芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「戦前の日本陸軍みたい」尾木直樹氏が日大アメフト部を批判

「戦前の日本陸軍みたい」尾木直樹氏が日大アメフト部を批判 教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が22日、ブログを更新し、大学アメリカンフットボールで、関学大との定期戦で悪質な反則タックルを仕掛けた日大の当該選手(20)が22日、都内で会見を開いたことを受けてブログを更新し、タイトルを「戦前の日本陸軍みたいな日大アメフト部」とした。

尾木氏は「今日の日大アメフト部の違反プレー加害選手の記者会見・やはり監督・コーチの指示が明確にあったとは!それも選手をいじめ抜いて、試合に出たかったら怪我をさせてこいとは卑劣すぎます!」と指導者を批判。さらに、「・大学スポーツや教育とは縁もゆかりもない暴行で相手を怪我させて勝とうとは!・服従の部活から大学生が学ぶべきことがあるのでしょうか?」と記した。

会見した当該選手について「加害選手の謝罪姿勢は極めて立派!監督の指示とはいえ実行した自分を責めて、もうアメフトやる権利はない!もうやらないといいます。わずか20歳の学生が一人で堂々と謝罪する姿に涙が出てきました!」と真摯(しんし)な姿勢を高く評価した。

最後に尾木氏は「真実語ることが償いと語る加害青年は本当のスポーツマンシップではないでしょうか!?尾木ママは加害青年を応援したいと思います」と結んだ。 「戦前の日本陸軍みたい」尾木直樹氏が日大アメフト部を批判 外部サイト 日大のツイッター荒れ放題…内田前監督への抗議、会見した当該選手に「胸が痛む」 「QBをつぶせ」は「思い切って当たれ。試合前によく使う言葉」日大広報部がコメント 大桃美代子会見した日大選手を案じる…若い彼の未来がこのまま絶たれるのか 「日本大学アメフト部のタックル問題」をもっと詳しく

謝罪の日大・宮川選手が自省「やらないという選択肢はなかった」 日大出身の俳優・和田正人母校の不祥事に「あー。くそ」といら立ち 日大選手の記者会見は「特例」普段は認めぬ弁護士同席

関連芸能ニュース

伊東四朗が3年前に運転免許を返納したことを告白「女房と一緒に」

伊東四朗が3年前に運転免許を返納したことを告白「女房と一緒に」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/2/42656_60_bb3cd8aa_00940535-m.jpg ベテラン俳優の伊東四朗(81)12日放送のフジテレビ系「直撃ライブグッデイ」(月〜金曜・後1時45分)に生出演。3年前、78歳の時に運転免許を返納したことを明かした。 3年前に免許更新に行ったところ、「ま...
「後押しになればと」尾木直樹氏が運転免許証を自主返納

「後押しになればと」尾木直樹氏が運転免許証を自主返納

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/6/96360_929_spnldpc-20190611-0160-002-p-0-m.jpg “尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(72)が11日、東京・武蔵野警察署で運転免許証を自主返納した。高齢ドライバーによる重大事故が相次いでおり「今回、自分が免許証を自主返納することで、返納を考え...
山口真帆が所属した研音の影響力 ホリプロなどへの牽制球か

山口真帆が所属した研音の影響力 ホリプロなどへの牽制球か

(全3枚) 誰が芸能界を支配しているのか? デイリー新潮は5月19日、「『山口真帆』のNGT48卒業後を占う業界人が『それほど甘くない』という理由」の記事を掲載した。 *** 民放キー局のプロデューサーが匿名を条件に取材に応じ、「山口真帆(23)が新しい事務所を見つけるのは難しい」と指摘した。その部分を...
満員電車にベビーカー「堂々と」というカンニング竹山にママ感涙

満員電車にベビーカー「堂々と」というカンニング竹山にママ感涙

お笑い芸人のカンニング竹山が24日、フジテレビ系「ノンストップ!」で、ベビーカーで満員電車に乗ったママが乗客から文句を言われたことを受け「電車は公共の物。堂々と乗っていい」とコメント。ネットでは子連れママから感謝の声が相次いだ。 番組では、通勤時間帯にどうしてもベビーカーで電車に乗らなく...
2歳児救助めぐり無意味な比較?尾木直樹氏の投稿にネットで指摘も

2歳児救助めぐり無意味な比較?尾木直樹氏の投稿にネットで指摘も

教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が自身のブログを更新し、山口県で12日から行方不明になっていた2歳の男児を発見し救助した、ボランティアの尾畠春夫さんと日本ボクシング連盟前会長の山根明氏を比較し、物議を醸している。 「なんて人間らしい尾畠おじいちゃん」というタイトルで投稿されたブログで、尾...
平昌五輪の解団式で松岡修造がリハーサルを敢行 称賛の声が相次ぐ

平昌五輪の解団式で松岡修造がリハーサルを敢行 称賛の声が相次ぐ

メダルラッシュに沸いた平昌五輪の日本選手団の解団式から一夜明けた28日、応援団長を務め、テレビ朝日系のキャスターを務めた松岡修造への称賛の声が吹き荒れた。 テレビ各局は前日の解団式の様子を放送。松岡がメダリスト以外の選手にも敬意を示し、1次リーグで敗退したカーリング男子に対して「これが...
媚びずに高視聴率の『バイキング』、ピエール瀧報道で失速か

媚びずに高視聴率の『バイキング』、ピエール瀧報道で失速か

「最近、昼の帯番組の勢力図が変わりつつあります。調子のよかった『バイキング』(フジテレビ系)が、急に落ち始めたんです」(テレビ局関係者) 【スクープ写真】ピエール瀧の極秘通院姿をキャッチ! 32年間続いた国民的番組『笑っていいとも!』の後を受け、2014年4月に始まった『バイキング』。当初は曜日...
北北西はきたきたにし?耳を疑う著名人たちの恥ずかしい読み間違い

北北西はきたきたにし?耳を疑う著名人たちの恥ずかしい読み間違い

安倍晋三首相(64)が、2018年9月26日(日本時間)に米ニューヨークで開かれた国連総会の一般討論演説で、恥ずかしい失態を犯してしまった。 演説の原稿に書かれた「背後(はいご)」の文字を「せいご」と誤読したのだ。これに対して一般人からも指摘が相次ぎ、SNSでは「『うんこ漢字ドリル』でのテストをす...
弁護士の田村勇人氏が「グッディ!」に出演 豪雨について語りながら泣く

弁護士の田村勇人氏が「グッディ!」に出演 豪雨について語りながら泣く

弁護士の田村勇人氏が19日、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」にコメンテーターとして生出演。西日本豪雨について語りながら、号泣する場面があった。 番組では被災者に密着した映像を放送。VTRの後、田村氏は「私の親族も…」と話し始めると、涙。「…東日本で流されてしまったんですけど…。その時...
洞窟から災害関連まで 専門家がTV出演に至るまでの裏側

洞窟から災害関連まで 専門家がTV出演に至るまでの裏側

タイ北部チェンライの洞窟で遭難した少年ら13人全員が10日夜、救出された。このニュースで連日、各局のワイドショーや情報番組に識者として登場していたのが、洞窟探検家の吉田勝次氏だ。また、西日本を襲った豪雨関連のニュースでも、災害に関する多くの識者が出演した。こうした「専門家」はどうやってテレ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net