芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

イベント仕掛け人になった小橋賢児氏 うつ状態や寝たきりの過去

幼少時からテレビに出演し、NHKの連続テレビ小説「ちゅらさん」などドラマや映画、舞台で活躍した小橋賢児さん(38)。07年に俳優業を一度休止して以来、テレビで見かける機会が少なくなった。今、どうしているのか?

■世界最大級音楽イベントの仕掛け人に

小橋さんに会ったのは、東京メトロ六本木駅から徒歩15分の西麻布の事務所。アパレルショップのようなオシャレな室内で、取材ギリギリまでパソコンとにらめっこしていた。

「今はイベント制作の仕事を請け負っていて、世界最大級の音楽フェスティバル『ULTRAJAPAN』のクリエーティブディレクションや、未来型花火イベント『スターアイランド』(5月26日開催)の総合プロデュースをやっています。ほかにもブランドのPRイベント、コンサルティング、それに稲毛海岸の再開発のクリエーティブなどに関わっています」

ウルトラは海外からの輸入コンテンツだが、スターアイランドは小橋さん自身のオリジナル企画だという。

「ウルトラで出会った花火師さんと一緒に取り組んでいます。どちらのイベントも、『つまらない』と言われるお台場に非日常的な世界をつくり出すことで、『東京ってこんなにイケてたんだ』と感じてもらいたいです。そういう気づきを通じて、『人生もやり方や見方を変えればもっと輝くんじゃないか』という希望につながれば、と」

俳優業については「やめるとは宣言していません」とこう続けた。

「情報がフラット化されて多様な生き方が可能になりました。一つの枠組みだけにはまるのはもったいないと思うんです。例えば、海外の芸能界は皆、プロデューサー気質ですよね。レオナルド・ディカプリオも環境問題に取り組みながら俳優をやってるじゃないですか。僕も今なら昔より味のある演技ができるかもしれませんね(笑い)」

■ほぼうつ状態で「いつ死のうか」と考えた

さて、東京出身の小橋さんは「ネズミが出るボロい家」で鍵っ子として育った。小学2年の時、子供向けバラエティー番組「パオパオチャンネル」のオーディションに合格して芸能界入り。当初は仕事が少なかったが、転機となったのは94年放送のドラマ「人間・失格〜たとえばぼくが死んだら」(TBS系)。いじめグループのひとりとして存在感を発揮しブレークした。

以来、役者として活躍。01年のNHK朝ドラ「ちゅらさん」では国仲涼子演じるヒロインとピュアな恋愛模様を繰り広げて脚光を浴びる。

しかし、役者として地位を築き、芸能人の振る舞いを意識して若者らしい生活を我慢するうちに、「窮屈さを感じるようになった」。そして26歳の時、一人旅で訪れたネパールで、貧しいながらも懸命に生きる同年齢の若者の姿を見て「人間力の違いに愕然とした」という。翌07年、俳優業を休業し、語学留学で約1年間渡米。さらに世界各国を巡った。

帰国後、日本にいる人たちが「止まっているように見えた」と話す小橋さん。何かにチャレンジしても「周りとモメ事が起き、付き合っていた彼女にも三くだり半を言い渡された」。気づけば仕事も貯金もなくなり、実家にこもってほぼうつ状態に。「いつ死のうか」と考えていた矢先、病院で肝臓の数値が悪いと診断され、約2カ月間、寝たきりになった。

「医者に『このままでは死にますよ』と言われました。本当にドン底でしたね(笑い)。人生をやり直そうと決め、3カ月後に迫った30歳のバースデーを最高の日にしようと思ったんです」

小橋さんは自身の誕生日をイベント化して成功。手応えを感じ、仲間とさまざまなイベントを企画するうちに、人や企業が集まり、知人の推薦を受けてウルトラのアジア上陸にかかわる。

