46)、板尾創路(54)、『ネプチューン』の原田泰造(48)、カンニング竹山(47)、『ウッチャンナンチャン』の内村光良(53)、『アンジャッシュ』の児嶋一哉(45)、劇団ひとり(41)、『アジアン』の馬場園梓(37)、友近(44)、渡辺直美(30)などなど。アイドルの演技などよりよっぽどマシですし、下手な役者も顔負けですね」(同・民放プロデューサー)

くっきー、フジモン、そしてナイツ塙

現在放送中の連ドラでは、「崖っぷちホテル!」(日本テレビ系)で「野性爆弾」のくっきー(42)がコワモテだけど親切なフロントマンを演じているし、「あなたには帰る家がある」(TBS系)では『FUJIWARA』の“フジモン”こと藤本敏史(47)が部下のノルマや自分の体裁ばかりを気にするクセのあるサラリーマンを演じている。また先に名前の挙がった塚地武雅はNHK大河『西郷どん』で堂に入った演技を披露している。

「古くは植木等さん(1926〜2007:享年80)、いかりや長介さん(1931〜2004:享年72)、藤田まことさん(1933〜2010:享年76)らもお笑い出身で、晩年には渋い演技が評判となりました。現役でも泉ピン子さん(70)や竹中直人さん(62)、でんでんさん(68)など、もはやお笑い芸人だったことが忘れられているほどの大物役者になっていますね。ただ不思議なのは、お笑いコンビやトリオでも、上手いと言われるのは1人だけ。お笑い芸人すべてが、演技も上手いというわけではないんですね」(同・民放プロデューサー)

今期のドラマでそれを証明しているのが、「警視庁・捜査一課長season3」(テレ朝)に出演中の「ナイツ」塙宣之(40)だ。叩き上げの捜査一課長を演じる内藤剛志(62)の乗る公用車の運転手を務める刑事役なのだが、台詞は棒読み、演技も堅い。芸人としてアドリブを効かせるなんて余裕もない。劇中の渾名は「ブランク」なのだが、「おいスランプ!」などと他の役者に笑いを奪われる有様だ。

その塙の迷演技が、芸達者な安達祐実(36)や金田明夫(63)に挟まれて繰り出されるものだから目立つこと、目立つこと。

真犯人か!

「塙の演技については、回を重ねるごとにネットでも話題になってきてますね。『ヤホーで演技の仕方を検索しろ!』とか『学会ならぬ学芸会なみの演技』、ふとした瞬間に見せる目つきの悪さから『真犯人か!』なんて書き込みは本人も読んでいるようで、ラジオなどで自虐ネタにしているほど」(同・民放プロデューサー)

実はお笑い芸人をドラマに起用するのは、番組の広告等にもなるからなのだとか。

「彼らはバラエティに出演しても、ドラマの制作現場の裏話などもネタにしてくれますよね。それが番組宣伝にもなるわけですよ。ナイツ塙の場合、これがどっちに転んでいるのかは分かりませんが、くっきーやフジモンのドラマより視聴率はいい。5月10日の第5話は14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、これまでの最高視聴率(14.5%)に迫る勢いです。もともと数字の取れるドラマだからSeason3にもなっているわけですからね。高視聴率を『ナイツ塙のおかげ』と言う人はいませんが、ひょっとすると楽しみ方のひとつになっているかもしれません」(同・民放プロデューサー)

名誉のために言っておくと、現在、本業では、一般社団法人漫才協会副会長(会長は青空球児[76])という要職にある。

週刊新潮WEB取材班

2018年5月20日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「役者としても人間としても認めない」倉本聰氏とビートたけしの因縁

「役者としても人間としても認めない」倉本聰氏とビートたけしの因縁

《僕はたけしというのは全く認めないんですよね》 《以前1本だけ15分くらいのミニドラマをやってるんですけど、それだけですね。僕はあの人を全然認めない。(略)役者としても人間としてもですね》 “世界のキタノ”ことビートたけし(71)を6日6日付『日刊ゲンダイ』の連載『ドラマへの遺言でこうぶった斬った...
サービス精神が旺盛なコロッケ 各所から本気の苦情「節度を…」

サービス精神が旺盛なコロッケ 各所から本気の苦情「節度を…」

コロッケが、31日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。マネージャーからクレームが突きつけられる一幕があった。 マネージャーが言うには、コロッケは地方営業に行った際、終了時刻が過ぎても続けてしまうため、その日に東京に戻りたいスタッフが飛行機に乗れなくなってしまったこともあるそう...
「また戻ってくる」石橋貴明が「みなおか」復活を宣言

「また戻ってくる」石橋貴明が「みなおか」復活を宣言

8日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で、石橋貴明が番組終了について「また戻ってくる」と宣言した。 番組は人気のコントを一挙放送。「仮面ノリダー」や若き日の宮沢りえが出演した学園コントシリーズ、荻野目洋子出演の「貧乏家の人々」などを次々放送し、かつてのファンが歓喜...
「さんま・中居の今夜も眠れない」今年の27時間テレビも放送無し

「さんま・中居の今夜も眠れない」今年の27時間テレビも放送無し

フジテレビ系大型特番『FNS27時間テレビ』深夜の恒例コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」が、今年も放送されないことが13日、分かった。 中居正広の部屋に明石家さんまがやってきてトークを繰り広げる設定の同コーナでは、中居が『27時間テレビ』の総合司会を務めた2000年にスタート。さんまが、街やテ...
ビートたけしが山根明氏に皮肉「リードボーカルみたい」

ビートたけしが山根明氏に皮肉「リードボーカルみたい」

タレント、ビートたけし(71)が11日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・0)に生出演。日本ボクシング連盟の不正疑惑で会長を辞任した山根明氏(78)について、「リードボーカルみたい。黒い服のコーラスの前で、白いスーツを着て歌っている感じ」と皮肉った。 山根氏は...
寺島進がオフィス北野退社へ ビートたけし「十分義理を果たした」

寺島進がオフィス北野退社へ ビートたけし「十分義理を果たした」

俳優の寺島進(54)が5日、東京・上野公園噴水広場で行われた「江戸まちたいとう芸楽祭」の映画「HANA―BI」(北野武監督)上映会にゲスト出演。11月末にオフィス北野を退社することを自ら明かした。 先日、ビートたけし(71)の楽屋へあいさつに行ったそうで「『寺島は十分義理を果たしたからな...
寺島進がオフィス北野退社へ 12月から新天地で俳優業にまい進

寺島進がオフィス北野退社へ 12月から新天地で俳優業にまい進

オフィス北野に所属する俳優の寺島進(54)が11月末をもって退社することが29日、分かった。3月のビートたけし(71)の独立騒動により同事務所が新体制となり、複数のスタッフが退社。マネジメント業務が滞ったことで決意した。12月からは新事務所「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net