芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

元カノほのかりんの友人?川谷絵音がモデル松本愛と交際報道

元カノほのかりんの友人?川谷絵音がモデル松本愛と交際報道 (全5枚)

5月上旬の深夜0時過ぎ。車の通りさえほとんどない閑静な住宅街に建つ高級マンションに、1台のタクシーが止まった。降りてきた男性は大きなマスクで顔を隠しているが、特徴的なヘアスタイルで一目瞭然。『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音だった。

【写真10枚】新彼女・松本愛はこの人!川谷と新彼女が自宅を出入りする様子も

次の彼女は元カノの友だち

「彼は音楽的センスにあふれ、業界関係者からも絶賛されています。現在は『indigolaEnd』『ジェニーハイ』という2つのバンドもかけ持ちして、楽曲の幅を広げていますよ」(音楽ライター)

そんな川谷が、このマンションに引っ越してきたのはつい最近だという。

「川谷さんはこれまで何度も撮られていますからね。あまり人目もないですから、こちらを選んだんじゃないですか」(同じマンションの住人)

そして、川谷の後を追うようにもう1台のタクシーがマンションにすべり込んだ。現れたのは、スレンダーな黒髪ボブの美女。ファッション雑誌『JELLY』の専属モデル・松本愛だ。

「彼女は日本人とフィリピン人とのハーフです。ギャル系ファッション誌である『JELLY』の専属モデルでありながら、ナチュラルメイクなので“清楚系ギャル”として人気を呼んでいます」(ファッションライター)

松本は慣れた手つきでオートロックを解除し、エントランスの中へ。もちろん、ふたりが同じマンションへやってきたのは偶然ではない。

「実は、松本さんは川谷さんが以前交際していたほのかりんさんのお友達なんです。'16年に『週刊文春』で、川谷さんとほのかさんが友人グループと1泊2日の旅行に行ったことを報じられたことがあるのですが、そのときのメンバーの1人が松本さんでした」(芸能プロ関係者)

'16年1月にベッキーとの“ゲス不倫”が報じられ、そのわずか8か月後に週刊女性がスクープしたのが、ほのかとの交際だった。ダーツバーでの飲酒、そしてお泊まりをキャッチ。当時、ほのかがまだ未成年だったことから、彼女は出演していたレギュラー番組を降板し、川谷も活動を自粛することとなった。

その後、ふたりはオープンに交際を続けていたが、昨年8月に破局が報じられる。

「川谷さんのほうがぞっこんだったそうですが、別れは川谷さんからだったそうです。松本さんが関係しているかはわかりませんが、別れる直前はケンカが絶えなかったそうですね」(スポーツ紙記者)

週刊女性が目撃した冒頭のシーンに戻る。彼女の手にはスーパーの袋らしきものもさがっていたが、この後ふたりで“飲み直し”といったところだろうか。

「あの日、彼女はモデルの仕事が終わってから、六本木で友達と火鍋を食べに行っていたんです。日付が変わるくらいまで盛り上がっていました。翌日も仕事で早いのに、まさかあの後、彼の家に遊びに行っていたとは……。ちょっとの時間も一緒にいたいんでしょうね」(松本の友人)

2人ぶんの手料理がアップ

翌朝、仕事に出た松本だったが、この日も川谷の待つマンションへ帰宅。週刊女性はその後も、たびたび松本の姿を確認した。

冒頭のお泊まりから3日後のお昼過ぎ。川谷の自宅マンションから、カーディガンにジーンズというラフな格好で出てきた彼女は事前に呼んでいたタクシーへ。30分後に友人と思われる女性と再びマンションへ戻ってきた。ラウンジで10分ほど談笑していたが、女性はマンションを出るも、松本はそのまま部屋へと帰っていった。

またそれから3日後の深夜。この日は松本が先に川谷のマンションにタクシーで帰宅。手にはやはりスーパーの袋らしきものが。翌々日の彼女のインスタグラム・ストーリーに2人分の手料理がアップされており、そのための食材を買ったのだろうか。