「裏方で働く側になり、この世の中は“見えない時間の努力”や“目立たない仕事の努力”があって成り立っていると痛感しました。だからサラリーマンとして働く人たちの力は大きいと思いますし、リスペクトしています。でも、日常に流されて同じ居酒屋で飲んでいるだけじゃなく、『ちょっと環境を変えれば発見があるよ』と伝えたいんです。新しい価値を見つける努力をすれば、日々の仕事もより楽しくなると思います」
(取材・文桜井恒二)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

元人気俳優の小橋賢児氏 国内最大級フェスの仕掛け人として活動する現在

元人気俳優の小橋賢児氏 国内最大級フェスの仕掛け人として活動する現在

26日放送の「サンバリュ」(日本テレビ系)で、元俳優の小橋賢児氏が現在の活動を明かした。 番組では「大人のワイドショー」と題し、巷で人気を集めるサービスやブームの仕掛け人を紹介した。その中で、莫大な経済効果を生み出している国内最大級フェスの仕掛け人として元人気俳優の小橋氏が登場した。小橋...
岡村隆史、デート報道に「待たせたな」 お相手は「仲の良い友だち」

岡村隆史、デート報道に「待たせたな」 お相手は「仲の良い友だち」

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(48)が、27日深夜放送のラジオ番組『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送毎週木曜深1:00)に生出演。先日発売の週刊誌『女性セブン』(小学館)に掲載された一般女性とのデート報道に言及した。 【写真】岡村を筆頭に“独身芸人”で結成された「アロー...
ANN岡村隆史、JUNKおぎやはぎに生直電の“伝説回”

ANN岡村隆史、JUNKおぎやはぎに生直電の“伝説回”

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(48歳)が、9月27日に放送されたラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)に出演。岡村の“お泊まり報道”について語っていた裏番組の「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)のおぎやはぎに、岡村が電話をかけるという局の...
ナイナイの岡村隆史にお泊り報道 音楽フェスの後女性と自宅へ

ナイナイの岡村隆史にお泊り報道 音楽フェスの後女性と自宅へ

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(48才)が、美女といっしょに音楽フェスを楽しんだ後、自宅に迎え入れていた──。 東京・お台場に毎年10万人もの観客を集めるエレクトロニック・ダンス・ミュージックの祭典『ULTRAJAPAN』(以下、ウルトラ)。5年目となる今年も9月15日から3日間にわたって開催され...
NHKですら突っぱねる信頼?隅田川花火大会を中継するテレビ東京の舞台裏

NHKですら突っぱねる信頼?隅田川花火大会を中継するテレビ東京の舞台裏

(全3枚) 東京の夏の風物詩「隅田川花火大会」が7月29日に開催された。当初は28日に開催予定だったが、台風12号の影響で順延。29日に無事開催の運びとなった。隅田川花火大会の歴史は“暴れん坊将軍”こと8代将軍徳川吉宗が大飢饉の犠牲者の慰霊のため、享保18(1733)年に両国で打ち上げた花火にまで遡れるとい...
内容を一新したフジテレビの27時間テレビ プロデューサー「異論なかった」

内容を一新したフジテレビの27時間テレビ プロデューサー「異論なかった」

フジテレビ系列が総力を挙げる年に1度の風物詩「FNS27時間テレビ」(9日後6・30〜10日後9・24)は31回目を迎える今年、内容を一新した。お笑いに特化した従来のスタイルから大きく舵を切り、テーマは「にほんのれきし」。バラエティーをはじめ、ドラマ・アニメ・スポーツなども交え、日本史...
ビートたけしが21年ぶり司会「FNS27時間テレビ」は日本の歴史がテーマ

ビートたけしが21年ぶり司会「FNS27時間テレビ」は日本の歴史がテーマ

今年放送31年目を迎えるフジテレビ夏の特別生番組「FNS27時間テレビ」が笑いに特化した内容から一転、“日本の歴史”をテーマにし、初めて9月に放送されることが1日、分かった。「FNS27時間テレビ2017」(仮)と題し、総合司会に21年ぶり6度目のタレント・ビートたけし(70)、アシスト...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net