芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「言い方があるだろ」日大の内田前監督をビートたけしが一刀両断

「言い方があるだろ」日大の内田前監督をビートたけしが一刀両断

【ビートたけし本紙客員編集長の世相斬り】日大のアメリカンフットボール部の守備選手の悪質タックルが問題になるなか、ビートたけし本紙客員編集長(71)は「指示したかどうか言わないのはなぜなんだ?」と日大の内田正人監督(62)を一刀両断。ほかにも被害者の近所に住む男が犯人だった新潟の女児殺害事件や、実現が微妙な米朝首脳会談など、今月も世間をにぎわせた話題を斬りまくった――。

日大のアメリカンフットボール部の守備選手がやった悪質なタックルが問題になってるね。日大っていやあ昔、篠竹幹夫って名物監督がいて、一番強かった。他の大学はアメフットをあんまりやってなかったし。

そのころ大橋巨泉さんと一緒に、ステーキを日大の合宿所に持っていったことがあるんだけど、ちゃんこ食ったりしてまるで相撲部屋なんだ。篠竹さんも親方みたいな扱いで、両肩を支えられて靴下とか全部履かせてたりして。

でも、アメフットなんてやってる人はほとんどいなかった。そのころ、ぬいぐるみでアメフットをやったことがあるんだ。クオーターバックがウルトラマンで、ランニングバックがゴジラ。ゴジラにダンカン、井手らっきょがウルトラマンでさ。

敵にはピグモンとかのぬいぐるみ着させてやったけど、ワンプレーやったら酸欠で全員倒れた。あれ、着てるだけで酸欠だから。ダンカンがボール持って突進したけど、倒れたらもう起き上がれないんだ。すごい大変だった。

しっかし、今回のタックルはひどいね。本場のアメリカでも悪質なプレーの取り締まりは厳しくて、危険なタックルに対して訴訟が起きてるくらい。ヘルメットから突っ込むのも禁止じゃなかったかな?脳振とう起こしちゃうから。

アメフットってサッカーに対抗してアメリカが作った球技で、アメリカでは1番人気。NFLの優勝決定戦であるスーパーボウルはものすごく盛り上がるけど、危険なスポーツなのは間違いない。

でも、アメフットに限らず、ラグビーとかでも監督が「グラウンドで死んでこい!」とか「殺すつもりでぶち当たれ」とか言うじゃん?だけどやる方も、反則か反則じゃないかくらい分かるだろ?動画見たら明らかに反則じゃん?それなのに審判も退場にしない。あれから2回くらい反則繰り返して退場になったけど、本来は1回目で即退場だよ。

昔はジョー・ネイマスって有名な選手がいたけど、ヒザが悪いからそこばかり狙われてダメになったし、最近ではトム・ブレイディもやっぱりヒザをやった。大丈夫だったのはジョー・モンタナくらいで、ほとんどの選手がケガしてる。ランニングバックなんか5年もやったらいい方だから。年俸は高いけど、後遺症がすごいと思うよ。

まあ格闘技だからね。ラグビーだって、ニュージーランドとオーストラリアの試合見たら、デカいヤツらが平気で殴り合ってるから。ただあいつらだってルールにのっとってやってるわけで、日大みたいにバカみたいなバレバレなことはやらない。

それにしても、日大の内田正人って監督は何を考えてるんだ?謝罪に行っといて、相手の大学の名前を間違えてるし。「かんさいがくいんだいがく」って何回も言ってさ。ハライチの澤部みたいな顔しやがって(笑い)。まあ今の時代だからビデオがネットに出て分かったけど、昔はもっとあったんじゃないの?

それから、いまになって「全責任は私にある」って言うけど、指示したかどうかは言わないのはなぜなんだ?もうちょっと言い方があるだろ。「やる気を出させるために、『潰してこい』とは言ったけど、反則してまでとは言ってません」とかさ。変な監督だよな。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「格差があった」ビートたけしが明かす西城秀樹さんとの思い出

「格差があった」ビートたけしが明かす西城秀樹さんとの思い出

【ビートたけし本紙客員編集長の世相斬り】西城秀樹さんが急性心不全で亡くなったね。オレもあんまり心臓がいい方じゃないから怖いね。西城さんは脳梗塞を2回やったらしいけど、脳が詰まるってことは心臓の血管も詰まりやすくなるのかな?西城さんはまだ63歳か。早いよな。オレと同世代とか少し下の世代が...
「夜の管理ぐらいしないと」ビートたけしが山口達也の騒動に持論

「夜の管理ぐらいしないと」ビートたけしが山口達也の騒動に持論

【ビートたけし本紙客員編集長の世相斬り】ビートたけし本紙客員編集長(71)が、強制わいせつ容疑で書類送検(1日に起訴猶予処分)されたTOKIOの山口達也(46)がを俎上に載せて毒ガスを放った――。 TOKIOの山口達也ってのが女子高生に無理やりキスして、強制わいせつの疑いで書類送検されちゃ...
ビートたけし、ハリルホジッチ氏に怒り心頭 対談のはずがクビに

ビートたけし、ハリルホジッチ氏に怒り心頭 対談のはずがクビに

【ビートたけし本紙客員編集長の世相斬り】ビートたけし本紙客員編集長(71)が「アイツのせいでえらい目に遭った!」と怒り心頭だ。アイツとは先月、サッカー日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)のこと。W杯開幕を目前にしての解任にハリル氏も激怒していたが、同氏の何がたけしを...
太田光が週刊新潮の報道に嘆き 「希代のバカみたいに書かれて…」

太田光が週刊新潮の報道に嘆き 「希代のバカみたいに書かれて…」

爆笑問題の太田光(53)が、週刊誌で大学に裏口入学していたと報じられたことについて「どんだけ人をバカにしてんだ」と嘆いた。 太田は13日深夜放送のテレビ朝日系「爆問ファンド!マネーの成功グラフ¥」で、ゲストの銀シャリから裏口入学報道について振られると、認めるかのように「誠に申し訳ない」と...
爆笑問題・太田光 裏口入学報道で悲願の「流行語大賞」なるか

爆笑問題・太田光 裏口入学報道で悲願の「流行語大賞」なるか

お笑いコンビ「爆笑問題」(太田光=53、田中裕二=53)が10日、都内で行われた事務所主催のお笑いライブ「タイタンライブ」に出演し、8日発売の「週刊新潮」で報じられた「日本大学芸術学部(日芸)裏口入学疑惑」をネタにした。突然の騒動に太田の周辺は「なぜ、こんなむちゃくちゃな話が出るのか?...
武井壮の指導者論に広がる共感 「厳しい=名将」の時代じゃない

武井壮の指導者論に広がる共感 「厳しい=名将」の時代じゃない

日本大学でアメリカンフットボール部に続き、応援リーダー部(競技チアリーディング)のパワハラ問題が発覚した。この1年ほど、日本のスポーツ界では、選手側が指導者側に対し声を上げる騒動が相次いでいる。渦中のボクシングをはじめ、女子レスリングなど問題は尽きない。 こうしたスポーツ界の現状に対し、...
太田光、生放送で裏口入学報道に再び猛反論「俺の前に来て言え」

太田光、生放送で裏口入学報道に再び猛反論「俺の前に来て言え」

お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(53)が12日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)の生放送に出演。8日発売の「週刊新潮」が報じた自身の「日大芸術学部裏口入学」の記事について、再び反論した。 「週刊新潮」は太田が受験前にホテルに缶詰めになって、現役教員から事前にレクチャーを受...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net