そして、その数分後、示し合わせたかのように川谷がタクシーで帰宅。ふたりの親密ぶりはいうまでもない。

川谷を直撃

5月中旬、松本との関係を聞くべく、自宅にタクシーで帰ってきた川谷を直撃した。

“取扱注意”とプリントされたシュプリームの赤いポーチを斜めがけし、手には食パン1か月待ちの人気店『ブーランジェリースドウ』の紙袋が。彼女との朝ごはんのために買ってきたものなのか……。

─週刊女性です。

「あ、どうも」

記者が名刺を差し出すと、手にとった名刺の表と裏をまじまじと見つめた。とても落ち着いた様子だ。

─松本愛さんとお付き合いされていますよね?

「……。初めての方ですよね」

と、記者に向かって言った。

─そうかもしれません。松本さんは、今日も部屋にいらっしゃるんですか?

「あんまり……ちょっと答えられないんです」

丁寧に答える川谷だが、その口は固く閉ざされていた。

─5月上旬から中旬にかけて連日連夜、松本さんがこちらのマンションに出入りされている姿をキャッチしています。ほぼ同棲状態といってもいいですよね?

「何も話せないんです。すいません」

そう言うとオートロックを解除し、エントランスの中へ。

─おふたりのことは、ほのかりんさんはご存じなのでしょうか?

「…………」

少し沈黙したが、「何も話せない」と答えると記者に軽く頭を下げ、マンション内へと消えていった。

松本の所属事務所に交際について確認したところ「プライベートのことは本人に任せています」とのコメントが。川谷の所属事務所は、「昔からの友人だと聞いています」という回答だった。

1年3か月ぶりとなる『ゲスの極み乙女。』のニューアルバム『好きなら問わない』のリリースを控える川谷。でもこの関係は問わないわけにはいかないんじゃない?

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

袴田吉彦 週刊新潮からの留守電聞き「これはダメだ」

袴田吉彦 週刊新潮からの留守電聞き「これはダメだ」

俳優・袴田吉彦(45)が3日放送のカンテレ「おかべろ」に出演。昨年に“アパ不倫騒動”を起こし、妻の河中あい(33)と離婚後は、号泣の日々だったことを告白した。 司会の岡村隆史と田村亮から騒動の詳細を突っ込まれた。 袴田は昨年1月にグラビアアイドルとの不倫をキャッチした週刊新潮から取材が入っ...
千原ジュニア、沢田研二をイジる 「空席が多かったらキャンセル」

千原ジュニア、沢田研二をイジる 「空席が多かったらキャンセル」

お笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニアが20日、都内で行われた主演映画『ごっこ』初日舞台あいさつに登壇。沢田研二の“公演ドタキャン騒動”を意識してか、満席の会場を見わたして「空席が多かったらキャンセルしようかなと思っていたんですけど、そういうこともなく(笑)。朝から映画を見るということは自分...
仮面女子・百瀬ひとみがAirDrop痴漢の「加害者」に「間違えて自撮りを」

仮面女子・百瀬ひとみがAirDrop痴漢の「加害者」に「間違えて自撮りを」

米アップルの製品同士でデータを共有できる「AirDrop」機能。簡単な操作で写真や動画を送受信できて便利だが、「悪用」されるケースも複数報告されている。 見ず知らずの人にわいせつな画像を送りつける「AirDrop痴漢」と呼ばれる行為で、芸能人も被害に遭っている。 面識ない女性に不適切画像送って逮捕 AirD...
Twitterを再開したベッキー 今から抱えるリスクとは

