芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

津川雅彦が朝丘雪路さんへの思い語る「彼女を残すよりはいい結果」

津川雅彦が朝丘雪路さんへの思い語る「彼女を残すよりはいい結果」

アルツハイマー型認知症のため4月27日に死去していたことが分かった女優でタレント朝丘雪路さん(享年82)の夫で、俳優津川雅彦(78)が20日、東京都内で会見し、亡き妻への思いを「感謝してます。すべてに感謝してます」と語った。

45年間、連れ添った最愛の妻との別れから3週間。津川自身も肺炎を患っており、会見も体調を整えるため、約7分、遅れて始まった。車いすに乗り、鼻には酸素吸入のチューブを着けて現れた。会見場所に着くと突然、いすを降りて歩き始め、関係者が慌てる一幕もあった。時折、少し苦しそうに、息を思い切り吸い込む様子を見せた。体調を心配する報道陣には「大丈夫じゃないね。こんな格好して大丈夫だって言ったらうそになる」と正直に明かし、約10分間、質問に答えた。

朝丘さんの死に目には間に合ったというが、「声を掛けられるような状態ではなかった」と、臨終の瞬間を振り返った。1人娘の女優真由子(44)も立ち会い、「一緒にいて、『ママ』って呼んでいた。返事はしないですけどね」と明かした。

朝丘さんは14年、真由子がプロデュースした舞台で津川と共演したのを最後に、仕事からは遠ざかっていた。一時は別居していたが、朝丘さんのアルツハイマーが進行した3、4年前から、再び同居していた。亡くなる数カ月前には、津川のことを認識していたか微妙だったようで、「俺と分かっててしゃべってたのかな」と寂しそうに語った。

津川も体調不良を抱えており、周囲の手を借りながらの介護生活だった。「周りがよくやってくれましたよ。僕が先に死んで、彼女を残すよりは、いい結果になりましたよね」。長年、連れ添った津川にしか言えない言葉で、朝丘さんの死を受け止めた。

73年、大恋愛の末に結婚した。朝丘さんにとっては再婚で、津川は「不倫ですからね。どんなっていうか、熱があったということです」と懐かしんだ。「奥さんが朝丘さんで良かったか」と聞かれると、「そうですね」と答えた。

関連芸能ニュース

小林麻央さん命日 市川海老蔵が投稿した画像めぐり静かな感動広がる

小林麻央さん命日 市川海老蔵が投稿した画像めぐり静かな感動広がる

歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(40)が2018年6月22日、亡き妻の小林麻央さん(享年34)への想いをインスタグラムにつづった。 麻央さんが亡くなってからちょうど1年。この日の画像には、「黒い蝶」が写っており、ファンからはその意味合いがさまざまにつづられ、静かな感動と驚きが広がっている。 黒い蝶々は麻...
33歳で亡くなった母が5歳の娘に教えた『はなちゃんのみそ汁』のいま

33歳で亡くなった母が5歳の娘に教えた『はなちゃんのみそ汁』のいま

がん闘病中の妻・千恵さんと幼い娘との暮らしを綴ったノンフィクション『はなちゃんのみそ汁』。単なる「涙の闘病記」とは異なる、深い家族愛、そして「食といのち」を描いたエッセイです。テレビドラマ化・映画化を通じてますます大きな反響を呼び、国境を越えて多くの人に感動を与え続けています。 著者の安...
市川海老蔵への愛娘・麗禾ちゃんの心優しい行動 ファンから称賛の声

市川海老蔵への愛娘・麗禾ちゃんの心優しい行動 ファンから称賛の声

歌舞伎役者の市川海老蔵が1月9日、愛娘・麗禾ちゃんの心優しい行動について紹介。その内容を見たネット上のファンのからは称賛の声が寄せられている。 *最後の場面で私、涙が溢れる事がたまにあります。そんな時幕がしまると走って布を持ってきてくれるのが麗禾です。本当に気の利く優しい子です。いつもあり...
目黒佑樹 兄・松方弘樹氏の棺に入れた「あるもの」を明かし涙

目黒佑樹 兄・松方弘樹氏の棺に入れた「あるもの」を明かし涙

今年1月21日に脳リンパ腫のため亡くなった俳優の松方弘樹(本名・目黒浩樹=めぐろ・こうじゅ)さん(享年74)の実弟で俳優の目黒佑樹(69)が、6日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月〜金曜・正午)に出演した。 この日は、親交が深かった俳優の梅宮辰夫(79)らが発起人となった松方さんのお別...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net