Twitterを再開したベッキー 今から抱えるリスクとは

2018年10月8日、タレントのベッキーさんが2016年1月から休止していたツイッターを再開した。再開に際し、ベッキーさんはそれまでのツイートを消去。新たな「第1声」は「さてと。またはじめてみようかな。おひさしぶりです」というものだ。 再開の理由についてベッキーさんは、すでに運用を再開していたインス...
川谷絵音の預金額が大ピンチ 次なる一手は「無名の新人」プロデュースか

川谷絵音の預金額が大ピンチ 次なる一手は「無名の新人」プロデュースか

《自虐ツイートがバズった後は、ツイッタラーとしての自分は歓喜し、アーティストとしての自分は枕を濡らします》 このツイートの主はロックバンド『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音。ベッキーとの不倫、ほのかりんとの未成年飲酒騒動という2つの『文春砲』を受けて、はや2年9か月。アーティストとし...
川谷絵音が新曲をめぐりファンへ事前報告「多分近々炎上します」

川谷絵音が新曲をめぐりファンへ事前報告「多分近々炎上します」

(川谷絵音公式Twitterより) 人気バンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音が11月28日、新曲の制作についてコメント。その曲が“炎上必至”の内容であることを示唆し、早くもネット上のファンの間で注目を集めている。 いつも思うけどテレビ見たり雑誌読んだりして一部分切り取って炎上させる仕事って楽だよなぁ。い...
川谷絵音、騒動後初のレギュラー決定 JFN系ラジオが10・1より開始

川谷絵音、騒動後初のレギュラー決定 JFN系ラジオが10・1より開始

ロックバンド「ゲスの極み乙女。」フロントマン・川谷絵音がレギュラーを務めるラジオ番組が、10月1日よりスタートすることがわかった。川谷本人が27日、ツイッターで発表した。昨年のタレント・ベッキーとの不倫騒動後、初のレギュラー番組となる。 【写真】「ワイドナショー」に出演した川谷絵音 番組タイ...
Hey!Say!JUMPの岡本圭人に彼女の噂 留学先の様子に心配の声も

Hey!Say!JUMPの岡本圭人に彼女の噂 留学先の様子に心配の声も

「授業もときどきサボっているみたいだし、来てもあんまり真剣に聞いていないそうです。そんな甘い態度では、卒業するのは難しいと思いますよ」(岡本が通う学校関係者) 【写真】上智大学在学中だったころの岡本 今年9月から、アメリカの演劇学校『アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ』の...
川崎麻世の自宅マンションが火事 住民の火で「ボヤ騒ぎ」

川崎麻世の自宅マンションが火事 住民の火で「ボヤ騒ぎ」

10月下旬の午後6時、都内のマンションから男性が出てきた。川崎麻世(55)だ。 麻世といえば10月10日、妻のカイヤ(56)に離婚訴訟を起こしていたことが発覚。その後も、連日のようにワイドショーが離婚騒動を報じていた。そうした事態に憔悴しきった麻世は、心身に“異常”をきたしているという。 「麻世さんは...
松居一代が週刊誌記者とトラブルで警察署へ「大変失礼な行動」

松居一代が週刊誌記者とトラブルで警察署へ「大変失礼な行動」

タレント松居一代(61)が、週刊誌の記者とトラブルになり「北沢警察署に同行していただきました」と明かした。 松居は9日、「私の生き様に嘘はありません」のタイトルでブログを更新。「けしからん記事を掲載している週刊誌が発売しました」と書き出し、「あたし松居一代ははっきりと申し上げますいかなる時...
小池徹平と入籍した永夏子 サービス精神旺盛な素顔

小池徹平と入籍した永夏子 サービス精神旺盛な素顔

笑顔を見せる永夏子 11月8日、女優の永夏子との結婚を発表した小池徹平。 本誌が永との交際をスクープし、10月上旬、小池本人に直撃取材した際には、「(結婚の予定は)まだないです」と答えていたが、それから1カ月弱での「スピード入籍」となった。 キャンプなどアウトドアを共通の趣味に持ち、互いの家も近...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net